在庫の定義と商品を仕訳する際のポイントをご説明します!

自社の商品を仕訳することは、在庫管理を行うために必要不可欠です。
そこで今回は、在庫の定義と、商品を仕訳する際に覚えておきたいことについてご紹介します。
不良在庫について情報をお集めの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

在庫の定義とは?

 
会計における在庫とは、棚卸資産のことを指し、次のような資産を言います。
・商品または製品
・仕掛品
・原材料
・消耗品で貯蔵中のもの
 
販売用に保有している商品や自社で作った製品はもちろん、製造するために保有している原材料等も、会計上の棚卸資産に含まれています。
たとえば、建物や自動車を保有している場合、それらの資産は通常、有形固定資産として分類されます。
 
しかし、不動産業や自動車販売業はこれらの資産を販売用として保有しているので棚卸資産として扱います。
また、未使用の消耗品についても、原則棚卸資産として扱います。
 

商品を仕訳する際に覚えておきたいことをご紹介!

 
ここまで、商品在庫の定義をご説明しました。
商品(棚卸資産)を自分たちで仕訳する場合に、ぜひ覚えておいてほしいことがあります。
2つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
1つ目は、会計の原則を覚えておくことです。
お客様に売れた商品の個数が売り上げに直結します。
商品を仕入れて仕訳をしていく際に、仕入れで購入した商品も記入することがあるため、順番をあまり意識しない方も少なくないでしょう。
 
基本的には、商品がお客様に売れた時に売上を計上し、この売上に対する費用の1つとして仕入れを計上します。
 
ただし、実際には先に仕入勘定を処理し、まだ売れていない在庫は、棚卸資産として仕訳をします。
 
2つ目は、棚卸資産の仕訳はこまめに行った方が良いことです。
会社によっては、棚卸資産の仕訳を決算の時だけ行っているところもあるでしょう。
しかし、おすすめとしては棚卸資産の仕訳は毎月行った方が良いです。
これは在庫の正確な数があといくらか把握するために非常に大切です。
 
毎月のように棚卸資産の仕訳をしておけば、決算の時に在庫が合わないという事態にはならず、さらに、今後どのように仕入れをしたら良いのかも考えやすくなります。
 

まとめ

 
本記事では、在庫の定義と、商品を仕訳する際に覚えておきたいことについてご紹介しました。
仕訳の際に覚えておきたいことは、会計の原則を覚えておくことと、棚卸資産の仕訳をこまめに行うことが大切であるということです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼については、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫の固定資産化をお考えの方へ!減価償却をご紹介!

経営者の方が身につけておきたい会計知識の1つに減価償却があります。
そこで今回は、減価償却の意味や減価償却が必要な理由についてご紹介します。
不良在庫について情報をお集めの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

減価償却とは?

 
減価償却は、長い期間にわたって固定資産の購入費用を徐々に減らしていき、費用を計上する会計処理です。
 
一般的に、設備、機械装置、器具・備品といった、時間の経過とともに価値が低くなる資産を減価償却資産と言います。
減価償却資産は、使用可能期間中に分割して、購入費用を計上する必要があります。
一般的に、一度の経費としては計上できません。
 
たとえば、160万円の自動車を経費で購入する場合には、毎年40万円ずつに分割して4年で経費にしていくことになります。
 
減価償却の対象となる資産は、下記の条件を満たす必要があります。
・事業のために使っている
・時間の経過によって劣化する
・使用できる期間が1年以上
・取得価額が10万円以上
 
また、減価償却の仕訳方法には、直接法と間接法があり、計算方法には定額法と定率法の2種類があります。
 

減価償却の注意点

 
減価償却で会計処理をする際の注意点は2つあります。
1つ目は、耐用年数は資産ごとに異なることです。
固定資産ごとの耐用年数を間違わないようしっかり確認してくださいね。
 
2つ目は、中小企業・個人事業主では特例があることです。
青色申告書を提出する中小企業や農業協同組合などを対象に、30万円未満の減価償却資産であれば、合計額300万円を上限に全額損金にできる特例があります。
 
 

減価償却が必要な理由とは?

 
「なぜ、資産を買ってすぐに費用にしてはいけないの?」
このような疑問を抱く方は多いでしょう。
減価償却を行うのには2つの理由があります。
 
1つ目は、固定資産の中には時間の経過に伴って、劣化して価値が減っていく資産があるからです。
2つ目は、費用収益対応の原則に則る必要があるためです。
 
実は、全ての資産が減価償却の対象になるわけでなく、減価償却できる資産とできない資産があります。
基本的に、土地や骨とう品、美術品のような価値が減らない固定資産の場合は、減価償却をしません。
また、費用収益対応の原則という会計の重要な考え方にも則っています。
費用収益対応の原則とは、固定資産を使用した期間に応じて費用にするというものです。
 
以上のことから、減価償却は資産の正しい価値を表し、正確な経営状態を把握するのに役立つ考え方といえます。
 

まとめ

 
本記事では、減価償却の意味や減価償却が必要な理由についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分における勘定科目について解説します!

「会社にある在庫を処分したい」
「在庫処分の仕訳について知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
今回は、勘定科目と在庫処分を行ったときの仕訳についてご紹介します。
会社にある在庫を処分したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

勘定科目について

 
勘定科目とは、取引に関する内容を分かりやすく分類するための簿記の科目のことです。
貸借対照表には、在庫(棚卸資産)という勘定科目はなく、次の5つで表記されます。
 
・商品
商品とは、仕入れて売るための品物です。
仕入れたままの状態で売るため、加工はされていません。
卸売業・小売業で使用されることが多い勘定科目です。
 
・原材料
原材料とは、製造業等で加工前される前の状態のもので、物を作るときの元となります。
 
・仕掛品
仕掛品とは、原材料の加工がまだ途中のものです。
 
・製品
製品とは、原材料を加工して作られた品物で、まだ売れていないものです。
原材料を加工し終えると、仕掛け品から製品になります。
 
・貯蔵品
貯蔵品とは、販売目的ではなく、事業活動内で使用するために購入したけれど、未使用の品物です。
切手・収入印紙などが該当します。
 

在庫処分を行ったときの仕訳について

 
「余った在庫を処分したいが、仕訳はどうなるのかな」
「在庫処分の仕訳をどのようにやったら良いのかわからない」
このようにお考えの方は多いでしょう。
在庫処分を行ったときの仕訳を2つご紹介します。
 

セールで値引き販売を行った場合と業者に在庫の買取を依頼した場合について

 
これらのケースは、通常の販売取引と同じ仕訳です。
借方が現金預金の金額、貸方が売上高の金額です。
さらに、借方には仕入れ額(売上原価)、貸方には棚卸資産の金額を記帳する必要があります。
 

在庫を廃棄処分した場合について

 
在庫を廃棄処分した場合は、仕訳自体はかなりシンプルで、借方が棚卸廃棄損の金額、貸方が棚卸資産の金額として計上します。
在庫を廃棄処分する場合は、その証明書が必要になるので忘れずに用意しておきましょう。
これで処理は終わりです。
 
法人における処理の場合は、棚卸廃棄損の勘定科目は、特別損失の項目に含めるものとなっています。
 

まとめ

 
本記事では、勘定科目と在庫処分を行ったときの仕訳についてご紹介しました。
在庫処分をすることは、仕訳の際に節税に有利に働きます。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
当社は、在庫買取や中古品の取り扱いも行っていています。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫の処理をお考えの方へ!期首棚卸高と期末棚卸高の違いをご説明します!

製造業・卸売業・小売業等で会計などの仕事している際に、期首棚卸高と期末棚卸高を耳にしたり書類で見たりしたことがある方は少なくないでしょう。
これらはどちらも会計用語です。
そこで今回は、期首棚卸高と期末棚卸高をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
 

期首棚卸高とは?

 
期首棚卸高とは、期首の時点で前期から繰り越された資産のうち、在庫として残っている製品・商品などの在庫金額を指します。
簡潔に言うと、前期に棚卸資産として繰り越され、売れなかった商品や製品のことです。
 
仕入れに必要な費用を今期の経費にすべきではない、という費用収益対応に基づいて、売上原価が全てその年度の仕入れに必要な経費となるわけではありません。
前期末からの在庫製品が利益になっていない中で、期末商品棚卸高の分を引いて計算します。
 
期首商品棚卸高・期首製品棚卸高といった区分があります。
企業会計における費用収益対応の原則に基づいて、原価を計上する必要があります。
売上原価については、期首棚卸高に今期の仕入高を加算し、期末棚卸高を引いて算出します。
期首棚卸高の消費税の課税取り扱いは、一般的に対象外となります。
 

期末棚卸高との違いをご紹介!

 
期首棚卸高と似た言葉に、期末棚卸高があります。
期首棚卸高は、期首にあった商品・製品の総額のことですが、期末棚卸高とは、期末にあった商品・製品の総額のことを指します。
 
期首は会計期間の最初で、期末は会計期間の最後のことです。
たとえば、4月1日〜翌年の3月31日までを会計期間とする会社であれば、4月1日が期首、3月31日が期末にあたります。
 
売上総利益は、売上高から売上原価を引くことで計算できますが、その売上原価を出すためには、期首棚卸高と期末棚卸高を知っておく必要があります。
下記の式を用いて売上原価は算出されます。
「売上原価=仕入高+期首棚卸高-期末棚卸高」
 
期首棚卸高は、当期首の商品棚卸高であり、同時に前期の期末商品棚卸高でもあります。
ここから、会計期間中に仕入れや返品などを行うことで、最終的に両者に差額が生じます。
差額がいくら生じているかをしっかり把握し、売上原価を正確に計算するためには、年度末などに棚卸を行うことが重要です。
 

まとめ

 
今回は、期首棚卸高と期末棚卸高についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫を削減すべき理由とその方法についてご説明します!

「商品の在庫を何とかして減らしたい」
商品や部品などを取り扱う製造業・卸売業・小売業等の事業者で、在庫が残って悩まされている方が少なくないでしょう。
在庫が多く残っていると決算時に損失につながる可能性があります。
今回は、在庫を減らすべき理由と減らす方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
 

残った在庫を減らすべき理由とは?

 
残った在庫はなぜ残さない方が良いのでしょうか。
これには大きく3つの理由があります。
 
1つ目は、品質の低下があるためです。
在庫を長期にわたって放置していると、品質が落ちてしまいます。
品質が下がると、商品価値が低くなってしまい、最終的には廃棄するしかありません。
 
廃棄となると、売上や利益が得られないうえに、後処理も面倒になります。
そのため、在庫は少なくするべきなのです。
 
2つ目は、保管場所の維持管理が大変であるためです。
在庫があると、残った在庫分だけ保管する場所を確保する必要があります。
 
在庫の管理や維持にも当然手間やお金がかかります。
特に、在庫を高品質のまま保存するために、保管場所の温度や湿度を調整する必要のある商品などもあり、管理や維持が大きな負担になる可能性もあります。
在庫の管理には、人件費や物の出し入れをする運送費もかかることが予想できます。
 
このように、在庫を減らしていかなければ、管理や維持に余分な労力や費用もがかかってしまいます。
 
3つ目は、キャッシュフローの減少です。
在庫が多ければ、今年度末の資産に加えられ、キャッシュフローが減少してしまいます。
 
キャッシュフローとは、お金の流れで会社の状態を確認できるものです。
キャッシュフローが悪化してしまうと、自由に使えるお金が少なくなります。
最悪の場合、黒字倒産をしてしまう可能性があります。
よって、在庫の増加は会社の経営に大きな影響を与えます。
 
以上の理由より、在庫は減らした方が良いです。
 
そして、在庫削減は特に12月に検討するのがおすすめです。
なぜなら、確定申告を行う必要があるためです。
確定申告では、資産や経費の計上を行います。
したがって、無駄な支出を示さないためには、12月あたりに在庫削減を行うのがおすすめです。
 

在庫を減らす方法をご紹介!

 
在庫を減らす方法は以下の3つがあります。
・セールを開催する
・買い取り業者に依頼する
・廃棄処分する
 
一般的に、セール、買い取り、廃棄処分の順に会社側の負担が大きくなってきますので、まずはセールを開催することかどうか検討することをおすすめします。
 

まとめ

 
本記事では、在庫を減らすべき理由と減らす方法についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

売れ残りの商品は決算セールで在庫を減らしましょう!

「商品の在庫を何とかして減らしたい」
商品や部品などを取り扱う製造業・卸売業・小売業等の事業者で、在庫が多く残って悩まされている方が少なくないでしょう。
そこで今回は、売れ残りの処分方法についてご紹介します。
会社や倉庫にある在庫を処分したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

売れ残りの在庫の処分方法をご紹介!

 
はじめに、売れ残った在庫の処分方法についてご紹介します。
処分方法は大きく分けて3つあります。
 
1つ目は、在庫処分セールです。
残った在庫を売り切るために、定価から割引して商品を販売する方法です。
大幅な利益は狙えませんが、課税リスクや廃棄コストを最小限に抑えられます。
さらに、店舗への来客を促進できるというメリットもあります。
 
処分方法の中でも一番損失が小さい方法になります。
 
2つ目は、在庫の買取です。
セールを開催しても在庫を売り切れない場合におすすめです。
在庫品の買取を専門に行っている業者に依頼することで在庫を減らせます。
店舗への来客は見込めませんが、在庫を処分しつつ利益をあげられます。
 
3つ目は、廃棄処分です。
買取が厳しい場合は、廃棄処分を依頼しましょう。
無料または料金を支払って在庫を処分します。
処分コストと商品価値を天秤にかけて本当に処分するか判断してください。
 

在庫がどのくらい残っているかで税金は変動します!

 
利益に税金がかかることは多くの方がご存知ですが、収入が得られなかった在庫にも税金はかかります。
その理由を知るには、まずは在庫の考え方を知る必要があります。
 
利益は、売上から原価と経費を差し引いて計算されます。
また、売上原価は、期首在庫と当期仕入高の合計から期末在庫を差し引いて計算されます。
つまり、期末在庫が多いほど売上原価は小さくなり、利益は大きくなります。
 
しかし、利益の中に、実際には在庫として残っている分も計上されてしまうため、本当の収益以外の利益も合わせた税金がかかってしまいます。
 
そのリスク回避と税金対策のため、多くの企業で在庫一掃セールや決算値下げセールが定期的に行われます。
特に、中間決算や期末決算の時期である9月や3月末に、多くの企業がセールを開催します。
 

まとめ

 
本記事では、売れ残りの処分方法についてご紹介しました。
在庫一掃セールや決算値下げセールは、節税対策になることが重要です。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

棚卸資産とキャッシュフローについてご説明します!

経営者の方が身につけておきたい会計知識に、棚卸資産とキャッシュフローがあります。
そこで今回は、棚卸資産の定義とキャッシュフローとの関わりについてご紹介します。
不良在庫について情報をお集めの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

棚卸資産の定義について

 
商品を仕入れただけでは、仕入れに使ったお金は費用にはなりません。
仕入れた商品は、売却されたときに初めて、その売れた分の金額が費用になります。
これを売上原価と言います。
売上原価は、売り上げた分の原価のことを指します。
 
では、まだ売れていない在庫や、最後まで売れなかった分についてはどうなるのでしょうか。
売れ残って倉庫に保管されている商品の仕入金額については費用になりません。
これが棚卸資産にあたります。
 
つまり、棚卸資産とは平たく言うと在庫のことです。
棚卸資産は管理がとても大切です。
 
たとえば、商品を大量に仕入れても、それが少ししか売れていないと、費用にあたる売れた分の仕入金額も少しになります。
そのため、会計上は黒字であっても、全体の支払いに多額のお金を使ってしまっていて、お金がないという事態が起こります。
 

棚卸資産とキャッシュフローの関わりについて

 
棚卸資産の管理の際にキャッシュフロー計算書が必要なのは、現金の流れを正確に把握できるというのが理由です。
「黒字倒産」という言葉をご存知でしょうか。
黒字倒産とは、上記でもご説明したように、会計上は黒字であるはずなのに、資金繰りがうまく行かずに経営難に陥ることです。
なぜ黒字倒産が起きてしまうのかというと、1つの大きな理由に手元に現金がないということが挙げられます。
 
取引は現金だけでなく掛取引で行われることもあります。
掛取引の場合は、実際にお金が支払われるまでに時間がかかります。
その間、現金が不足してしまうと、新たな仕入れができず、経営が悪化してしまいます。
 
黒字倒産を防ぐには、手元にある現金の管理が不可欠です。
キャッシュフロー計算書は、在庫をマイナスとして処理し、現金の流れを数値化してくれます。
したがって、キャッシュフロー計算書で現金の流れを把握することが、黒字倒産の発生を防止することにつながります。
 

まとめ

 
本記事では、棚卸資産の定義とキャッシュフローとの関わりについてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫を抱える際は在庫処分で節税対策を行うのがおすすめです!

「抱えている在庫を何とか処分したい」
「在庫処分の適切なタイミングを知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
在庫を抱えることは避けた方が良いです。
今回は、在庫を抱えた際の対処法と、在庫処分の適切なタイミングについてご説明します。
不良在庫について情報をお集めの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

在庫を抱えてしまったら在庫処分で節税対策をしよう!

 
想定していたより売り上げが上がらず、在庫を過剰に抱えることになったら、在庫処分を検討しましょう。
在庫処分をすることで節税につながります。
在庫があると、収益を生まないだけでなく、保管コストなどの経費もかかってきます。
 
決算セールなどで安く売るのも良いですが、それでも売れ残ってしまった場合は、決算前などに思い切って処分してしまいましょう。
在庫処分で節税するためには、早めの取り組みが肝心になります。
 

在庫処分の適切なタイミングはいつ?

 
在庫処分により節税できることは上記でご説明しました。
では、節税を行うのに適切なタイミングはいつなのでしょうか。
結論から申し上げますと、決算前です。
理由は2つあります。
 
1つ目は、在庫処分直後に決算ができるためです。
在庫処分直後が、一番会社の中に無駄なものがない状態となります。
決算を行う際は、できるだけ無駄なものを取り除いた方が良いです。
 
また、売上総利益は決算時に計算するのが一般的です。
そのときの期末在庫によって税金が決まります。
この意味でも、決算期の前に処分を行うのがベストです。
 
2つ目は、業者もサービスに力を入れているためです。
決算前に在庫の処分を行う企業が多いことは、買い取り業者も把握しています。
そのため、多くの業者はこの期間を稼ぎ時と考え、より多くの顧客を得るために様々なサービスを強化します。
したがって、決算前に業者に依頼すると他の期間よりもお得に済む可能性が高いです。
 
もちろん普段から定期的に在庫を処分するのも、非常に効果的で良いです。
これは、会社の倉庫からデッドスペースを減らせるからです。
デッドスペースとは、使われていない空間のことです。
デッドスペースが減るほど、会社の利益につながります。
 

まとめ

 
本記事では、在庫を抱えた際の対処法をご説明しました。
また、在庫処分の適切なタイミングについてもご説明しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫をお抱えのあなたへ!処分方法をご紹介!

商品や部品などを取り扱う製造業・卸売業・小売業等の事業者は、不良在庫の発生を阻止する必要があります。
不良在庫を抱え込んでしまうと、経営が危機にさらされる可能性があります。
そこで今回は、不良在庫の定義と適切な処分方法についてご紹介します。
不良在庫について情報をお集めの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

不良在庫とは?

 
不良在庫とは、売れる見込みがなく、かつ経済的損失になりやすい在庫のことです。
過剰生産や仕入れが主な原因で、売れ残った商品・製品や流行遅れ、型落ち、賞味期限切れの在庫が不良在庫に該当します。
また、不良品や欠陥品も含まれます。
 
不良在庫は、そのまま放置しておくと他の在庫の価値まで引き下げてしまう可能性があります。
特に、在庫の中に腐敗・色落ちした不良在庫が混じっていると、隣にある在庫にまで腐敗が広がったり、色移りしたりしてしまいます。
また、不良在庫を抱えると別途保管スペースが必要となり、それを管理する人件費や光熱費などが必要になります。
 
このように、不良在庫は資金繰りや経営全体に悪影響を与える要因の1つだと言えるでしょう。
 

不良在庫の処分方法をご紹介!

 
つづいて、経営への悪影響を最小限に抑えられる、不良在庫の最適な処分方法を3つご紹介します。
 
1つ目は、不良在庫を廃棄することです。
不良在庫にも管理するための人件費や光熱費がかかります。
このことから、廃棄する以外に方法がない在庫については、速やかに廃棄処分を行うことをおすすめします。
 
2つ目は、専門業者に買取を依頼することです。
「不要な不良在庫でもせっかく仕入れたのだから、お金に変えたい」
このようにお考えの経営者の方は少なくないです。
そこで、検討していただきたいのが買取業者です。
 
買取業者に依頼すると、廃棄するしかないと思っていた品物でも、買取可能な場合が多々あります。
当社も在庫買取に対応しておりますので、処分方法に迷っている人は、お気軽にご相談ください。
 
3つ目は、もったいないマッチングの利用です。
在庫管理110番の「もったいないマッチング」とは、不良在庫を抱えている方に適切な買取業者を紹介するサービスです。
不良在庫の買い取りを専門とする買取業者によっては、取り扱い品目の得意不得意や買取エリアが限定されています。
もったいないマッチングでは、品目や買取エリアを踏まえて最適な買取業者が選定されます。
 

まとめ

 
本記事では、不良在庫の定義と適切な処分方法についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

決算時には在庫を減らすべき理由とその方法を解説します!

製造業・卸売業・小売業等では、適切な在庫の確保が重要になります。
そこで今回は、決算時に在庫を減らした方が良い理由と、在庫を減らす具体的な方法についてご紹介します。
不良在庫について情報をお集めの方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

決算時に在庫を減らした方が良い理由について

 
「在庫は決算時には減らした方が良い」
このように聞いたことがある方は少なくないでしょう。
ではなぜ決算時に在庫を減らした方が良いのでしょうか。
理由を2つご説明します。
 
1つ目は、売上総利益が減り、税金面での負担が軽減されるからです。
基本的に、税金は売上総利益に対して金額変動します。
売上総利益は、売上高から売上原価を引いたものになります。
売上原価とは、商品にかかった仕入れや製造費用のことで、期首在庫の仕入高の合計から期末在庫を引いたものが該当します。
 
売上に関わった分が売上原価に該当するため、売上総利益に在庫分は含まれません。
つまり、決算時期に在庫を減らすことが、売上総利益の減少につながり、結果として税負担の軽減にもつながるわけです。
 
2つ目は、キャッシュフローの悪化を防げるからです。
在庫は、期末に会社の棚卸資産となって、貸借対照表上では資産に計上されます。
しかし、在庫が増加すればキャッシュフローの悪化を招きます。
これは、在庫は売れない限り、現金化されないからです。
 
仕入れた商品が在庫として残り続ければ、在庫が現金の流れを悪くする原因となり得るため、キャッシュフローの安定化には、在庫を減らすことが重要になります。
 

在庫を減らす方法をご紹介!

 
不良在庫削減は、税金面での負担が軽減されることや、キャッシュフロー改善につながることを上記でご説明しました。
そこで続いては、在庫を減らす実際の方法を3つご紹介します。
 
1つ目は、適正在庫をキープすることです。
適正在庫とは、欠品しない最小限の在庫数のことで、適正在庫を維持できれば発注ミスの削減につながります。
自社の適正在庫をしっかり把握し、そのキープに努めましょう。
 
2つ目は、在庫を極力減らすことです。
在庫過多になると管理費用は増大して、不良在庫が発生しやすくなります。
販売での売上アップももちろん大切ですが、売上から費用を差し引いた利益確保を目指すことが、経営の安定化に効果的です。
 
3つ目は、在庫回転率を高めることです。
在庫回転率を高めれば、長期保管による在庫の品質劣化を防げます。
 

まとめ

 
本記事では、決算時に在庫を減らした方が良い理由と、在庫を減らす具体的な方法についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。