電球の在庫処分をする際のポイントをご紹介します!

在庫の電球が余ってしまい、処分で困っている方はいませんか。
あまり高く売れるイメージがない電球ですが、状態によっては売却可能で、新品未使用なら確実に売れます。
そこで今回は、電球を売るときのポイントを紹介します。

□おすすめのタイミングについて

電球を売る場合は、早めの売却がとても大切です。
その理由を白熱電球とL E D電球に分けて説明します。

白熱電球の場合は買取品目から外す流れができているからです。
白熱電球は2020年を機に多くの企業が生産をやめました。
これは経済産業省が「省エネトップランナー制度」を打ち出したからです。
節電目的で買い替えが行われているため、できるだけ早めに売りましょう。

L E D電球も使わないなら早く売った方が良いです。
最近ではどんどん省エネの電球が発売されています。
そのため、使わない電球を持っていると、型遅れが起きて買取価格が減っていきます。

□高く売る方法について

電球を高く買い取ってもらうためのポイントは、汚れを丁寧に拭くことです。
買取業者はそれぞれ独自の査定方法で買取価格を出しますが、最終的に大事なことは「再販可能か」です。
あまりに頑固な汚れがついていたり、落とせない汚れがあったりする場合は買い取ってもらえないでしょう。

汚れを落とすのが大事とわかっても、掃除方法がわからない方がいるでしょう。
部分ごとに分けて説明します。

電球部分を掃除するときは、ガーゼやクロスなどの柔らかい布で拭きましょう。
油がついている場合は電球をソケットから外し、絞った雑巾で水拭きを行います。
水拭き後は拭いた跡が残らないように柔らかい布で拭きます。

ここで、主電源は必ず切るよう注意しましょう。
主電源を切らずに行うと感電を起こす可能性があり、大変危険です。

次は、ガラス部分の手入れ方法です。
ガラス部分は取り外して丸洗いが可能ならば、洗面器や風呂場での掃除がおすすめです。
水濡れを避ける必要がある素材ならば、乾いた布や薄めた中性洗剤を使用して掃除しましょう。
掃除後は電球部分と同様に乾拭きを行い、よく乾燥させます。

以上のように掃除を行えば、きれいな状態で売りに出せます。
新品に近い状態の方が高価になるため、外箱や保証書、取扱説明書など、本体以外のものも保管している方は一緒に出すと高く買い取ってもらえるでしょう。

□まとめ

今回は、電球の在庫処分について紹介しました。
電球は使わないなら早めに買取業者に売りましょう。
売るときには新品の状態に近づけるよう、きれいにしてから出しましょう。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品として美容室の備品を処分したい!買取がおすすめです

美容室の経営者の方で、倒産品の整理でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
美容室には特殊な設備が多くあるため、設備の整理も大変でしょう。
そのため、美容室の倒産品の整理は買取業者への依頼をおすすめします。

どのようなものを買取、回収してくれるのでしょうか。
紹介いたします。

□美容室にあるもので買取や回収が可能なもの

美容室にはさまざまな設備があります。
特殊な設備が多く、どのように処分すれば良いのか分からないとお困りの方も多いと思います。
買取業者であれば、さまざまなものの買取を行っているため、美容室の設備の買取も可能でしょう。

美容室にある設備といえば、スタイリングチェア、シャンプーチェア、シャンプーボールなどが挙げられます。
もちろん買取業者ではこれらの設備の買取も行っているでしょう。

その他にも、遠赤外線促進器やヘアスチーマーなどの買取も行っている業者が多いです。
もちろん散髪の際に用いるワゴンやドライヤーなども買取を行っています。
これだけ幅広い範囲のものに対応しているのは頼りになりますね。

買取業者は幅広い商品の買取を行っているため、このように美容室にある設備であっても幅広く回収してもらえるでしょう。
美容室にある設備は多くの場合、買取や回収をしてもらえる可能性があります。

□在庫の買取について

倒産品の整理として、設備の買取は買取業者が幅広く対応していると説明いたしました。
しかし、美容室にあるものはこれらの設備だけではありません。
美容室にはシャンプーやオイルケア用品、整髪剤などの在庫が数多くあるのではないでしょうか。
これらの在庫も倒産時には倒産品として処分しなければいけません。

これらの在庫に関しても買取業者が買い取ってくれることが多いです。
特に有名ブランドのものには良い値段が付くことがあるでしょう。
一方、プライベートブランドのものであっても、状態によっては買取を行っている業者も多いです。
諦めて廃棄する前に、まずは見積もりを取ることをおすすめいたします。

在庫の買取は倒産時以外にも頼りになります。
例えば、新製品との入れ替え時や、サンプル品や使用期限が迫っているものなどの、在庫として置いておくのが難しくなった場合にも依頼できるでしょう。

□まとめ

今回は、美容室の倒産品の買取についてお話しいたしました。
買取業者であれば、美容室の特殊な設備まで幅広く対応しています。
お困りの際はぜひご利用を検討してみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

滞留在庫と在庫回転期間について!買取会社が説明します

在庫回転率や在庫回転期間という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか。
これらは経営をしていく上で大切な、在庫に対する考え方です。
有形の商材を用いて商売をしている場合には、経営している限り、在庫というものが付きまといます。
この在庫について正しく理解すれば、良い経営が可能になるでしょう。

□在庫回転率と在庫回転期間について

在庫に関して理解するために、在庫回転率と在庫回転期間について押さえておきましょう。

在庫回転率とは、字の通り在庫が回転する率のことです。
ある期間のうちに、在庫がはける回数を表しています。
この指標を確認すれば、在庫が入れ替わっている回数を確認できるようになるため、商品の売れ行きがチェックできるでしょう。

在庫の入れ替わりが激しいことを在庫回転率が高いと言います。
一方、在庫が長く出て行っていないことを在庫回転率が低いと言います。
在庫回転率が低いまま経営を続けると、滞留在庫がどんどん溜まってしまうでしょう。

在庫回転期間とは、商品が入荷してから売れるまでにかかる期間のことです。
この期間が短ければ短いほど長い間在庫として抱える商品が生まれにくく、長ければ長いほど長期間抱える必要のある在庫が発生しやすくなります。
そのため、在庫回転期間は短くなるようにしましょう。

□滞留在庫の処分方法

在庫のある商売では、滞留在庫で店が溢れてしまうことを避けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
滞留在庫とは売れる見込みのない商品のことを指します。
例として、賞味期限が近い食料品やパッケージに傷が付いているものなどが挙げられるでしょう。
滞留在庫を生まないようにするには、在庫回転率は高く、在庫回転期間は短くなるように在庫の管理をする必要があります。
そのため、在庫回転率や在庫回転期間を把握すれば、滞留在庫は減らせるでしょう。
具体的には、在庫回転率が低く在庫回転期間が長い商品は無闇に入荷しない、入荷してしまった場合には、滞留在庫になる前にセールをする、などの対策があります。

しかし、どうしても滞留在庫は出てしまいます。
出てしまった滞留在庫はどうにかして処分しなくてはいけません。
滞留在庫が増えてきたら、廃棄か買取を検討しましょう。

滞留在庫は店にあるだけで経営を圧迫してしまいます。
買取業者に買取を依頼すれば、少しでも現金化できます。
ぜひ検討してみてください。

□まとめ

在庫管理に大切な指標に、在庫回転率と、在庫回転期間という考え方があります。
これらの指標を駆使して在庫を管理しましょう。
それでも在庫が余ってしまう場合には、買取も検討してみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品は買取とオークションどちらで処分すべき?

倒産品をどこで売ろうかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
経営している会社が倒産したときに、店舗やオフィスにあるものは処分しなければいけません。
それらの処分方法として考えられるのが、オークションやフリマアプリでの出品と、業者による買取です。
どちらを選べばいいのかについて解説いたします。

□オークションやフリマアプリの特徴とは

最近ではネットが普及した影響により、多くの人がオークションやフリマアプリにものを出品して取引をおこなっています。
中には倒産品を出品している方も多くいらっしゃいます。
何故、フリマアプリで倒産品を出品するのでしょうか。

何故なら、フリマアプリを利用すると、手軽に出品できるというメリットがあるからです。
フリマアプリには、手軽で出品できて、高値で買い取ってもらえる可能性があるというメリットがあります。
業者に買取をしてもらう際は、時間を合わせたり査定してもらったりするのに時間がかかるでしょう。
さらに、高値で買い取ってもらえる可能性があるのは嬉しい方が多いのではないでしょうか。

しかし、フリマアプリにはデメリットもあります。
それは取引に手間がかかる点と、売れない可能性があるという点です。
確かに出品は簡単ですが、商品の詳細を求められたり、トラブルがあった場合には自分で対処しなければいけなかったりなど、大きな手間がかかってしまいます。
また、購入希望者が現れなければ買い取ってもらえず、出品の手間だけかかったということになる場合もあるでしょう。

□業者に買い取りを依頼しよう

オークションやフリマアプリでは、専門家ではなく素人が取引を行うため、うまく買取が進むとは限らないというデメリットがありました。
そこでおすすめしたいのが、買い取り業者です。
買い取り業者に買取を依頼すればそれらのデメリットは無くなるでしょう。

買取業者に依頼することで、在庫や倒産品を一気に処分できたり、短期間で現金化できたりというメリットがあります。
また、専門家が取引を行っているため、取引にかかる手間は最低限で済みますし、万が一値段が付かなかったものも処分してくれる業者も多いです。
そのため、手元に商品が残ってしまうのではないかという心配もありません。

□まとめ

オークションやフリマアプリは、日常的な利用には最適ですが、倒産品の処分には向いていないでしょう。
一方、買取には多くのメリットがあります。
倒産品でお困りの方は、買い取り業者を活用しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

滞留在庫を買取に出そう!削減方法も解説

「滞留在庫の処理に困っている」
このような経営者の方はいらっしゃいませんか。
滞留在庫は店舗を経営する上ではあまり好ましいものではありません。
このようなことを聞くと、できるだけ減らしたいですよね。
そこで今回は、滞留在庫の削減方法について紹介いたします。

□滞留在庫を削減する方法

滞留在庫とは、賞味期限の近づいている食品や、損傷により販売が難しくなったものなどの売れない在庫のことを指します。
滞留在庫は店の損失になる在庫であるため、できるだけ減らしたいと考えている方も多いでしょう。
滞留在庫を削減できるように、滞留在庫になる前の対策について説明いたします。

滞留在庫を減らすためには正確な在庫の把握が必要です。
在庫を正確に把握していないことで出てしまっている滞留在庫もあるでしょう。
店舗経営者の方は、在庫は隅から隅まで把握することが大切です。

滞留在庫を削減するためには、滞留在庫になりそうな在庫に対して手を打たなくてはいけません。
滞留在庫を削減する方法としては、値下げが有効です。
滞留在庫になりそうなものの中にも、まだ売れそうだというものは多くあるでしょう。
まだ売れそうな在庫に対して適切な対処をしないまま放置していると、売れたはずの商品が滞留在庫になってしまいます。
滞留在庫になりそうな在庫は、値下げを駆使して売ることをおすすめします。

□滞留在庫で困ったら

仕入れに気をつけたり、値下げを駆使したりしても、在庫がさばききれずに滞留在庫になってしまうというケースもあります。
このような場合は、廃棄するしかないとお考えの方も多いでしょう。
しかし、滞留在庫は廃棄以外にも処理する方法があります。
それは業者に買取を依頼することです。

お店で売れなかった商品が、業者に対してなら売れるということは信じられない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、買取業者の多くは、滞留在庫を積極的に買い取っています。
もちろん多くの場合には価格に期待はできないでしょう。
しかし、廃棄するにもお金がかかりますし、少しでも収入になれば大きな助けになります。
また、場合によっては高額で買い取ってもらえることもあります。
まずは業者に見積もりを取ってもらいましょう。

□まとめ

今回は、滞留在庫の削減方法について説明いたしました。
滞留在庫は、売れない商品だと思った時点での対処が大切です。
どうしても滞留在庫になってしまった場合には、ぜひ買取をご利用ください。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品としてパソコンを処分したい!買取がおすすめです

倒産品としてパソコンの買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
会社が倒産してしまったときに、倒産品の買取をしてもらうことを考えている方は多いでしょう。
しかし、パソコンは買取や廃棄の際に注意が必要です。
そこで今回は、倒産時にパソコンを処理する際の注意点について解説いたします。

□パソコンを処分する際に気をつけなければいけない点

今ではパソコンは会社を経営する上で必ず必要なものです。
どこの会社でも、パソコンには重要な情報が記録されています。
そのため、パソコンを処分する際には、情報管理を徹底しなければいけません。

パソコンから重要な情報が漏れてしまった場合、自分だけでなく関わりのあった人たちの迷惑にもなってしまいます。
このようなことになると、最悪の場合、裁判沙汰になる可能性があります。
そのため、パソコンのデータは必ず初期化してから買取に出すようにしましょう。
パソコンのデータは削除したつもりでも完全にデータが消去されていないという場合もあるため、何度も確認することをおすすめします。

□信頼できる買取業者の選び方

重要なデータが入っていたパソコンであるからこそ、買取を依頼する際には信頼できる業者に頼まなければいけません。
信頼できない業者の場合、データを消せていなかった際にトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
そのため、できるだけ信頼できる業者に依頼して、安心して買取をしてもらいましょう。

信頼できる業者を見極めるポイントがいくつかあります。
以下で見ていきましょう。

1つ目は、買取実績が豊富かどうかです。
買取実績が多ければ、多くの取引先との関係があり、信頼されているという証拠になります。
サイトなどで買取実績を確認しておきましょう。

2つ目は、問い合わせや見積もりの対応が早いかどうかです。
対応が遅い業者は現金化までにも時間がかかったり、トラブルの元になってしまったりする可能性があります。
これらと同時にスタッフの対応の良さも見ておきましょう。
対応が悪い業者もトラブルの原因になるため、確認しておくことをおすすめします。

また、買取ならではの業者の見極め方として、販売ルートや機密保持などのコンプライアンス面がしっかりしているかどうかを必ず確認しておきましょう。
何故なら、買取られたパソコンがどこで流通するのか、機密保持は守られているかなどは、買取業者選びで1番重要とも言えるからです。

□まとめ

今回は、パソコンの買取について解説いたしました。
パソコンは信頼できる業者に買取を依頼しましょう。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

滞留在庫の管理は大変?買取会社が解説します

「在庫処分に買取業者を利用したいけれど、利用をためらっている」
このような方はいらっしゃいませんか。
大幅に余ってしまった商品や、賞味期限、使用期限が近い商品は、どうにか処分しなければいけません。
それらの処分方法として、買取をおすすめいたします。
ぜひご覧ください。

□買取業者での在庫処分で注意すべき点

買取業者に在庫処分を選ぶ場合、さまざまな商品に対応してもらえる、一気に処分ができる、手間がかからない、少しでも現金化できるなどのメリットがあります。
これらのメリットは、在庫処分においてかなり嬉しいものです。

しかし、買取業者への依頼にはメリットばかりではありません。
注意しておくべき点があります。
それは、買取は赤字取引になるという点です。

滞留在庫にならずに販売できていた場合と比べて、業者での買取価格は大幅に値段が安くなってしまいます。
そのため、本来入ってきたはずの収入には程遠く、確実に損をしてしまうでしょう。
もし処分のタイミングが早すぎた場合には、その後に発生していたはずの利益が発生しなくなってしまいます。
そのため、在庫処分は確実に利益が出ないことが確定したタイミングで行わなければいけません。

□買取業者を選ぶ際の注意点

買取を検討する際には、買取業者を探すタイミングでも注意が必要になります。
買取を行ってもらうのであれば、できるだけ良い買取業者を選びたいですよね。
取引をしていてトラブルの起きない業者を選ぶためにも、良い業者の選び方を紹介いたします。

まずは、見積書を書類で出してくれるかどうかです。
ビジネスの基本ですが、契約は目に見える形で行わなければいけません。
万が一、口約束のような形に残らない契約をした場合、「言った、言わない」のトラブルが発生する可能性があります。
このような事態にならないためにも、見積書は必ず出してもらいましょう。

また、対応が丁寧かどうかという点も重要です。
例えば、電話をかけてもなかなか電話に出なかったり、折り返しの電話がかかってこなかったりなど、不親切な対応をされた場合には、良い業者かどうかを疑うべきでしょう。
対応の悪さは、取引の質に必ず関係します。
円滑な取引を行うためにも、対応が丁寧な業者を選ぶことが大切です。

□まとめ

今回は買取業者に処分を依頼することと業者を選ぶ際の注意点についてお話しいたしました。
デメリットを把握した上で、良い業者との取引を心がけて、在庫を処分しましょう。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分は買取でしよう!注意点について解説します!

「在庫処分に買取業者を利用したいけれど、利用をためらっている」
このような方はいらっしゃいませんか。
大幅に余ってしまった商品や、賞味期限、使用期限が近い商品は、どうにか処分しなければいけません。

それらの処分方法として、買取をおすすめいたします。
ぜひご覧ください。

□買取業者での在庫処分で注意すべき点

買取業者に在庫処分を選ぶ場合、さまざまな商品に対応してもらえる、一気に処分ができる、手間がかからない、少しでも現金化できるなどのメリットがあります。
これらのメリットは、在庫処分においてかなり嬉しいメリットです。

しかし、買取業者への依頼にはメリットばかりではありません。
注意しておくべき点があります。
それは、買取は赤字取引になるという点です。

滞留在庫にならずに販売できていた場合と比べて、業者での買取価格は大幅に値段が安くなってしまいます。
そのため、本来入ってきたはずの収入には程遠く、確実に損をしてしまうでしょう。
もし処分のタイミングが早すぎた場合には、その後に発生していたはずの利益が発生しなくなってしまいます。
そのため、在庫処分は確実に利益が出ないことが確定したタイミングで行わなければいけません。

□買取業者を選ぶ際の注意点

買取を検討する際には、買取業者を探すタイミングでも注意が必要になります。
買取を行ってもらうのであれば、できるだけ良い買取業者を選びたいですよね。
取引をしていてトラブルの起きない業者を選ぶためにも、良い業者の選び方を紹介いたします。

まずは、見積書を書類で出してくれるかどうかです。
ビジネスの基本ですが、契約は目に見える形で行わなければいけません。
万が一、口約束のような形に残らない契約をした場合、「言った、言わない」のトラブルが発生する可能性があります。
このような事態にならないためにも、見積書は必ず出してもらいましょう。

また、対応が丁寧かどうかという点も重要です。
例えば、電話をかけてもなかなか電話に出なかったり、折り返しの電話がかかってこなかったりなど、不親切な対応をされた場合には、良い業者かどうかを疑うべきでしょう。
対応の悪さは、取引の質に必ず関係します。
円滑な取引を行うためにも、対応が丁寧な業者を選ぶことが大切です。

□まとめ

今回は買取業者に処分を依頼することと業者を選ぶ際の注意点についてお話しいたしました。
デメリットを把握した上で、良い業者との取引を心がけて、在庫を処分しましょう。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産した飲食店の備品はどうすれば良い?倒産品の買取について紹介

飲食店の経営者の方で、倒産品の買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
倒産品は買取業者に依頼すれば、まとめて買い取りをしてもらえます。
飲食店で使用していた設備は捨ててしまう前に、買い取って再利用してもらうことを検討することをおすすめします。
そこで今回は、飲食店の倒産品の買取について解説します。

□飲食店で買取が期待できるもの

飲食店にはさまざまな設備が整えられています。
それらの設備を全て捨てるとなると、それだけで莫大な費用がかかってしまいます。
しかし、買い取ってもらえる場合、費用がかからない上に収入が得られるため、倒産時の赤字を少しでも補填できます。
どのようなものが買取の対象なのでしょうか。

まずは、店内設備です。
飲食店の店内設備には、冷蔵庫や冷凍庫、食器洗浄機、コンロやフライヤー、レンジ、その他にも製氷機があるお店もあるでしょう。
これらの設備はよほど状態が悪くない限りは買取対象です。
数量や状態によっては高価買取が期待できます。

その他にも、食器類やテーブル、いすなども買取の対象となります。
さらに、飲食店の事務所にはパソコンや複合機、お会計のためのレジなどもあるでしょう。
これらも買取対象なため、一緒に見積もりをしてもらえます。
また、売れ残った在庫なども買い取ってもらえる場合もあるため、問い合わせの際に聞いてみましょう。

□処分のポイント

店舗設備を処分する際には、廃棄か買取という選択肢が頭に浮かぶかと思います。
廃棄にはお金がかかるため、初めから廃棄を選択しないことをおすすめします。

設備の買取を考える際に、頭をよぎるのが利益でしょう。
廃業後の場合でも、設備を売るのであればできるだけ高く売りたいとお考えの方が多いと思います。
確かにフリマアプリに出品したり、見積もりを多く出したりすれば高く売れる可能性があるでしょう。

しかし、フリマアプリには複数出品は手間がかかりすぎるというデメリットがあります。
また、高値をつける買取業者は悪徳業者の可能性があるでしょう。
1番良いことは信頼できる買取業者に買取を依頼することです。

上記で説明したように、買取業者であれば、在庫など思いがけないものを買い取ってもらえる場合もあります。
倒産品の買取は買取業者をおすすめいたします。

□まとめ

今回は飲食店の倒産品の買取についてお話しいたしました。
店内設備には買取可能なものが多くあります。
ぜひ買取を検討してみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品のエアコンは買取で処分すべきな理由について

倒産品を整理中に、備品であるエアコンの処理に困っているという方はいらっしゃいませんか。
倒産や移転の際に、資産であるエアコンは処理する必要があります。
しかし、エアコンの処理はどのようにすればいいのでしょうか。

業務用のエアコンは家庭用のものとは処理方法が異なります。
その違いも含めて解説いたします。

□業務用エアコンは家庭用エアコンと処理方法が異なる

家庭用エアコンを処分する際には、家電リサイクル法に従って、家電量販店などで簡単に処理ができます。
しかし、業務用エアコンは家庭用エアコンとは処分方法が異なります。
どのような点が異なるのでしょうか。

業務用エアコンの処理は、フロン回収・破壊法という法律に従わなければいけません。
業務用エアコンには、フロンという物質が用いられています。
フロンガスは地球に与える影響が強い物質で、廃棄する際には回収が義務付けられています。
まずは手順に従ってこのフロンを回収してもらう必要があるでしょう。

そのため、業務用エアコンは自分では処理ができません。
業務用エアコンは、産業廃棄物取扱業者に処分を依頼しましょう。
産業廃棄物取扱業者の中には、買取を行っている業者もあります。

さらに、買取を行っている業者でも、業務用のエアコンを買取してもらえる可能性もあります。
業者を決める際は一度お問い合せすることをおすすめします。

□業務用エアコンを高く売る方法

業務用エアコンの処理には、廃棄か買取という方法がありますが、買取に出すという選択をした場合にはできるだけ高く売りたいですよね。
そこで、業務用エアコンを高く売るための3つのポイントについて紹介いたします。
以下で見ていきましょう。

ポイント1つ目はエアコンをできるだけきれいにしておくことです。
これは使用中に気をつけることですが、エアコン自体やフィルターのこまめな清掃を行うような基本的なメンテナンスを行っておけばエアコンはきれいに保てます。

2つ目はできるだけ付属品も揃えておくことです。
付属品は足りていない分だけ減額される可能性が高いでしょう。
リモコンや取扱説明書は必ずセットにしておくことをおすすめします。

また、まとめて売ることも高価買取に繋がります。
エアコン以外にも椅子や机などもまとめて売りましょう。
これらのポイントを抑えて買取を検討してください。

□まとめ

業務用エアコンは、簡単には処理できません。
廃棄するとしても業者を呼ばなくてはいけないため、廃棄するメリットは少ないでしょう。
一度買取の依頼を検討してみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。