余った商品の在庫処分をする方法とは?流れや注意点を解説します!

「余った在庫をどうやって処分すればいいかわからない。」
「在庫処分を業者に依頼しようか迷っている。」
余った商品の在庫処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
不要な在庫が溜まってしまうとその管理費用などで経営を圧迫してしまうことも多いです。
しかし在庫処分の方法はどんな選択肢があるのかあまり考えずに廃棄してしまう方も少なくありません。
そこでこの記事では、おすすめの在庫処分の方法をいくつか紹介します!

 

□リサイクルする

不要な在庫がもう使えず売れなくなった場合は、リサイクルという方法があります。
ただし家電の場合は、家電リサイクル法に則って処分しなければいけません。
家電リサイクル法とは、家電から有用な部品などをリサイクルするものです。
リサイクルすることによって廃棄物を少なくし資源を有効活用することで、環境保全に貢献できます。

 

□セールで売る

売れ行きが良くない商品を値下げしてセール商品として売り出す方法があります。
年末などのタイミングにセールで売り出すことで、消費者の購買意欲が高まり比較的簡単に売れます。
もし売れなければ、段階的にさらに値下げしていきましょう。

□アウトレットで売る

在庫処分を目的に運営している店舗をアウトレットストアと呼びます。
傷があったり売れ残っていたりと、何らかの理由で定価では売ることができない商品をアウトレットで安く売ることによって余剰在庫を減らせます。
アウトレットでは通常よりも安い値段で買うことができ、掘り出し物を見つける楽しみもあるため、消費者の間でも人気です。

 

 

□ネットオークションで売る

ネットオークションは、販売者が価格を決めて、人気

商品であれば

自然と価格がつり上がる方法です。

ただし運が悪ければ売れ残るリスクも大きいです。

□在庫買取業者に買取を依頼する

業者に買取を依頼する方法は、その商品の価値を業者がきちんと査定してくれますので、適切な値段で売り出せます。
セールやアウトレットでも売れなかった場合でも買取業者であれば買い取ってくれます。
また、業者が承諾すれば大量の在庫であっても一気に買い取ってもらえるというのが大きなメリットです。

□まとめ

在庫処分の方法について、お分りいただけたでしょうか?
不要な在庫は廃棄するより、買取を依頼した方が断然お得です。
当社では、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。 どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

大量の在庫に潜むリスクとは?法人も依頼できる買取業者あります!

大量の在庫の処理に困っている方はいませんか?
「在庫の処分は買取業者に依頼するのが良いと聞いたことがあるが法人向けの業者があるのか知りたい」
「大量の在庫を抱えているとどんなリスクがあるのか知りたい」
このように、大量の在庫が抱えるリスクや法人向けの買取業者があるのか知りたい方が多くいらっしゃると思います。
在庫の量が多いと買い取ってもらえるか不安ですよね。
そこで今回は、大量の在庫を抱えるリスクや法人向けの買取業者があることをご紹介します。

□大量の在庫が抱えるリスク

大量の在庫を抱えるときのリスクをご紹介します。

*会社の資金が減少する

在庫が増えると、会社の資金が減少します。
在庫が多いと、品切れ防止や迅速な不良品対応ができるなど少しのメリットはあるでしょう。
しかし、現金とは異なり流動性が低く、利益率がゼロになるため金利の負担が大きくなります。

 

*価値の低下

在庫を長い間保管しておくと、商品が劣化してきます。
在庫の品質管理を徹底的に行なえば、商品の劣化は抑えられるでしょう。
しかし、品質管理を商品が売り切れるまで全ての商品に行っていては管理コストがかかりすぎてしまいます。
そのため、在庫処分は早めに対処しなければなりません。

□法人向けの買取業者

*法人向けの買取業者に依頼するメリット

上記で紹介したように、いつまでも売れ残っている商品を倉庫の中に保管していると、商品も劣化し、維持費もかかる一方です。
しかし、大量の在庫を破棄するのはもったいないですよね。
そこで、買取業者に依頼すると今まで売れなかった商品を現金に変えられます。
買取業者は、家電製品をはじめパソコン、家具、ブランド品、化粧品など幅広い商品を買い取ってくれます。
しかし、なぜ今まで売れなかった商品を現金に変えられるのだろうと思う方もいらっしゃると思います。
買取業者は、独自の二次流通のルートを持っており、今まで売れなかった商品でも売りさばける可能性が高いため、買取を行っています。

 

*買取業者の選び方

買取業者を選ぶとき重要なのは、買取実績の多さと口コミの良さです。

・買取実績

買取実績が多い業者だと、商品をその分多く査定していることになるので、確かな査定金額で買い取ってもらえます。

・口コミの良さ・多さ

口コミが良い業者は、多くの人が依頼し、そして、リピーターも増えます。
そのため、認知度も上がり、信頼できる業者が多いです。

□まとめ

今回は、大量の在庫を抱えるリスクや法人向けの買取業者があることをご紹介しました。
当社では、法人様の在庫処理についてのご相談も随時受け付けております。
また、法人様向けの買取査定も行なっています。
買取の専門家が、お客様の悩みを全力で解決します。
大量の在庫処理でお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

少量の在庫を処理するなら買取サービスがおすすめ!在庫を抱えるリスクもご説明!

在庫の少量買取の依頼をお考えの方はいませんか?
「在庫が少量だけ余っているから買い取って欲しい」
「在庫を抱ええるとどういうリスクがあるか知りたい」
このように、在庫を抱えていて少量だけ処分したいという方が多くいらっしゃると思います。
しかし、少量だけで買い取ってもらえるのか不安ですよね。
そこで今回は、在庫を抱えるリスクと買取サービスについて詳しくご紹介します。

□在庫を抱えるリスク

ここでは、在庫を抱えるリスクについてご紹介します。

*キャッシュフローが悪くなる

在庫が増えると、会社の資金が減少します。
在庫が多いと、品切れ防止や迅速な不良品対応ができるなどのメリットはあるでしょう。
しかし、在庫を仕入れるためにかかった経費はその分なくなっています。
また、現金とは違い流動性が低く、利益率がゼロになるため金利の負担が大きくなります。

*無駄な経費がかかる

在庫を倉庫に保管しておく場合、人件費や倉庫を借りる費用など様々な場面で経費がかかってしまいます。
また、在庫を倉庫に置いておくだけでは、一切利益になりません。

*商品が劣化する

在庫を放っておくと劣化して販売できなくなります。
また、在庫の種類によっては、使用期限や賞味期限があるので、期限を過ぎてしまうと販売できないものもあります。

□買取サービスとは

ここでは、少量在庫の処分は買取サービスがおすすめなことをご紹介します。

*買取サービスとは

買取業者は、依頼を受けると商品を査定し、その結果に見合った金額をお支払いします。
業者によっては、店舗に行けなくても配送で査定をしてくれる業者もあります。

*買取サービスのメリットとは

一般的な在庫処分の方法として値引きセールや破棄などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、これらの方法は、ブランドのイメージ低下や少量の在庫でも破棄する際に費用がかかるなど様々なデメリットがあります。
買取業者に依頼すれば、少量の在庫の場合でも査定を受けるだけでその結果に見合った現金を受け取れます。
また、国内での再流通によるブランドのイメージ低下を避けたい場合は、買い取った商品を海外に輸出してくれる業者もあります。

□まとめ

今回は、在庫を抱えるリスクと買取サービスについてご紹介しました。
当社では、個人事業主の方の少量在庫から法人の方の大量在庫まで幅広い買取を行っています。
買取の専門家が、お客様の買取を全面的にバックアップいたします。
少量の買取から大量の買取をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

個人事業主の在庫処分の方法とは?買取の方法をご説明します!

個人事業主の方で在庫処分をお考えの方はいませんか?
「個人事業主の在庫処分方法を知りたい」
「個人事業主でも買取業者が依頼を受けてくれるのか知りたい」
このように、個人事業主が抱えている在庫を買取してくれる業者があるのかわからない方が多くいらっしゃると思います。
しかし、個人事業主だから買い取ってもらえないか不安ですよね。
そこで今回は、個人事業主の方が在庫処分をする方法をご紹介します。

□個人事業主の在庫処分の方法

*値引きセールをして売る

最も一般的な方法として、値下げセールを思い浮かべる方は多いと思います。
市場価格よりも値段が低く、それまでの売れ行きと比べると何割かは売れるため、在庫を減らせます。
しかし、値下げセールをしすぎるとその店舗やブランドの印象が悪くなる場合があるので注意が必要です。

*破棄する

値引きセールや再流通などでブランドのイメージを下げたくない場合は、破棄するという方法もあります。
しかし、それ以外の方は破棄という方法を選ぶとコストがかかってしまったり、環境に悪い影響を与えてしまったりと、あまり良いことがありません。
まだ使えるものなので、もったいない気もします。

*買取業者に依頼する

買取業者は、依頼を受けると商品を査定し、その結果に応じた金額と交換してくれます。
また、在庫を倉庫からそのまま買い取ってくれるため処分の手間が省けます。
ブランドのイメージを気にされる場合は、買い取った商品を海外に輸出することで国内での再流通を防いでくれる業者もあります。
このように、セールでイメージダウンさせたくない方や破棄するのはもったいないという方は、買取業者に依頼する方法がおすすめです。

□在庫処分の時に買取を選択するメリット

上記でも少しご紹介しましたが、ここでは在庫処分の時に買取業者に依頼するメリットをご紹介します。

*現金が得られる

今まで売れまかった商品を、買取業者に依頼することで現金に換えられます。
在庫を破棄してしまうと、ものによっては専門家に依頼しなければならないのでその分コストがかかります。
しかし、買取業者に依頼するとコストもかからず現金が得られます。

*手間が省ける

値引きセールや破棄をすると、準備に手間がかかってしまい本来の仕事をする時間が奪われてしまいます。
しかし、買取業者に依頼すると査定の時に在庫のサンプルを送る程度のことしか手間がかかりません。

□まとめ

今回は、個人事業主の方が在庫処分をする方法をご紹介しました。
今回の記事で、個人事業主の方の在庫処分に関しての悩みが少しでもなくなれば幸いです。
当社では、法人だけでなく個人事業主の方の在庫処分についてのご相談を随時受け付けております。
買取の専門家が、お客様のお悩みを全力で解決します。
個人事業主の方で在庫処分にお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

電動工具の在庫処分の方法とは!?おすすめの方法をご紹介します!

電動工具の在庫処分をお考えの方はいませんか?
「電動工具の在庫を処分したいが方法がわからない」
「電動工具の在庫は買取してもらえるのか知りたい」
このように、電動工具の在庫を処分したいが方法わからない方が多くいらっしゃると思います。
しかし、電動工具の処分で破棄してしまうのはもったいないですよね。
そこで今回は、電動工具の処分方法について詳しくご紹介します。

 

□電動工具を処分するなら買取

電動工具が売れ残ってしまい在庫が倉庫を圧迫しているけど、どう処分すれば良いかわからない方が多いのではないでしょうか。
電動工具は、そのまま破棄できないので、在庫を全て処分するのにはとても手間がかかります。
また、まだ使えるので破棄するのはもったいないし、せっかくなら使ってもらいたいですよね。
このようなときにおすすめするのが、買取業者に依頼するという方法です。
買取業者は、依頼を受けると商品を査定し、その結果に見合った金額と商品を交換してくれます。
そのため、今まで売れずに倉庫を圧迫していたものが現金に変わるので一石二鳥です。

 

□電動工具を高く売るコツ

ここでは、電動工具をより高く売るためのポイントをご紹介します。

*早めに査定の依頼をする

電動工具に限りませんが、時間が経てば経つほど買取額が下がる場合が多いです。
耐用年数が設定されている電動工具は、その傾向が強いです。
また、メーカー保証期間の残っているものは、保証期間が終了したものよりも高く買取れます。
売れずに倉庫に置いてあるだけの場合は、早めの買取依頼をおすすめします。

 

 

*製造しているメーカー

電動工具は、製造しているメーカーによって買取額が異なる場合が多いです。
人気のあるメーカーほど買取額が高くなるので、仕入れるときに気にかけておくと良いかも知れません。

*まとめて査定に出す

まとめて買取業者に依頼する方が、単品で依頼するよりも買取額が上がる場合があります。
また、単品だと買い取ってもらえない業者もあるので注意が必要です。

□まとめ

今回は、電動工具の処分方法と、高値で売却するときのコツについてご紹介しました。
今回の記事が、電動工具の処分について少しでもお役に立てれば幸いです。
当社では、電動工具の買取も行っています。
電動工具の処分についてのご相談や査定を随時受け付けております。
買取の専門家が、お客様のお悩みを全力で解決します。
電動工具の処分にお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

大量の在庫を処分する方法とは!?在庫の処分方法をご紹介します!

大量の在庫処分をお考えの方はいませんか?
「大量に売れ残った在庫の処分に困っている」
「大量の在庫を処分するタイミングは重要なのか知りたい」
このように、大量の在庫が倉庫に置かれていて処分したい方が多くいらっしゃると思います。
しかし、処分の方法やタイミングを知らずにせっかく仕入れた在庫を無駄にしたくないですよね。
そこで今回は、大量の在庫を処分する方法や処分するタイミング、大量の在庫を保持しないコツをご紹介します。

 

□大量の在庫の処分方法

*値下げして売る

最も一般的な方法として、値下げセールが考えられるでしょう。
市場価格よりも値段が低いので、それまでの売れ行きと比較すると何割かは売れるため、在庫を減らせます。
しかし、値下げセールをしすぎるとその店舗の印象が悪くなるかもしれないので注意が必要です。

*アウトレットで販売する

在庫の処分を目的に運営している店舗をアウトレットと呼びます。
売れ残ってしまった在庫やキズ、汚れがついてしまい本来の値段で売れなくなった商品を低価格で販売できます。
消費者からしても、通常より低価格で販売しているのでうれしい店舗です。
しかし、アウトレットや値下げセールという売り方だと全ての在庫を処理するのは難しいです。

 

*買取業者に依頼

そこで、おすすめしたいのは買取業者に依頼する方法です。
買取業者は、査定を行い、その商品に見合った金額と商品を交換してくれます。
そのため、セールをしても売り残ってしまったということはありません。
大量の在庫もまとめて対応している業者もあります。

□大量の在庫を処分するタイミング

商品によっては、需要が高まる時期が決まっているものもあります。
クリスマス商品や海水浴関連の商品などは、売れる時期が決まっているため、シーズンに入る1〜2か月前から販売します。
そのため、買取業者は時期に応じて高く買い取ってくれる場合もあります。
このように、うまく処分するには販売時期を見極めて値下げセールや買取業者への依頼をすることが大切です。

□大量の在庫を保持しないコツ

大量の在庫を抱えないようにするコツは、常に在庫数を確認しておくことです。
在庫の量を正確に把握できていないと、適切な数を仕入れられなくなり、売れ残り過ぎたり、足りなかったりします。
そのため、在庫管理の責任者を任命するなどして在庫数の管理を徹底すれば大量の在庫を保持しなくて済むでしょう。

□まとめ

今回は、大量の在庫を処分する方法や処分するタイミング、大量の在庫を保持しないコツをご紹介しました。
当社では、大量の在庫買取についてのご相談を随時受け付けております。
トラック1台分の買取も受け付けております。
買取の専門家が、お客様のお悩みを全力で解決します。
大量の在庫処理にお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫買取の査定の流れと基準とは?査定の流れと基準をご説明します!

在庫買取の査定の流れや基準がきになる方はいませんか?
「在庫買取を依頼したいが査定の方法が気になる」
「在庫買取の査定基準はなんなのか知りたい」
このように、在庫の買取を依頼したいが査定がどのように行われているのか気になっている方が多くいらっしゃると思います。
査定の方法や基準を知っていないと買取を依頼するときに不安ですよね。
そこで今回は、在庫買取の流れや査定の基準についてご紹介します。

 

□在庫買取の査定の流れ

*買取査定に必要な情報

買取の流れをご説明する前に、買取のときに必要な情報をご紹介しておきます。

・商品が少ない場合

商品が少ない場合は、商品名、写真、在庫数、サイズ、使用期限、保管地域などをご準備ください。

・商品が多い場合

在庫が多い場合は、在庫リスト、写真、全体量がイメージできる写真、保管地域などをご準備ください。
これらをあらかじめ準備しておくと、査定から買取までスムーズに進むと思います。

*買取査定の流れ

まず始めに、商品の写真を送っていただき、送っていただいた写真からおおよその査定金額をご提示します。
次に、概算金額にご納得したら、商品のサンプルを送ります。
サンプルを直接目で見て査定し、買取価格を確定します。
その後、商品をお客様に出荷していただきます。
商品到着後、全商品の査定完了後、買取金額を支払い完了です。

□在庫買取の査定基準

*販売価格

想定される販売価格は、買取価格に直結します。
当然のことですが、販売価格が低いのに、買取価格が高いと買取業者の経営が成り立ちません。
買取る商品の一般的な買取価格をもとに、おおよその買取価格を決めます。

 

*年式

同じ商品でも、年式が古いものは劣化や壊れる可能性が高いので買取価格が低くなります。
また、新しいものは機能も良い場合が多いので高い買取価格が期待できるでしょう。

*状態

買取商品の状態はとても重要な査定基準です。
倉庫での保存が長かったり、保存状態が悪かったりすると、同じ年式の商品でも買取価格に大きな差が出てしまいます。
そのため、在庫の状態をしっかり管理することが重要です。
また、高く売りたい場合は早めに買取業者に依頼することをおすすめします。

□まとめ

今回は、在庫買取の査定の流れや査定の基準についてご紹介しました。
当社では、在庫の買取についてのご相談を随時受け付けております。
買取の専門家が、お客様の在庫処分を全面的にバックアップいたします。
在庫の処分をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

倒産品の在庫の処分を依頼するなら買取業者に!買取のメリットもご紹介

倒産品の在庫処分にお困りの方はいませんか?
「会社が倒産してしまって在庫が余ってしまった」
「倒産品が大量にありどう処分すればよいかわからない」
このように、会社が倒産してしまい大量に余った在庫の処理に困っている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、倒産してしまっては販売もできないですよね。
そこで今回は、倒産品を買取してもらう方法や買取してもらうメリットについてご紹介します。

 

□倒産品の買取方法

*倒産品とは

倒産品とは、会社が倒産し売れ残った在庫のことです。
在庫は、資産の一部でもあり、負債の一部でもあります。
倒産品は、会社の倒産後、破産管財人が破産財団として管理し、債務者への弁済に使われます。
また、正当な理由がない場合は、倒産品を勝手に売却などすると法律に違反します。

 

*倒産品の買取

倒産品は、理由が正当なものと判断されれば買取を依頼できます。
弁護士などに倒産や廃業の手続きを依頼するために倒産品を売却したい場合は、正当な理由と言えるので買取業者に依頼できるでしょう。
買取業者に依頼する場合は、実績や口コミの良い業者を選ぶことが重要です。
実績や口コミが良い業者は、その分多くの買取経験があるため信頼できる査定を行ってくれます。
また、たたき売りしたいという方は注意しなければなりません。
たたき売りのように、極端に低い価格で売った後、破産管財人から倒産品を不正に処分したと疑われる場合があります。

□倒産品を買取ってもらうメリット

買取のメリットは、買取業者に依頼し査定を受けることで、商品に見合った額の現金が受け取れます。
買取業者に依頼すれば、弁護士などに廃業の手続きを依頼するときの費用をまかなえるのです。
企業が倒産したときにできる倒産品は、倉庫などを借りて預けたり自社の倉庫で管理したりしている場合が多いです。
しかし、そのまま倉庫に保管し続けると倉庫を借りる料金や商品の維持費がかかります。
また、量が多い場合や電化製品の場合は、破棄するのにも費用がかかってしまいます。
そのため、現金に換えられる買取がおすすめです。

 

□まとめ

今回は、倒産品を買取してもらう方法や買取してもらうメリットについてご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社では、倒産品などの在庫処分についてのご相談、買取を随時受け付けております。
買取の専門家が、お客様のお悩みを全力で解決します。
倒産品の処分などでお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

販売している商品の在庫を処分する最適な方法とは?買取についてご説明します

販売している在庫の処分をお考えの方はいませんか?
「店を閉めることになり販売している在庫を処分したいけど捨てるのはもったいない」
「売れ残ってしまった在庫を処分するのにおすすめの方法を知りたい」
このように、在庫を処分したいけどどのような方法でするべきかわからない方が多くいらっしゃると思います。
しかし、今ある在庫を全て破棄してしまうのはとてももったいないですよね。
そこで今回は、販売している商品の在庫を処分するおすすめの方法をご紹介します。

□買取という方法

販売している商品の在庫処分をするときにおすすめするのは買取です。
ここでは、買取のメリットについてご紹介します。

*短期間で現金化

閉店などで在庫処分を急いでいる場合、セールをして売れるのを待つには時間がかかり過ぎます。
そこで、買取業者に依頼すれば査定してすぐに現金化が可能です。
閉店にかかる費用も買取してもらったお金で少しはまかなえます。

*買取方法の選択ができる

買取業者に依頼した場合、買取方法も選択できる業者が多いです。
買取業者はたいてい、当店持ち込みだけではなく、出張買取や宅配サービスも行なっています。
宅配料や手数料、地域による制限も業者によってはありますが、作業効率を考えると使った方が良いでしょう。

 

□買取業者を選ぶなら当社

*中古品の扱いも可能

新品だけでなく、一定の物量がある場合は中古品の買取も可能です。
大量に商品がある場合もぜひ買取をお任せください。

*ブランドイメージの保持

国内で安く販売されたくない品物や廃盤商品を日本で再び流通させないようにできます。
多くのブランド、メーカーとの取引をしています。

*買取商品の再販

各ブランドのイメージや、商品ブランドに悪い影響を与えないよう、希望のお客様と打ち合わせをし、販売方法を一緒に決めさせていただきます。

*買取査定、見積もり無料

買取査定の際や見積もりをさせていただく際は、料金は発生しませんのでお気軽にお問い合わせください。

*豊富なジャンルに対応

再販が可能と査定した品物は、ジャンルを問わず買取できます。

□まとめ

今回は、販売している商品の在庫を処分するおすすめの方法をご紹介しました。
今回の記事で、在庫処分の際に買取を選んでいただける方が増えると幸いです。
当社では、販売している在庫の処分についてのご相談を随時受け付けております。
買取に詳しいスタッフが、お客様を全面的にバックアップいたします。
販売中の商品の在庫処分をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

過剰在庫の原因とリスクとは!?解決する方法もご紹介します!

倉庫に眠っている過剰在庫にお悩みの方はいませんか?
「売れ残ってしまった過剰在庫を処分したい」
「過剰在庫はなぜ発生するのか知りたい」
このように、過剰在庫の処理方法に悩まされている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、過剰在庫を放っておくと経営に関わるリスクさえあります。
そこで今回は、過剰在庫の発生原因やリスクと、在庫処分のおすすめの方法をご紹介します。

 

□過剰在庫の発生原因とは

*在庫管理の責任者

過剰在庫の原因として、在庫の数を管理する責任者がはっきりと決まっていないことがあります。
売れ行きによって異なる在庫数をそれぞれ正確に把握するという重要な役割があります。
在庫を保管する倉庫が複数ある場合、管理する人がいないと正しい数を把握できません。
そのため、実際の在庫数と帳簿が合わないことや、発注した商品が多過ぎて余ってしまうなどのトラブルが頻繁に起こります。
しかし、在庫数を把握することで商品の売れ行きと仕入れ状況などを適切に把握でき、無駄のない経営ができるようになります。

 

*季節が関係する商品が売れなかった

夏物や冬物のように季節が関係する商品は、その季節が過ぎると需要が著しく低下し、全く売れなくなります。
また、次の年に売れるかという訳にもいかず、新商品が発売され、過剰在庫となってしまいます。

 

□過剰在庫のリスクとは

過剰在庫は経営に大きなリスクとなります。
売れ残っている商品をそのまま保管し続けると品質は劣化し、流行に取り残されさらに売れなくなるでしょう。
さらに、保管する倉庫のスペースは圧迫され、管理コストも高くなります。
また、在庫を過剰に抱えることで現金が減り、企業の資金繰りを圧迫します。
結果的に、企業の経営が苦しくなり黒字倒産することさえあります。

 

□過剰在庫を削除するには買取がおすすめ

上で書いたように、過剰在庫があって良いことは何ひとつありません。
そこで、おすすめしたい解決方法は買取業者に依頼することです。
買取業者は、幅広いジャンルの商品を買取してくれます。
また、量が多い買取にも対応している業者もあるので、大量の過剰在庫がある場合も安心です。
買取なので、今まで売れずに倉庫に眠っていた商品を現金に変えられるのが強みです。

□まとめ

今回は、過剰在庫の発生原因やリスクと、在庫処分のおすすめの方法をご紹介しました。
今回の記事で、過剰在庫のことについて少しでも理解していただければ幸いです。
当社では、過剰在庫の処分についてのご相談を随時受け付けております。
買取の専門家が、お客様のお悩みを全力で解決します。
売れ残ってしまった過剰在庫の処分でお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。