在庫買取の方法について知りたい方へ!在庫買取の方法を解説します!

「できるだけ費用をかけずに、在庫を処分したい!」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
経営が悪化したり、閉店したしたりする際には、余っている在庫の処分に困りますよね。
そこで今回は、在庫買取の方法について解説します。

□在庫買取の方法とは?

皆さんの中にも、在庫処分の方法として、「閉店セール」や「在庫の廃棄」を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「閉店セール」を利用して在庫処分する場合は、どうしても売れ残りの心配があります。
また、「在庫廃棄」の場合は、大量に残った在庫を廃棄業者に依頼するとかなりのお金がかかってしまうことも少なくありません。

やはり、ベストな方法としては「在庫買取」が挙げられるでしょう。

在庫買取では、在庫廃棄のように多額のお金を支払うこともなく、反対に買取価格として在庫が現金化される可能性もあります。
閉店セールと在庫買取を利用し、売れ残った在庫を買取に出すことで、費用を最小限に抑えることができるのでおすすめな方法です。

しかし、閉店時には、人件費や諸費用が必要になることもあるので、すぐに現金が必要な場合は、できるだけ早く買取に出すと良いでしょう。

□在庫買取を依頼するタイミングとは?

やはり、在庫を抱えても、できるだけセールで全てを売り切りたいという思いがあるでしょう。
しかし、余剰在庫を抱えることは、大きなデメリットとなってしまいます。
特に、余剰在庫の大きなデメリットとなるのは「コストの増加」です。
商品を保管したり、管理したりなどにかかる人件費や管理費用は、在庫の量が多いほど費用も増えます。

また、長期間売れずに、在庫として残っているものは品質が悪化し、商品としての価値も下がってしまうでしょう。
これらのことから在庫買取を依頼するタイミングは、「処分したいと考えたとき」です。
例えば、「セールでも売れない」や「余剰在庫が負担になっている」と感じたときは、すぐに在庫買取の決断をしなければなりません。

決断するまでに時間がかかってしまうと、その分コスト負担が増えてしまうからです。

 

 

□まとめ

できるだけ費用をかけずに在庫処分をしたい方は、「在庫買取」をおすすめします。
セールで在庫を売り切るという方法も選択肢の一つですが、在庫を抱えるリスクを考慮して、最善の策を決断するようにしましょう。
ぜひ、今回の記事を参考に在庫処分の方法を検討してみては、いかがでしょうか。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫でお悩みの方へ!棚卸資産とは何かについて解説します!

在庫でお悩みの際に棚卸資産について考えたことはありますか。
棚卸資産について理解することで会社にとって様々なメリットを与えます。
そのため、棚卸資産とは何か、棚卸資産を評価する際に押さえるべき要点を理解することが必要でしょう。
そこで今回は、棚卸資産とは何か、評価する際の押さえるべき要点について解説します。

□そもそも棚卸資産とは

そもそも棚卸資産と聞いてすぐに思い浮かぶ方はいらっしゃるでしょうか。
棚卸資産とは主に会社が所有する在庫を示します。
そのため、会社が所有している商品や原材料、仕掛け品の全てが棚卸資産として扱われます。

また、棚卸資産とは在庫と同じであるため、多く抱えることで会社の経営に大きな影響を与えます。
在庫は売れることで初めて目に見える現金へと変わります。
そのため、在庫が売れなければ現金へとは変わらず、会社の負債として扱われ経営に大きな影響を与えるでしょう。

したがって、会社の経営に悪影響を及ぼさないようできる限り抱える在庫を減らすことが必要です。
抱える在庫を減らし棚卸資産を減らすことで会社にプラスの効果をもたらすでしょう。

□評価する際の要点

会社が保有する棚卸資産は支払う税金とも関係性があるため、厳密に計上しなければいけません。
棚卸資産は会社に合わせた計上をする必要があるため、評価方法はいくつか存在します。
そのため、それぞれの会社に合わせた評価方法を用いることで、無駄なく資産評価ができるしょう。
また、評価する際の要点は、書類上ではなく実際に在庫が存在しているか、在庫を販売する際の販売価格が下落していないかです。

書類上ではなく、実際に在庫が存在しているかを確認することで実在庫を確認できます。
実在庫が書類上の在庫と合わない場合は棚卸減耗損として扱われます。
そのため、差異が生じることで計上数がずれ、会社の損出として扱われるでしょう。

また、在庫を販売する際の販売価格が下落することで、会社の含み損として扱われます。
会社の含み損は損益計算書に反映させることが必要です。
そのため、販売価格が減少し含み損がある場合は、棚卸資産を評価し、損益計算書に反映させることが必要でしょう。

□まとめ

今回は棚卸資産とは何か、評価するために押さえるべき要点について解説しました。
棚卸資産や評価時の要点についてお分かり頂けたでしょうか。
棚卸を厳密に行うことで会社に大きなメリットを得られるでしょう。
また、当社は不要在庫のお取り扱いをしているため、在庫に関するお悩みがありましたらご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

倒産した時の在庫を買取処分するメリットとは?業者が解説します!

会社が倒産してしまった際に、所持していた在庫の買取を依頼できることを知っていますか。
倒産品は売却する正当な理由があれば、買取の依頼が可能です。
そのため、所持していた在庫の買取が可能であれば、在庫を現金化できるためお得ですよね。
そこで今回は、倒産時の在庫を買取処分するメリットについて解説します。

□在庫の買取をしてもらうために

倒産時の在庫を買取してもらうためには、買取依頼の理由が正当であることが必要です。
破産手続きにかかる費用や弁護士に払う費用を払うために買取の依頼をする際は正当な理由であると判断されるでしょう。
そのため、買取依頼をする際は正当な理由での買取依頼であるか確認が必要です。

また、正当な理由なく売却をした場合、法律に違反します。
そのため、倒産時の在庫の処分を検討の際は、弁護士等の正当な理由での買取依頼に該当するか確認してもらうことが必要でしょう。

□買取のメリット

*在庫を現金化できる

倒産時の在庫を買取処分する際に1番大きなメリットは、在庫を現金化できることでしょう。
倒産時の在庫を廃棄する場合は基本的に廃棄費用が必要です。
しかし、在庫を廃棄ではなく、買取してもらうことで廃棄にかかる費用を軽減できます。
そのため、倒産時に在庫の処分を検討の際は廃棄ではなく、買取の依頼をするとよいでしょう。

また、買取依頼をする際は自分でセール品として販売する場合よりも短期間で販売しやすいです。
買取はセール品として売却する際とは違い、依頼をすれば業者が見積もりを出し、買取してくれます。
そのため、在庫を現金化するまでの期間が短いこともメリットのひとつでしょう。

*買取の幅が広い

倒産時の在庫はオフィス家具や事務用品、店舗用品と幅広く存在しますよね。
倒産時の在庫の買取ではこれらすべての商品が買取対象として扱われます。
そのため、基本的には再販売が可能だと判断された商品はジャンルを問わず買取してもらえるでしょう。

また、倒産時の在庫にはプリンター等の事務用品が多いですよね。
プリンター等の事務用品はリサイクル価値が高いものが多いです。
買取の際に高値が付く可能性が高いため、在庫処分の際には買取を依頼するとよいでしょう。

 

 

□まとめ

今回は、倒産時の在庫を買取処分するメリットについて解説しました。
費用を抑えるためにも、倒産時の在庫処分は廃棄ではなく買取依頼を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では不要在庫の処分についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫が経営に与える影響とは?在庫のデメリットについて解説します!

在庫を抱えることで会社の経営にどのような影響を及ぼすか、ご存じでしょうか。
在庫を抱えることで得られるメリットだけではなく、デメリットも多く存在します。
そのため、在庫が及ぼす影響をしっかりと考えることが必要でしょう。
そこで今回は、抱えている在庫が経営に与える影響やデメリットについて解説します。

□在庫が経営に与える影響

在庫を抱えることはメリットだけでなく、デメリットも多く存在します。
メリットがある反面、在庫商品の劣化や価値の低下、在庫の保管にかかる費用や人件費等がかかります。
そのため、在庫を不用意に抱えることで会社の資産や経営に影響を及ぼすことがあるため、必要以上の在庫は抱えないようにすることが必要です。

□在庫を抱えるデメリット

*在庫管理のコストがかかる

在庫を抱えることが及ぼす影響として大きなことは管理コストが多く必要なことでしょう。
在庫を抱えることはいつでも商品を提供できる環境をつくるために必要不可欠だと考える方が多いですよね。
しかし、在庫は抱えるだけであっても多くの費用を必要とします。
倉庫の維持費や賃料、在庫にかける保険に対する費用がかかります。
そのため、不用意に在庫を抱えるのではなく、不要な在庫は処分する等の見直しが重要でしょう。

また、在庫管理には人件費等もかかるため管理システム等を導入することもおすすめです。
管理システムの導入には多くの費用が必要です。
しかし、管理システムの導入により、不要な在庫の発見や棚卸の手間の発見に繋がるでしょう。
そのため、在庫管理の手間や管理費を省きたい方には管理システムの導入がおすすめです。

*資金巡りの悪化

在庫を抱えることで費用がかさむだけではなく会社の資金繰り等、金の循環にも多くの影響を及ぼします。
在庫自体は商品でもありながら、会社のお金として重要な資源です。
そのため、在庫が会社にある場合、お金を滞留していること同じになります。

また、在庫を保持していることでいつかは売れると思うことも多いでしょう。
しかし、在庫を保管している間は、価値の低下や劣化等の影響も及ぼします。
そのため、不用意に在庫を抱えることで会社内のお金の循環にも影響を及ぼすでしょう。

□まとめ

今回は在庫が経営に与える影響や在庫を抱えることのデメリットについて解説しました。
在庫は抱えることで会社に様々な影響を及ぼします。
そのため、自身が抱える在庫は必要か、不要な在庫であるのか見極めることが必要でしょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

棚卸資産の評価方法を学ぼう!最終仕入原価法について解説します!

皆さんは棚卸時の在庫の評価はどの方法を用いていますか。
評価方法の中でも、最終仕入れ原価法は多く会社が用いる資産の評価方法です。
そこで今回は、一般的によく用いられる最終仕入れ原価法について解説します。

□最終仕入れ原価法とは

最終仕入れ原価法とは棚卸資産を評価する際に用いる評価方法のひとつです。
棚卸資産は会社が抱える在庫を示します。
また、棚卸資産は会社が税務署に提出する確定申告に大きく関わっています。
そのため、会社は節税をするためにも、自社に合った評価方法を用いて確定申告することが必要でしょう。

また、最終仕入れ原価法は資産を評価する際の原価法に含まれます。
そのため、評価を行う際は資産の原価をベースに考えます。

実際に在庫を評価する際は最後に仕入れた商品の単価を用いて評価を行います。
最後に仕入れた商品の単価だけを用いるため、計算が容易なことが特徴でしょう。
しかし、最後に仕入れた商品の単価を用いるため、在庫の価格変動が大きい場合は実際の取引金額との差異も大きくなるため、注意が必要です。

□用いるメリット

*実際の取引金額と近い

先ほども述べたように、最終仕入れ原価法は最後に仕入れた商品の単価を用いて評価を行います。
そのため、会社の決済日に最も近い仕入れ値で評価でき、実際の取引金額に近い値で資産を評価できることがメリットでしょう。
しかし、在庫の価格変動が大きい場合は注意が必要です。
在庫の価格変動が起きた場合、実際の取引価格との誤差も大きくなり、期末まで評価ができません。
そのため、在庫の価格変動が起こりやすい場合は、支払う税金が増えるため注意しましょう。

*評価方法が明確

最後に仕入れた商品の単価を用いて評価を行います。
そのため、評価を行う際に最後に仕入れた商品の仕入れ単価しか用いません。
したがって、評価方法が分かりやすいことがメリットでしょう。

また、評価方法が明確であるため、資産評価時の手間が減ります。
そのため、評価時の手間を省けることもメリットのひとつでしょう。

*届け出が必要ない

最終仕入れ原価法を使用して評価を行う際は税務署への届け出は必要ありません。
届け出が必要ないため、多くの会社が利用しています。
そのため、どの会社にも適応しやすく、一般的な方法として利用されています。

 

□まとめ

今回は最終仕入れ原価法について解説しました。
最終仕入れ原価法は棚卸資産の評価方法として用いることが多く、一般的な評価方法であるため、用いてみてはいかがでしょうか。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫にも税金ってかかるの?在庫にかかる税金について解説します!

皆さんは、会社の商品の在庫にも税金がかかることご存じでしょうか。
在庫には税金だけではなく、管理費等の費用が多く必要であるため、在庫を抱えることは会社の利益にも影響を及ぼします。
そのため、会社の在庫にかかる税金や費用を見直すことが必要でしょう。
そこで今回は、在庫にかかる税金について解説します。

□在庫が増えることで税金が増える

在庫を保持しているだけでは税金は増えません。
しかし、前年度の在庫数よりも今年度の在庫数が増えた場合は法人税がかかります。
基本的には在庫は現金化される資産として、現金としても扱いが必要です。
そのため、不用意に在庫を抱えることで課税対象として扱われるでしょう。

また、課税対象となる在庫の評価方法は2つ存在します。
それぞれの方法によって評価方法や評価対象が違うため、方法によって支払う税金が変わります。
そのため、自社にとって最善の方法を用いることで支払う税金の削減にも繋がるでしょう。

これらの評価方法を用いて評価する際に注意が必要なことも存在します。
一度評価方法を決めてしまうと、しばらく評価方法を変更できません。
その他にも、評価方法を選択し、税務署に届ける必要もあります。
税務署に届け出を出していない場合は原価法の中でも最終原価法を用いて評価されることが決められています。
そのため、評価方法は忘れず税務署に提出しましょう。

上記の通り、在庫に対する評価方法によって課税額は変わります。
しかし、課税額を減らすことに最も効果的な方法は保持している在庫を減らすことでしょう。
在庫は維持するだけでも多くの費用を必要とします。
そのため、保持する在庫を減らすことで必要な資金や税金も削減できるため、積極的に在庫を減らしましょう。

 

 

 

□利益と税金の関係

在庫は保持するだけで多くの費用や税金がかかることを説明しました。
しかし、在庫は多くの費用を必要とするだけではなく、会社の利益にも多く関わっています。
基本的には売れない商品を在庫として抱えます。
在庫を抱えることで販売されないため、会社の利益として貢献できません。
在庫は会社の利益に貢献せず、税金も多く必要になり、会社に得た利益の減少に直結するため注意しましょう。

 

 

□まとめ

今回は、在庫にかかる税金について解説しました。
在庫を抱えることで会社の利益に大きな影響を及ぼします。
そのため、会社に利益を確保するためにも、在庫にかかる税金の見直しが必要です。
この記事を参考に、在庫にかかっている税金を見直してみてはいかかでしょうか。
在庫に関するお悩みがありましたら、ぜひ当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫を削減したい方必見!削減するメリットについて解説します!

在庫を処分するかお悩みの方は在庫を削減するメリットについてご存じでしょうか。
在庫は処分することによるメリットは多く存在します。
しかし、在庫を削減するメリットについて知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫を削減するメリットについて解説します。

□在庫を削減するメリット

*お金の巡りが良くなる

在庫の数を減らすことの1番のメリットは会社が所有するお金の巡りが良くなることでしょう。
抱える在庫の数を減らすことで在庫を保管するためにかかる費用や税金等を減らせます。
在庫を保管するために支払っていた費用を減らせることで設備投資や業務状態の改善にお金を回せます。
そのため、会社が所有するお金の巡りが良くなるでしょう。

また、在庫を減らすためには無駄な在庫の仕入れを減らさなければいけません。
無駄な在庫の仕入れを減らすこともお金の巡りを良くするために必要不可欠です。
そのため、在庫を削減することは会社が所有するお金の巡りを良くするために非常に重要でしょう。

*生産性が高まる

在庫を削減することはお金の巡りを良くすること以外に生産性を向上させるためにも必要です。
在庫の維持には管理費用だけではなく、人件費や多くの時間を必要とします。
そのため、在庫を削減することは無駄な時間を削減することに繋がるため、生産性が向上するでしょう。

また、在庫を削減し、無駄な時間を減らすことで在庫出荷にかかる時間も削減できます。
出荷にかかる時間を減らすことは会社にも多くの利益をもたらします。
そのため、在庫を減らすことで会社は大きなメリットを得られるでしょう。

*税金の負担を減らせる

在庫と税金は密接な関係を持っています。
在庫が増えることで会社が支払う税金も増えます。
そのため、在庫を削減することで支払う税金も減らせるでしょう。

一般的に税金は利益に税率を掛けたものに対して税金が掛かるため、在庫が多ければ多いほど税金は増えます。
また、在庫自体は売れていないため、会社の資産としても扱えません。
そのため、売れ残った在庫は管理費がかかるだけではなく、税金も余分にかかるためできる限り在庫は減らすとよいでしょう。

 

□まとめ

今回は在庫を削減するメリットについて解説しました。
在庫を処分することで節税だけではなく、様々なメリットがあります。
そのため、在庫を多く抱えている場合は、在庫の削減を検討してみてはいかがでしょうか。
在庫処分についてなにかご相談がありましたら、ぜひ当社までお問い合わせ下さい。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

棚卸資産の評価方法について知りたい!種類ごとに解説します!

皆さんは在庫管理をする際の棚卸資産の評価方法について詳しく知っていますか。
棚卸資産を評価する際の方法はいくつかの種類があります。
評価方法によって、支払う税金が変わります。
そこで今回は、棚卸資産の評価方法を種類ごとに解説します。

□そもそも棚卸資産とは

そもそも棚卸資産と聞いても何を示しているか、分からない方も多いのではないでしょうか。
棚卸資産とは一般的には、会社が所有する資産となる在庫を示します。
資産となる在庫は自社の商品や商品を作る過程で必要な材料等です。
そのため、会社が抱える在庫に関わる全ての資産を棚卸資産として扱うことが必要でしょう。

また、棚卸資産は計上される金額を全て計算し確定申告をする必要があります。
確定申告をする際は国が指定している評価方法を用いることが必要です。
国が指定している評価方法は大きく分けて原価法と低価法の2つです。
この2つの方法は会社に合わせて選択ができるため、自社にとってメリットが多い方法を用いるとよいでしょう。

□棚卸資産の評価方法

*個別法

原価法の中で最も一般的な方法は個別法でしょう。
個別法は在庫を仕入れた際の価格を用いて評価する方法です。
そのため、商品を実際に仕入れた際にかかった金額で在庫管理できることがメリットでしょう。

また、仕入先が明確に分かる場合や商品の取り扱い数量が少ない場合におすすめの評価方法です。

*先入先出法

先入先出法は会社が仕入れた商品は仕入れた順番で販売されると考え評価する方法です。
販売されることを前提として棚卸資産を評価するため、会社の売り上げ予算と一致しやすいことがメリットでしょう。

しかし、先入先出法は実際に売れることを想定し評価するため、商品価格の変動によって評価が変動します。
商品価格が下がる際は計上している金額が下がるため、節税に繋がり、商品価格が上がる際は計上している金額が上がるため、税金が増えます。
そのため、商品価格の変動が起こりやすい場合は注意が必要でしょう。

*総平均法

総平均法は会社が抱える商品を種類別に区別し、期末や年度末に平均単価を求め、それぞれの単価ごとに評価する方法です。
また、評価する際の期間は月単位や半年単位など選択肢があります。
そのため、他の評価方法とは違い、計上がしやすいことが特徴でしょう。

□まとめ

今回は棚卸資産の評価方法を種類ごとに解説しました。
棚卸資産を評価する方法によって支払う税金が大きく変わるため、会社の特徴ごとに選択するとよいでしょう。
支払う税金を減らせるよう、会社に合った評価方法を検討してみてはいかがでしょうか。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分の方法について知りたい方へ!在庫処分の方法を解説します!

不要在庫を抱えてしまった場合、どのように処分すべきか知らない方も多いですよね。
不要在庫を処分する方法は大きく分けて3つです。
それぞれの方法によって特徴や処分時の注意点が異なります。
そこで今回は、不要在庫の処分方法について解説します。

□在庫処分の方法

*業者に依頼する

在庫処分を考える際にまず思いつくことは業者に買取の依頼をして処分することではないでしょうか。
在庫処分の際に廃棄をすると高額の廃棄費用が必要です。
しかし、買取業者に依頼をした際は廃棄に費用がかからず、買取料金をもらえるため、おすすめです。

また、業者に不要在庫の買取を依頼する際は業者選びに気を付けましょう。
業者によっては相場より低い金額での買取や見積もりとは違う金額での買取をする場合があるため注意が必要です。
そのため、実際に業者に依頼する際は見積もり書やサービス内容の確認を怠らないようにしましょう。

その他にも、見積もりを依頼する際は複数の業者に頼むことがおすすめです。
複数の業者に依頼をしてもらうことでより高い金額で買取をしてもらえます。
そのため、買取依頼の際は複数の業者に依頼をしましょう。

*セール品として販売する

在庫処分として一般的な方法はセール品として販売することですよね。
セールの際は在庫処分する商品の値上げを行い、販売を行います。
しかし、大幅な値下げを行い販売した場合、大きな赤字が生じる可能性があるため注意しましょう。
そのため、値下げを行う際はどの程度の値下げであれば、赤字にならないかを考えることが必要です。

また、セール品として販売する際は値札にどれだけの割引をしたかを記載することがおすすめです。
どの程度値下げをしたか記載することで、購入検討者にお買い得だという印象を与えられため販売しやすいです。
そのため、セール品を販売する際は値下げ幅を考え、値札にはどのくらい値下げをしたのか記載するとよいでしょう。

 

 

*アウトレット品として販売する

在庫処分の際にアウトレット品として販売することも効果的でしょう。
在庫処分をする商品の中で本来の値段で販売できない商品をアウトレット品として販売することで余剰在庫の防止にもなるため、おすすめです。
また、近年ではアウトレット品は消費者に人気があるため、在庫処分の際に利用するとよいでしょう。

□まとめ

今回は不要在庫の処分方法について解説しました。
不要在庫の処分方法はそれぞれの特徴や利用時の注意点があるため、処分時は用途に合わせて上記の方法を利用してみてください。
また、不要在庫の処分でのお悩みやご相談がありましたら、ぜひ当社までお問い合わせ下さい。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品」ページをご確認ください。

 

在庫が多すぎるデメリットとは?詳しく紹介します!

在庫を多く抱えることで多くのデメリットがあることをご存じでしょうか。
在庫には管理費だけではなく、様々な費用がかかっています。
また、費用以外にも在庫過多が及ぼす影響は多いです。
しかし、在庫過多が及ぼす影響の詳細について知らない方も多いですよね。
そこで、今回は在庫過多によるデメリットについて解説します。

 

□在庫過多によるデメリット

*資金めぐりの悪化

在庫を抱えることで費用がかさむだけではなく会社の資金繰り等、金の循環にも多くの影響を及ぼします。
在庫自体は商品でもありながら、会社の資金としても扱われる重要な資源です。
そのため、在庫が会社にあることはお金を滞留していることと同じでしょう。

また、在庫を保持していることで会社の資金が固定化されます。
会社の資金が固定化されることで、会社の新たな事業に対する投資が行えません。
そのため、会社の資金を無駄にしないためには在庫過多にならないような工夫が必要です。

その他にも、在庫を維持するための費用も多く必要です。
保管にかかる費用や保険にかかる費用、固定資産税等の費用が発生します。
そのため、資金めぐりを良くするためにも、在庫数の見直しは必要でしょう。

 

*在庫の劣化

在庫は保管しているだけでも、劣化が起こります。
在庫の劣化により、商品として扱えない在庫が増えます。
そのため、会社のお金を無駄にしないためにも在庫数の見直しをしましょう。

また、在庫の価値や品質の低下により、会社としての損出も多く発生します。
品質や価値の低下により、破棄する必要がある商品が増えます。
そのため、初めに見込んでいた商品の売り上げや利益が得られない場合も多いため、在庫過多には注意しましょう。

*社内改善の鈍化

抱える在庫数が増えることで社内の状況も悪くなりやすいです。
在庫管理には多くの機械を使用しますよね。
使用する機械が増えるほど、機械の故障や不具合が発生します。
そのため、機械の修理等に追われ、業務の改善を進めにくいです。

また、業務の改善が進めにくくなることで、社内改善が鈍化します。
在庫過多による社内の見通しの悪化や管理時に生じる問題の発見に遅れが生じます。
社内改善を鈍化させないためにも、在庫過多には注意が必要でしょう。

その他にも、在庫が増えることで、管理に必要な人手も増えますよね。
人手が増えることで、在庫管理の管理体制が緩くなりやすいです。
そのため、在庫の管理ミスが発生しやすいでしょう。

□まとめ

今回は、在庫を抱えすぎることによるデメリットについて解説しました。
在庫を抱えすぎることで生じるデメリットは会社に対して多くの不都合をもたらします。
そのため、できる限り所持する在庫を減らす工夫が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。