倒産品の在庫処分をお考えの方に向けて詳しく解説します!

倒産品の在庫処分をお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、倒産品の在庫処分の買取を依頼する際の注意点について把握しておきたいですよね。
そこで今回は、倒産品の在庫処分について解説します。

倒産品の在庫処分の買取を依頼する際の注意点とは

倒産品の在庫処分の買取を依頼する際には、まず近年の買取業者の特徴について把握しておく必要があるでしょう。
近年の買取業者が取り扱っている買取商品はさまざまで、特殊な商品でも買い取ったり、法的な知識が求められる買取商品でも専属の弁護士を揃えていたりします。
そのため、安心して査定を依頼でき、買い取ってもらえるという特徴があります。

しかし、商品によっては査定以前に買い取ってもらえない倒産品もあります。
そのため、買取業者によって取扱う買取商品は異なるので、あらかじめ確認するようにしましょう。

次に、倒産品の在庫処分の買取を依頼する際の注意点について解説します。

破産手続きの整理

破産手続きの内容によっては、倒産品の処理方法に違いがあります。

詳しく説明すると、その処理方法は法的処理と私的処理の2つがあります。
法的処理とは、法的手続きに則って破産手続きを行うことで裁判所が関与します。
倒産品は競売によって売買され処分されます。

私的処理とは、裁判所が関与せずに任意で破産手続きを行うことです。
債権者の許可のもと任意の方法で破産品を処分できます。

このように、どちらの処理方法を選択するかによって行うべきことは異なるので注意しましょう。

法的整理前の処分

法的整理では、法的手続きに則って破産手続きを行います。
しかし、その前に倒産品を処分すると財産の不利益処分となってしまいます。
そのため、さまざまな手続きが完了してから売却する必要があります。

クライアント様の特徴とは

当社に買取依頼されるクライアント様は、以下のような特徴があります。

・店内のものをまとめて売却したい
・廃業したいがどこから始めたら良いのか分からない
・商品を一括で買ってもらうところがわからない
・商品の種類がさまざまで買取業者が買ってくれない
・什器棚や備品を買取りしてもらいたい、買取りできないものは処分したい

当社では、親切丁寧な対応と20年以上の安心実績、買取査定のお見積もりは完全無料、秘密厳守で買取をさせていただいているので、紹介したような特徴のあるクライアント様に適した買取方法を採用しております。

そのため、紹介したような特徴に当てはまる方はぜひ当社までご依頼ください。

まとめ

今回は、倒産品の在庫処分について解説しました。
倒産品の在庫処分をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社では閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店時の在庫の処分方法について詳しく解説します!

閉店時の在庫の処分について検討中の方はいらっしゃいませんか。
その際には処分方法について知っておきたいですよね。
また、閉店時に残った在庫を処分する際にはポイントがあるので把握しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、閉店時の在庫の処分方法と処分する際のポイントを解説します。

閉店時の在庫の処分方法とは

ここでは、閉店時の在庫の処分方法を3つ解説します。

閉店セールを行う

閉店時の在庫処分では閉店セールを行うのが一般的です。
通常価格よりも安く販売するとより売れやすくなります。
また、閉店セールは顧客に対して今までの感謝の気持ちを伝える機会にもなるでしょう。

さらに、閉店セールの本来の目的は在庫をできるだけ減らすことですよね。
そのため、在庫を減らせるように宣伝にも力を注ぐ必要があるでしょう。
その際のポイントとしては、早めに告知して多くの方に見てもらえるようにすることが挙げられます。

仕入れ先に返品する

仕入れ先に返品することも方法の1つです。
この方法では返品手数料がかかってしまう場合があります。
しかし、閉店時の商品を在庫として抱え続けるよりかはメリットが大きいです。

また、仕入れ先に返品する際には、在庫品を返品可能かどうか確認しましょう。
可能であれば、返品方法や返金手数料なども聞いておくことが大切です。
しかし、在庫品の状態が悪いと返品できない場合があるので注意しましょう。

買取業者に売る

閉店時の在庫品を処分する際には、買取業者に売ることをおすすめします。
なぜなら、ある程度まとまったお金が手に入るというメリットがあるからです。
そのため、閉店時にはある程度まとまった資金が必要になる方に対して、特におすすめする方法です。

閉店時に残った在庫を処分する際のポイントとは

在庫に売れる見込みがなければ、なるべく早く処分することがポイントです。
中古でも一定の需要を見込めるものもあるので、損失を最小限に抑えられます。

さらに、閉店することを決めたら、できるだけ早く在庫をチェックし売るものを決めましょう。
もし、この作業を先延ばしにしてしまうと余裕がなくなってしまう場合が多いので注意しましょう。

まとめ

今回は、閉店時の在庫の処分方法と処分する際のポイントを解説しました。
閉店時の在庫の処分について検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社では閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

滞留在庫って何が問題?買取についても説明します

滞留在庫という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、滞留在庫とは何かについてとその原因を紹介します。
在庫を抱えて困っているという方は参考にしてみてください。

滞留在庫が増えてしまうのは何が原因?

滞留在庫とは、仕入れた分が売れず、長期間保管されてしまっている在庫のことです。
滞留在庫が増えてしまう原因について紹介します。

1つ目の原因は、過剰在庫です。
品切れしてしまうと利益は下がってしまいますよね。
それを避けようとして、大量購入することがあるでしょう。
しかし、見込み違いでなかなか売れず、在庫として残ってしまうこともあります。

この際に、客層が違う多店舗で販売しても売れないと滞留在庫となります。

2つ目の原因は、連携ミスです。
これは、販売部門と製造、販売、経理の部門が適切に連携をとれていない場合に起こります。
なぜなら、経理などの部門は滞留在庫を出さないように仕入れの個数を減らそうとしますが、販売部門は品切れを恐れ、多めに仕入れたいと望んでいるからです。
これらの部門の連携がうまくとれていないと、店舗などに多くの在庫を抱えることになります。

3つ目の原因は、在庫管理システムです。
在庫管理システムの良し悪しは在庫管理の正確さや楽さに大きな影響を与えるでしょう。
例えば、複数の店舗がある大きな業者では、管理する在庫の量も多くなりますよね。
そのため、パソコンなどのソフトを使用し、他店の在庫も確認できる環境を作っておくと良いでしょう。

解決するには?

では、滞留在庫を減らすためにはどのようにすればよいでしょうか。
それには、在庫になる原因をしっかりと認識しておくことが大切です。

在庫は足し算と引き算で計算できます。
例えば、100個の商品がある場合に80個売ったら、在庫は20個になります。
この際、なぜ在庫が増えたのかを確認しましょう。

例えば、「製造で作りすぎた」「販売で売れなかった」など状況によってさまざまでしょう。
このように、在庫はそれまでの活動の結果です。
そのため、在庫が増えることが問題なのではなく、在庫を増やした原因を見つめなおすことが大切です。

まとめ

今回は、滞留在庫についてご紹介しました。
滞留在庫を抱えすぎると企業にとって大きな損失になります。
滞留在庫を減らすためには、在庫を取り除くのではなく原因から対処していきましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不動在庫と滞留在庫の違いについて買取のプロが説明します!

不動在庫と滞留在庫の違いについてご存じでしょうか。
また、これらの他にも余剰在庫と呼ばれる在庫も存在します。
どういう違いがあるのかわからないですよね。
そこで今回は、不動在庫と滞留在庫の違いについて紹介します。
 

不動在庫とは?

不動在庫とは、その名の通り動いていない在庫のことを指します。
つまり、長くとどまっている在庫のことです。
このような不動在庫は経営を圧迫することが多いです。
 
何が不動在庫かわからないという方もいらっしゃるでしょう。
不動在庫は、在庫の滞留期間を把握することで見極められます。
どのように把握するのかを確認していきましょう。
 
まず、入庫と出庫のタイミングを記録しておきます。
その後、商品ごとの在庫期間や在庫量を分析し、どこで流れが滞っているのかを見つけることで把握できます。
 
また、不動在庫は原因を見極めることも大切です。
例えば、セールのために在庫を用意していたが、思うように売れなかった場合があるとします。
その場合は、似たようなセールを行わないことやタイミングを見計らうという対策が必要です。
他にも、需要を読めず在庫を余分に確保していた場合は、需要がいつ発生するか詳しく分析すると作りすぎを防げるでしょう。
 
不動在庫を対処するには、販売や寄付、廃棄などが考えられます。
安値でも販売することで、損害を最小限に抑えられるでしょう。
 

滞留在庫とは?

不動在庫の他にも、在庫には滞留在庫や余剰在庫と呼ばれるものがあります。
 
滞留在庫とは、売れる見込みがない商品のことを指します。
例えば、賞味期限が迫っているものや、パックに損傷があるものなどが該当します。
利益になる可能性が低く、できるだけ早く対処する方が良いでしょう。
対処の方法としては、業者に売ったり廃棄したりが一般的だと言えます。
 
 
余剰在庫とは、倉庫などに保管されている売れ残りの商品のことです。
売れ行きの良い商品を仕入れすぎた場合でも余剰在庫としてみなされます。
そのため、滞留在庫と違い、今後売れる見込みもあることから、すぐに問題になるものではないでしょう。
しかし、利益を圧迫する要因にもなるため、できるだけ迅速に対処しましょう。
 

まとめ

今回は、不動在庫と滞留在庫、余剰在庫の違いについて紹介いたしました。
これらの在庫を抱えているとコストがかかってしまい、経営の圧迫にもつながります。
そのため、早めの対処を心がけましょう。
 
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。
 

在庫は多め?少なめ?在庫のデメリットを確認しましょう!

在庫を抱えるデメリットをご存じでしょうか。
経営する上で在庫は必要ですよね。
しかし、在庫を抱えすぎると思わぬリスクを伴います。
今回は、在庫を保有することによるメリットとデメリットについて確認していきましょう。

在庫のメリットとは?

1つ目は、機会損失の減少です。
在庫を持っている場合、商品の不具合などでクレームがあったとしても代替品を用意できます。
そのため、お客様に対して迅速な対応をとれます。
また、市場の需要が急に拡大した場合でも、在庫を使用することで、販売の機会損失を抑えられます。

2つ目は、お客様に対する安心感です。
小売店の場合、お客様が店頭で現物を確認してから購入できます。
これによって、商品への安心感が増すでしょう。
また、商品の受注後すぐに納品できるため、品切れの心配を与えません。

3つ目は、スケールメリットによるコストカットです。
大量に購入すると1個当たりの単価を下げられますよね。
場合によっては、売り上げの原価が大きく変わるでしょう。
このように、大量に仕入れることによって単価コストを減らせ、利益率を上げられます。

在庫が多すぎると?

在庫を必要以上に保有しすぎることを、過剰在庫といいます。
過剰在庫の状態になると、デメリットが生まれます。

1つ目のデメリットは、品質の劣化です。
商品の品質は時間が経つごとに劣化していきますよね。
そうなると廃棄や値下げ販売をする必要が出てくるでしょう。
しかしその場合、見込んだ利益や売り上げが得られず、元本も回収できなくなってしまうことが多いでしょう。

2つ目のデメリットは、収益性の悪化です。
これは、過剰在庫には管理費用が必要なことが原因です。
例えば、過剰在庫を倉庫に持っていると、売り上げが好調な商品を保管しておくスペースを圧迫してしまいます。
また、値下げ販売や廃棄するための作業、運送費などのコストがかかってしまうからです。

3つ目のデメリットは、キャッシュフローの悪化です。
在庫は資本ではありますが、現金として保有できません。
そのため、商品の過剰在庫はキャッシュフローを悪化させてしまいます。
これによって、最悪の場合、黒字倒産になってしまいます。

まとめ

今回は、在庫のメリットとデメリットについて紹介しました。
過剰在庫になってしまうとコストがかかることが考えられます。
これは、経営する上でリスクを伴うため、適切な量の在庫を確保しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫の照明を廃棄したい!買取を検討しませんか?

「不良在庫の照明を廃棄したい」とお思いの方はいらっしゃいませんか。
そもそも在庫はなぜ起こってしまったのでしょうか。
在庫を更に増やさないために原因と対策を知っておくことも大切です。
そこで今回は、不良在庫が発生する原因や廃棄、買取などの方法について紹介します。

不良在庫が発生する原因と対策について

不良在庫はどのような原因で発生するのでしょうか。

1つ目は、在庫回転率の読み違いです。
在庫回転率とは、お店にある在庫が売り上げに対してどのくらいさばけているかを示す値です。
在庫回転率が高すぎると、在庫切れのリスクも高くなります。
そのため、商品を仕入れる際には、在庫がなくならないように多めに注文するでしょう。

しかし、在庫回転率を読み間違えると、売れずに倉庫にどんどんと在庫が溜まります。
必ず在庫回転率は細かくチェックしておきましょう。

2つ目は、在庫が発生しても対策しないことです。
不良在庫になる前に在庫処分セールや割引を行うことは大切です。
市場の価値が下がると不良在庫として抱える可能性が高くなるからです。
そのため、不良在庫になりそうな場合は必ず何か対策を講じましょう。

また、在庫管理の方法を見直すことも大切です。
在庫管理がおろそかだと、不良在庫が発生しがちになってしまいます。
現在の在庫の量や金額などを確認し、不良在庫に気づけるようにしましょう。

照明器具も買取できる?

セールなどでも売り切ることができず、廃棄をお考えになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、不良在庫になってしまった商品は買取がおすすめです。
買取の場合、不良在庫を一掃できることが魅力です。

「家具や照明器具など大きなものでも買い取ってもらえるのだろうか」と不安になる方もいらっしゃるでしょう。
当社では小さなものだけでなく、照明、カメラやオーディオ、冷蔵庫、電子レンジなどあらゆるものの買取が可能です。
また、食品やアパレル商品、スポーツ用品などの買取実績もございます。
このように、あらゆるジャンルでの買取を実施しております。

見積もりも無料で行っておりますので、不良在庫にお困りの方はご相談ください。

まとめ

今回は不良在庫が発生する原因や対策、買取について紹介しました。
不良在庫が発生する原因を把握し対策を立てることは大切です。
不良在庫を抱えていてお困りの方はお気軽に当社にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分でお困りですか?販売方法について紹介します!

「在庫処分はどのようにすれば良いのだろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
多くの在庫を抱えているとリスクが伴います。
在庫処分のための販売方法を知ることは大切でしょう。
そこで今回は、在庫のリスクや販売方法を紹介します。

余剰在庫の問題点とは?

余剰在庫とは、その名の通り余っている在庫のことを指します。
お客様に商品をお届けするために在庫は必要ですよね。
そのため、在庫を管理する方の中には、欠品をなくすために多く発注してしまいがちです。
しかし、売れ残った場合は余剰在庫を抱えてしまい、管理も大変になってしまいます。

余剰在庫があることはどのような点が問題なのでしょうか。
確認していきましょう。

1つ目は、キャッシュフローが悪くなることです。
余剰在庫は、支払いから入金までの期間が長くなってしまいます。
そのため、キャッシュフローが悪化し、資金繰りも悪くなってしまうのです。

2つ目は、商品の価値が下がってしまうことです。
長期間、在庫として残っているものは品質が下がってしまいます。
保管期間が長くなると、適正価格で売れなくなってしまうことはリスクだと言えるでしょう。

3つ目は、維持にコストがかかることです。
維持するだけで、保管スペースを確保したり、人件費を用意したりする必要がありコストがかかります。
在庫の量が増えれば増えるほど費用もかさみ、支出が大きくなってしまいます。

余剰在庫の対処法とは?

余剰在庫の対処法には、リサイクルやネットオークション、買取などが挙げられます。
その中でもおすすめは買取です。
その理由について解説します。

リサイクルはご自身で処分費用を払う必要があります。
また、ネットオークションの場合は、買い手がつかず売れ残るリスクがあります。

しかし、買取の場合、商品の価値を見極め、適切に価格が決定されるため前者の2つよりも高く処分できるでしょう。
また、売れ残る心配もなく安心なことも魅力の1つです。

当社は、ジャンルを問わずさまざまな商品の買取が可能です。
また、新品だけでなく、中古品の大量買取もできます。

まとめ

今回は、在庫処分の販売方法について紹介いたしました。
余剰在庫があるとキャッシュフローが滞るなどのリスクがありますので、早めに対処することが大切です。
当社は在庫買取の査定やお見積りは無料で行っております。
大量の在庫をお持ちでお悩みの方はお気軽に当社にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

【買取事例】アダルトグッズの買取

こんにちは

アダルトグッズの余剰在庫品の買取もさせて頂きます。

アダルトグッズは日本向けに作られたパッケージ品のみ買取対応をしています。

 

 

 

 

 

※現在は英語のみのパッケージ、中国語パッケージのアダルト商品は買い止めをしています。

 

 

 

倒産品の処分に困っている!買取の専門家にお任せください!

「お店が倒産してしまい、倒産品の処分に困っている」という方はいらっしゃいませんか。
倒産品の処分では買取という形で利益に変える方法があります。
倒産品を買取ってもらえたら嬉しいですよね。
こちらの記事では、倒産品の処分について買取の専門家が解説します。

倒産品の在庫処分はどうなるの?

会社や個人事業が倒産してしまった場合、倒産品の在庫は、破産者の所有する財産を管理・売却しお金に換える「破産管財人」が売却や処分を行います。
ただし、売却や処分には注意点がありますので、以下で確認していきましょう。

破産直前の動きというのは、裁判所および破産管財人から厳しく見られています。
例えば、破産直前にあまりにも安価な売却を行わないか、商品を知人や親族に横流ししないかなどです。
このような場合、破産管財人が商品の取戻し請求を行うこともあるので気を付けましょう。

さらに、売れ残りの在庫が多く存在し、廃棄費用が多額になるような場合は、裁判所に処分費用を納めないと破産手続開始が認められないことがあります。
そのため、破産申請を考えるときには、倒産品の在庫処分について弁護士としっかり相談すると良いでしょう。

倒産品の分類とは?高値で売却するコツをご紹介!

倒産品といっても多様な商品がありますが、せっかくなら高値で買取ってほしいですよね。
以下では、倒産品の分類と高値で売却するコツをご紹介します。

倒産品の分類は主に「中古品」と「アウトレット品」の2つに分けられます。

中古品の分類では、文房具や収納用品などの「事務用品」、次にシュレッダーやコピー機といった「事務機器」、そしてデスクや椅子をはじめとする「オフィス家具」、最後にテーブルやショーケースなどの「店舗什器」が挙げられます。

アウトレット品は、一定期間販売数の動きがなく売れない商品や在庫の回転率が悪い商品、品質検品検査に合格できない不良品、賞味・消費期限が切れている商品などが挙げられます。
買取に出す前に一度確認してみるのが良いでしょう。

次に、高値で買取ってもらうコツについてご紹介します。
「ホコリや汚れなどが商品に付着していたら綺麗にすること」「商品の付属品があればセットで査定に出すこと」「商品をまとめて買取に出すこと」に気を配ると良いでしょう。

しかし、商品によっては買取ができない倒産品もあります。
専門家によって取り扱う商品が異なるため、査定前に一度問い合わせすると良いでしょう。

まとめ

今回は、倒産品の処分方法について解説しました。
こちらの記事を参考に、ぜひ買取について検討してみてください。
倒産品を処分する際の注意点を確認し、高値の買取を目指しましょう。

当店では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の文房具の処分でお困りですか?買取のプロが紹介!

「コロナ禍で営業が厳しく閉店してしまったが、倒産品の在庫処分ができていない」という方はいらっしゃいませんか。
その中でも、今回は文房具の処分方法について買取のプロがご紹介します。

高値で売れる倒産品文房具のポイントを3つご紹介!

文具が高額買取の可能性を秘めていることをご存知ですか。
今回は、高値で売れる文房具のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、高級ブランドの文房具であることです。
人気の高い高級ブランドの文房具は高く売れる傾向にあります。
例えば、MONTBLANC (モンブラン)やPARKER (パーカー)、WATERMAN(ウォーターマン)などの文房具ブランドをはじめ、世界的にもハイブランドとして知られるファッションブランドのエルメスやシャネル、グッチ、ルイ・ヴィトンなどが高級ブランドの文房具として挙げられます。

当店では、国内で安価に販売されてほしくない商品や、廃盤商品の倒産品を海外輸出することにより、日本国内で再流入しないようにもできます。

2つ目は、コレクター向けの文房具です。
先ほどの高級ブランド文房具とは異なり、アイドル事務所などが公式として販売しているグッズは根強いファンからの需要が高いです。
特にイベント限定の商品は高値で売却できる可能性が高いでしょう。

3つ目は、まとめ売りです。
文房具の種類が異なっていても、まとめ売りをしていただくことで1点1点の高値売却が可能になります。
当店では、再販売可能と判断したものは、ジャンルを問わず買い取らせていただきます。
価値があると感じた場合にはどんなものでもお問い合わせください。

文房具の倒産品の処分方法とは?

では、実際に倒産品を処分するにはどのような方法があるのかみていきましょう。

1つ目は、売却です。
倒産品は中古市場でも人気があることをご存知ですか。
その理由は、大量に仕入れやすく、単価を安く販売できるためです。
また、倒産品を売ることで倒産による廃棄費用の節約や負債の軽減といったメリットがあり、有効な方法と言えるでしょう。

2つ目に、独自に処分することです。
例えば、知人に譲る、ごみとして廃棄する、ネットで出品するなどの方法があります。
ただし、ごみとして廃棄する場合は適切に処分する必要があるため、入念に確認した方が良いでしょう。

3つ目は、リサイクルの専門家による買取です。
保存状態が比較的良い倒産品については、専門家による買取が有効でしょう。
加えて、その場で査定してもらえるため、資金を素早く確保したい方にはおすすめの方法です。

また、ネットで出品などを行う場合、梱包や送料として別途費用がかかってしまいますよね。
それらの費用を削れることもメリットと言えるでしょう。

まとめ

今回は、倒産品の文房具の処分方法についてご紹介しました。
倒産品の処分には様々な方法があるとご理解いただけたと思います。
こちらの記事を参考にぜひ検討してみて下さい。

当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。