amazonせどりの失敗例から対策方法についてご紹介します!

「amazonでせどりするのを考えているが、失敗するのが怖い」
「amazonせどりをしていて失敗してしまった」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
今回は、せどり初心者が知っておきたいamazonせどりの注意点と失敗から学習する対策方法についてご紹介します。

せどり初心者が知っておきたい注意点とは

1つ目の注意点は、ランキングの高い商品であれば売れているとは限らないことです。
amazonでのせどりを始めた方がよく目にするせどりに関する情報の発信者は、モノレートを見られるようになることを勧めているでしょう。
モノレートというグラフの見方を最初に知るのは、モノレートを読み取って仕入れるかどうかを判断しなければ失敗するからです。

モノレートでamazonのランキング上位の商品を見ればわかりますが、amazonのランキングが高くても売れていない商品が存在します。
ある程度ランキング上位の商品でも、3カ月で5個しか売れていないこともあります。

2つ目の注意点は、販売手数料や送料をあらかじめ把握しておくことです。
amazonでは手数料がカテゴリーによって変動します。
10パーセントと低いものから45パーセントと高いものまで様々でしょう。
本、ビデオ、ミュージック、DVDのように、販売手数料だけでなく、カテゴリー成約量というものがかかるカテゴリーもあります。

また、amazonでは手数料とは別にFBA倉庫に配送するために必要な配送料もかかります。
配送料は近年値上げされたため、厳しい状況になっています。
商品の大きさや重さによってコストが変動するので、仕入れる前に配送料による利益計算も必ずしておきましょう。

amazonせどりでの失敗から学習する対策方法について

1つ目の失敗を避けるための対策方法は、FBAシミュレータでの利益計算を事前に行うことです。
FBAシミュレータとは、手数料を実際に細かく確認できる公式のamazonツールです。
amazonでの利益計算のためのアプリとして、このアプリに勝るものは無いでしょう。
必ずどのような経費がかかるのかを細かく入力して計算しましょう。

2つ目の失敗を避けるための対策方法は、信頼のできるお店で仕入れるようにすることです。
近年では、精巧に作り込まれた偽物が大量に出回っています。
そのため、信頼されていることがわかる有名なお店から仕入れることを心掛けましょう。

まとめ

今回は、amazonせどりの注意点と失敗から学習する対策方法についてご紹介しました。
当社では、大量に抱えてしまった在庫商品の買取を行っております。
25年以上の買い取り実績と丁寧な対応を強みとして、お客様の抱えている中古商品からブランド商品まで、様々な商品の買取が可能です。
気になる方はぜひお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

決算時に在庫を減らすべき理由とは?在庫を減らす方法も解説!

「在庫が大量に余っているがどうするべきかわからない」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
在庫を減らさずにそのままにしてしまうと、後悔することになるかもしれません。
今回は、決算時に在庫を減らす理由と減らす方法についてご紹介します。

決算時に在庫を減らす理由とは

決算時に在庫を減らす理由は以下の2つです。

1つ目の在庫を減らす理由は、在庫を減らすことで売上総利益が減少し、税金においてメリットが生じるからです。
税金は基本的に売上総利益に応じて金額が変動します。
売上総利益は、売上高から売上原価を引くことで求められ、売上原価は機種在庫と収入高から期末在庫を引くことで求められます。

売上原価として売り上げに関わった分を計上するので、在庫分に関しては売上総利益には含まれません。
そのため、決算時期に在庫を減らすと売上総利益の減少につながります。

2つ目の在庫を減らす理由は、キャッシュフローが悪化するのを防げるからです。
在庫は、基本的に期末に企業の棚卸資産としてみなされるため、貸借対照表では、在庫を資産とみなして計上します。
しかしながら、その在庫が販売できない物であればキャッシュフローは必然的に悪化するでしょう。

なぜなら、売れない在庫は現金化されることがないからです。
以上のことから、販売の見込みがない在庫を減らすことでキャッシュフローを安定化させられます。

決算時の在庫を減らす方法について

決算時の在庫を減らす方法は以下の3つです。

1つ目は、セールでその在庫を商品として売り切ることです。
町中のお店でよく見かける在庫処分セールがいい例でしょう。
在庫処分セールとして安く商品を売ることで、少ないながらも利益を得られる処分方法の1つです。

2つ目は、当社のような買取業者にご依頼いただく方法です。
セールで売るといっても、必ず販売に成功できるとは限りません。
そのため、セールのみで在庫を対処すると思っていたよりも残ってしまったということになりかねません。
当社のような買取業者にご依頼いただければ、確実に在庫を減らせる点がメリットです。

3つ目は、廃棄する方法です。
廃棄する方法もありますが、あまりおすすめできません。
なぜなら、環境への負担も大きく、なおかつコストもかかってしまうからです。

まとめ

今回は、決算時に在庫を減らす理由と減らす方法についてご紹介しました。
当社では、大量に余ってしまった在庫処分のお手伝いとして、様々な物の買取を行っております。
企業様のブランドイメージダウンへの対策も行っておりますので、気になる方はぜひ当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

企業のノベルティを処分したい方へ!買取業者にお任せください!

「企業でノベルティが大量に余ってしまって処分に困っている」
このようにお考えの方は多数いらっしゃいます。
ノベルティを処分するとなると、様々なリスクが考えられますよね。
今回は、ノベルティを処分する際のポイントと、買取がおすすめな理由をご紹介いたします。

苦行のノベルティを処分する際のポイントとは

ノベルティとは、サービスや企業を認知してもらうために、無償で配る自社のロゴ入りグッズのことを指します。
自社ロゴが入ったノベルティを廃棄物として出す予定であれば、横流し対策をする必要があります。
気を付けるポイントは以下の2つです。

1つ目は、企業の回収や処理の方法を見直すことです。
改修や処理に携わる関係者を一部に限定することによって横流しのリスクを下げられます。
また、横流しが生じないように対策するには、機能破壊を行うことも1つの手段でしょう。

処分するのであれば、廃棄物処理法において問題がないか確認することも重要です。
どの段階からその排出物が廃棄物になっているのか明確にしておきましょう。

2つ目は、企業の社員教育の徹底を行うことです。
社員教育を行う際に、必ず横流しのリスクやブランドリスクについて教育しておくことが重要です。
できるのであれば全社員に行うことが望ましいですが、返品の情報を入手するような担当の者には必ず行っておくことをおすすめいたします。
また、定期的に監査を行っておくと、なお対策が強化できるでしょう。

企業のノベルティは買取がおすすめ

ノベルティを処分したいとお考えの方には、在庫商品や在庫性分を受け付けている当社のような会社にご依頼いただくことをおすすめします。
当社では、中古製品や新品の製品まで幅広く買取を行っております。
当社へご依頼いただくことをおすすめするのには理由があります。

当社へ買取依頼していただくことによって、横流しやブランドイメージダウンを防げるからです。
当社ではブランドイメージを守るために海外輸出による対応が可能です。
他の買取業者に依頼するとなると、日本国内で安価に販売される可能性があり、ブランドイメージダウンにつながる可能性があります。
そのため、当社にご依頼いただくことにより、日本国内での再流通を防いでいるメーカー様が多数いらっしゃいます。

無料お見積りさせていただきますので、少しでも気になられた方は、お見積りだけでもご依頼ください。

まとめ

今回は、ノベルティを処分する際のポイントと、買取がおすすめな理由をご紹介いたしました。
当社では、様々なジャンルの製品に対応しており、中古製品の取り扱いも可能ですので、ノベルティ以外の処分も可能です。
処分をお考えの方はぜひお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理の目的について知りたい方へ!在庫管理について解説!

「在庫管理について知りたい」
「在庫管理の目的について教えてほしい」
在庫管理を検討中の方は、このようにお考えの方も多いでしょう。
そこで今回は、在庫管理の目的についてご紹介します。
在庫管理について気になっている方やこれから在庫管理をしようをお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

在庫管理とは

そもそも在庫管理がどういうものか分からないという方も多いでしょう。
そこでまずは、在庫管理がどういうものかご紹介します。
在庫管理とは、企業が抱えている部品や原材料などの在庫を管理することです。
在庫管理と似ている言葉として、倉庫管理というものがあります。

在庫管理と倉庫管理が同じものだと思っている方も多いです。
しかし、在庫管理と倉庫管理は明確に違います。
倉庫管理とは、倉庫内に保管している在庫を管理することを指します。
一方で、在庫管理は倉庫内の在庫だけでなく、倉庫外の入荷量や出荷量も管理します。

在庫は企業側にとっては負担にしかなりません。
在庫を管理するためには費用がかかってしまいます。
また、在庫を保管するためのスペースも用意する必要があります。
そのため、計画的に在庫管理を行うことが重要です。

在庫管理の目的

在庫管理がどういうものか知っていただけましたか。
ここからは、在庫管理の目的にについてご紹介します。
在庫管理の最終的な目的は、経営状態を良くすることです。
実際には、在庫管理を行うことで現場を円滑に回し、キャッシュフローを良くすることで、経営状態の改善につなげます。

しかし、理論上の在庫と実際に抱えている在庫には差が生じることが多いです。
理論上の在庫と実際に抱えている在庫には差が生じる際の原因としては、入力ミスや入力漏れなどが挙げられます。

その中で、そもそもの在庫を少なくしておけば問題ないのではと思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かに在庫を少なくすることで用意に管理できますが、もしも在庫がなくなってしまうと販売の機会損失につながってしまいます。

機会損失を防ぐためには、多めの在庫を確保しておくか、在庫を正確に把握しておくことが重要です。
しかし、在庫を正確に把握することが難しいので、在庫を多めに確保する方法が採用されやすいです。

だからこそ、計画的に在庫管理を行う必要があります。

まとめ

今回は在庫管理の目的についてご紹介しました。
在庫管理の目的について理解していただけましたか。
在庫管理に関して専門家に相談したいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
当社では在庫管理に関してお困りの方をサポートしております。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

小売業で在庫管理する方法とは?在庫管理のコツについてもご紹介!

「小売業で在庫管理する方法について知りたい」
「在庫管理のコツについても教えてほしい」
在庫管理を検討中の方は、在庫管理する方法やコツについて知りたいですよね
そこで今回は、在庫管理の方法とコツについてご紹介します。
在庫管理を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

在庫管理の方法

まずは、在庫管理の方法について見ていきましょう。
ここでは、在庫管理の手順を3つのポイントに分けて詳しくご紹介します。

現状の把握

1つ目は、現状の把握です。
まずは、現状を把握することが重要です。
現状の把握として、在庫の種類や在庫の量などを確認することが重要です。
また、在庫をどこで管理しているのか、在庫の場所についても把握しておきましょう。

現状の確認が済んだら、その中で問題点を探します。
例えば、商品数が多い場合は商品がカテゴリーごとに分類されていないなどが問題点として挙げられます。
また、在庫商品が放置されているケースも問題として挙げられます。

品出しの徹底

2つ目は、品出しの徹底です。
在庫として保管している商品は売り場に出した方が、場所を管理しやすいです。
売り場に出すことで、指定された場所に商品を並べるので、いつでも在庫量を確認できます。
そうすることで、発注ミスの可能性も低いです。

また、売り場にだしていない限り、売上につながることはありません。
そのため、品出しを徹底して売り場に出すことで少しでも売上を向上させることにつなげられます。

発注精度を上げる

3つ目は、発注精度を上げることです。
発注精度を上げることで、適切な在庫量に調整できます。
日頃から適切な在庫量に調整しておくことで、在庫管理もより簡単に行えます。
また、発注しやすい環境づくりや発注数量を確認することが重要です。

在庫管理のコツ

在庫管理の方法について理解していただけましたか。
ここからは、在庫管理のコツについてご紹介します。
在庫管理のコツとしては、管理場所を変えることが挙げられます。
在庫の量が増えてしまうと、在庫を管理することも大変です。

そのため、在庫の管理場所を変えることで、在庫管理を簡単に行えます。
在庫量に合わせて在庫を保管する場所を変えることで、効率的に在庫管理を進められます。
しかし、在庫を管理する場所を変える場合は、どこで何を管理しているのか細かくチェックする必要があります。

まとめ

今回は在庫管理の方法とコツついてご紹介しました。
在庫管理の方法とコツについて理解していただけましたか。
在庫管理についてご不明な点があれば、いつでも当社までお問い合わせください。
当社のスタッフが皆様を全力でサポートいたします。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫と利益の関係について理解したい方へ!専門家が解説します!

「在庫ってあればあるほど良いの?」
「どれくらいの量が最適な在庫の量なのか知りたい」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
在庫が増えれば利益が増えるという言葉もあり、在庫は多い方が良いと思っている方もいると思いますが、実際は違います。
そこで今回は在庫と利益の関係について解説します。

在庫と利益の関係とは

在庫が増えれば利益が増えると言われる所以は売上原価の計算方法にあります。
在庫に関係する売上総利益は、売上から売上原価を引いて求められますが、売上原価は仕入れても売れていない在庫分は含めてはいけません。
そのため、仕入れから在庫を引いて求める必要があります。
つまり、在庫が多ければ多いほど売上から引くはずの売上原価が低くなるので、帳簿上での売上総利益は増えます。

しかし、実際は在庫は少ない方が良いです。
在庫はあくまで物なので、資金繰りには使えませんが、新たに商品を仕入れるためにはお金が必要です。
例えば、200万円で仕入れて40万円分の在庫が残るより、180万円で仕入れて15万円分の在庫が残る方が、同じ売上原価でも手元に残るお金が多いので資金繰りをする上で有利と言えます。

また、食品の在庫であれば消費期限や賞味期限切れ、雑貨の在庫であれば流行遅れで売れなくなるなど、在庫が多いとリスクを背負いますし、在庫の保管スペースも圧迫してしまいます。

重要なのは、仕入れた物を最終的に現金化することです。
いくら売上総利益が増えたとしても、最終的に現金化できなければ意味がありません。
在庫が増えれば利益が増えるというよりは、在庫は売上原価を計算する上では除く必要があるだけというわけです。

在庫を制するものはお金を制する?

例えば、在庫の現金化が早ければお金に余裕が生まれるので成長投資が加速します。
また、在庫が少なければ在庫の値下がりに伴うお金の損失リスクが小さくなります。
このように、在庫とお金の関係を理解し、在庫を制するものはお金を制するのです。
そして、会社の資金が潤沢になればなるほど、規模を広くでき、会社の成長スピードはどんどん加速しますよね。

実際に多数の在庫削減を重要視してきた会社は驚きのスピードで世界的企業へと成長しました。
在庫は、会社の成長と衰退を分かつ重要なポイントと言えるでしょう。

まとめ

今回は在庫と利益の関係について解説しました。
在庫を減らす重要性はご理解いただけたでしょうか。
当社は家電や食品、アクセサリなどさまざまな商品を買取させて頂いております。
買取査定のお見積もりは完全無料ですので、在庫処分にお困りの方はぜひ当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫調整分とは?在庫調整を行わないとどうなるのかも解説します!

「在庫調整分について詳しく知りたい」
「なぜ在庫調整を行う必要があるのか知りたい」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
在庫調整は、企業にとって必要不可欠な作業です。
そこで今回は、在庫調整分についてと在庫調整が必要な理由について解説します。

在庫調整分とは

まず、在庫調整とは、企業が抱えている在庫を出荷の量に合わせて調整することを指します。
そして、在庫調整分とは、その調整を行った量のことです。
在庫調整は、在庫が少なすぎるために機会損失を招いている場合でも行われますが、ほとんどは過剰になっている在庫の削減を目的として行われています。
また、在庫調整の方法としては、大きく分けて2つの方法が挙げられます。

1つ目は、過剰になっている在庫を処分する方法です。
バーゲンセールを行って安値で販売したり、売れる見込みがないものは思い切って廃棄したりして、過剰になっている在庫を処分しましょう。

2つ目は、仕入れ量や生産量を減らす方法です。
在庫が過剰になっている状態で、今まで通りの仕入れ量や生産量を維持しても在庫が圧迫され続けてしまいます。
そのため、仕入れ量や生産量を減らしてまずは在庫の削減を目指しましょう。

在庫調整しないとどうなる?

新製品を仕入れることが難しくなる

在庫調整を行わないと、在庫を置いておくスペースが圧迫されてしまいますよね。
そのため、新商品を仕入れられなくなってしまいます。
在庫調整を意識しながら店舗経営をすることにより、流行りの新しい商品を次々と仕入れて販売できるのです。

売れずに廃棄することになる

季節商品や期間限定商品などの売れ残りを、再販時期まで保管しようとして破損してしまう場合があります。
そうなった場合、もう廃棄するしか選択肢がないことも多いので、早期段階での在庫調整を意識して利益につなげられるようにしましょう。

資金繰りが悪化する

資金繰りがうまく続いてる場合は赤字でも企業は存続できますが、資金繰りがうまくいかない場合は黒字でも倒産してしまうほど、企業にとって資金繰りは重要です。
そして、在庫調整を行わないと、販売利益が上がらないうえに費用がかかるという負の連鎖に陥ることになり、結果として資金繰りがうまくいかなくなるのです。

まとめ

今回は在庫調整分についてと、なぜ在庫調整が必要なのかについて解説しました。
企業を倒産させないためにも定期的に在庫調整を行いましょう。
当社では企業様からの大規模な在庫処分依頼も承っております。
在庫処分にお困りの方はぜひ当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫調整とは?在庫調整のメリットについてご紹介します!

「在庫調整とはどういうものか知りたい」
「在庫調整のメリットについて教えてほしい」
在庫調整に関して、このようにお考えの方も多いでしょう。
そこで今回は、在庫調整のメリットについてご紹介します。
在庫調整について気になっているという方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

在庫調整とは

そもそも在庫調整について詳しく知らないという方も多いでしょう。
そこでまずは、在庫調整がどういうものかご紹介します。
在庫調整とは、出荷量に合わせて企業が所有している在庫を調整することです。
一般的には、必要以上に在庫を抱えている場合に在庫を削減する目的で行われます。

また、在庫があまりにも少ない場合にも在庫調整を行う必要があります。
在庫調整として一番簡単な方法としては、生産数を減らす方法が挙げられます。
また、仕入れの数量も減らすことで、結果的に在庫量を減らせます。

在庫調整のメリット

在庫調整がどのようなものか理解していただけたと思います。
ここからは、在庫調整を行うメリットについて見ていきましょう。
ここでは3つのメリットについてご紹介します。

廃棄する前に販売できる

1つ目は廃棄する前に販売できることです。
在庫があふれてしまうと、結果的に廃棄しないといけないケースもあります。
しかし、在庫調整を行うことで廃棄という最悪のケースを防げる可能性が高いです。
例えば、商品の価格を下げて、顧客の購買意欲を高める方法が挙げられます。

商品の価格を下げることは効果的ですが、過度な値下げは逆効果になる可能性もあるので注意してください。

在庫維持の費用をかけずに済む

2つ目は在庫維持の費用をかけずに済むことです。
実は、在庫は所持しているだけで費用がかかってしまいます。
例えば、在庫の期限を確認するための人員を雇えば、1人分の人件費がかかってしまいます。
そのため、在庫を減らすことで、このような費用も削減できます。

キャッシュフローが良くなる

3つ目はキャッシュフローが良くなることです。
先ほどもお伝えしたように、在庫調整を行うことで販売の利益が向上したり、在庫維持のための費用を削減できたりします。
そのため、結果的にキャッシュフローが良くなります。

まとめ

今回は在庫調整のメリットについてご紹介しました。
本記事を参考に、在庫調整の理解を深めていただけると幸いです。
在庫調整に関してご不明な点がある方は、ぜひ一度当社までお問い合わせください。
当社の専門家が皆様をサポートいたします。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。