在庫処分をお考えの方へ!おすすめの売り方をご紹介します!

在庫処分をお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、在庫処分をする際の売り方にお悩みではないでしょうか。
さらに、在庫を抱えてしまう原因についても気になっている方は多いはずです。
そこで今回は、在庫処分をお考えの方へ向けて、在庫を抱えてしまう原因と、在庫処分をする際のおすすめの売り方について解説します。

在庫を抱えてしまう原因とは

その原因としては、5つ挙げられます。

1つ目は、過剰在庫によって残ることです。
品切れや部品切れなどによって生産できなくなってしまうことは防ぎたいですよね。
そのために、大量の在庫を抱える方は多いのではないでしょうか。
その場合、その在庫が残ってしまうことがあります。
これは過剰在庫と呼ばれ、この状態になっていると在庫を抱え込んでいると言えるでしょう。

2つ目は、流行や季節で売れずに残ることです。
流行に影響を受けやすく型落ちすると売れにくくなるものがあります。
例えば、アパレルや家電などの売れ行きは流行に左右されます。

3つ目は、滞留在庫を抱えてしまうことです。
前もって予定されていた部品や材料などを使って商品を生産するはずが、仕様変更の影響で発注していた部品などの在庫が使われなくなってしまい滞留在庫となる場合があります。

4つ目は、閉店や廃業で売れ残ってしまうことです。
閉店や廃業が決まり、在庫品を閉店セールや店じまいセールなどで値下げをして販売しますよね。
その場合、セールをしても売れ残ってしまうことがあります。
そのため、必ずしもセールをすると売れるとは限りません。

5つ目は、発注ミスや返品によって残ってしまうことです。
発注ミスや発注された商品のキャンセルによって、在庫が残ってしまう場合があります。

在庫処分をする際のおすすめの売り方とは

おすすめの売り方としては、2つ挙げられます。

1つ目は、在庫買取業者への依頼です。
この方法では、対面での交渉もできるので安心して買取を依頼できます。
さらに、コミュニケーションも取りやすいので手続きがスムーズに進むでしょう。
しかし、打ち合わせや見積もりのために一定の時間が必要になるというデメリットがあります。

2つ目は、在庫買取サイトへの依頼です。
この方法では、再販売経路に期待できるでしょう。
また、遠隔地でも対応でき、取引の時間は短いです。
しかし、通常は対面での交渉は行われないというデメリットがあります。

まとめ

今回は、在庫を抱えてしまう原因と、在庫処分をする際のおすすめの売り方について解説しました。
在庫処分をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

日用品の在庫処分について詳しく解説します!

日用品の在庫処分をお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、日用品を買取してもらう際の流れについても知っておきたい方は多いはずです。
今回は、日用品の在庫処分について解説します。
 

日用品の在庫処分について

 
日用品の在庫処分について知るためには、在庫処分をする理由について把握しておく必要があります。
その理由としては、コスト管理が挙げられます。
詳しく説明すると、日用品はさまざまなお店で扱われているものです。
そのため、在庫として残ることは多いです。
 
しかし、気づいたら大量のコストを抱えてしまっている場合があるでしょう。
その在庫を保存するためには、管理費がかかってしまいます。
そのため、適度にコスト管理をする必要があります。
 
また、在庫処分方法はさまざまな方法があります。
例えば、セールをしたり、不用品回収業者に依頼したりする方法があるでしょう。
 
特におすすめしたいのが、買取によって処分する方法です。
なぜなら、在庫処分の専門家に買い取ってもらえるからです。
さらに、取引している商品の豊富さも理由の1つとして挙げられるでしょう。
加えて、お金が増えることにもつながるため、メリットがあると言えます。
 

日用品を買取してもらう際の流れとは

 
ここでは、日用品を買取してもらう際の流れについて解説します。
その流れは、7つのステップに分かれています。
 
1つ目は、商品の写真を送ることです。
このステップでは、買取を希望する商品の写真をお送りください。
 
2つ目は、概算での査定金額の掲示です。
お客様からお送りいただいた商品の写真から査定をします。
 
3つ目は、サンプルを送ることです。
概算金額にご納得いただけたら、サンプルをお送りください。
 
4つ目は、買取価格の確定です。
サンプル到着後、現物を見て買取価格を確定します。
 
5つ目は、商品の出荷です。
買取価格の確定後、商品をお送りください。
 
6つ目は、商品の検品です。
到着したすべての商品を検品します。
 
7つ目は、買取金額の銀行振り込みです。
お支払い方法は基本的に銀行振り込みとします。
また、お支払いのタイミングは、商品の納品後弊社にて確認後2営業日〜7営業日以内にお振り込みいたします。
 

まとめ

 
今回は、日用品の在庫処分について解説しました。
日用品の在庫処分をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社では閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

ブランド品の在庫を処分する際のポイントをご紹介!

ブランド品の在庫処分をお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、ブランド品の在庫を処分する際のポイントについて解説します。

ブランド品の在庫を処分する際の買取業者の選び方とは

ブランド品の在庫処分をお考えの方は、その買取業者の選び方について知っておきたいですよね。
そこでここでは、その選び方を3つ紹介します。

1つ目は、タグが切られるかどうかです。
買取した商品はタグを切って再販するため、ブランド名を購入される方は把握できないので安心です。
しかし、次に購入される方もそのことを知らずに購入します。
さらに、タグカットのコストを加味した買取価格のご提示になりますので、買取価格にはあまり期待できません。

2つ目は、海外への販路があるかどうかです。
国内での再販はできないという条件で、在庫処分が許可される場合があります。
この場合、海外への販売になるので、買取条件は不安定だと言えるでしょう。
また、ブランドイメージを損なわずにリユースしたいブランドからの要望は多いですが、条件が折り合わない場合がほとんどです。

3つ目は、高価買取してもらえるものを売却できるかどうかです。
ブランドの契約条件がゆるい場合、シーズンに合う商品や有名ブランドの商品は高く処分できます。

ブランド品の在庫を処分する際のポイントとは

ここでは、ブランド品の在庫を処分する際に押さえておくべきポイントについて紹介します。

そのポイントは、2つあります。

1つ目は、早めに売ることです。
販売価格は、トレンドに大きく影響を受けます。
その商品を欲しがっている方が多ければ多いほど、販売価格は高くなります。
そのため、人気商品は自然と買取価格も高くなります。

一方で、多くのブランド品は、シーズンごとに新商品が出され、時間が経つほど市場価値は下がってしまいます。
そのため、ブランド品を高く売りたい場合は早く売ると良いでしょう。

2つ目は、付属品もあわせて査定することです。
ブランド品の購入時についてくる保証書や箱などの付属品は、買取価格に大きく影響を与えることがほとんどです。
そのため、ブランド品を売る際にはあらかじめ付属品も用意しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、ブランド品の在庫を処分する際のポイントについて解説しました。
ぜひ今回の記事を参考にして、在庫処分をしてみてはいかがでしょうか。
また、当社では閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

【買取事例】カーペットと家具の買取

こんにちは

通販会社様より、家具、生活雑貨、カーペットの買取ご依頼を頂きました。
約4トントラック1台分を買わせていただきました。

白石商事では大きなものの商品の買取も得意です。
宅配便等では送ることができないものでも、どうぞご相談ください。