メーカー型落ち在庫をどうやって処分する?その方法をご紹介します!

メーカー型落ち在庫がたくさん残ってしまい、在庫の処分方法で悩んでいるという業者の方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、余剰在庫の処分のタイミングや処分方法をご紹介します。

■処分のタイミング

余剰在庫の処分のタイミングとして定番なのは
「決算セール」「在庫一掃処分セール」などを利用することです。
特にセールは、年末年始や新学期が始まる3~4月に行われるところが多いです。

他の手段としては、商品の種類ごとにその商品が売れる時価を狙って販売する方法があります。
たとえば、冬の時期に役立ちそうな商品の場合は10~11月頃に販売するなどして、そのシーズンがやってくる前にいち早く売り出してしまいましょう。
商品の種類によって売り時が変わってくるので、その時期をしっかり見極めることが必要です。

■処分方法

・セールで販売する

セールという文字に引き付けられるお客様は非常に多いので、売れない在庫はたくさんセールにかけてしまいましょう。
セールで売り切るためには、本来の価格よりどのくらい値下げを行ったのかがポイントです。

・アウトレット

売れ残ってしまった商品や傷物を安い値段で販売することで、余剰在庫を少しでも減らすことが可能です。
アウトレットでは通常価格よりも安い値段で購入することができるため、買い手からするととても人気があります。

・業者に頼む

買取りを行ってくれる業者に依頼するのもおすすめです。
アウトレットでもセールでも売ることができなかったものを買い取ってもらうことができれば、処分費用を少しでも安く抑えることができるでしょう。

■弊社の買取サービス

・ブランドイメージを守るための海外輸出

国内で安価で販売されたくない商品を海外輸出することによって日本で再流通しないようにしております。
このサービスは多くのメーカー様から利用していただいております。

・買取商品の再販売

メーカー様が持っているブランドイメージや商品イメージに傷がつかないように、ご希望のお客様には打ち合わせを行って販売方法を決めさせていただいております。
また、弊社が買取商品をインターネットで販売する場合は自社スタジオで撮影した商品写真を使用し、メーカー名、商品名、形式名等を伏せて販売することが可能です。

■まとめ

今回は余剰在庫の処分のタイミングと処分方法について紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。
また、少しでもお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です