在庫管理を行っている方必見!余剰在庫と過剰在庫の違いについて解説

卸売業や製造業にとって、在庫は商売のために必要不可欠な資本です。
しかし、短納期への対応や、品切れによる機会損失を恐れて必要以上の在庫を保有することは、企業にさまざまなリスクをもたらす恐れがあります。
今回は余剰在庫と過剰在庫の違いと在庫を多く抱え過ぎることのリスクについて解説します。
この2つの言葉は企業経営を圧迫する要因としては、似ているものの、別の意味を指しています。
在庫管理する方は参考にしてみてください。

余剰在庫と過剰在庫の違いとは

過剰在庫と余剰在庫という言葉がありますが、どちらも「需要を上回る在庫」という意味で共通しています。
ただ、微妙な差異があるため、それについて以下で紹介します。

余剰在庫とは、今後売れる見込みはあるものの、現状まだ倉庫に保管されたままとなって保管期間がある程度かさんだ在庫を指します。
売れる商品であっても、仕入れ過ぎると余剰在庫といった扱いになります。
利益を圧迫する要因になるため、迅速に対処する必要があります。

一方、過剰在庫とは、需要を上回る在庫のことを指します。
余剰在庫という言葉には「売れる見込みがある」という意味が付与されている一方で、過剰在庫はただ需要を在庫が上回っているという状態を示します。
在庫は商売のために必要不可欠なものであり、不足のないように準備しておくのが基本です。
しかし、品切れを気にするあまり必要以上に製造・発注すると、余分な在庫が増えて過剰在庫を抱える原因になります。

余剰在庫と過剰在庫を抱えるリスクとは

1つ目はコストです。
倉庫内が在庫商品で溢れると、様々なコストがかかります。
販売できない在庫を抱え続けるのは、企業に悪影響です。
在庫が増えることで余計な作業が発生するので、人件費も高くなり、在庫の抱え過ぎは、利益を減らし、コストの増加を招きます。

2つ目は品質低下です。
在庫が溢れて、長期間倉庫で保存すると商品の摩耗や損傷を招き、適正価格では売れなくなるので利益も減少するでしょう。
在庫が増え、今後商品が売れないと予想できる場合は、早めに売っておきましょう。

3つ目はキャッシュフローの悪化です。
在庫は現金化ができておらず、またその見込みが現状立っていないもので、お金を払って仕入れる資産の一つです。
販売が見込めない過剰在庫の状態を放置していると、売り上げによる利益が得られない状態が続きます。
過剰在庫が増えると、仕入れの支出だけが増え、その他の事業に使える資金が減っていく状態になるため、キャッシュフローの悪化を招きます。
これがいくつも重なると、資金が不足して、会社の経営がうまくいかなくなります。

まとめ

今回は余剰在庫と過剰在庫の違いと多く抱え過ぎることのリスクについて解説しました。
在庫は気がつくと増えてしまっている厄介な存在です。
ただ、放置すると在庫を捨てるということになりかねないため、気をつけましょう
当社では、大量に余った在庫の買取をしております。
気になる方はぜひ当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理をしている方必見!在庫が多いデメリットについて解説

過剰在庫とは、需要以上に多く入荷した商品が販売されないまま保有している状態のことを指します。
在庫は本来持つべきですが、過剰在庫になっていませんか。
過度に抱えすぎると、さまざまなリスクが生じるため、会社の経営に悪影響をもたらします。
今回は在庫が多いデメリットと過剰在庫が発生する原因について解説します。

在庫が多いデメリットとは

在庫を多く持つ方が良いように思いますが、デメリットもあります。
メリットを打ち消してしまうほどの過剰在庫を抱えると、会社に悪影響をもたらします。
以下で具体的な企業に対する悪影響の例を挙げます。

1つ目は陳腐化・品質劣化です。
商品は、時間が経つごとに劣化し、陳腐化が進むと、値下げ販売するか、廃棄するしかありません。
見込んだ売上や利益が得られないばかりか、損失が起きます。
そのため、廃棄を防ぐために値下げ販売して売り切ることも対策として考えられますが、その場合、見込んだ売上や利益は得られず、投入した元本も回収できなくなり経営がうまくいかなくなります。

2つ目は費用です。
過剰在庫が発生することで、管理にかかる費用が増加し、収益性が悪化する可能性があります。
輸送費や人件費、管理維持費など他にも費用がかかります。
さらに廃棄処分をすることで、その商品管理にかかった作業は全て無駄になります。

3つ目は無駄な作業の発生です。
モノには必ず運搬が伴い、最終的に売ることができずに処分してしまう在庫の運搬は付加価値のない無駄な作業です。
必要以上の在庫を抱えると、無駄な運搬や付帯作業が増加します。

過剰在庫が発生する原因とは

1つ目は過剰発注です。
勘や曖昧な予測を立てて発注すると、過剰在庫の原因となります。
正確な発注をするためには、過去のデータを参考に欠品を防ぎつつ、過剰在庫にならないように発注をしましょう。

2つ目は商品価値の低下です。
トレンドや流行が過ぎたために需要がなくなり、これまでと同じ販売量を保てなくなるケースもあります。
市場の動きをよく見極めながら発注量を調整し、在庫が増えないようにすることが大切です。
出荷先の販売状況を知って、分析することも重要です。
分析を怠ると、その商品が在庫として倉庫に残り続ける結果を招きます。

まとめ

今回は在庫が多いデメリットと過剰在庫が発生する原因について解説しました。
在庫の保管コストの増大やキャッシュフローの悪化につながることが多い過剰在庫。
多くの場合、誤った需要予測や不徹底な在庫管理などによって引き起こされます。
当社では、大量に余った在庫の買取をしております。
気になる方はぜひ当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理で困っている方必見!在庫管理のコツについて解説します!

在庫管理は、効果が出るのに時間がかかり成果が見えにくく地味な作業ですが、諦めずに続けることにより結果がついてきます。
今回は在庫管理と在庫管理を行なっていく上でのコツについて解説します。
在庫管理がうまくいかない理由もいくつかあるため、改善するためにも適正な在庫管理を心がけましょう。

在庫管理とは

在庫管理とは、企業が保有している在庫を適切な状態に調整、管理することを指します。
仕入れや売上に直結するため、在庫管理は企業を支える土台と位置付けられ、この土台をおろそかにすると、企業の経営がうまく回りません。
モノを仕入れた場合、管理上は在庫ですが、同時に現金へ変換可能になることを意味します。

在庫管理の目的とは、適正な在庫を抱え、お客様に適切な価値の提供や在庫の無駄を無くして利益を上げることが挙げられます。
在庫管理は商品を求めている顧客や企業の健全な経営のために必要不可欠な業務です。
分析して現状把握や在庫の適正数を決めたり、在庫の見える化をして管理を適切にしましょう。

重要な在庫管理のコツとは

1つ目はリードタイムの短縮です。
効率的に実施するには、製品の発注から納品、生産開始から完成までに掛かるリードタイムを短縮しましょう。
リードタイムが長いほど在庫を抱えることになり、在庫管理にかかるコストが増えます。
一方、リードタイムが短い製品は、短期間で在庫を確保できるため、販売計画の見通しが立てやすいです。

2つ目は棚管理の徹底です。
在庫を管理している倉庫での保管状況も重要です。
どの棚に、どの在庫が保管されているのか管理する必要があり、保管状況があいまいだと在庫不足や商品紛失・余剰在庫などの問題が発生します。
棚管理は徹底して行い、担当者が誰であっても同じように在庫管理ができる状況を作る必要があります。

3つ目はシステムの導入です。
管理を適正に行うために、一元管理できるシステムの導入をしましょう。
手作業でする管理方法は、入力ミスや書き損じといったミスが起こり得ます。
誰が担当であっても操作しやすいようなシステムを導入することで、正確な入出庫情報や在庫情報を入力できます。

4つ目は綺麗な環境の倉庫です。
適正な在庫管理を行う上では、倉庫の整理整頓を常に心がけることが重要です。
倉庫内の在庫を整理整頓のほか、倉庫内の掃除も忘れてはいけません。
整理・整頓・清掃を心がけることで、在庫の把握や、型落ちの商品や欠損した商品の発見にも繋がり、ビジネスチャンスの拡大が期待できます。

まとめ

今回は在庫管理についてと在庫管理を行なっていく上での重要ポイントについて解説しました。
在庫は会社の利益に直結するものであり、在庫管理は売り上げに関わる重要な業務です。
当社は在庫処分を承っております。
お気軽にご相談ください。

在庫管理で工夫すべき点について解説します!

在庫管理は、どの業種でも必ず行う作業です。
製造業や小売業などでは、商品や備品の在庫管理が売上に響くため、在庫管理について悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。
今回は在庫管理でうまくいかない理由と在庫管理の工夫について解説します。

在庫管理でうまくいかない理由とは

1つ目はデータの重複入力です。
在庫管理を実施する際、複数人がデータ入力作業すると、同じデータを別々に入力してしまい重複する原因になります。
同じ商品や資材に関するデータが重複すると、在庫数にズレが生じ、これにより在庫管理がうまくいかなくなります。

2つ目は請求月と出荷月のミスマッチです。
請求月と出荷月が異なると、在庫数のズレが生じやすくなります。
例えば、営業部門では3月に売り上げ計算するつもりが、購買部門では2月に請求を立ててしまったケースです。
在庫の請求月と出荷月のタイミングを合わせるためにも、在庫管理の一元化が必須です。

3つ目は管理ルールが曖昧なことです。
適正な在庫管理をするためには、徹底した管理ルールの作成とその徹底運用が必要です。
在庫管理のルールが明確に定まっていない場合、業務の進め方はかなりの部分が担当者の裁量に依存します。
担当者によってやり方が異なると在庫数のズレが発生しがちです。

4つ目は倉庫が雑然としていることです。
保管場所を整理していない場合、製品同士が混ざって在庫数をカウントしにくくなります。
在庫が山積みで散らかり放題の倉庫は在庫管理を適切に行いにくい環境と言えるでしょう。
在庫管理が行き届いている工場を見ると、整理・整頓・清掃が行き届いており、工場の中がきちんとしています。

在庫管理の工夫とは

管理の徹底

在庫管理にとって、在庫の保管場所を正確に決めることは重要です。
棚に応じて置くものを決める、棚管理が適切に実施できていると、在庫管理を効率的に実施できるようになります。
物によって置き場所を決めることで、物を探す労力や時間を最小限に抑えられるでしょう。

管理の優先度にメリハリをつける

管理にもコストがかかるため、それぞれの在庫の単価で優先度・重要度を決めます。
例えば、単価が2円の在庫と、単価が5000円もする在庫を同じように管理するのは、非常に無駄です。
優先度を決め適切な管理を心がけましょう。

数量で把握する

数量で把握するという意味は、「現物を見て数える」ということです。
パソコン上の管理だと、数字ばかりに囚われてしまいます。
在庫は現物なため、現品を自分の目で確かめることにより、量の多さや取り出しやすさ、視認性などの保管場所のレイアウトを肌で感じられます。

まとめ

今回は在庫管理でうまくいかない理由と在庫管理の工夫について解説しました。
在庫管理には、現状把握と棚管理が非常に重要であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
当社は在庫処分や買い取りを承っております。
お気軽にご相談ください。

在庫管理のわかりやすい方法について解説!

在庫管理システムとは、在庫を可視化できるツールです。
Excel上で在庫情報を共有・確認するのに役立ちます。
しかし、必要な項目が入っていない、入力ミス、ルールが曖昧などの問題があると、適切な管理ができません。
今回は在庫管理の正しい方法とExcelを使ったわかりやすい管理方法について解説します。

在庫管理の正しい方法とは

在庫管理を始めようと思っても何から始めるべきなのか、どうすれば良いのかと悩む方は多いと思います。
ここでいくつかの正しいポイントについて解説します。

1つ目はルールを作ることです。
在庫管理をする上で重要なポイントは「ルール」です。
その中でも「ロケーション管理」がキーポイントとなります。
商品の配置を事前に決めることで、入庫や出荷の際の生産性・効率性が一段とアップします。
在庫管理のマニュアルやルールをあらかじめ、具体的かつ明確なものにしておきましょう。

2つ目はシステムの導入です。
在庫管理システムを導入することで、生産性や仕事上のミス減少の期待もできます。
入荷から出荷までの管理をシステム上でするためリアルタイムで確認ができます。
在庫管理システム導入は、作業ミスを減らせる・生産性が上がるなど会社にとってメリットになることが多くなります。

3つ目は棚卸し間隔の短縮です。
棚卸し業務を頻繁に行うことも、在庫管理の改善には有効な手段です。
一般的には、棚卸しのサイクルを短くするほどデータと実在庫の数を正確に合わせられ、結果として在庫管理の生産性が高まっていきます。

Excelを使ったわかりやすい在庫管理の方法とは

紙や手書きでの在庫管理では限界が訪れるため、そのような際は、Excelを利用した在庫管理が便利です。
Excelを使用している企業は数多くあり、慣れてしまうと簡単に入力ができ、自社に合った形でカスタマイズができるため自由度の高い運用方法です。

社内の複数人の担当者で在庫管理をしたい場合もおすすめですが、管理ルールが曖昧になりがちであり、人為的ミスも起こりやすいため、在庫管理表の形式を定め、運用ルールを徹底することが必要になります。
在庫管理を行いたいが、費用をかけられない企業でも始めやすいのがExcelでの在庫管理です。
在庫管理システム導入も大切ですが、重要なのは現場における在庫管理の運用改善です。
中でも、現場作業者の在庫管理に対する意識改善が非常に重要となります。

まとめ

今回は在庫管理の正しい方法とExcelを使った管理方法について解説しました。
Excel上の管理には問題点も一部ありますが、事前にその問題点や課題を押さえておくことと便利なツールと言えるでしょう。
当社は在庫処分を受け付けております。
お気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理を行なっている方必見!多すぎた場合に起こる問題について解説します!

在庫管理は経営における重要な業務であると同時に、難しい業務の1つです。
多様化する消費者のニーズを満たすため、取り扱う商品を増やしていく中で在庫を抱えすぎる問題に直面している企業も少なくないのが現状です。
今回は在庫が多すぎると起こる問題とその対策について解説します。

在庫が多すぎることで起きる問題とは

需要以上の在庫を保有している状態を、「過剰在庫」と言います。
在庫は商売のために必要な資本ですが、短納期への対応や、品切れによる機会損失を恐れて必要以上の在庫を持つことは、さまざまなリスクをもたらし、悪影響を与えます。

1つ目は商品価値の低下です。
需要に対し、過剰生産した製品や仕入れた商品は、過剰在庫として倉庫に残り続け、時間が経過するとともに品質が劣化します。
表面的な劣化が少ないとしても、保有する間に商品自体が陳腐化してしまう可能性があります。
最悪の場合、値下げ販売や破棄をしなければいけません。
投入した資金元本も回収できずに損失してしまうケースも考えられます。

2つ目は費用の増大です。
在庫は場所と管理が必須です。
広い倉庫でも、在庫の積み上げが雑だったり、適切な温度管理ではなかったりすると品質劣化が早くなります。
在庫は出庫を考えた管理状態を作らなければ作業効率が悪くなりますが、作業効率を高める余分なスペースを用意するわけにもいきません。
過剰在庫は、入庫、維持、出庫、廃棄という過程において、通常よりも多く費用が掛かります。

在庫過多にならないための対策とは

倉庫内の調査

多すぎる在庫の削減方法として、必要以上に仕入れたり生産したりしないことがあります。
しかし、適正な在庫量を計算して、その計算通りに商品を仕入れても、過剰在庫が発生してしまうことは珍しくありません。
過剰在庫に気づかないままだとどんどん在庫が増えてきます。
商品によって管理方法や需要量を読み間違えていたということも発見できます。
在庫管理システムの導入により在庫の見える化ができ、効率性の面でも期待できます。

売り上げがない商品の把握

在庫を増やしすぎない対策として売れない商品を把握することが重要です。
売り上げのために、売れる商品を把握することはどの企業でもしていますが、売れない商品を分析し、在庫を削減することも大切です。
この問題もシステムの導入により可視化ができます。

まとめ

今回は在庫が多すぎる問題とその対策について解説しました。
在庫状況を正確に把握し、管理・分析することは非常に重要です。
これを一人でするのはリスクが高いため、在庫管理システムを構築し、在庫情報の正確な数字を把握しましょう。
当社は在庫処分を承っております。
お気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理を行なっている方必見!在庫が合わない問題の処理について解説します!

モノを製造したり販売する業界で必ず存在するものが在庫です。
在庫が合わないと、会社の財務に大きな影響を与えるため、たとえそれが1個、2個の差異であったとしても、これを軽視することはできません。
今回は在庫が合わない原因と問題の処理方法について解説します。

在庫が合わない時の考えられる原因とは

1つ目は入力ミスや処理漏れです。
在庫管理システムは便利ですが入力のミスが命取りとなります。
数え間違いや入力ミス、重複カウントは在庫カウントに起因します。
他にも品番間違いやPCへのタイプミスも在庫が合わない問題に関係してきます。
PC上で行う管理は容易でタイムラグが生じません。
しかし、数の入力間違いにより数が合わなくなってしまいます。
入力のミスもありますが、他にも担当者が忘れているケースの事例もあります。
これらは人為的なミスであり、0にすることは難しいでしょう。

2つ目は曖昧なルール設定です。
保管に関するルールが徹底されていない・正しく認識されていない場合も在庫が合わない原因になります。
たとえば、在庫が本来あるべき場所になかったり、出庫の順番を間違えたりといったケースが考えられます。
また、トラブルの対応をその場の判断に任せると在庫数が合わないといった後々のトラブルにもつながります。
業務ルールのマニュアル化をしてミス防止に努めましょう。

3つ目は仕入ミスです。
帳簿在庫をもとに発注数を決め、仕入しますが、帳簿上のデータが間違っていることもあります。
その状態で仕入れをすると、棚卸差異が大きくなります。

在庫が合わない際の対処法とは

1つ目は原因を追求することです。
在庫が合わない時は、必ず原因があり、明らかにすることで在庫が合わない問題を防げます。
人為的ミスが多いなら、仕事の仕組み、環境を見直してミスの原因を明らかにすることが大事です。

2つ目は定期的な検品をすることです。
在庫をしっかりと管理したいのならば毎日の検品が理想的です。
しかし、チェックには多くの時間と労力がかかるため検品している場合ではないといった方が多いでしょう。
そのような時はシステムの導入の検討がおすすめです。
人手を割くことなく定期的な検品が可能になります。

まとめ

今回は在庫が合わない原因とその対処法について解説しました。
改善するには、理由をつきとめた上で、在庫管理を徹底したり、必要に応じてシステムを導入したりすることが重要になります。
当社は在庫処分を受け付けております。
お気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理を行なっている方必見!在庫が増えるデメリットについて解説します!

メーカーや小売事業者にとって、在庫は切っても切り離せないものです。
しかし、過剰に在庫を抱えるといくつかのデメリットもあり、反対に在庫不足に陥れば、欠品による機会損失を招きます。
今回は在庫が増えるデメリットと在庫を抱えすぎないための対策について解説します。

在庫が増えるデメリットとは

在庫を多めにもつことには、いくつかメリットがありますが、その反面、収益悪化のリスク、在庫維持費用の増加、キャッシュフローの減少といった悪影響も考えられます。

1つ目のデメリットは陳腐化・品質劣化です。
商品の品質は、当然のことながら時間が経つごとに劣化します。
また、表面的な品質の劣化が見られなくても、保有している間に商品自体が陳腐化してしまうと商品価値自体が低下します。
そのため品質の劣化した商品は、廃棄を防ぐために値下げ販売して売り切りますが、その場合、見込んだ売上や利益は得られず、投入した元本も回収できなくなり経営が空回りするでしょう。

2つ目は費用がかかることです。
在庫には保管場所と保管管理が必要です。
過剰在庫が発生することで、在庫管理にかかる費用が増加し、収益性が悪化する可能性があります。
売れない商品在庫を倉庫に抱えている状況は、売り上げが好調な商品のストックスペースを圧迫することにもなります。
広い倉庫でも、在庫を雑な積み上げ方や、適切な管理方法ではないと品質劣化が早くなります。
他にも輸送費や人件費、管理維持費などいくつかの費用がかかります。
さらに、在庫が売れ残り、廃棄処分の商品は、その輸送費用・処分費用もかかります。
廃棄処分は、その商品管理にかかった入庫・維持・出庫の経費は全て無駄になります。

在庫が増えすぎないための対策とは

需要予測に基づいた適切な管理

在庫リスクを最小限にするには、適正在庫を維持しなければいけません。
適正在庫とは、機会損失を最小限に抑え、欠品しない程度の在庫量のことです。
会社に見合った在庫の保有期間、不稼働在庫の割合などを分析し、適正在庫を決めましょう。

機会損失の減少

管理するにあたり長期管理の品質や商品価値の低下、廃棄を防げるような対策をしましょう。
そうすることにより、廃棄する機会の減少が期待できます。
適正在庫を維持するには在庫の見える化が一番の近道となるでしょう。

まとめ

今回は在庫が増えるデメリットと在庫を抱えすぎない対策について解説しました。
在庫を抱えることはリスクを伴います。
在庫の見える化をして、適切な管理を心がけましょう。
当社は在庫商品、在庫処分を受け付けております。
お気軽にお相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫を抱えて売りたいと思っている方必見!売り方について解説します!

「在庫が余り過ぎて、どのように処理すればいいのか分からない」
このようにお悩みの方はいませんか。
在庫をたくさん抱えることは会社にとって不利益になる可能性があります。
今回は在庫を売る方法や業者に買取を依頼する際の注意点について解説します。

在庫を売りたい際の方法とは

1つ目はセールを開催する方法です。
在庫を売る方法のひとつに、セールの開催があります。
通常よりも価格を下げることによりお客様の購買欲を高めましょう。
成功すれば、在庫が減り、同時に売上アップや店舗の集客も見込めます。
ただ、セールをしたとしても、在庫が売れるとは限りません。
価格設定も考慮しておかないと、売れ行きが悪くなるケースや赤字になってしまうリスクもあるため注意が必要です。
在庫セールの売場を楽しんで買い物ができるように工夫することがポイントです。

2つ目は在庫買取業者に依頼する方法です。
在庫買取業者へ依頼すれば、余剰在庫を処分して現金化ができます。
一括でさまざまなジャンルの品物を買い取る業者もあるので、余剰在庫だけでなく滞留在庫もまとめて処分できます。
お引越しや倉庫の片付け、急にお金が必要になったといった事情で、余剰在庫を処分したい場合にもおすすめです。
当社は様々な在庫の簡単査定や法人様向けの閉店・在庫商品の買取査定も行っています。
個人事業主の在庫処分品の買取も大歓迎です。

業者に依頼する際の注意点とは

1つ目は売りたい在庫が買取対象に対応しているかを確認することです。
食品の買取を得意としている業者や、洋服や下着などアパレル系の買取に特化している業者があり業者によって得意としているジャンルが異なります。
必ずしも全て買い取ってくれるとは限らないため、売りたい在庫を買取してくれるかを確認しましょう。

2つ目は見積書の有無です。
契約の際には見積書を提出してくる業者を選びましょう。
口頭のみだと「言った、言わない」のトラブルが起き、利用者側が損をしてしまう可能性もあります。
トラブルを避けるためにも、事前に書類での提出が可能かどうか確認しましょう。

3つ目は出張買取や宅配買取しているかどうかです。
在庫の量が多い場合は、あらかじめ出張買取や宅配買取ができるかどうか確認しましょう。
中には店頭買取しか対応していない業者もあるので注意する必要があります。

まとめ

今回は在庫を売る方法や業者に買取を依頼する際の注意点について解説しました。
会社のためにも、在庫は適切な数にしておくことが大切です。
当社は買取のお見積もりは完全無料で、さまざまなジャンルに特化した買取しています。
お気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理を行なっている方必見!在庫が多い際の問題点について解説!

在庫は、企業が持つ資産です。
在庫管理が正しく、適切な在庫数や管理をキープすれば、生産性や利益の向上につながります。
今回は在庫が多い際の問題と抱えすぎる原因について解説します。

在庫が多いことで起きる問題とは

在庫が多いとトラブルの際でも代替品を用意するというように迅速に対応ができます。
他にも安心感や大量に買うことで単価の値段が下がるといったコストの面でもメリットがあります。
しかし、在庫を抱えすぎた際の悪影響もあります。
会社の方針として、どちらを重視するか、どの程度の在庫を保有するか、明確に決めておくことが重要です。

在庫を抱えすぎることで起きる問題1つ目は商品価値の低下です。
需要に対し、過剰生産した製品や仕入れた商品は、過剰在庫として倉庫に残り続け、時間が経過するとともに品質が劣化します。
表面的な劣化が少ないとしても、保有する間に商品自体が陳腐化してしまう可能性があります。
最悪の場合、値下げ販売や破棄といった手段をとらなければいけません。
投入した資金元本も回収できずに損失してしまうケースも考えられます。

2つ目は費用の増大です。
在庫には場所と管理が必須です。
広い倉庫でも、在庫の積み上げが雑で、適切な温度管理ができていないと品質劣化が早くなります。
在庫は出庫を考えた管理状態を作らなければ作業効率が悪くなりますが、作業効率を高める余分なスペースを用意するわけにもいきません。
過剰在庫は、入庫、維持、出庫、廃棄という過程において、通常よりも多く費用が掛かります。

在庫が多くなってしまう考えられる原因とは

1つ目は予測が原因の発注ミスです。
曖昧な予測を立てると、過剰在庫が増加します。
正確に発注するためには、商品ごとにデータ分析しましょう。
過去のデータを活用して欠品を防ぎつつ、過剰在庫にならないような発注を心がけましょう。

2つ目は商品価値の低下です。
商品の価値や魅力が低下して、今まで通りの販売量を保てない場合も考えられます。
消費者の動きを分析して発注を決め、在庫を抱えすぎないようにしましょう。
なぜ商品の魅力が低下しているかの理由を分析することも必要ですが、出荷先の販売状況を知ることも重要です。
出荷先が大量に在庫を抱えているのに新たな生産や仕入れをすると、過剰在庫として残り続けさらに費用が増してしまうでしょう。

まとめ

今回は在庫が多い際の問題と抱えすぎる原因について解説しました。
過剰在庫の商品は倉庫を埋め尽くし、費用を発生させながら、次第に劣化します。
当社は在庫処分を受け付けております。
お気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。