在庫処分する際の仕訳や必要な準備について解説します!

在庫処分する際も販売取引と同じように仕訳する必要があるので、どのように仕訳するのか気になるでしょう。
また、在庫処分の仕訳で準備しておくことはあるのでしょうか。
この記事では、在庫処分する際の仕訳について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

在庫処分する際の仕訳について!

在庫処分を行った場合の仕訳を2つのパターンに分けて解説します。

まずは、セールで値引き販売した場合・在庫の買取を依頼した場合です。
この2つのケースの場合は、通常の販売取引と同じ仕訳になり、借方が現金・預金の金額、貸方が売上高の金額です。
さらに、借方には仕入額、貸方には棚卸資産の金額を記帳する必要があります。

次に、在庫を廃棄処分した場合です。
廃棄処分した場合は、借方が棚卸資産の金額、貸方が棚卸資産の金額として計上するため、仕訳自体はシンプルです。
ただし、廃棄処分したと証明するために証明書を用意する必要があるので、忘れないようにしましょう。
また、法人における処理の場合は、棚卸廃棄損の勘定科目は、特別損失の項目に含めます。

廃棄損を計上するためにはどうすれば良い?

前項でも触れた在庫の廃棄処分についてですが、利益操作の余地があることから税務調査でかなりの確率で確認されます。
確認された際に法に則って廃棄処分したことを証明するために、準備しておくべきことがあります。
それは「廃棄した理由」「事業年度内に廃棄したことの証明」です。

「廃棄した理由」については、部品を廃棄する場合、社内ルールを整備しておくことをおすすめします。
商品を廃棄する場合は、税金対策のためにわざわざ購入したものを廃棄することは考えにくいため、大きな論点にはならないでしょう。

「事業年度内に廃棄したことの証明」については、廃棄損を計上する際の証明書類として、以下の資料を用意しておくことをおすすめします。
・廃棄した棚卸資産のリスト(商品名・購入時期・購入金額を一覧にしたもの)
・廃棄直前の写真
・廃棄業者への引き渡し時の写真
・廃棄業者の請求書等

このように廃棄処分する場合は、たくさん準備することがあるため、在庫処分したい場合は買取を検討すると良いでしょう。
当社では、在庫商品の買取を行っているので、在庫処分したい方はお気軽にご連絡ください。

まとめ

在庫処分の仕訳は2つのパターンに分けられますが、在庫を廃棄処分する際は注意が必要です。
廃棄損として計上できますが、利益操作の余地があることから税務調査でかなりの確率で確認されるので、「廃棄した理由」と「事業年度内に廃棄したことの証明」を準備しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫数が合わない?在庫を処分する前に帳簿と合っているかを確認しましょう

在庫数と帳簿が合わずに、慌てふためいた経験はありませんか。
この2つの数字に差異が生じるとさまざまな弊害が出て、経営に支障をきたすことも考えられます。
そこで今回は在庫数が帳簿の数と合わないとどうなるのか、在庫数が帳簿の数に差異をなくすにはどうすれば良いのかについて解説します。
ぜひお役立てください。

在庫数が帳簿の数と合わないどうなる?

在庫数が帳簿の数と合わないとさまざまな弊害が出てきますが、ここでは3つの影響をお伝えします。

まずは、キャッシュフローの悪化です。
在庫数が合わないと発注数の増減で在庫の帳尻を合わせようとする方が多く、追加で発注した結果、過剰在庫になってしまうケースがあります。
在庫は利益を生まず、キャッシュフローを悪化させるだけでなく、不良在庫になる可能性もあります。
そのため、在庫数が合わない場合はさまざまなコストが発生し、資金繰りが悪化することで経営に支障をきたすのです。

次に、顧客満足度の低下です。
顧客に商品や製品を購入された場合に、在庫数が合わないと提供がスムーズに行えず、顧客満足度が低下してしまう恐れがあります。
在庫数を確認しようにも帳簿の数字が当てにならないので、担当者に問い合わせるか、自分で在庫を確認するしかありません。

こうなると顧客への対応が遅れてしまい、最悪の場合は出荷するタイミングで在庫が足りていないことに気づくケースも考えられます。
その場合、納期が遅れて顧客からの信用を失ってしまうでしょう。

在庫数と帳簿の数の差異をなくすためにはどうすれば良い?

ここからは、在庫数と帳簿の数の差異をなくすためのポイントを解説します。

1つ目は、検品を行うことです。
納品された場合にその中身を確認せずに、段ボールのまま保管しているケースがありますが、仕入先による数量間違い・誤品によって差異が生じる可能性があるので、必ず検品を行いましょう。

2つ目は、情物一致を心がけることです。
日々の在庫狂いを防ぎ、在庫数と帳簿の数を合わせるために効果的な方法が、情物一致です。
これは「情報」と「実際の物の数や状態」を一致させることを意味しており、これを行うために以下の2点を意識しましょう。

・後回しにせず、入庫処理をしたらすぐに在庫は保管場所へ格納する
・面倒くさがらずに処理は必ずその場で行う

まとめ

在庫数と帳簿の数字が合わないと、キャッシュフローが悪化したり、顧客満足度が低下したりと、さまざまな問題が発生します。
このような事態を防ぐためにも、検品を徹底して行い、情物一致を心がけるようにしましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理の重要性とは?在庫の最適化を行う方法についてもご紹介します!

在庫管理が重要であることは分かりますが、具体的にはなぜ重要なのかご存じでしょうか。
この記事では、はじめに在庫管理の目的や重要性をご紹介します。
そして、在庫を最適化するにはどうすれば良いかを3ステップでご紹介するため、ぜひそちらも併せてご確認ください。

在庫管理について

その目的とは

在庫管理する目的は、適正在庫をキープするところにあります。
適正在庫より少ないと機会損失となり、多いとコストがかかります。
売れる分だけ仕入れるのは想像より難しいため、在庫管理の適切さによって企業の力が試されます。

その重要性とは

第1に、在庫の削減ができます。
在庫を少なくすることで、在庫の保管にかかる費用の削減につながります。

第2に、どの部門に過剰在庫の責任があるかが分かります。
専門の部門が在庫管理することで、過剰在庫の責任の所在が分かり、適正在庫に近づける誘因となります。

第3に、キャッシュフローが良くなります。
在庫の価値が下がったり、売れなくなったりすると、収益が減少してしまうため、在庫管理は重要です。

在庫の最適化を行う方法について

第1に、適正在庫の水準を定めましょう。
「出荷実績の○○日分より在庫が下回ったら発注」という基準を定めている店舗が多いのではないでしょうか。
どの商品でも一律にしておくと分かりやすいのですが、市場のトレンドや商品の種類によって最適な水準が異なることに注意しましょう。

第2に、発注方法を見直しましょう。
発注方法の1つに、「定めた水準を下回ったときに、定めた数量を発注」する発注点管理があります。
発注のタイミングや数量をその都度考える必要がないため、一見すると最適化された発注方法と言えるかもしれません。
しかし、大きな需要変動があったり、催事やキャンペーンにより特需があったりすると、それは最適化された発注方法とは言い難いことに注意が必要です。

第3に、在庫を点検しましょう。
棚卸しの際には、在庫の数量を確認しますよね。
そのときに、過剰在庫や滞留在庫がないか、ある場合はどうすれば最適化できるかを検討しましょう。

まとめ

在庫管理が重要と言われるのは、在庫の削減ができ、どの部門に過剰在庫の責任があるかが分かり、キャッシュフローが良くなるからです。
在庫管理するには在庫を最適化する必要がありますが、「適正在庫の水準を定める」「発注方法を見直す」「在庫を点検する」のステップで行うと良いでしょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

物品の管理の目的とは?在庫管理との違いもご紹介します!

皆さまは、物品と在庫の違いや、物品管理と在庫管理の違いをご存じでしょうか。
意外に混同しやすい両者について、改めて確認してみましょう。
また、物品の管理には、4つの目的があります。
管理は大変なため、なぜ物品の管理が必要なのかを認識し直してみましょう。

在庫管理との違いをご紹介!

物品管理も在庫管理も、物を扱うことには違いがありません。
違うのは、どのような物を扱っているかです。
ここでは、物品と在庫の違いをご紹介します。

物品や物品管理とは?

物品とは、OA機器・ノート・文房具・机・社用車などのことを指します。
店舗によって多様で大量の物品があるでしょう。
それを管理することを、物品管理と言います。

在庫や在庫管理とは?

在庫とは、製造した製品や仕入れた商品のことを指します。
適正な分だけ在庫を持つことが大切なため、在庫管理が必要です。

物品の管理の目的をご紹介!

1つ目の目的は、物品の数量を把握するためです。
購入した物品がなくなると、使いたいときに非常に困ります。
そのため、過不足がないか、ある場合はなぜ多いまたは少ないのかを追求する必要があります。

2つ目の目的は、物品の保管場所を把握するためです。
店舗間で物品を共有することがあります。
その場合、返却するのを忘れたり、紛失していることに気づかなかったり、物品を私物化していたりといったトラブルが起きがちです。
それらを防ぐ目的で、物品の管理は必要です。

3つ目の目的は、物品の状態を把握するためです。
物品の種類によっては、耐用年数や使用期限が存在することがあります。
物品を壊してしまい、修理に出すこともあるでしょう。
大量にある物品の状態を管理しておかなければ、使いたいときに使えなかったり、使おうと思っても壊れていたりするため、物品の管理は大切です。

4つ目の目的は、物品の価値を把握するためです。
販売するものではなくても、物品は会社の資産です。
会社の資産は会計処理する必要があるため、物品を管理しなければなりません。
物品の価値を曖昧にしておくと決算時に困るため、物品はしっかりと管理しましょう。

まとめ

物品はOA機器・ノート・文房具・机・社用車などのこと、在庫は製造した製品や仕入れた商品のことです。
それぞれを管理することを、物品管理、在庫管理と言います。
物品の管理の目的は、物品の数量・保管場所・状態・価値を把握するためです。
管理は大変ですが、適切に管理しておくことが大切です。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分をお考えの方へ!今あるものの簿価の算出方法を解説します!

簿価(ぼか)は一時点の財務状況をもとに、会社の資産や負債の価値を評価したものです。
これを求める際、棚卸資産評価額や在庫評価方法について知っておく必要があります。
そこで今回は、これらについて分かりやすく解説します。

在庫の評価損とは?

棚卸資産評価額とは在庫の劣化による損失のことです。
一般的に仕入れた商品はそれより高い価格で売るため損失は生じません。
しかし、壊れたり流行に後れたりしたものは、仕入れ時よりも価値が下がります。
この損失のことを棚卸資産評価損と言い、以下のようなものが生じやすいものとして挙げられます。

・流行による需要の変動が激しいもの
・季節性のもの
・イベントに特化したもの
・市場価格の変動が激しいもの

これらは商品を売らない限り、金銭的な損失が発生しないため、会計上では損失として計算できません。
しかし、例外として以下のような場合には評価損の計算が可能となります。

・災害で大きな損傷を受けたもの
・流行にかなり左右されやすいもの(季節性は含まない)
・破損など品質が劣化したもの

では在庫の価値が低下しないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。
そもそも、在庫の価値が下がるのは無駄な在庫があるためです。
そのため、在庫管理を正しく行うことが大切になります。

まず在庫がどれくらいあるのか把握しましょう。
そうすれば需要がどれくらいあるか、今後発注すべき量が分かるようになります。

また、在庫の量をしっかり把握し管理するには、作業方法を見直しましょう。
例えばマニュアルの作成や在庫管理システムの利用が適切です。

在庫評価方法を2つ紹介!

在庫の評価方法には大きく2つの方法があります。

1つ目は原価法です。
これは残った在庫を買った時の原価をもとに、計算する方法です。
2つ目は、低価法です。
これは対象となる在庫を買った時とその時点の原価を比べ、安い方をもとにする方法です。

どちらの方法をとるかは、自身で申請することとなります。
申請がない場合、原価法がとられるため、心配な方は専門家に相談しましょう。
どれをとるかで算出される金額が違うため、自社に合わせた正しい方法を選ばないと税金面で損をする可能性があります。

また、低価法を適用するには、切り離し法と洗い替え法の2つの選択肢があります。
前者は評価切り下げ後の薄価を登記の取得原価とする方法で、後者は取得原価と時価を比べる方法です。

まとめ

棚卸資産評価損を説明した際、仕入れ時より価値が下がる可能性があることを紹介しました。
売れない在庫は放置すると価値がどんどん下がるため、なるべく優先的に対処する必要があるでしょう。
当社では日用品や家電の買取を強化しております。
その他にも在庫の処分でお困りの方はぜひ当社にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

仕掛品と在庫は具体的にどんな違いがある?イメージを解説します!

「仕掛け品と在庫の違いって何があるのかな」
期末評価をする際にこれら2つの違いが分からず、困ってしまう方がいます。
結論からいうと、仕掛け品とは在庫の1つです。
今回は仕掛け品と在庫の内容を述べながら、違いについて詳しく紹介します。

仕掛け品と在庫の違い

まずは在庫とは何かから理解しましょう。
在庫とは、最終的に販売または使用することを目標に、保管・所有しているものを指します。
例えば、スーパーのような小売業の在庫では仕入れた製品は販売するための在庫です。
病院や介護施設などでは、トイレットペーパーは使用するための在庫となります。

在庫は正しく管理をしないと、無駄に蓄積されるだけです。
管理が追い付かない過剰な在庫は、しっかりと管理するために減らすことが大切です。

続いては仕掛け品とは何か理解しましょう。
仕掛け品とは3種類ある製造業における在庫のうちの1つです。
製造業の在庫とは、具体的には「部品と原材料」、「仕掛け品(半製品)」、「完成品(製品)」があります。
これらは会社の資産にあたり、会計上は棚卸資産として計上されます。

仕掛け品を資産として計上する場合について

仕掛け品の期末評価は定められた方法で正しく評価し、計上する必要があります。
また、法人税においては棚卸資産の価格の評価は事業によって、以下の区分ごとに一定の評価により行われる必要があります。

・商品または製品(副産物および作業くずを含まない)
・半製品
・仕掛け品(半成工事を含む)
・主要原材料
・補助原材料その他の棚卸資産

棚卸資産として計上する方法には大きく原価法と低価法があります。
前者における評価方法には以下のものがあります。

・最終仕入原価法
・個別法
・先入先出法
・総平均法
・移動平均法
・売価還元法

これらのうち、どちらを選ぶかは事前に税務署に申請する必要があります。
実際には、棚卸方法の届出は設立第1期の確定申告書の提出期限、変更届は事業年度開始日の前日までとなります。
一般的には法定評価方法である最終仕入原価法を取り入れることが多いです。
これは、棚卸資産の種類などの同じものについて、年度終了時から最も近い時に取得した価格をその単位あたりの評価額とするものです。

具体的な仕入れ評価は製造に用いた材料や経費が増えるほど、複雑化します。
そのため、会計ソフトよりも原価計算システムの導入で効率化する手もアリでしょう。

まとめ

仕掛け品とは3種類ある製造業における在庫のうちの1つであることを紹介しました。
従って製造業では仕掛け品を含む、3つの在庫管理を適切に行う必要があります。
管理を怠ると不良在庫や過剰在庫を発生させてしまいます。
在庫処分の際はぜひ当社にお声がけください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

決算時は在庫を減らすべき?そう言われる理由を法人税との関係を踏まえて解説します!

「決算時は在庫を減らすべき」と聞いたことはありませんか。
決算時に在庫を減らすと良い理由は、2つあります。
そして、在庫は法人税とも密接な関係があります。
この記事では、在庫を抱える経営者の方に向けて、在庫や法人税について解説します。

決算時に在庫を減らすべき理由とは?

1つ目の理由は、在庫を減らすと、売上総利益が減少するからです。
そして利益が減少すると、支払う法人税が少なくなります。
そのため、法人税の額が決まる決算時に在庫を減らすことで、法人税の負担が小さくなるでしょう。

2つ目の理由は、在庫を減らすと、棚卸資産が少なくなるからです。
棚卸資産が少なくなると、現金化できない資産が減ります。
つまり、決算時に在庫を減らすことで、キャッシュフローが良くなるでしょう。

法人税に関係のある在庫とは?

先ほど棚卸資産について少し触れました。
棚卸資産とは、「販売目的で仕入れたが、まだ販売されていない商品や製品」のことを指します。
棚卸資産は在庫とも呼ばれ、法人税の計算に影響を与えます。
ここでは、在庫と法人税の関係を見ていきましょう。

今後現金に変わるものと法人税の関係とは

在庫(商品・原材料・仕掛品など)は、現時点では売れ残っているものです。
この状態では、売上につながった商品の原価として計上できません。
原価が低いということは、利益が大きいということです。
利益が大きくなると法人税の額は増えてしまうため、結果的に在庫が多いと法人税額も増えてしまいます。

その一方で、今後その在庫は販売できる可能性がありますよね。
在庫を販売できると、それは現金に変わります。
現金に変わった時点で、費用として計上できます。
つまり、在庫が売れると利益が小さくなり、法人税の額は少なくなるでしょう。

消耗品と法人税の関係とは

消耗品も在庫に含まれます。
消耗品とは、業務で使うペン・コピー用紙などのことです。
この消耗品のように重要性の乏しいものは、特別に費用計上が可能です。
つまり、消耗品があっても一定の条件を満たせば、法人税額が増えることにはなりません。

まとめ

決算時に在庫を減らすと、法人税の軽減やキャッシュフローの改善が見込めます。
そして、商品・原材料・仕掛品などの在庫が多いと法人税額は増えてしまいますが、消耗品は費用計上できるため法人税額が増えるような影響を与えません。
このように、在庫によって法人税との関係は異なることに注意しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫過剰の原因とは?リスクを最小限に抑える方法をご紹介します!

在庫はつい抱えがちです。
在庫過剰は当たり前とお考えかもしれませんが、在庫過剰にはリスクがあるため、適正な量に減らす方が良いです。
そのため、まずは在庫過剰の原因や、どのようなリスクがあるのかを再確認しましょう。
在庫リスクを抑える方法についても紹介するため、ぜひ本記事をお役立てください。

在庫過剰の原因とは?

なぜ在庫過剰となってしまうのか

1つ目の原因は、需要予測の精度が低いことです。
おおよそで考えていないか、商品ごとに需要を予測しているかを改めて確認しましょう。

2つ目の原因は、在庫管理ができていないことです。
発注を忘れていたり、在庫切れを起こさないために多めに発注しすぎたりすると、在庫過剰となってしまいます。

3つ目の原因は、返品されることです。
お客様都合の返品は防ぎにくいですが、不良率を下げることで返品されにくくなるでしょう。

4つ目の原因は、需要が低くなることです。
時代の変化とともに商品の需要が低くなったときに、発注量を変えなければ在庫過剰となってしまいます。

在庫過剰にはどのようなリスクがあるのか

1つ目のリスクは、売りにくくなる在庫が増えることです。
以前はよく売れた商品でも、在庫過剰により余った在庫は売りにくくなってしまいます。

2つ目のリスクは、保管に場所や費用がかかることです。
売れない在庫より、売れる在庫の保管に場所や費用をかける方が合理的です。

3つ目のリスクは、資金繰りに悪影響を与えることです。
「仕入れたが売れない=費用はかかるが収益にはつながらない」ため、運転資金が足りなくなってしまいます。

在庫リスクを最小限に抑える方法とは?

在庫リスクを抑えるためには、適正在庫を知る必要があります。
これは、少なすぎず多すぎない程度の在庫量です。

適正在庫を知るためには、在庫回転率や廃棄数をデータに落とし込み、そのデータに基づいて発注することを繰り返し、発注の精度を高める必要があります。
そのとき、大量仕入れによりどれくらい割引されるのか、在庫管理にどのくらい費用がかかるのかも併せて見積もると良いでしょう。

まとめ

在庫過剰の原因は、需要予測の精度が低い・在庫管理ができていない・返品される・需要が低くなる等です。
そして、売りにくくなる在庫が増える・保管に場所や費用がかかる・資金繰りに悪影響を与えるリスクがあります。
在庫を適正な数量にするには、在庫回転率や廃棄数をデータ化し、活用することが必須です。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫を持ちすぎていると感じている方へ!積み増しのデメリットをご紹介します!

在庫を持ちすぎていると感じている方の中には、在庫の積み増しのデメリットが気になっている人も多いと思います。
そこで今回は、在庫の積み増しに代わる方法はないか、在庫調整はどのようにするのかをご紹介します。

在庫の積み増しのデメリットをご紹介!

在庫の積み増しとは、在庫を余分に持っておくことです。
在庫があると、「お客様にほしいと言われたものが在庫切れしていた」という機会損失を防げます。
また、災害が起きたり感染症が拡大したりするなどの不測の事態が起きたとき、在庫があればしばらくは通常運転ができます。

在庫の積み増しにはデメリットがある

一見在庫の積み増しはメリットしかないように思えますが、実はデメリットがあります。
そして、そのデメリットは、企業にとって大きなリスクとなる可能性があります。

まず、不測の事態が起きたときに、積み増した在庫はいつかなくなります。
一次的には対応が可能ですが、在庫がなくなったあとはなすすべがありません。
また、不測の事態が起きなくても、在庫が残りすぎてしまうと、時間が経つにつれてその在庫は陳腐化してしまいます。
結果的に売れなくなり、利益につながりません。

そして、積み増した在庫は、もともとタダで仕入れたわけではありません。
積み増さなかったら、その分のお金は他のことに使えていたかもしれません。
また、在庫を保管するのにも費用がかかるため、過剰在庫はコストが肥大します。

どのように不測の事態に備えたら良い?

在庫が不足すると、機会損失につながり、不測の事態に対応できません。
その一方で、在庫の積み増しをしても、一時的な対応策であり、在庫保管費用がかかってしまいます。
そこで、不測の事態に対応するために、在庫の積み増し以外の方法を取るのを検討してみてはいかがでしょうか。

例えば、複数のサプライヤーを確保する方法があります。
複数のサプライヤーを確保していると、不測の事態が起きても、新たに商品を仕入れることが可能かもしれません。
そうすれば、過剰に在庫を抱える必要はありません。
もちろんサプライヤーを確保することは容易ではありませんが、リスク分散のためにぜひ検討してみてください。

在庫調整の仕方をご紹介!

在庫を持ちすぎていると感じている方は、以下の仕方で在庫調整してみましょう。

第1に、現在抱えている在庫を削減しましょう。
なかなか売れない在庫を処分することで、在庫の保管場所に空きができます。

第2に、仕入量を少なくしましょう。
このとき、発注方法を見直すことも忘れてはいけません。

第3に、定期的に在庫調整しましょう。
残りやすい在庫はあるか、もっと良い発注方法はあるかを、定期的に見直すことが大切です。

まとめ

在庫の積み増しは、一時的な対応策であり、在庫保管費用がかかってしまいます。
そのため、例えば複数のサプライヤーを確保し、リスク分散するのはいかがでしょうか。
そして、今ある在庫を減らして、在庫量の健全化を図りたい方は、ぜひ本記事でご紹介した在庫調整の仕方をご参考にしてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

大量の在庫にお悩みの方へ!評価替えとは何か解説します!

大量の在庫にお悩みの方はいらっしゃいませんか。
在庫は、どのように評価するかが少し複雑ですよね。
そこで、この記事では「在庫評価とは」「評価替えとは」の疑問にお答えします。
ぜひ最後まで読んでみてください。

在庫評価とは?

在庫評価とは、残っている在庫の価値を金額で表すことです。
これは、決算のときや、月ごとの損益を計算するときに行います。

在庫評価には、いくつかの方法があります。
特に、先入先出法・後入先出法・移動平均法が有名です。
仕入れたタイミングや価格の違いによって、在庫評価額は異なります。

棚卸しをしたときに、実際の在庫の数が帳簿と異なることがあります。
何らかの理由で在庫の数が足りないときは、棚卸減耗損として費用計上する必要があります。

もし実際の在庫の数が帳簿と合致していても、仕入当初と現在とでは価値が同じとは言えないことがあります。
そこで、評価替えの必要性が出てきます。

評価替えとは?

評価替えとは、在庫の価値を適正な価格に評価し直すことです。
仕入れしてから決算するまでに、その在庫の価値が下落することがあります。
価値が下落した分、評価損を計上しますが、具体的にはどのような理由で評価替えすることがあるのでしょうか。

まず、災害により在庫が損傷してしまったときです。
通常であれば、在庫は仕入れたときと決算時では価値が大きく変化することはありません。
しかし、「在庫が水に濡れてしまった」「在庫に傷が付いてしまった」など、通常の価格では売れないくらい在庫が損傷したときは、評価替えの必要が出てきます。

次に、在庫が陳腐化したときです。
環境の変化により、その在庫の価値が損なわれ、これからもその価値が戻らないことがあります。
例えば、「シーズンが終わったため、シーズン外ではその在庫が売れる見込みはない」「新しいデザインや機能を有することを評価されていたが、時間が経つにつれてその在庫の価値が薄れてきた」などです。
この場合は、その在庫を現在の価値に直すために、評価替えする必要があります。

また、法律により定められているときです。
更生手続の際、評価替えが必要なことがあります。
その他にも、特別な理由により評価替えが認められることがあります。

まとめ

在庫評価とは、残っている在庫の価値を金額で表すことで、評価替えとは、在庫の価値を適正な価格に評価し直すことです。
在庫の価値は、仕入れ時から変わることがあります。
そのため、決算時に在庫は適切に評価しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。