不良在庫でお困りの方必見!買取で問題解決しませんか?

不良在庫でお困りの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫はどうやって処分すれば良いのか悩みますよね。
そんな方におすすめなのが、買取に依頼するという方法です。
今回は不良在庫を処分する理由や処分方法についてご紹介します。

不良在庫はなぜ処分する必要があるのか?

不良在庫とは、売れる可能性が低く、保管しておくだけで経営的に悪い影響を与える在庫のことを指します。
例えば、不良品や欠陥品などが当てはまります。
不動在庫などと言われることもあります。

単に余っている在庫とは何が異なるのでしょうか。
不良在庫は他の商品に悪い影響を与える可能性があるという点で、それらの在庫とは大きく異なります。
例えば、腐ったみかんはもちろん売れませんよね。
しかも、そのまま保管していると他のみかんも腐らせてしまいますよね。

また、色あせたジャケットなどの衣服も不良在庫と言えるでしょう。
売れないだけではなく他の服にも色が移ってしまうからです。

このように、不良在庫はそれ自体に価値がないだけでなく、他の商品の価値も減らしてしまう可能性があります。
不良在庫はそのままにしておくと会社を経営する上で悪い影響を与え、倒産の原因になってしまうケースもあります。
このような事態を未然に防ぐために、不良在庫を抱えている場合にはすぐに処分することをおすすめします。

不良在庫の処分方法とは?

それでは、実際に不良在庫を抱えてしまった時の具体的な処分方法を紹介します。
それは、他の在庫に悪影響が出る前に、全ての不良在庫を売るという方法です。
在庫処分品を割引して売るというような形も1つです。

また、楽天やアマゾンなどのネットショッピングサイトを利用するという手段もあります。
お金に還元しようという意識を持つことがとても大切だと言えるでしょう。

それでも不良在庫が残ってしまった場合は、専門業者に買取を依頼するという方法があります。
専門業者は幅広いネットワークを持っているため、処分せざるを得ないと考えていた商品でも買い取ってもらえる場合があります。
専門業者のホームページで、買取可能な商品の種類などの情報を確認できます。
当社の買取一覧表もぜひ一度ご確認ください。

まとめ

今回は、不良在庫とは何かということと不良在庫の処分方法について詳しく解説しました。
今回の記事で具体的なイメージが膨らんだのではないでしょうか。
当社では、閉店商品、買取商品を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをぜひご確認ください。

【買取事例】家具・雑貨メーカー様からの買取

こんにちは

家具、インテリア雑貨を扱うメーカー様からの

来期から販売をしない型番商品の余剰剤品の買取をさせて頂きました。

このときは大型トラック1台+4トントラック3台分の物量になりました。

ありがとうございました。

 

※紹介した買取事例は最新の事例ではございません。過去に買取した商品をピックアップして紹介しています。

こちらから、ほかの在庫買取事例をご覧いただけます。

倒産品でお困りの方必見!パソコンは買取が可能です!

倒産を考えている方の中には、在庫になっているパソコンの処分について悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
本記事では、在庫や倒産品の発生パターンと当社の買取実績について紹介します。

在庫はどうして発生するの?

在庫が発生する経緯には、様々なものがあります。
具体的には、長期滞留、倒産した会社の在庫などのパターンが挙げられるでしょう。

滞留在庫とは、仕入れてから日数が経ってしまった在庫のことを指します。
在庫が長期間残っていると、倉庫のスペースにかかるコストや品質を保つコストがかかりますよね。
さらに、在庫がある間はそれらは資産としてカウントされるため、税金もかかります。
しかし、せっかく仕入れた在庫を処分する決断は非常に難しいでしょう。

また、倒産した会社や店舗の中に残っている在庫や、倉庫にある在庫は倒産品と呼ばれます。
こういった在庫は店や会社を閉じた後に発生するため、セールで売ることができません。
また、セールを行っても売れなかったものが倒産品として店内に残っている場合も多くあるでしょう。

このような場合は在庫買取を依頼したり、処分したりことがおすすめです。

倒産品の処分方法には様々なものがありますが、一般的にはネットオークションや買取業者が挙げられます。
ネットオークションへ出品して売却する方法は、一般の欲しいと考える人と直接やりとりできるため、ニーズが合えば在庫を高額で売却できる可能性があるでしょう。
しかし、ネットオークションで売却する場合、いつまでも売れない可能性がありますし、在庫が大量にある場合にはひとつひとつ出品する時間もかかります。
倒産する際は、倒産品の処分の他にも様々な手続きがあり、そういった時間や手間を取れる方は少ないのではないでしょうか。

一方で買取業者へ依頼すれば、手間や時間をかけることなく倒産品を現金化できるでしょう。

当社では倒産品のパソコン買取が可能です

当社では閉店商品や倒産品の買取を承っております。

具体的には、型落ちのパソコンやマウス、スピーカーといった周辺機器やアクセサリー用品の買取実績がございます。
大型の電子機器は、倒産品や在庫の中でも特に処分にコストがかかるため、買取がおすすめですよ。

パソコンだけでなく、モニターやディスプレイ、デジタルチューナー、そしてプロジェクターといったその他の機器についても買取が可能です。
倒産の予定がある方で、こういった在庫の処分にお困りの方はぜひ当社までご相談ください。

まとめ

在庫が発生するパターンには様々なものがあります。
処分には手間がかかるため、事前に方法や準備について考えておきましょう。
倒産する際のパソコンの処理をお考えの方はぜひご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の買取を検討中!カーペットの買取について解説します!

倒産品を売りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
カーペットの在庫をお持ちの方の中には、できるだけ高い価格で現金化したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
今回はカーペットの買取について紹介します。

カーペットを高額買取してもらうためには?

皆さんも商品を選ぶ際、丁寧に管理されていたり、綺麗な売り場に並べてあったりする商品を買いたいと思いますよね。
色褪せていたり、箱にダメージが見られたりする商品は劣化や故障といったイメージを与えるため、査定に悪影響を及ぼす可能性があります。

カーペットには使用期限はありませんが、商品の品質が保管状態によって劣化しているといった印象を与えたくはないですよね。

在庫を長期間保管していた場合は、仕方がない面もありますが、良い状態のものの方が査定結果が良いでしょう。

また、査定に出す前に掃除をすることも有効です。
埃をかぶっていたり、汚れていたりする在庫はネガティブな印象を与えるため、こちらも買い取り価格を下げる原因になるでしょう。
また、在庫買取業者の目線に立ってみると、汚れた在庫を買い取った後、自分たちで掃除するコスト分値上がりする可能性もありますよね。

査定する際に、できるだけいい印象を与えられるように、清掃を行いましょう。

次に、箱や保証書を一緒に持っておくことが重要です。
商品の梱包に使われている箱は、買取後の輸送で商品にダメージを与えないために重要です。
また、再販売する際にも外箱があることで売れやすくなるでしょう。
カーペットの場合ですと、詳しい成分やメーカーといった情報がある方が良いですよね。

保証書やどこのメーカーのものかが分かる付属品はできるだけ揃えた状態で査定に出しましょう。

当社における買取の流れを紹介!

当社ではカーペットなどの日用品の買取を承っております。
商品を郵送していただくことで、日本全国のお客様の在庫を買い取ることが可能です。

買取の流れとしては、まず商品の写真を送っていただきます。
そうしますと、おおよその査定金額をこちらから提示させていただき、それに納得いただけましたら、サンプルを送っていただき、それを参考にした上で正式な買取価格を提示します。
その後、商品を全て出荷していただいたのちにこちらで検品を行い、買取金額を指定された銀行口座に振り込ませていただきます。

まとめ

本記事では、カーペットの在庫、倒産品をお持ちの方に向けて買取のコツと流れを紹介しました。
在庫買取のサービスを利用すれば、短時間で現金化ができますよ。
ぜひご検討ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫の処分でお困りですか?買取がおすすめですよ!

不良在庫についてお困りの方はいらっしゃいませんか。
処分方法について不安な方にぜひこの記事を読んでいただきたいです。
今回は不良在庫の影響と買取や処分のメリットを紹介します。

不良在庫はどうして悪影響なの?

この記事を読まれている方の中には、在庫を抱えた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、「不良在庫」という意味をしっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか。

実は、不良在庫とはただ売れ残っている在庫という意味ではありません。
不良在庫とは、売れる見込みがないことと、経済的に悪影響を与える在庫を意味します。

例としては、不良品や欠陥品が不良在庫に分類されるでしょう。
しかし、こういった在庫も保有しているだけで資産としてカウントされます。
そのため、一見奥に保管されているだけに見える在庫でも、それが不良在庫だった場合、資産として扱われます。
そのため、税金がかかってしまい保管しているだけで、会社や店舗全体にマイナスの影響を与えるでしょう。

不良在庫を資金に変えるメリットとは?

在庫処分をすると、どのようなメリットがあるでしょうか。

まず、不良在庫が資金に変わることで、資金繰りの改善に繋がります。
経営に与える悪影響を取り除けるだけでなく、資金を得られます。

また、仕入れを行なった金額と比較すると赤字になると感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、不良在庫は赤字で手放したとしても税金対策になったり、節税として働いたりします。

また、在庫数が減ることで、管理のコストについても削減できますね。
多くの店舗を抱えている場合や、いくつかの場所に在庫を分けて保管している場合は、不良在庫に関わらず管理が難しいですよね。
売れる見込みのない在庫にそういったコストをかけなくて済むことは大きなメリットでしょう。

次に、不良在庫がなくなることでスペースが空きますよね。
そうすると新しい商品の仕入れを行えるでしょう。
新しい戦略を練って商品を仕入れることで、全体の経営に良い影響を与えられます。

最後に、将来的な赤字幅を止められるメリットもあるでしょう。
現在不良在庫として扱われている在庫が、将来的に価値を取り戻すことは、まずありません。
むしろ、不良在庫が古くなることでどんどんその価値が無くなっていくと考えたほうが良いでしょう。
不良在庫を処分することで、そういった将来的な赤字の増加を止めることになります。

不良在庫を早めに手放して、在庫管理を徹底した経営を行うことで、安定したビジネスを継続できるでしょう。

まとめ

不良在庫は売れる見込みがないため、経済的に悪影響を及ぼします。
赤字で販売したり、買取に出したりすることで手元の資金を増やしましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫の考え方とは?管理でお困りの方へ解説!

店舗に在庫がたくさん残っているという方はいらっしゃいませんか。
在庫の管理は難しいため、多く抱えている方も多いと思います。
本記事では、適正在庫や不良在庫につて紹介します。

どうして在庫が発生するの?

在庫を抱えないようにすることは非常に難しいです。
ものの需要には、社会情勢やトレンドが深く関わっているため、ちょっとしたきっかけで商品の売れ行きが変わってしまいます。
市場分析に力を入れていても、なかなかそういった動きを完璧に予測することは難しいでしょう。

また、在庫不足になることも心配ですよね。
商品が足りなくならないように在庫を多めに用意していると、いつの間にか大量の在庫を抱えていたという場合もあるでしょう。

また、在庫管理のミスが発生する可能性も高いです。
店舗や会社を運営するためには、在庫管理以外にもたくさんの仕事をこなしていく必要がありますよね。
そのため、在庫管理を行う中で人によるミスが起こる場合があるでしょう。
データ上で在庫を管理している場合、実際の在庫量とデータとのズレにより在庫が増えてしまう場合もあります。

適正な量の在庫を維持するためには、環境を整えることが大切です。
ミスが起こらないようにするために、マニュアルや管理ルールを徹底する方法も有効でしょう。
しかし、扱っている商品や在庫の種類によってはそれでも管理が難しい場合があります。
このような場合は早い段階で在庫処理を行うことが重要です。

在庫処理の方法を紹介!

在庫処理の方法としては、まず期間を決めた上で売り切るようにすることが大切でしょう。
不良在庫と呼ばれる商品も値段を見直したり、理由を明記した上で売り切れるように工夫しましょう。

しかし、ブランドや店舗のイメージを損なう形でのセールは長期的な目線でデメリットがあります。
こういった場合は、在庫買取を依頼するのがおすすめです。
在庫買取業者は独自の販売ルートやノウハウを持っているため、店に残っている在庫をうまく現金化できるでしょう。

セールや在庫買取をしてもまだ在庫が残ってしまった場合のみ、廃棄をするのが良いです。
買取拒否に合うような在庫に関して、破棄をためらっていると、在庫管理の費用だけがかかり続ける結果になりますよね。
そのため、ここまでしても現金化が叶わなかったものに関しては、早めに廃棄を行うことで余計なコストをかけずに済みますよ。

まとめ

今回は、在庫の考え方や在庫処理の方法について紹介しました。
在庫を多く抱えてしまった際には在庫買取がおすすめです。
在庫の処分にぜひ活用してください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫の原因が分からない!買取の専門家にお任せください!

「在庫が多くて困っている。」
「不良在庫の問題を解決したい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
本記事では在庫を抱えてしまう原因と在庫買取について紹介します。

在庫が増える原因とは?

在庫が増える原因には、「滞留在庫」と呼ばれる在庫があります。

滞留在庫とは商品の品質に関わらず、売れる見込みのない、需要のない商品を指します。
倉庫にあっても今後売れる見込みのあるものは余剰在庫と呼ばれますが、値下げやセールといったことを行なっても売れない在庫は需要がないとみなされます。

不良在庫とは、売れる見込みがなく経営に悪影響を及ぼす在庫を指します。
不良在庫を含め、滞留在庫は会計処理上損失になりますし、保管や管理のコストもかかります。

こういった滞留在庫が増えるのはどうしてでしょうか。
まず、原因として考えられるのは仕入れすぎている可能性です。

仕入れにおけるヒューマンエラーが原因となる場合もありますが、流行や一時的な需要にのって仕入れた商品が売れず、そのまま滞留在庫として残ってしまう場合が多くあります。

次に、マーケティング活動に問題がある場合もあります。
適切に仕入れた在庫であっても、トレンドにうまく乗ったマーケティング活動ができなかった場合、滞留在庫になるでしょう。
特に、食品や化粧品といった商品として期限が存在するものに関しては、こういった事態を避けるために、特にマーケティング活動に注力する必要があります。

次に、在庫の保管場所が整理されていない場合もあるでしょう。
在庫に需要がないと考えている場合、倉庫などに乱雑に置いて保管している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった場合、簡単にピックアップできませんよね。
売り場から既に売り切れている場合でも、倉庫が整理されていないとせっかくのチャンスを逃す結果になるでしょう。

そういったことが続くと、滞留在庫が増える一方となります。

在庫の処分には在庫買取がおすすめ

滞留在庫について自社でセールで処分するのはデメリットが多くあります。
店舗でもネットショップでも、頻繁にセールを行うとB級品をいつでも買える店だと思われてしまいますよね。
そうすることで、滞留在庫でない商品についても正規の値段では売れなくなってしまうかもしれません。
セール品を全て売り切ることができても、これでは長期的にはデメリットの方が多いでしょう。

また、仕入れているブランドや得意先の意向で販売規制がある場合もあります。
セールを禁止されている場合もあります。

こういった場合には在庫買取を行ってくれる業者を利用することがおすすめです。
キャッシュフローを健全化するためにも在庫買取は有効ですよ。

まとめ

不良在庫や滞留在庫は、できるだけ早めに処分することをおすすめします。
自社でセールができない場合はぜひ当社までご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の処分をお考えの方へ!家具は買取が可能です!

倒産品があるけど、どうやって処分したらいいのだろう。
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
倒産品の家具の買取にはポイントがあります。
本記事では家具の買取について紹介します。

倒産品の家具を売るポイントとは?

この記事を読まれている方の中で、家具を在庫買取に出した経験がある方は少ないと思います。
倒産品に関わらず、家具を高額で売却するためにはいくつか押さえておきたいポイントがあります。

まず、状態をできるだけ良くするようにしましょう。
例えば、外箱が埃をかぶっていたり、汚れていたりする場合は買取依頼前に拭き取ったり掃除をしたりしてください。

次に、付属品をできるだけ揃えることも査定結果を良くするためには有効でしょう。
家具によっては、机の高さを調節する部品や予備のパーツといった細かい付属品が付いている場合があります。
また、保証書や外箱といったものも、揃っていた方が査定の際にプラスでしょう。

次に、人気モデルであれば古い在庫や倒産品でも高額で買い取られる可能性があります。
人気メーカーの商品や、品質の高い製品の場合、多少古い製品やモデルであっても買取額が高い場合があるでしょう。
このように、人気のモデルであれば査定額がアップします。

また、同じ製品が大量にあることでも査定額アップを狙えるでしょう。
例えば、同じ型の椅子がいくつも倉庫で眠っている場合は買い取り価格が上がる場合があります。
また、違う種類の家具であっても一度に大量買取を依頼することで買取額が上がる可能性があるでしょう。

倒産品や在庫はできるだけ一度に大量に売却できるように意識してください。

在庫買取のメリットとは?

倒産品を処分する方法としては、在庫買取がおすすめです。
在庫買取のメリットとしては、短期間で資金を確保できることが挙げられます。

店舗で閉店セールをした場合、セールをする期間が必要であるため、実際に在庫が現金化するためには時間がかかりますよね。
一方で、在庫買取なら短期間でお金を調達できますよ。

また、閉店セールで在庫や倒産品を処分しようとした場合、人気のある在庫だけが売れてしまい、結局、売れ残りが発生する場合もあるでしょう。
結局そういった商品を在庫買取に依頼した場合、セールを行うための時間やコストが追加で発生したことになります。
買取業者に依頼すれば、基本的にはどんな商品でも処分が可能です。
一度に全ての在庫を現金化できることは大きなメリットですね。

まとめ

今回は倒産品の家具を高額買取のコツや、在庫買取を利用するメリットについて紹介しました。
家具の在庫や倒産品でお悩みの方は当社までご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の処分をしたい方へ!ソファの買取を紹介します!

「倒産品を抱えて困っている。」
「ソファの買取ってできるのかな。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
本記事では倒産品や倒産品のソファの買取について紹介します。

倒産品とは?

皆さんは倒産品がどのようなものかご存知ですか。
倒産品とは、倒産した会社が抱える残留物を指します。
具体的な内容としては、売れ残った商品の在庫、事務用品のストックやオフィス家具、店舗用品などが挙げられるでしょう。

倒産すると、様々な手続きや作業をする必要があります。
そのため、こういった倒産品を処分することまで考えるのは難しい現状があります。
しかし、ソファのような大型の家具があるままでは物件を明け渡せませんよね。
そのため、倒産品を急いで処分する必要もあります。
量が多かったり大型のものがあったりする場合には、非常に困ってしまうでしょう。

在庫買取のメリットとデメリットを紹介!

こういった倒産品を処分する方法として在庫買取があります。
在庫買取には、廃棄したりオークションで売るよりもメリットが多くあります。

在庫買取のメリットとは?

まず、リスクがないことです。
廃棄をする際はその商品を売った訳ではないため費用が必要ですよね。
しかし、在庫買取であればあくまで商品を現金化しているため、費用がかかりません。
たとえ買取価格が低かったとしても、廃棄よりマイナスが大きくなることはないでしょう。

当社では中古品でも一定の物量がある場合は買取を行なっております。
ソファやオフィスデスクといったオフィス用品についてもぜひご相談ください。

次に、ブランドイメージを傷つけないこともメリットとして挙げられます。
当社でも、お客様と相談した上で海外への販売ルートも提案させていただきます。
セールにできない商品も、在庫買取なら現金化が可能です。

在庫買取のデメリットとは?

在庫買取のデメリットとしては、思った値段で買い取ってもらえない可能性があるでしょう。
あくまで在庫処分ですので、在庫商品の仕入れから計算すると赤字になる場合もあります。

しかし、在庫処分をする際や倒産品を処分する場合においては、こういったロスも総合的にプラスに働くでしょう。
倒産商品を早めに現金化することで動きやすくなったり、他のことに集中できたりといったメリットの方が大きいです。

まとめ

ソファをはじめとした家具の倒産商品は大型で場所を取るため、早く手放したいと考える方も多いでしょう。
こういったものは買取に出すことで素早く現金化できますよ。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の処分でお困りの方へ電動工具の買取について紹介

倒産品の処分でお困りの方はいらっしゃいませんか。
電動工具の在庫が残っている方は廃棄するのももったいないですよね。
今回は電気工具の買取について紹介します。

電気工具を買取依頼する際のコツを紹介!

電気工具をできるだけ高く売却するためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。
まず、状態が綺麗であることが挙げられるでしょう。
古い在庫である場合も埃や汚れを掃除して見た目を綺麗にしておくだけでも、買い取り価格を上げられます。
しかし、電気工具の場合、拭き掃除をする成分によっては塗装が剥げたり劣化したりする原因になるため、製品を掃除する際は注意しましょう。

次に、付属品をなるべく揃えることが挙げられます。
電気工具には、ケーブルや説明書、保証証や外箱といった様々な付属品がありますよね。
こういったアイテムが一式揃っていると査定額を上げられるでしょう。

実は付属品があまりにも欠けている場合、査定額が下がるケースもあるのです。
付属品といっても商品の一部ですので、しっかりと探しておくことをおすすめします。

最後に、比較的新しいモデルを売却することも有効です。
基本的に在庫に関わらず、商品は作られてから時間が経てば経つほど価値が下がっていきます。
新しいモデルが販売されるだけで、商品の価値は大幅に下がることもよくあります。

そのため、在庫を抱えてしまった場合も、商品ができるだけ新しいタイミングで売却するのが大切だと言えるでしょう。
在庫として何年も放置するより、できるだけ早く売却したほうが良いです。

当社の在庫買取の特徴を紹介!

当社では在庫や倒産品の電気工具も買取対応させていただいております。
また、新品だけでなく中古のものに関しても、一定の量がある場合には買取させていただいております。

また、ブランドのイメージや店舗のイメージを守る対策も万全です。
ブランドの戦略や価格において、在庫が日本国内で再流通するのは困るといった方もいらっしゃると思います。
当社では、在庫を買取らせていただく際に打ち合わせが可能です。
再販売ルートに関してはもちろん、再販する際の情報開示についてもお客様と一緒に決めていけるため、安心ですよ。

日本国内で安価に販売させたくない在庫をお持ちの方にも、対応させていただきます。
また電気工具以外にも様々な在庫の買取を承っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

まとめ

今回は倒産品になってしまった電気工具の買取について紹介しました。
当社ならブランドイメージを守りながらの買取にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。