不良在庫を抱えてしまった方必見!処分の際の注意点と買取について解説します!

「不良在庫を処分する際は、どういったことに気を付けたら良いのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回は不良品を処分する際の注意点や、処分を買取業者に依頼するメリットについて紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

不良在庫を処分する際の注意点とは

不良在庫を処分する際は、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。
ここでは不良在庫を処分するにあって注意することを2つ紹介します。

1つ目は、処分したことを証明できるものを残すことです。
破棄損については税務調査で確認されやすい項目です。
そのため、不良在庫を処分したことを証明するためのものが必要となります。
例えば、不良直前の在庫の写真と業者に引き渡す際の写真や、破棄業者の請求書があればベストです。

さらにどういった理由で破棄する必要あるのか、なぜこのタイミングだったのかなど、処分の理由についても説明することが大切です。
そのため、理由説明書などを用意しておくことをオススメします。

2つ目は、業者選びは慎重に行うことです。
不良在庫の回収や買取を依頼する業者は、下記のようなポイントを参考に選んでくださいね。

・実績がたくさんあるのか
・産業廃棄物処理の許可を得ているのか
・詳細な見積もりを渡してくれるのか
・電話やメールでの対応は良いのか

業者に買取りを依頼するメリットとは

たくさんの不良在庫処分を行う際は、業者に買取を依頼することで色々なメリットが得られます。
中でも、以下の3つのメリットがあることは、ぜひ押さえておきましょう。

・不良在庫がたくさんあっても、一度に売却できること
・不良在庫を処分するのにかける手間が省けること
・時間をかけることなく、在庫処分ができること

さらに、業者サービスを利用して、素早い在庫売買手続きを行えば、不良在庫を抱え込むことで起こる経営悪化の問題などを早く解決できます。

しかし、業者のセキュリティーを心配される方もいらっしゃるでしょう。
実際に、不良在庫処分をする際は、プライバシー保護管理がしっかりできた買取業者に任せることが重要です。
業者の中には、プライバシーやセキュリティー対策が不十分であり、情報漏洩や重要なデータ紛失などの危険が潜んでいるケースがあります。
そのため、在庫買取業者へ不良在庫の処分を頼む際は、そういった対策がしっかり取れている業者を選びましょう。

まとめ

不良品を処分する際の注意点や処分を買取業者に依頼するメリットについて解説しました。
この記事を参考に不良在庫を処分する際は、証明を残すなど注意点に気を付けてくださいね。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

エアコンの在庫処分をお考えの方必見!高額買取のポイントを紹介します

「エアコンを処分したい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
エアコンの処分でお困りなら、買取がオススメです。
今回は、エアコンの処分において買取がオススメな理由や、高額買取のコツについて紹介します。

エアコンの処分において買取がオススメな理由とは

不要になったエアコンを処分する方法として、買取と破棄があります。
買取可能なエアコンであれば、買取してもらう方が破棄するより断然オススメです。
そこで、エアコンの処分において買取がオススメな理由を紹介します。

まず、エアコンは家電リサイクル法の対象品目であり、粗大ゴミとして破棄できます。
しかし、破棄する際は業者に依頼して引き取ってもらう必要があります。
そうなればリサイクル料という費用がかかってしまいます。

さらに、業者がリサイクルセンターまで運ぶにも別途費用がかかります。
加えて、エアコンを外す際にもお金がかかってしまいます。

このように、エアコンは処分するだけでもお金がかかります。
つまり買取可能なエアコンなら破棄するよりも、買取してもらう方がお得だと言えます。

エアコンを高く買い取ってもらうコツとは

エアコンの買取をオススメ理由についてご理解頂けたでしょうか。
では、最後にエアコンを買取に出す際、高く買い取ってもらうためのコツについて2つ紹介します。

1つ目は、メーカーや型番、製造年数を確認することです。
エアコンにもいくつか種類があり、人気のあるモデルや型番なら需要が高いと言えます。
また、基本的に製造から5年以内のエアコンの場合、優先的に買取されます。
そのため、エアコンのメーカーや型番、製造年数は確認しておくのがオススメです。

2つ目は、買取前にエアコン本体を綺麗な状態にしておくことです。
買取に出す際、本体の汚れが酷い場合などは、当然査定額に影響してきます。
そのため、なるべくエアコン本体は綺麗な状態で査定に出すのがポイントです。

フィルターの掃除以外にも、ネット通販やホームセンターで買えるカビ取りスプレーやブラシ、クロスなどの便利なグッズを使って掃除すると良いでしょう。

まとめ

エアコンの処分において買取がオススメな理由や高額買取のコツについて解説しました。
不要なエアコンをどうやって処分したら良いか分からない、という方はぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

飲食店の閉店を検討中の方へ!タイミングと店内備品の買取について解説します!

「店内の備品を買取してもらいたいな」
飲食店の閉店をお考えの方でこのようにお思いの方は多いでしょう。
今回は、飲食店を経営している方に向けて、閉店するタイミングや買取の注意点とポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

飲食店を閉店するタイミングとは

今まで続けてきた飲食店を閉店するという決意はなかなか難しいものです。
閉店するタイミングもなかなか決められないですよね。
今回はそんな方に向けて、閉店するタイミングの考え方についてお話します。

閉店のタイミングを考える際、まず始めのポイントは、お金です。
閉店時には、開店した時にかかったように様々なコストがかかります。
そのため、お店の資金が尽きるまで永遠と営業をするのは、望ましくないでしょう。
以下の費用がある間に閉業することをオススメします。

・解雇予告期間の家賃
・保証金の償却費
・原状回復工事

閉店のタイミングを考えるポイントの2つ目は、時間です。
工事内容に関しても、スケルトンに戻すか、居抜きで明け渡すかのどちらかによって、閉店のスケジュールが大きく変わります。
工事の見積もり依頼をして、居抜きの場合は次の借り手を探す時間を考えてから、閉店日を決めてくださいね。

買取に出す際の注意点やポイントとは

続いて買取に出す際の注意点から確認していきます。
業務用厨房機器の買取を依頼する場合は、機器を引き上げるのに経路の確認が必須です。

例えば、厨房内に機器が設置されており、カウンター上にある吊戸棚を外さないと引き上げができない場合は、搬出費用が高くなります。
さらに、多くの人員や工数がかかるにつれ、同様にコストがかかります。
そのため、買取を依頼する機器により、買値が搬出費用を上回り、撤去料として依頼費用が発生します。
専門業者に依頼する場合は、あらかじめそのあたりを確認しておくと良いでしょう。

最後に高価買取のポイントを紹介します。
実際外観の傷は、査定額にあまり影響はありません。
それよりも庫内が清潔かどうかや、底面部分に錆がないかなどが大切なポイントになります。

冷蔵庫の底面は掃除が行き届かず、気づかない間に劣化が進んでいたというケースが多いです。
こまめに機器を清掃したり、点検をしたりすることをオススメします。

まとめ

飲食店を経営している方に向けて、閉店するタイミングや買取の注意点とポイントについて解説しました。
飲食店の閉店をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

店舗の閉店をお考えの方へ!在庫の買取について解説します!

店舗の閉店をお考えの方で、在庫の買取についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
この記事では、閉店時の在庫処分方法に関して知っておくべきことと買取依頼から商品買取までの流れを詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

閉店の際の在庫処分方法に関して知っておくべきこと

愛着のあるお店を閉めるのはつらいことですよね。
店舗運営を続けるかどうかについては、決断にかなり勇気が必要です。
さらにお店の閉店を決断できても、このまま通常通りの運営を行うのか、閉店セールで商品を売ってしまうか悩むことになります。

選択をする際は、今後の自分の生活を考えて、最もお金が残る選択肢はどれなのかを見極めることが大切です。
そう考えると、閉店までに商品の全ての在庫を販売することが最もお金が残る方法でしょう。
通常の営業だと在庫が残るという状況なら、閉店処分セールを行いなるべく商品を売ってしまいましょう。

しかし、このタイミングについても良く考える必要があります。
一度、閉店をするという決断を下したら、しっかりと計画を立てて実行してください。
そうでないと、最終的に在庫が残ってしまう可能性があります。

また、在庫の買取を依頼するという方法もあります。
お店の在庫の買取を依頼すれば、お金を残しながら在庫を処分できます。
これ以外にも、閉店による在庫の買取にはいくつかメリットがあります。

それは、人件費の削減です。
通常営業や閉店セールを行うと、お店を営業する必要があり、どうしても人件費がかかってしまいます。

さらに実際にセールを行ったからといって商品がたくさん売れる保証はありません。
買取に出す方法なら、人件費が不要となるだけでなく、商品の売値の予測ができます。
加えて、残るお金の見通しがつきやすいことも買取の大きなメリットです。

買取の流れとは

まず、商品の写真を当社までお送り頂くと、写真から、概算での査定金額をご提示します。
次に、概算金額にご納得頂けましたら、当社までサンプルをお送り頂きます。
サンプル到着致しましたら、買取り価格を確定します。
その後、商品を出荷して頂き、商品の検品終了後、買取金額を銀行振り込み致します。

まとめ

今回は、閉店の際の在庫処分方法に関して知っておくべきことと買取依頼から商品買取りまでの流れについて紹介しました。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

過剰在庫を抱えてしまった方へ!発生する原因と買取での対処法を紹介します!

「過剰在庫ってどうして発生するのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
過剰在庫になってしまったけど、なぜだか分からないという方は多いでしょう。
今回は過剰在庫の原因や、過剰在庫となりやすい商品を紹介します。

過剰在庫の原因とは

そもそも過剰在庫はどうして発生してしまうのでしょうか。
ここでは、原因を3つ紹介します。

1つ目は、需要予測のミスです。
「大体これくらいは売れるだろう」というぼんやりとした予想で発注することが過剰発注に繋がります。
適切な発注をするためには、商品ごとの需要を分析することが大切です。
過去のデータも参考にしながら、欠品を防ぎつつ、過剰にならないよう心がけましょう。

2つ目は、商品価値が下がることです。
商品の価値が下がったことで需要が落ち、同じ販売量が保てないケースがあります。
市場の動きに敏感になりながら、発注量を調整しましょう。

さらに、在庫状況だけでなく、出荷先の販売状況についても視野に入れる必要があります。
出荷先の在庫がたくさん残っているのに、新たに仕入れや生産をすると、永遠と商品が倉庫に残り続けます。

3つ目は、在庫管理ができていないことです。
追加で頼む必要がない商品を余分に発注し、過剰在庫を招くケースもあります。
日常的に棚卸しを行い、在庫管理を行っておけば、本当に発注する必要があるものが見えてきます。

過剰在庫となりやすい商品とは

過剰在庫の原因を考える上で、実は過剰在庫となりやすい商品には特徴があります。
ここでは、過剰になりやすい商品の特徴を2つ紹介します。

1つ目は、サイズが特殊なものです。
商品のサイズが大きすぎたり小さすぎたりする特殊なものは目立ちやすいものの、基本的に需要が少ない傾向にあります。
複数のサイズ展開があるなら、需要が高いと考えられるサイズを予測し、仕入れを調節しましょう。

2つ目は、カラー展開が多い商品です。
カラー展開が多い商品は人気のない色が過剰在庫になりやすく、奇抜なものはその傾向が強いです。
そのため、あらかじめ仕入れの数を調整しておきましょう。

特に高額な商品や身に着ける物の場合、消費者が好みそうな色でないと購入されにくいです。
そのため、商品の特性やターゲットとなる消費者の特徴にマッチしたカラー展開と仕入れ数にすることがポイントです。

まとめ

過剰在庫の原因や、過剰在庫となりやすい商品について解説しました。
この記事を参考に、過剰在庫とならないよう対策をしてくださいね。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫の処分をお考えの方必見!メリットと処分方法を紹介します

「不良在庫を処分するメリットって何があるのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫はキャッシュフローを悪くするなど、企業にも悪影響をもたらします。
今回は、不良在庫を処分する際のメリットや方法について紹介します。

不良在庫を処分するメリットとは

まずは不良在庫を処分するメリットを3つ紹介します。

1つ目は、管理コストを減らせることです。
不良在庫を抱えていれば、保管に必要な倉庫代や管理する人の人件費、光熱費など余分な費用がかかります。
売れる見込みのない商品や製品にお金をかけるのはもったいないですよね。
不良在庫を抱えている分だけ資金の流れが悪くなり、経営悪化につながります。

2つ目は、金融機関からの融資が受けやすくなることです。
金融機関の融資審査では、在庫回転率が見られることがあります。
在庫回転率が低いと、不良在庫を抱えている可能性高く、金融機関から良いイメージを持たれないためです。
不良在庫を処分すると在庫回転率が上がり、融資審査に通過しやすくなるでしょう。

3つ目は、節税効果があることです。
在庫は棚卸資産として計上され、不良在庫のままでは税金が発生します。
決算セールとして不良在庫を値引き販売すれば棚卸資産を減らせ、節税につながります。

さらに、廃棄する場合も廃棄損として損金で計算できます。
廃棄損計上では、棚卸資産が減り、売り上げ価格が増えるため、利益減少となり節税できます。

不良在庫を処分する方法とは

経営者にとって投資をして製造、もしくは仕入れた在庫を捨てるのは気持ちの整理をする上でも難しいですよね。
だからこそ、実際は処分していないのに破棄したようにみせる脱税が多いのでしょう。
しかし、不良在庫は思い切って処分することが大切です。
ここでは不良債権の処理方法として2つ紹介します。

1つ目は、在庫を破棄することです。
売れない在庫を長年に渡り抱えることで、保管する場所が必要となり、費用がかかります。
そのため、節税したいなら、思い切って破棄するのが最善策でしょう。

しかし、わずかでも売れているなら、捨てるのは勿体ないと感じるかもしれません。
全部はどうしても捨てられないなら、何個か決めて捨てるなど独自のルールを決めるのもアリです。

また、債券同様、在庫を破棄する際は証明書が必要です。
在庫の引取業者から破棄証明証などを発行してもらい、記録として残しましょう。

2つ目は、評価損の計上です。
評価損とは商品が取得価格より時価が低い場合の差額のことです。
この方法は、業種によってどうしても破棄が難しい場合に検討されます。

まとめ

不良在庫を処分する際のメリットや方法について解説しました。
今回の記事を参考に、不良在庫を処分して適正在庫をキープしませんか。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

廃業をお考えの方必見!在庫処分の方法と注意点を解説します

「廃業したいから、在庫処分をしないといけないな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回は、廃業する際の在庫処分方法や、在庫処理に関しての注意点について紹介します。

廃業する際の在庫処分方法とは

廃業することになり、在庫処分をしたいけど、どうしたら良いか分からないとお思いの方は多いでしょう。
実は、在庫処理の仕方は前年の確定申告で在庫を資産として計上していたかによって異なります。

もし、前年に在庫を資産として計上していた場合は、費用化されていません。
そのため、今回は確定申告で在庫分を廃棄として費用化します。

一方で、前年に在庫を資産計上せず、費用処理していた場合は、すでに過去に費用化されています。
そのため、今回の確定申告では特に何もしなくて良いでしょう。

しかし、どちらにせよ転売などで収入があった場合、売上高として計上する必要があります。
廃業届の提出時には、届けを出すだけでなく、その年の確定申告は廃業時まで事業所得として申告します。
この申告では一般的に廃業前の申告と特に変化はなく、廃業に関わる経費や収入が計上される程度になります。

もちろん、在庫に限らず事業のために利用した色々な資産や負債の清算も行う必要があります。
しかし、これも青色申告なら青色申告決算書上で、白色申告であれば白色申告決算書上で計上します。

在庫処理に関しての注意点

ここでは、在庫処理に関しての注意点を2つ紹介します。

1つ目は、セールを利用した在庫処分です。
閉店セールを利用して、残った在庫を全て売ってしまおうとする方も多いです。
しかし、在庫品を早く処分したい気持ちが強いあまり、金額を下げすぎてしまうことが多いです。
まずは低割引から始め、売れ行き次第で少しずつ下げていくのがオススメです。

始めから半額から始めれば、元々得られるはずの利益が少なくなり、売れ残る商品がそれ以上割引できません。
そのため、お客様の購買意欲を失なわせてしまう可能性があります。
なるべくセールで売り切った後の残りを処分するように意識することが大切です。

2つ目は、在庫買取業者への依頼です。
倒産や廃業、閉業による倒産品を処分するための在庫の買取業者へ依頼する方法です。
買取のため廃品業者に依頼して多額のお金を支払うより、買取依頼をして少しでも現金化した方が良いのは間違いないでしょう。
またその方が、気持ち的にもスッキリするのではないでしょうか。

まとめ

廃業する際の在庫処分方法や、在庫処理に関しての注意点について解説しました。
ここで紹介した注意点を参考にしてくださいね。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

小売業を営んでいる方必見!経営で大切な在庫管理のポイントを紹介します

「経営で重要な在庫管理のポイントを知りたい」
小売業を営んでいる方でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回は在庫と経営の関係性や在庫を抱えすぎないための方法について紹介します。

在庫と経営の関係性について

小売業においては、在庫は適切な量で保つことが大切です。
では、在庫を持たない場合と持ちすぎた場合では、経営にどんな影響があるのでしょうか。

まず在庫を持ちすぎると、経年により劣化したり、壊れたりすることで売れなくなる可能性があります。
こうなれば仕入れ損をすることになります。
さらに在庫は保管するだけでもある程度の経費がかかります。
長期間保存すればその分経費もかかり、結果的に何もしていないのに損をすることになります。

一方在庫を持たない場合は、商品を売れないためそもそも経営ができないでしょう。
また、品切れ状態になれば、お客様に売る機会を逃すことにもなるので問題ですよね。

在庫を抱えすぎないための方法

最後に在庫を抱えすぎないための方法を2つ紹介します。

1つ目は、売り場に滞留した商品を処分することです。
いつまでも売り場にある在庫は、商品が劣化したり、古臭くなったりしている可能性があります。
そのため、売り場を変えてアプローチすることが重要です。

例えば、大きく価格を下げ、集客の目玉として活用するのも良いでしょう。
売り場にある商品とは異なる役割を与えることで、効率的な活用ができます。

さらに売れ残っている商品の中には、もう既に商品価値がないものもあるでしょう。
その場合は、売り場の魅力を下げる原因となるため、帰って陳列すると悪影響を及ぼします。
そのため廃棄したり、倉庫に移したりする必要があります。

2つ目は、在庫処分基準を設けることです。
売り場の鮮度を一定に保つためには、在庫を処分する際ある基準を設け、それに触れた商品を継続的に処分することが大切です。
この基準は、入荷してからの期間に合わせて段階的に設定すると良いでしょう。
例えば、入荷から3か月のものは10パーセント値引きし、5カ月経過したものは20パーセントの値引きを行うなどです。

期間や内容については、どういった商品を取り扱っているかをよく考えて設定しましょう。
商品の種類によって売り上げが落ちる期間を考え、値下げをする時期を考えるのがコツです。

まとめ

在庫と経営の関係性や在庫を抱えすぎないための方法について解説しました。
今回紹介した在庫管理についての知識を活用し、小売業経営に活かしましょう。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫を抱えている方へ!処分の方法を紹介します!

 
不良在庫を抱えてしまい、どのように処分すれば良いのかわからずお悩みではありませんか。
この記事では不良在庫を抱えることによるリスクと、それを処分する方法、メリットを解説します。
ぜひ参考にしてくださいね。
 

不良在庫を抱えることで生じるリスクとは?

 
不良在庫は、できる限り早めに処分した方が良いと言われますよね。
まずはその理由を3つ解説します。
 
1つ目が、お金の流れが悪くなるからです。
会社の経営は、当然利益を生まなければ成り立たないですよね。
その役割を担う商品や製品が利益にならず、眠っているということは、会社の中でお金がうまく回っていないということです。
お金の流れを良くするためには、不良在庫を手放すことが大切です。
 
2つ目は、価値は下がり続ける一方だからです。
基本的に、物は時間が経つほど価値が下がってしまいます。
中には、時間をかければ徐々に売れる物もありますが、それにはかなりの工夫が必要な上、そういったケースは稀です。
 
3つ目は、ビジネスチャンスを逃すからです。
不良在庫の多くは、会社の倉庫に眠っていることでしょう。
それらが場所を占領しているということは、売れ筋の在庫や、これから売れる商品の仕入れに影響を与えます。
つまり、ビジネスチャンスを逃してしまっていると言えますね。
 

不良在庫を処分する方法とそのメリットとは?

 
前の章で、不良在庫を抱えていることは会社として悪い状態を招いてしまうということはお分かりいただけたかと思います。
続いて、不良在庫を処分する方法とそのメリットを紹介します。
 
まず、方法としては、値引き販売と廃棄、買取の3つがあります。
値引き販売では、商品の劣化が進んでしまう前に、売り切りセールを実施しましょう。
これは、あまり頻繁に行っていると、会社の印象が悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。
 
それでも手放せない不良在庫は、廃棄を行うという選択肢もあります。
しかし、大切な商品を廃棄するには勇気がいりますよね。
その場合は、当社のような買取専門業者に、買取を依頼することもご検討ください。
 
不良在庫を処分すると、管理コストの削減に繋がります。
さらに、不良在庫は棚卸資産として計上されるので、税金がかかってしまいます。
処分することで、節税効果が期待できますよ。
 

まとめ

 
この記事では、不良在庫のリスクと処分方法を紹介しました。
当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

洗濯機の在庫処分にお悩みの方必見!注意点と高く売るコツをご紹介します!

「洗濯機の在庫を抱えてしまったので、手放したいがどうすれば良いかわからない」
このようなお悩みをお持ちではありませんか。
家電の処分の際は、家電リサイクル法を遵守しなければならず、よくわからないという方も多いですよね。
そこで、この記事では家電処分のルール解説と、在庫買取について解説します。

在庫処分の際に遵守すべき家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、資源の有効利用を促すための法律です。
処分された家電製品の材料や部品をリサイクルすることで、廃棄物の減少を目指して制定されました。
この法律では、エアコン、テレビ、冷蔵庫と冷凍庫、洗濯機が特定家庭用機器に指定されています。

そのため、不用になったこれらの家電を手放す場合は、引き取ってくれる小売業や製造業者に料金を支払わなければなりません。
洗濯機の場合は、リサイクル料金と、収集運搬料金の2種類を支払わなければなりません。
リサイクル料金はメーカーごと、収集運搬料金は業者ごとに異なるので、確認が必要です。

在庫買取で高く売るコツとは?

前の章で、洗濯機などの特定の家電を手放したい場合は、家電リサイクル法に基づいて行わなければならないということを紹介しました。
もちろん、ご自身で回収業者に依頼して回収してもらうというのも1つの方法です。
しかし、その際には料金がかかってしまいますので、在庫を抱えてしまっている方は、料金が高額になってしまい、大きな負担ですよね。

そこで、おすすめなのが買取業者に買取を依頼することです。
ここでは、少しでも高値で買い取ってもらうためのコツを2つご紹介します。

1つ目が、綺麗な状態にすることです。
売れ残ってしまった在庫は、製品を梱包している段ボールなどにできる限り傷がつかないように保管しておくようにしましょう。
長い期間倉庫などに眠っていると、箱自体もほこりを被っていることもあるので、綺麗に拭き取ってあげることが大切ですよ。

2つ目が、付属品を揃えるということです。
新品のまま在庫として眠っている場合は、付属品は全て揃っていることでしょう。
しかし、中古品の在庫の場合、付属品がかけている可能性があります。
説明書など、小さなものでも揃えて買取を依頼することが、高額査定につながるのでできるだけ揃えることが望ましいです。

まとめ

この記事では、洗濯機の在庫処分について解説しました。
当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。