在庫管理を検討している方へ!在庫管理の基本について解説します!

在庫管理を検討している方にとって、どのように管理していけば良いのか分からないという声をよく聞きます。
また、入荷や出荷のバランスや品質の管理などを考慮しながら在庫を管理するのは難しそうというイメージを持たれている方も多いでしょう。
そこで今回は、在庫管理に関する基本について解説します。

在庫管理の基本について解説します!

ここでは、在庫管理とは何かについて解説しますね。

在庫管理といっても、仕事内容は多岐に渡ります。
主な業務としては、在庫数の把握や商品の品質管理、倉庫の整理、売れ行きや需要を予測したうえでの商品の発注などがあります。
また、在庫管理においては、需要の無い商品を仕入れることや在庫切れを起こさないように細心の注意を払う必要があります。
そのため、品質管理や在庫数の見直しを徹底することはとても重要なことでしょう。

とはいえ、今では手書きの帳簿ではなく、在庫管理システムを導入することでヒューマンエラーを未然に防げます。
また、システムの導入により、在庫管理のおける手間と時間も大幅に削減できます。
在庫管理の際には、必要に応じて管理システムを活用しながら、無駄なコストを省いた質の高い経営を心がけると良いでしょう。

適切に在庫管理するための基本的な方法をご紹介します!

ここでは、在庫管理を適切に遂行するための方法を3つご紹介します。

1つ目は、在庫管理のマニュアル化とルール化の推進です。
在庫管理を適切に遂行するためには、作業のマニュアル化やルール化の推進は必要不可欠です。
これらを推進することで、作業効率が向上し、業務上の過失を最小限に抑えられるでしょう。

2つ目は、短期間での棚卸作業の実施です。
短期間で頻繁に棚卸作業を実施することで、在庫が合わない場合の原因をいち早く調査でき、質の高い経営に繋がります。

3つ目は、在庫管理システムの活用です。
在庫数の適正化を図るためにおすすめなのが、在庫管理システムです。
在庫管理システムを導入することで、イレギュラーな事態にも対処しやすくなります。
加えて、入力データの反映が自動で行われるため、無駄なコストを削減できます。

まとめ

この記事では、在庫管理を検討している方に向けて、在庫管理の基本について解説しました。
在庫管理は、基本的な重要ポイントを押さえることで、適切な運営を実現できます。
当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

適正在庫を実現したい方へ!売り上げに対する適切な在庫管理について解説します!

在庫管理に携わっている方で、適正在庫を実現したいとお考えの方は多いですよね。
とはいえ、なかには余剰在庫や在庫不足という状況に陥ってしまう方もいらっしゃいます。
そこで今回の記事では、売上を考慮した適正在庫の求め方や適正在庫を維持するための方法について解説します。

売上に対する適正在庫数の求め方とは?

適正在庫を実現したいとお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、売上に対する適切な在庫数の求め方です。
ここでは、適正在庫数の求め方について実務と経営の2つの観点から解説します。

実務的な観点から考える適正在庫数

実務的な観点から見た適正在庫数は、一定期間の需要数に安全在庫数を足すことで算出できます。
実務的な面から在庫数を考える場合は、顧客の需要を正確にキャッチすることが最も重要でしょう。
また、顧客の需要を正確にキャッチするためには、売上データの記録や顧客データの管理などを長期的に実施する必要があります。

経営的な観点から考える適正在庫数

経営的な観点から見た適正在庫数は、回転率を考慮したうえで算出します。
まず、売上原価を平均在庫金額で割ることで在庫回転率の値を出します。
次に、日数を先ほど算出した在庫回転率で割ると、在庫回転日数が導き出されます。

経営視点から見た適正在庫数の計算式は、実務視点から見た計算式より複雑ですよね。
一方で、より正確な適正在庫数を割り出せるため、経営上のメリットは大きいと言えるでしょう。

売上に対する適正在庫を維持し続けるための方法をご紹介!

在庫を管理している方で、適正在庫を実現したいとお考えの方は多いでしょう。
ここでは、適正在庫を維持し続けるための方法を3つご紹介します。

1つ目は、発注方法です。
発注方法には、定期発注方式と定量発注方式の2つがあります。
定期発注方式は、発注期間を一定に設定した発注方式で、比較的重要度が高い在庫に適しています。

一方で、定量発注方式は在庫量が減少し、規定量に到達した際に一定量を発注する方式です。
事前に発注点と発注量が決まっているため、発注処理が容易であるというメリットがあります。

2つ目は、需要予測です。
適正在庫を維持するためには、需要の予測が必要不可欠です。
過去のデータと感覚を織り交ぜながら需要を予測し、入出庫のタイミングを最適化できるようにしましょう。

3つ目は、生産リードタイムの短縮です。
リードタイムの短縮は、顧客対応力の向上や無駄なコストの削減にも繋がります。
コストの削減や顧客からの評価が上昇することで、在庫の適正化も図りやすくなりますよね。

まとめ

この記事では、売上を考慮した在庫数の適正化に必要な計算方法や管理方法について解説しました。
適正在庫を維持するためには、維持できるような管理体制を整備することが大切です。
当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

棚卸資産を会計処理したい方へ!棚卸資産と会計処理方法について紹介します

皆さんは、棚卸資産を会計処理するとき、何をすれば良いかご存知ですか。
棚卸資産を会計処理をしたいが、方法が分からないという方は多いと思います。
そこで今回は、棚卸資産と会計処理の方法についてご紹介します。

棚卸資産とは

商品、半製品、製品、原材料、仕掛品等の外形を備えており、営業目的達成のため売却を予定する資産のことを指します。
また、販売活動や一般管理活動で、短期間に消費される事務用の消耗品も棚卸資産です。

本会計基準では、「売却」は仕入れた棚卸資産の販売のことを指します。
こちらは、通常の販売目的で保有している棚卸資産と位置づけされます。

その他に、活発な市場で棚卸資産を持っている人が、市場価格の変動により利益を得ることを目的とするトレーディングという意味もあります。
こちらは、トレーディング目的で持っている棚卸資産と位置づけされます。

これらは、それぞれ会計処理と開示が定められています。

一方で、売買を目的とした有価証券や市場での販売を目的としたソフトウェアは、他の会計基準で扱われているため、棚卸資産ではありません。
これらは、それぞれ金融商品に係る会計基準及び研究開発費等に係る会計基準に定められます。

しかし、棚卸資産であるが、他の会計処理により収益が下がっているときは、本会計基準の適用はないと明らかにされています。

会計処理の方法

本会計基準では、収益が下がることにより投資額の回収が見込めなくなったとき、回収が見込めるところまで帳簿価額を下げることが求められます。

また、品質低下、陳腐化評価、低価法評価による損は、発生原因が違う場合でも、収益が下がってしまうため、違いがないものとして扱われています。

処理方法は、取得価額による貸借対照表価額とされています。
正味売却価額が取得価額よりも下回っているときは、正味売却価額による貸借対照表価額とされています。

正味売却価額

売却市場において、観察可能な市場価格に基づく価額には、売価や合理的に算定された価額があります。

正味売却価額に代わるもの

営業循環過程から外れた滞留や処分見込の棚卸資産は、正味売却価額ではなく、帳簿価額を処分見込価額まで下げるといった方法があります。
また、一定の回転期間を超えるとき、帳簿価額を規則的に下げる方法により、収益を下げられます。

再調達原価

原材料のように把握しやすいことから、正味売却価額が再調達原価と一緒に動くと認められるときは、継続適用条件として、再調達原価により、収益や簿価を下げます。

まとめ

今回は、棚卸資産とその会計処理方法についてご紹介しました。
棚卸資産は種類がたくさんあり、会計処理も価額の種類によって違います。
棚卸資産を会計処理したいけど、方法が分からない方は以上の方法を参考にしてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

期首在庫を評価したい方へ!評価の求め方をご紹介します!

皆さんは、期首在庫を、どのような方法で求めるかご存知ですか。
その求め方が分からないという方は多いと思います。
そこで今回は、期首在庫と評価の求め方についてご紹介します。

期首在庫とは

前期から繰り越された資産が、期首の時点で在庫として売れ残っていることを指します。

企業の経営では、売上総利益が重要になります。
これは、売上高から売上原価を差し引くことで求めます。

評価の求め方について

1つ目は、原価法です。
棚卸資産の取得価額で求める方法であり、ここでは6種類紹介します。

個別法は、棚卸資産のすべてをそれぞれの取得価額によって求めます。
そのため、商品ごとに在庫の管理が必要です。
受払いが明確なものに向いている一方で、商品数が多いと管理に手間がかかるため不向きです。

先入先出法は、仕入れたものから先に払い出し、期末棚卸高を求めます。
デフレ時は、期末になるにつれて取得価額が下がるため、節税につながります。

総平均法は、期首の棚卸資産額と期中に仕入れた商品や製品の合計を、総数量で割ることで価格を求めます。
事務処理が簡単といったメリットがある一方で、期末まで単価を求められないため、その都度、在庫の評価ができないといったデメリットもあります。

移動平均法は、仕入れごとにそれまでの取得価額の総額と、新しく仕入れたときの取得価額の合計を、在庫の総数量で割ることで単価を求めます。
在庫の評価をするたびに、仕入単価を求めなければならないため、事務処理に手間がかかります。

最終仕入原価法は、期末の仕入単価を期末の棚卸資産の単価として求めます。
事務処理が簡単なため、多くの企業で採用されています。

売価還元法は、期末の棚卸資産の通常販売予定価格の総額に、原価率をかけて在庫総額を求めます。
商品を売価で管理している業種におすすめの方法です。

2つ目は、低価法です。
原価法の6種類によって求められた取得価額と期末棚卸の時価のうち、どちらか低い方を取得価額として求めます。

期末の時点で、原価法で求められた取得価額より商品や製品の時価が低かったとき、その時価を使うことによって、売上原価を多く求められます。
そして、節税にもつながります。

2つの評価方法には、それぞれ特徴があるため、自社の商品や製品に合った方法を選択しましょう。

まとめ

今回は、期首在庫と評価の求め方についてご紹介しました。
期首在庫を評価したいが、求め方が分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫と決算書の関係性がわからない?会計処理時の注意点をご紹介!

大量の在庫を抱えている方にぜひ知っていただきたいのが、在庫と決算書の関係性です。
そこで今回は、在庫と決算書の関係性と、会計処理時の注意点についてご紹介します。
知っていると必ず役に立つので、ぜひ参考にしてください。

在庫と決算書の関係性

在庫とは、企業が加工や販売をするために持っている原材料、製品、商品などを指します。

貸借対照表と在庫の関係

貸借対照表とは、決算日における財政状態を表す書類です。
売上に貢献する在庫は、借方の棚卸資産に計上します。

原材料といった商品は、会社に必要な資産ですが、まだ在庫のときは経費で計上できません。
よって、原材料や製品などを多く買ったとしても、節税にはつながりません。

在庫数が多くなってしまうときは、仕入れの支払時期と経費計上の時期のずれ、倉庫での保管にかかるコストなどに注意して、現金の管理を行うことが重要です。
また、何年も倉庫に保管された在庫は価値が下がってしまい、現金化が難しくなるので注意しましょう。

キャッシュフロー計算書と在庫の関係

キャッシュフロー計算書とは、会計期間の現金の流れを示す書類です。
営業、投資、財務といった3つの活動区分に分かれており、在庫の金額は営業活動の棚卸資産の増減額に計上します。

キャッシュフロー計算書での在庫金額の増加は、マイナスとして扱われます。
そのため、本来の企業活動である営業活動のキャッシュフローがマイナスであることは、望ましくありません。

在庫は、会社の現金の流れを悪化させる原因です。
また、在庫分を販売するときも、入金されていなければキャッシュフローはマイナスです。

棚卸資産を扱う注意点について

1つ目は、税務署に評価方法を届け出る必要があることです。
棚卸資産を評価するときは、どの方法を採用したかを税務署に届け出なければいけません。
一般法人の場合は、設立後の第1期の確定申告までに届け出ましょう。

また、合併によって設立された企業の場合は、中間申告までに届け出なければいけません。
期日を超えてしまうと、最終仕入原価法が自動で選択されます。

評価方法を変更するときは、変更する年度の開始日の前日までに届け出ましょう。

2つ目は、在庫の個数と価値を見極めることです。
帳簿上の在庫数と価値が、必ずしも正確に一致するとは限りません。

例えば、盗難や紛失などによって在庫が減ったり、経年劣化によって在庫の価値が下がってしまいます。
これらを減耗損、商品評価損と言います。

減耗損は、実際に在庫数を確認して把握する必要があります。
帳簿上の在庫数との差額があるときは、棚卸減耗損として処理します。

しかし、在庫の価値が下がり、購入時の減価よりも時価が低くなったときは、その差額を商品評価損として処理します。
これを低価法と言います。
このときの時価は、正味売却価額です。

まとめ

今回は、在庫と決算書の関係性と、会計処理時の注意点をご紹介しました。
大量の在庫を抱えていて、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

棚卸差異を防ぎたい方へ!起きる理由と対策についてご紹介!

皆さんは、棚卸差異を防ぐには、何をすれば良いかご存じですか。
棚卸差異を防ぎたくても、対策が分からない方が多いと思います。
そこで今回は、棚卸差異が起きる理由と対策についてご紹介します。

棚卸差異が生じる原因

棚卸差異は、人的ミスや作業のばらつきが原因によって起こります。

人的ミス

入力ミスや処理漏れなどによって起こります。
例えば、10を入力しなければいけないときに、100を入力してしまうことです。
よって、手入力での帳簿の管理は、人的ミスが発生しやすくなります。

また、在庫数を把握していない状態は、商品の仕入れ、納品書の記載個数の間違い、納品書や請求書の遅延によっても棚卸差異が起こります。
これらのトラブルが起きたときは、社内に共有して棚卸差異の発生率を低くしましょう。

しかし、人が行なう作業ミスは、誰かが気づかないと起こってしまいます。
そのため、日頃から意識したり複数人でチェックすると、入力ミスによる棚卸差異を減らせます。

作業のばらつき

あいまいなルールをもとに作業をすると、人によって管理方法や処理方法にばらつきが出てしまいます。
そのため、決まったルールを決める必要があります。
あまり棚卸を行わない企業は、決まったルールがないことが多いです。

棚卸差異を解消するための具体策

1つ目は、情報の処理と現物の動きを合わせることです。
例えば、入荷や出荷などのときに、すぐにデータベースに入力することで、棚卸差異を減らせます。
よって、情報の処理と現物の動きはセットで行いましょう。

また、ITシステムを取り入れることで、効率よくスピーディに在庫管理ができます。

2つ目は、棚卸を短期間で定期的に実施することです。
棚卸を、四半期に一度行なう企業もありますが、短期間で定期的に検品を行うことで、管理ミスや仕入ミスを防ぐことができます。
よって、差異発生のリスクを減らせます。

3つ目は、みなし出庫の導入です。
みなし出庫とは、伝票処理をしない出庫方法です。
そのため、実績の確認によって出庫とみなします。
よって、人的ミスを減らせるでしょう。

4つ目は、業務のルール化です。
新しい従業員が入ったり、引き継ぎを行なうとき、業務手順のマニュアルがあることで作業内容を共有できます。

まとめ

今回は、棚卸差異が起こる理由と対策についてご紹介しました。
棚卸差異は、人的ミスで起こることが多いため、日頃から気を付ける必要があります。
棚卸差異を防ぎたくても、対策が分からない方はぜひ参考にしてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

車のボディ用コンパウンド廃盤品の買取り

メーカー様より
車のボディ用コンパウンドの買取をさせて頂きました。

新製品に切り替えるため旧商品の売却を検討しているとのことでした。

 

メーカー様のご要望により弊社の実店舗のみで販売をするという条件で買取をさせて頂きました。

コンパウンドだけでなく、カーシャンプー、カーワックス、その他のカー用品の買取も積極的に行っています。

メーカー様、問屋様にかかわらず

お気軽にご相談ください。

 

在庫金額を原価法で評価!算出する評価法についてご紹介!

「在庫金額を評価する方法が知りたい」「評価方法が沢山あってどれを使用したらいいのかわからない」
このようなお悩みをお持ちの経営者の方は多いのではないでしょうか。
この記事では、在庫金額を評価する方法やメリットやデメリットをご紹介します。
ぜひ在庫金額を評価する際の参考にしてください。

原価法について

原価法とは棚卸資産の取得原価を基準に評価する方法です。
原価法に基づいた評価方法は6種類あります。

1つ目は、売価還元法です。
売価還元法とは棚卸資産をグループ化し、各々の原価率を算出することで売上原価などを計算する方法です。
多種多様な品目を扱う小売業を中心に活用されている方法です。

2つ目は、先入先出法です。
言葉の通り、先に入れた商品を先に払い出すという考え方です。
実際の棚卸商品の流れに近いため、合理的な方法であると言えます。

3つ目は、総平均法です。
棚卸資産の総受入額を総受入数量で割り、総平均単価を割り出す方法です。
先入先出法と同じく、商品ごとの評価を前提とした評価方法です。

4つ目は、移動平均法です。
棚卸資産の受入れのたびに平均単価を算出します。
リアルタイムの棚卸資産額を知ることができます。

5つ目は、最終仕入原価法です。
決算日に最も近い取得原価に基づいて棚卸資産を評価します。
ただ、企業会計原則上において認められていないため、全ての会社で使用できるわけではありません。

6つ目は、個別法です。
棚卸資産を個別に評価する方法です。
個別性の強い商品に使用されることが多いです。

原価法のメリットデメリットとは

原価法には様々な種類があることを述べてきました。
次は、原価法の種類別に存在するメリットとデメリットについて紹介します。

原価法のメリット

まず個別法には、正確性が高いというメリットがあり、先入先出法には実際の動きと会計上のズレが比較的小さいというメリットがあります。
また、売価還元法や最終仕入原価法、総平均法は計算が簡単というメリットがあり、移動平均法は手間はかかりますが、一部の商品にスポットを当てることができます。
このように、方法の種類別にメリットも異なるため、会社にあった方法を選択することが大切です。
在庫金額を評価し、在庫が多すぎる場合は買取業者へ処分を依頼することも可能です。

原価法のデメリット

原価法のデメリットとして、先入先出法と最終仕入原価法は価格変動の影響を受けやすいことがあります。
また、個別法と移動平均法は非常に計算に時間がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。

まとめ

この記事では在庫金額の評価方法や、原価法のメリットデメリットについて種類別に紹介しました。
紹介した在庫金額や、適正な在庫数を把握するための算出方法を押さえておきましょう。
当社では閉店商品や倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫が会計に影響を与える?メリットデメリットとともに理由をご紹介!

「決算時に在庫を減らしたい」「在庫は経営にどのような影響を与えているのだろうか」
このような悩みをお持ちの経営者の方は多くいらっしゃると思います。
そこで、今回は在庫が会計に与える影響について、メリットとデメリットとともにご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

在庫と決算書の関係性について

在庫は企業にとってとても重要なものですが、決算時には減らした方がいいと言われています。
理由は大きく2つあります。

1つ目は、税金面の負担が減ることです。
税金は売上総利益によって金額が変動します。
売上総利益は売上高から売上原価を引くことで算出できます。

しかし、売上原価には仕入額や製造費用が含まれますが、売上に関与した分しか含まれません。
そのため、決算時期に在庫を減らしておくことで売上総利益が減り、税負担の軽減にも繋がります。

2つ目は、キャッシュフローの悪化を防げることです。
キャッシュフロー計算書とは、損益と収支のズレを補正しながら、会計期間における現金の流れを表すものです。
キャッシュフローは販売できない在庫があると、悪化してしまいます。
なぜなら、在庫が売れない限り、現金化されることはないからです。

もし在庫が売れないまま残っていると、在庫が現金の流れを悪くしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

在庫が経営に与えるメリットとデメリットとは

在庫によって生じるメリットとデメリットを詳しく紹介します。

在庫を持つメリット

まず最初に、在庫を持つメリットとして販売機会損失の可能性を最小限に抑えることができます。
これは、企業側にとって有利にはたらくだけでなく、顧客側にとっても現物を確認した後に購入できるため、安心感が得られます。
それだけでなく、商品を一度に大量に入荷することで1個あたりの単価も下げられます。
事業や商品の特性にもよりますが、大量仕入れにより単価コストを下げることで利益率の上昇にも繋がるでしょう。

在庫を持つデメリット

在庫を持つデメリットとして、過剰在庫が原因で商品としての価値が下がることが挙げられます。
一般的に、在庫は時間が経つと劣化してしまいます。
また、表面的に劣化せずとも、時間の経過とともに商品自体が陳腐化してしまいます。
その他にも、保管場所の費用やスペースなども在庫を持つことで増大してしまうことも考えられます。

商品を劣化させないために、在庫管理は怠ってはいけませんが、かといってそこばかりに費用や時間をかけても、商品が売れず廃棄になった場合などは無駄になってしまう可能性があります。

まとめ

この記事では、決算時に在庫を減らした方がいい理由と、在庫を持つメリットとデメリットについて紹介しました。
決算時の在庫は、会計にあらゆる影響を与えます。
また、当社では閉店商品や倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

会計にも影響する在庫金額とは?評価方法とともにご紹介!

皆さんは、在庫金額が会計に影響することをご存知でしょうか。
そこで今回は、適正在庫と評価方法についてご紹介します。
ご自身の会社で大量の在庫を抱えており、処分を業者に依頼するか検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

適正在庫について

適正在庫とは、欠品を出さない最小限の在庫数のことを指します。
少なすぎる在庫数は欠品につながるため、販売機会を失ってしまう恐れがあります。
また、商品棚に商品が少ないと、消費者の購入意欲を下げてしまいます。

一方で、在庫数の増やしすぎも管理のためのコストがかかり、処分する在庫が出てきます。
また、在庫を現金化せずにいると、黒字倒産することもあります。

そのため、適正在庫を保つことで保管する在庫を減らせ、スペースやコストを削減できます。
そして、在庫金額が把握できるというメリットもあります。
また、在庫を現金化できるため、現金の流れが良くなり、安定して利益を出せます。

しかし、欠品を出さないことだけを考えていると、在庫数に余りができてしまいます。
そのような状況では、商品の品質劣化、不良在庫の発生などが起こってしまいます。

欠品を出さないことも大事ですが、コストを抑えるためには、同時に在庫数を調節する必要があります。
出荷量や需要変動などを考えて、常に過不足のない状態に保っておきましょう。

適正在庫を維持することは、販売機会を増やしつつコストを減らせ、企業の利益を最大化できます。

評価方法について

棚卸しとは、棚卸資産の品目と数量を確認する作業のことです。

しかし、会計では棚卸資産を金額ベースとして計上するため、棚卸資産の期末単価を決める必要があります。
これを、棚卸し在庫の評価と言います。

棚卸資産の評価方法は2つあります。

1つ目は、原価法です。
棚卸資産を購入するときに支払った金額を元に、期末の金額を評価する方法です。

2つ目は、低価法です。
期末の棚卸資産の金額を、原価法による評価か期末時価のうちの低い方を使用する方法です。

企業はどちらかの評価方法を選択し、継続的に期末在庫の評価を行います。
そして、原価法と低価法で評価したものを比べたとき、利益の金額が変動することを理解しておくことが大切です。

まとめ

今回は、適正在庫と評価方法についてご紹介しました。
これらを知ることで、在庫金額を把握でき、企業の利益を最大化できます。
ご自身の会社で大量の在庫を抱えており、処分を業者に依頼するか検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。