在庫処分にお悩みの方へ!おすすめの処分方法である買取について解説します!

在庫の処分方法にお悩みの方はいませんか。
在庫を処分する方法はいくつかあるので、どれを選択すれば良いか迷いますよね。
また、在庫をどのように整理すればよいのかも悩む方が多いと思います。
今回は、在庫の処分方法と、在庫を増やさないための方法を紹介します。

在庫の処分方法について

代表的な在庫の処分方法を2つ紹介します。

1つ目は、値下げをして販売することです。
売れ行きが良くない商品を値引きして売り切る方法です。
ただし、セールを行っても売り切れず、完全に在庫を処分できない可能性もあるでしょう。
また、セールを開催するためには、準備に手間がかかったり、人件費がかかったりします。
セールで在庫処分する方法は、他の方法と比べると在庫の換金率が高いですが、在庫処理の効率はあまり良くないので注意しましょう。

2つ目は、業者に買取を依頼することです。
売れ残った在庫を種類を問わず買取してくれる会社は全国に存在します。
業者に買取をしてもらうことは、セールを行うときよりも在庫の換金率は低いですが、準備の手間がほとんどかかりません。
また、買取ならすぐに在庫を処理できて本業のビジネスに集中しやすいので、在庫処理方法としては最もおすすめです。

在庫を増やさないための方法について

ここまで、在庫を処分する方法について解説しましたが、在庫を増やさないためにはどんなことをすればよいのでしょうか。
ここでは、在庫を増やさないための方法について紹介します。

まずは、売り場に長い間残っている商品を処分することです。
売り場に長期間残っている商品は、商品が劣化したり、人気が落ちたりしている可能性があります。
また、売り場に同じ商品が長期間残っていると、消費者から「いつも同じ商品がならんでいる店」というイメージを持たれて、飽きられてしまうかもしれません。
このように、長期間売れ残っている商品は、デメリットも多いので処分の対象としましょう。

次に、在庫処分の明確な基準を設定することです。
在庫を処分する一定の基準を設けることで、継続的に適切な在庫量を保てます。
そのときの基準は、商品を入荷してからの期間で決めると良いでしょう。
どのくらいの期間を設定するかは、扱っている商品や店舗の売上状況に応じて決めましょう。
その商品が入荷してから売上が落ちるまでの期間を見極めることで、適切な在庫処分の基準を決められます。

まとめ

在庫の処分方法と、在庫を増やさないための方法を紹介しました。
在庫を増やさずに処分できるように、この記事の情報をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

家電の買取の相場とは?買取業者が解説します!

「家電の買取の相場はどのくらいなのだろう。」
家電の買い替えをするときは、以前使っていた家電を買取に出す方が多いと思います。
そんなとき、相場を知らずに、相場より低い金額で売却して後悔するのはいやですよね。
この記事では、家電の種類ごとの相場や、買取金額をアップさせるポイントについて解説します。

家電の種類ごとの買取相場について

家電の買取は頻繁に行うものではないので、買取相場がどのくらいかはわからない方は多いでしょう。
ここでは、主な種類の家電の買取相場を紹介します。
ただし、商品の状態や製造年代によっても査定額はかなり変わるので、あくまで目安とすると良いでしょう。

まずは、冷蔵庫です。
大型の冷蔵庫の場合は、2万円程度が一般的な相場です。
ただし、最近はAIやタッチパネルなどの様々な機能がついた冷蔵庫も販売されていて、そのような商品はさらに相場が高くなる可能性があるでしょう。
また、小型の冷蔵庫の場合は8000円程度で売れることが多いです。

次に、洗濯機です。
新しいモデルのものであれば、相場は8千円前後です。
これも冷蔵庫と同じく、高機能の洗濯機であればさらに高値がつく場合があるでしょう。

最後に、テレビです。
新しいモデルのものは、2万円程度が相場です。
しかし、最近は新品でも価格の安いモデルがたくさん販売されているので、中古品の相場が下がってきています。

買取金額をアップさせるポイントとは

家電の種類ごとに買取の相場は決まっていますが、少し工夫をすることで査定金額がアップする場合もあります。
ここでは、買取金額をアップさせるポイントを3つ紹介します。

1つ目は、査定前にそうじをすることです。
中古品はきれいな状態である程、高い値段が付きますよね。
ホコリや汚れなどはきれいに取り除けるので、事前に掃除をすることをおすすめします。

2つ目は、需要が高いシーズンに買取に出すことです。
こたつや扇風機などはシーズンによって需要が大きく変化します。
ニーズが高い時期に査定を行うと、高値で買取してもらいやすくなるので、どの季節に売却するのかも意識すると良いでしょう。

3つ目は、古くなる前に売却することです。
家電は製造年代が古くなるほど価値が下がってしまいます。
買取に出すことを決めた後は、なるべく早く査定に出して、価値が下がるまえに売却するのが良いでしょう。

まとめ

家電を買取してもらえる基準や、高額で買取されるポイントを解説しました。
このようなポイントを参考に、納得のいく価格で買取してもらえるように工夫してみてくださいね。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

家電の買取を考えている方必見!高額査定のポイントを解説します!

家電を高額で買取してもらうにはどうすればよいのでしょうか。
電化製品を買い替えるときや引っ越しの時に、不要になった家電を売却したいという方は多いと思います。
そんなときは、少しでも高く売却したいですよね。
今回は、家電を買取してもらえる基準や、高額査定のポイントを解説します。

家電を買取してもらえる基準について

家電の査定額の相場はさまざまな要素から決定されます。
しかし、家電の種類や状態によっては、そもそも買取不可になる可能性もあるでしょう。
ここでは、買取不可になる基準について2つ紹介します。

1つ目は、使用年数と汚れやキズなどの状態です。
業者は家電を買取した後、その業者が運営するリサイクルショップや、他の業者などに再販売します。
そのため、キズ、汚れ、色あせ、破損などがある場合は再販売できないことが多く、買取してもらえない可能性があるでしょう。
また、使用年数があまりに長いと、機能が落ちたり動作しなくなったりしやすいので、買取不可になる可能性があります。
家電が買取可能な使用年数の目安は5年以内なので、これを頭に入れておきましょう。

2つ目は、人気があるかどうかです。
人気があるかどうかは、買取の可否はもちろん、査定価格も大きく左右します。
中古市場で人気があるか、人気のデザイン、カラー、ブランドであるかどうかが重要です。
価格の安い量産品や、中古品に需要のない商品は買取不可になる可能性があるので押さえておきましょう。

高額査定のポイントについて

家電を査定をしてもらうときは、少し工夫をすれば、査定額が高くなる可能性があります。
家電は、少しでも高い値段で売却したいですよね。
ここでは、高額査定のためのポイントを3つ紹介します。

1つ目は、まとめて売却することです。
売却したい家電が複数ある場合は、1つの業者にまとめて買取に出すことで査定額が高くなる場合があります。
家電を複数売却する予定のない方は、代わりにインテリアや家具を一緒に査定に出してみると良いでしょう。

2つ目は、付属品をそろえることです。
エアコンのリモコン、付属の部品や説明書などの付属品は、一緒に査定に出すことで高値がつきます。
普段使用しているときから、これらの付属品は大事に保管したいですね。

3つ目は、新品か未使用の場合はそのことを伝えることです。
新品、未使用品は買取価格が高くなるので、必ず事前に業者に伝えましょう。
ただし、新品、未使用品であっても、保管状態が悪い場合は買取してもらえない場合もあります。

まとめ

家電を買取してもらえる基準や、高額で買取されるポイントを解説しました。
高額査定のポイントをきちんと押さえて買取を行ってくださいね。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

家電の買取を検討している方へ!買取価格の決まり方を解説します!

家電を買取してもらうとき、価格はどのように決まるのでしょうか。
家電を買取に出すときは、すこしでも高い値段で売却したいですよね。
今回は、家電を高値で売るためのポイントと、高く売れやすい人気の家電について紹介します。

家電を高値で売るためのポイントとは

家電を査定するときの基本的なポイントは、どの業者に依頼しても同じです。
そのため、基本的なポイントを押さえることで、高値で売却できる可能性が高いでしょう。
そこで、家電の買取価格が決まるポイントを大きく分けて4つ紹介します。

1つ目は、製造年数です。
製造してから時間が経った家電は、機能が落ちていたり、壊れやすかったりするので、買取価格が下がりやすくなります。
厳密な基準はありませんが、製造されてから5年経過しているかどうかで、査定額がかなり変わるでしょう。

2つ目は、人気のブランドであるかどうかです。
人気がある家電は、中古品の需要が高いことが多いので、高額で査定してもらえます。
有名メーカーの家電、すでに生産終了した人気モデル、芸能人が愛用していたモデルなどは高値が付きやすいでしょう。

3つ目は、色やデザインです。
同じメーカーやモデルの家具でも、人気の色やデザインのものの方が高値が付きやすいです。
人気のデザインの中でも、限定生産されたものや、生産終了されたものは特に価値が高いでしょう。
また、色に関しては、ホワイト、ブラックなど部屋の雰囲気に合わせやすいものが人気です。
ただし、色が白い家電に汚れがある場合はそれが目立ちやすいので、買取価格が下がる可能性があることを押さえておきましょう。

4つ目は、動作状況です。
動作が正常かどうかは、買取が不可になるかどうかにもつながります。
査定前に、家電がしっかりと動作するか確認しましょう。

高く売れやすい人気の家電とは

買取に出す家電の種類によって、高額査定されやすいものがあります。
ここでは、高値が付きやすい人気の家電を3つ紹介します。

1つ目は、液晶、プラズマテレビです。
画面の大きさに関わらず、中古品が売れやすいので、高値が付きやすいでしょう。
ただし、画面に傷がある場合は、大幅に査定額が下がりやすいので注意しましょう。

2つ目は、ブルーレイ、DVDレコーダーです。
ディスクが大容量で長時間録画が可能なレコーダーが人気です。
ただし、録画機能がないプレーヤーの場合は査定額が低くなるかもしれません。

3つ目は、高性能冷蔵庫です。
最近は、省エネルギーで高機能な冷蔵庫がたくさん販売されていますよね。
このような冷蔵庫は中古品の人気が高いです。
ただし、説明書がないと、機能が正しく使えない可能性があります。
査定額を大きく左右するので、必ず説明書も一緒に査定に出しましょう。

4つ目は、エアコンです。
エアコンは、住宅に設置されているので、買取できないと思う方もいるかもしれません。
しかし、エアコンも高額査定されやすい人気の家電です。
査定に出すときは、リモコンも必ず付属するようにしましょう。

まとめ

家電を高値で売るためのポイントと、高く売れやすい人気の家電について紹介しました。
この記事を参考に、家電を高値で売却してみてくださいね。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫が多いことのデメリットはあるの?詳しく解説します!

みなさんは在庫が多いことのデメリットは考えたことはありますか。
商品が売り切れて在庫を十分に確保していないと、お客様の信頼を損ねてしまう可能性がありますが、多すぎる在庫はデメリットとなります。
今回は、在庫が多いことのデメリットについて解説します。

在庫が多いことのデメリットとは

在庫が多くあることはデメリットがたくさんあり、なるべく在庫は最小限であることが望ましいです。
では、その理由はなんでしょうか。
ここでは、在庫を持つことの代表的なデメリットを3つ紹介します。

1つ目は品質や商品価値の低下です。
在庫を用意しても、それが売れなければ意味がありません。
長期間在庫として残った商品は様々な理由により品質や商品価値が低下してしまいます。
具体的には、賞味期限や消費期限切れ、モデルチェンジ、流行の変化などです。
そうなると、値段を下げなければ売れなくなったり、廃棄したりする必要が出てくるでしょう。

2つ目は資金繰りの悪化です。
在庫が売れない間は仕入れのために使った代金が回収できないため、資金が減少したままとなり、資金繰りの悪化につながります。
さらに、在庫を保管するコストが発生したり、棚卸しのために多くの人員が必要だったりし、それがより資金繰りの悪化につながるでしょう。

3つ目は、税金の支払い額の増加です。
在庫を持っていると、帳簿上では利益があるとみなされ、課税額が増えてしまいます。
また、在庫が売れないままだと、在庫分の仕入れに使った資金を経費として計上できません。
在庫をたくさん保持していると、会計上でも不利な面が多いことは覚えておきましょう。

在庫を減らすためには

ここまで、在庫が多いことのデメリットを紹介しましたが、在庫を減らしたい場合はどうすれば良いのでしょうか。
その方法としておすすめなのが、業者に在庫を買取してもらうことです。
業者の買取には、幅広い種類の商品が買い取ってもらえる、在庫を一気に処分できる、短期間で現金が手に入るといったメリットがあります。

他の方法としては、セールを開催する、アウトレットに出店する、ネットオークションやフリマアプリに出品するなどが挙げられます。
しかし、これらの方法は人員や時間がある程度必要になるため、余裕のある企業でないと難しいかもしれません。
業者の買取なら、在庫をさばく手間を買取業者が負担してくれるので、メインのビジネスに注力することもできるでしょう。

まとめ

在庫が多いことのデメリットや在庫を削減する方法について解説しました。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫削減の方法を探している方へ!在庫の買取について解説します!

在庫を削減する方法をお探しの方はいませんか。
在庫を減らす方法としては、業者に依頼するのがおすすめです。
しかし、業者を選ぶ際には注意点があり、依頼する前に確認しておく必要があります。
今回は在庫の買取業者を選ぶときの注意点を解説します。

買取で在庫を削減するメリットとは

そもそも、買取で在庫を削減するメリットとはなんでしょうか。
ここでは、メリットを2つ紹介します。

1つ目は、コスト削減です。
在庫を持つということは様々なコストがかかります。
細かく見ていくと、保管するための倉庫費用、商品の品質を保つための設備とその光熱費、商品を管理するための人件費が思い浮かびますよね。
買取に限りませんが、在庫を削減することはこれらのコストを削減することにつながります。

また、決算時に売れ残った在庫がたくさんあると、税金を計算する上で不利になってしまいます。
在庫が過剰にある場合は決算前に買取をしてもらい、現金化してしまうのが良いでしょう。

2つ目は手間がかからず、スピーディに資金化できることです。
買取をしてもらうことで、在庫処分の手間を業者に任せられます。
よって、自分で在庫処分セールを行って在庫処分をするよりも早く資金が得られるというメリットがあります。

買取業者を選ぶときの注意点とは

在庫を買い取ってくれる業者はたくさんありますが、中には悪徳業者が存在し、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
ここでは、トラブルが起きないための業者選びの注意点を3つ紹介します。

1つ目は、所在地に事務所が存在するかどうかです。
インターネットで見つけた業者の中には、携帯電話の番号のみがホームページに記載されていて、住所が記載されていないものがある場合があります。
やはり、依頼するなら住所がしっかり記載されている会社の方が良いでしょう。

2つ目は、見積もりを紙媒体で出してくれるかどうかです。
トラブルが起きたときは、契約書に記載されているかどうかで責任がどちらにあるかが決まります。
書面で見積もりを出しておけば、聞いた覚えのない手数料や処分料などを請求されても反論ができます。
何も言わなくても、書面で見積もりを出してくれる業者は信頼できると思ってよいでしょう。

3つ目は、対応が丁寧であるかどうかです。
スタッフの対応が丁寧な業者はお客様のことをよく考えていて、買取の流れや注意事項などの説明をきちんとしてくれるでしょう。
また、そのような業者は買取方法の選択肢を多く用意していて、納得のいく取引がしやすいのも特徴です。
最初に問い合わせたときに、スタッフの対応をしっかり確認しましょう。

まとめ

買取で在庫を削減するメリットと、在庫の買取業者を選ぶときの注意点を解説しました。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店在庫の買取の流れとは?わからない方のために詳しく解説します!

閉店後の在庫の買取を検討している方はいませんか。
多くの方にとって、在庫の買取はあまり経験がなく、どのような手続きがあるかわからないかもしれません。
そこで今回は閉店後の在庫買取の流れについて詳しく解説します。

在庫買取の流れとは

一般的な買取業者への依頼はおおむね次のように進みます。

まず、買取業者を選び、買取を依頼します。
業者によって連絡方法は電話、メール、FAX、LINEなど様々ですが、初めてなら電話連絡をするのが良いかもしれません。
なぜなら、相手の声を直接聞くことで、担当者がどんな人物なのかを確認でき、そこで対応に不満があれば他の業者を検討できるからです。

次に、業者に見積もりを出してもらいます。
このとき、在庫のリストや写真、商品のサンプルなどを送る必要があります。
在庫の種類がたくさんある場合は査定に数日かかる場合があるので、日程に余裕をもって依頼すると良いでしょう。

そして、依頼者が見積もりに納得して契約が成立したら、在庫商品の受け渡しを行います。
このとき、受け渡し方法や売却額の振込先の相談も行います。
受け渡し方法は郵送が、振込先は銀行口座を指定して振込してもらうケースが多いでしょう。

買取業者を選ぶポイントとは

安心して倒産品の買取を進めるには、信頼できる会社を選ぶことが重要です。
良い会社なら、丁寧に対応をしてくれて、納得のいく取引ができますよね。
ここでは、買取業者を選ぶポイントを紹介します。

1つ目は、買取の実績が豊富にあるということです。
やはり、実績のある会社の方が信頼できる会社と考えてよいでしょう。
ホームページで買取の取り扱い件数や取引先企業などをチェックすると良いでしょう。

2つ目は、見積もりや問い合わせの対応の良さです。
問い合わせをしたときに、丁寧に説明をしてくれる企業を選べば、トラブルが起きにくいでしょう。
また、なるべくスタッフの対応が早い業者を選択した方が、より早く在庫を現金化できます。

3つ目は、資格を取得しているかどうかです。
買取業者を運営するためには、古物商許可申請をする必要があり、これを行わずに営業をすると法律違反になります。
許可を得ていない企業とは、安心して買取を依頼できませんよね。
また、倒産品の買取には法律の知識が必要な場合があるので、そういった知識や資格を持つスタッフがいるかどうかも確認すると良いでしょう。

まとめ

閉店後の在庫買取の流れや業者を選ぶポイントについて解説しました。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

食品の在庫の買取を検討中の方へ!詳しく解説します。

食品在庫を買取に出そうと考えている方はおられますか。
在庫を現金化できるだけでなく、環境問題の観点からもなるべく食品在庫は買取を選択したいですよね。
今回はどんな食品が買取の対象となるのかについて解説します。

どんな食品が買取の対象となるのか

業者に買い取ってもらえる食品としてどんなものがあるのでしょうか。
具体的には、レトルトやインスタント食品などの加工食品、砂糖やソースなどの調味料、スナック類やチョコレートなどのお菓子といった食品が代表的です。
また、炭酸飲料やミネラルウォーターなどの清涼飲料水、ワインや日本酒などの酒類、サプリメントや栄養ドリンクなどの健康食品も買取の該当商品にあたります。

業者によっても買取の対象となる食品は違いますので、詳しくは買取を依頼する業者のホームページの買取実績を確認するのが良いでしょう。
また、その業者が過去に買取をした実績のない商品でも買取に応じてもらえる可能性があるため、一度問い合わせをしてみても良いでしょう。

高く買取をしてもらうポイントとは

食品を売却するときは、少しでも高い金額で買取をしてもらいたいですよね。
ここでは、高く買取をしてもらうためのポイントを4つ紹介します。

1つ目は、賞味期限と消費期限に注意することです。
これは食品の買取で最も気を付けるべきポイントです。
賞味期限と消費期限が切れた商品は価値がなくなってしまい、買取をしてもらえません。
そういった事態を起こさないためにも、期限をこまめにチェックして、業者に買取をしてもらうタイミングを決めましょう。

2つ目は、買取してもらう食品の数です。
買取に出す食品は少量よりも、大量にある時の方が査定額が高くなる傾向があります。
一方で、業者の条件を超えたあまりに多くの量がある場合も単価が下がる可能性があります。
食品の数量は事前に確認し、業者に相談しておきましょう。

3つ目は、未使用、未開封であることです。
食品のパッケージは少しでも開封してしまうとまず買取の対象となりません。
輸送時にパッケージが破れる可能性もあるので、買取に出した商品であっても大切に管理するのが良いでしょう。

4つ目は、商品をきれいに保つことです。
食品の在庫を段ボールなどで封をせずに保管していると、ホコリや汚れが付着する可能性があります。
買取査定の時にあまりいい印象を持たれないので、なるべく商品はきれいにしておくのが良いでしょう。

まとめ

業者の食品在庫の買取について解説しました。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか気になる方は「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

化粧品の在庫に悩んでいる方必見!処分方法を紹介します!

化粧品の過剰在庫に悩んでいる方はいませんか。
在庫が余ってしまう事態は、気を付けていてもどうしても起こってしまうものですよね。
保管場所やコストも発生するので、早めに処分したいはずです。
そこで今回は化粧品の過剰在庫を処分する方法について紹介します。

化粧品の処分方法とは

まず、自社で店舗やネットショップを運営している場合は、割引セールを行って売り切ってしまうという方法があります。
値引きを行い、それを目立つようにアピールすれば、通常価格で売るよりも早く在庫を処理できるでしょう。
ただし、あまりに過剰な値引きをしたり、頻繁にセールを行ったりすると店舗のイメージを損ない、通常価格で販売している他の商品が売れにくくなる可能性があります。

そこで、化粧品の買取業者に買取を依頼するという方法もあります。
買取なら、セールを行うよりも在庫を早く現金化できるので、保管コストを抑えたり、販売する手間を省いたりできますよね。

また、この方法なら取引先との契約で在庫の販売規制がある場合でも在庫を処理できます。
化粧品のブランドイメージを傷つけることもありません。
化粧品の在庫処理に困ったら、業者に買取してもらう選択肢もあるということを頭に入れておきましょう。

化粧品の在庫を高く買い取ってもらうポイントとは

ここでは、業者に化粧品の在庫を買取してもらう際に高く買い取ってもらうポイントをご紹介します。

まず、化粧品の製造元が信頼できるメーカーやブランドであるかということです。
人気、有名ブランドであるほど高く買取してもらえると考えてよいでしょう。

また、ブランド物であるかないかに関わらず、型番や購入年などの詳細情報はしっかりと業者に伝えましょう。
査定の時に化粧品の特定ができなかったり、製造日からの経過年数がわからなかったりすると、評価が下がる場合が多いです。

次に、経過年数が短いということです。
化粧品には使用期限があるので、製造から年月が経過するほど価値は下がっていきます。
買取を選択する場合は早めに査定に出すのが良いでしょう。

そして、梱包しているケースや説明書等がそろっているということです。
買取された後は、再び販売されるので、梱包ケースや説明書がそろっていると買取価格が高くなります。
それらがそろっている場合は査定の時にアピールすると良いでしょう。

まとめ

化粧品の過剰在庫を処分する方法を解説しました。
業者の買取を選択するなら、この記事の高価買取のポイントを頭に入れておきましょう。
当社では閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

雑貨の在庫処分を検討中の方へ!在庫の買取について解説します!

雑貨の在庫処分のタイミングについてお悩みの方はいませんか。
在庫はなるべく売り切ってしまいたいものですが、いつまでも売れない商品は保管コストがかかってしまいます。
そのような商品はタイミングを見計らって処理してしまうのが良いでしょう。
今回は雑貨の在庫処分のタイミングについてご紹介します。

在庫を処分するタイミングとは

小売り業において、仕入れた商品が全て完売することはほとんどありませんよね。
いろんな種類の商品が少しずつ余ってしまったり、1つの商品が大量に余ってしまったりするでしょう。
そんな商品を処理するタイミングとしては半年から1年を目安にしましょう。
それ以上の期間売れなかった商品は、不良在庫として処理してしまうのがおすすめです。

また、在庫の処理方法としては業者に買取を依頼することを推奨します。
店舗やネットショップでセール品として売り切ってしまうという選択肢もありますが、販売する手間や保管コストがかかります。
それよりも業者に買取してもらい、早めに現金化して次にどんな商品を仕入れるかを決めることに集中した方がビジネスがうまくいくかもしれません。

買取業者を選ぶ基準とは

在庫の買取をしてもらうときは、適正に査定をしてくれる信頼できる会社を選びたいですよね。
一度信頼できる業者を見つけられれば、以降はその業者に買取を依頼すれば良いので、最初は買取業者をじっくり選ぶ手間をかけても良いでしょう。
ここでは、買取業者を選ぶポイントを3つ紹介します。

1つ目は、買取実績の多さです。
買取実績の多さは、査定の価格に納得した人の多さであり、その業者の評価をよく表していると考えてよいでしょう。
雑貨には決まった規格がないので、査定に時間がかかったり、適正な価格がつかなかったりする場合が多いです。
そのため、買取実績の多い業者を選べば失敗しにくいでしょう。

買取実績はホームページに記載されている場合が多いので確認するのがおすすめです。
その際は、その業者の口コミの評価も合わせて確認すると良いでしょう。

2つ目は、電話やメール対応の良さです。
業者に依頼するときは必ず連絡を取り合う必要がありますが、その時の相手の対応が良いかどうか確認しましょう。
相手が横柄な態度だったり、返信があまりにも遅かったりする場合は別の会社を検討するのが良いでしょう。

まとめ

雑貨の在庫処分のタイミングや業者の選び方を解説しました。
当社では閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。