棚卸の際に在庫を減らす理由とは?詳しく説明します!

「店舗の在庫を減らすメリットや理由が分からない。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、店舗・企業の在庫を減らす理由について詳しく説明します。
店舗・企業の経営者や管理者の方は、ぜひ今回の説明を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

□在庫を減らす前にするべきこと

在庫を減らすといっても、すべての在庫を減らせばいいというわけではありません。
在庫の処分を開始する前に、まずはどの商品を残してどの商品を処分するのか、しっかり決めることから始めるのが良いでしょう。
その際に役立つのが、「ABC分析」という方法です。
倉庫に残っている商品を売れ行きや人気度を基準にして、ABCの3つのランクに分けます。
売れ行きが良くて人気な商品はAグループに、適度に売れている商品はBグループに、そして売れ行きが悪く、今後の人気も見込めない商品はCグループに分類します。
このように商品を区別していると、在庫処分する商品の選択が簡単にできるでしょう。
在庫を減らす商品を決定したあとは、セールを行うなどして在庫処分を行いましょう。
セール以外にも、在庫を減らすための方法はたくさんあるので、気になる方は一度詳しく調べてみることをおすすめします。

□在庫を減らす3つの理由

*資産の圧縮によって総資本利益率の向上を図るため

総資本利益率とはROAとも呼ばれる企業が全資本を使用して、どれほどの利益を上げているのか示すための指標のことです。
この総資本利益率が高ければ高いほど、その店舗や企業が効率よく利益を出しているとされます。

*売上原価を大きくするため

売上原価が大きくなると、得られる利益が減ります。
利益が減るというのは、一見、損をしているのではないかと考える方が多くおられるでしょう。
しかし、得られる利益が減れば納税額を抑えられるので、節税対策となるのです。

 

 

*棚卸の作業を減らすため

棚卸の作業を行う際は、倉庫にある商品の数を1つ1つ数えていく必要があります。
在庫を減らすと、当然数えなくてはいけない商品の数も減ります。
そうすると棚卸の作業にかかる時間を短縮でき、短縮した時間で他の作業を行えます。
また、棚卸作業が原因による残業にかかるコストの削減にも繋がります。

□まとめ

今回は、店舗・企業の在庫を減らす理由について詳しく説明しました。
今回の説明で、店舗や企業の在庫を減らす理由に対する理解が深まれば幸いです。
在庫処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分の適切なタイミングって?処分方法と併せて紹介します!

「在庫処分を検討しているが、在庫処分に適したタイミングや処分方法が分からない。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫処分のタイミングと処分方法について詳しく説明します。
在庫処分を検討している経営者・管理者の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

□在庫処分に適したタイミングはいつ?

余分な在庫が残されたままになっていると品質はどんどん悪化していきますし、その分商品の価値も下がってしまいます。
また、保管するためのスペースや管理費用など、コストの面でも負担となってしまいます。
そのため、在庫は放置しておくのではなく、適切なタイミングで処分することをおすすめします。
では、在庫処分の適切なタイミングとはいつなのでしょうか。
例えば新生活シーズンは、新生活を始めるための準備をする方が多いので、特に家具や家電などの日常品の需要が高まります。
そのため、この時期にセールをして在庫処分を行うのが良いでしょう。
また、季節物の商品はそのシーズンが終わってしまうと、売れにくくなってしまいます。
そのため、できるだけ早く処分をしてしまうことをおすすめします。
時期としては各シーズンの一か月前頃には在庫処分を行い始めるのが良いでしょう。

□在庫処分の具体的な方法は?

*値下げしてセールで売り切る

あまり売れない商品は、タイミングを見て値引きするようにしましょう。
セールで売れやすくするには値引き前と値引き後、両方の値段を記載することをおすすめします。
そうすることで、値下げされた金額が明確になり、消費者がお得な買い物をしたと感じやすくなります。

*アウトレットで販売する

「アウトレットストア」は、在庫処分を目的として運営されているものです。
一般店舗では置けないような、傷ものなどを安価に設定して販売しましょう。
多少の傷なら気にしないという消費者にとっては、とても需要の高い販売法だと言えるでしょう。

*専門業者に依頼する

不用品回収・買い取りの専門業者に依頼するのも有効な手段です。
セールやアウトレットを行ったうえで、余った在庫を業者に依頼すると、かかる費用が最低限まで抑えられるでしょう。

□まとめ

今回は、在庫処分の適切な時期と、処分方法について説明しました。
在庫処分に関してお悩みの経営者・管理者の方は今回の説明を参考にしてみてはいかがでしょうか。
在庫処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

上手な在庫の減らし方について詳しく説明します!

「経営している会社の在庫が増えてきて処分を検討しているので、具体的な在庫の減らし方について知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫の減らし方について詳しく説明します。
在庫処分を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

□在庫を減らすメリットとは?

在庫を減らすことで、さまざまなメリットがあります。
例えば、在庫商品の品質の劣化を防げることがメリットの1つとして挙げられるでしょう。
長い間倉庫で保管されたままになった在庫商品の品質は、時間が経つごとに劣化していきます。
品質が劣化すると、他の商品より売れにくくなってしまいます。
在庫が多いということは、品質が劣化する恐れのある商品数も多いということを意味します。
そのため、在庫は適切に管理できるくらいの量まで減らす必要があるのです。

□在庫の具体的な減らし方

*在庫の種類を考えてみる

「ABC分析」という方法で在庫の種類を考えてみることをおすすめします。
ABC分析とは、商品の人気度や売れ行きを基準とした商品のランク分けのことです。
倉庫に残っている商品を売れ行きや人気度を基準にして、ABCの3つのランクに分けます。
人気の高い商品はAに、適度に売れる商品はBに、あまり売れず今後の人気も見込めない商品はCに分類します。
この分析を行うと、どの商品の在庫から減らせばいいかが明確になります。

*情報・データを得て、顧客の需要を理解する

国や自治体から出ている統計資料の情報や、調査会社に依頼して得た情報を活用するのも手段の1つです。
そこから得た情報やデータから、どの商品が顧客の需要を集めているのか分析しましょう。
顧客の需要を基準にして、どの商品の在庫を減らすのが良いのか検討すると良いでしょう。

*在庫買取の専門業者に依頼する

専門業者に依頼すると、その商品に対する適切な価値で売却できます。
売れ残ることはほぼありませんが、型落ちなどが原因で商品の価値が下がってしまい、安価で買い取られてしまうケースがあります。
そのため、業者に依頼する場合はできるだけ早く依頼して処分してしまうことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、在庫の減らし方について詳しく説明しました。
在庫はとにかく減らせばいいというわけではなく、顧客の需要を考慮する必要があります。
今回の説明を参考に、在庫処分にとりかかってみてはいかがでしょうか。
在庫処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

会社経営の基本である在庫管理の効果について解説します!

「在庫管理の重要性が分からないので、その効果について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫管理の効果について詳しく説明します。
在庫管理の効果に疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

□そもそも「在庫管理」とは何なのか

在庫管理とは、会社内にある在庫を最適な量と状態で管理するために行う作業のことで、会社経営の基本とも言われています。
具体的には、商品の数を確認する棚卸や在庫情報の把握などの作業を行い、できるだけ廃棄処分による損失を出さないように工夫します。
要求されたときに必要な分の商品を提供するには、在庫管理を丁寧におこなって、適切な数の在庫を保管しておく必要があるのです。

□在庫管理の効果とは?

*品質が安定する

在庫商品は、仕入れたその瞬間からどんどん劣化していきます。
長い間倉庫で保管したままの商品は、湿気などによって少しずつ品質が悪くなります。
また、ホコリなどの異物が混入してしまう場合もあります。
このような品質劣化や異物混入を少しでも避けるには、できるだけ早く売却してしまうのが一番良いのです。
早く売却するためには、適切な量の在庫を適切な場所で管理することが非常に重要なので、日頃からきちんと在庫管理をする必要があるのです。

*キャッシュフローが良くなる

在庫は企業の重要な資金です。
過剰な在庫を抱えたことで売却しきれずに結局廃棄処分をしてしまうとなれば、会社の損失につながります。
かといって、少なすぎる在庫しかなかった場合は、お客様に商品を売れずに利益を得る機会を逃してしまいます。
在庫管理をしっかりと行い、適切な量の在庫を管理することで損のないビジネスができるのです。

*生産性が高くなる

在庫管理ミスが原因の廃棄作業などは本来、行う必要のない作業です。
在庫管理をしっかりと行っていると、このような無駄な作業時間が減り、その分の時間を他の作業にあてられます。
無駄な作業に充てる時間を短縮し、その時間を重要な作業にあてられれば、社内の生産性が格段に上がるでしょう。

□まとめ

今回は、在庫管理の効果について詳しく説明しました。
つい後回しにしてしまいがちな在庫管理ですが、会社の生産性を高めて利益につなげるためには非常に重要な作業です。
面倒だと思わず、しっかりと在庫管理を行うように心がけましょう。
今回の説明に関してご不明な点などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

洗濯機の買取処分を検討中の方へ!高値で売却するためのコツとは?

「洗濯機の買取処分を検討しているので、できるだけ高値で売却するためのコツを知りたい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、洗濯機をできるだけ高く売却するためのコツについて説明します。
買取処分を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

□洗濯機を高値で買い取ってもらうコツ

わざわざ買取処分するのであれば、できるだけ高値で売却したいですよね。
そのためのコツとして、売却する時期の考慮が挙げられます。
家電の需要は季節ごとに変化します。
例えば、扇風機の需要は夏に高まりますが、冬に売却してしまうと見積もられる値段は低くなってしまいます。
少しでも高値で売るためには、売却する物の需要の高まる時期を見越して売却することが重要です。
洗濯機の需要は年中高いですが、中でも新生活のシーズンは一人暮らしにむけて家電を新調する方が多くなります。
そのため、その時期に合わせて売却すると比較的高く売却できるでしょう。
また、買取をしてもらう際には一社だけでなく、できるだけたくさんの業者に見積もってもらうようにしましょう。
なぜなら、業者によって買取価格に差があるからです。
売却後に、他の業者の方が高く買い取ってくれたのにと後悔するようなことは避けたいですよね。
そのような事態を防ぐためには、最低5店舗以上で見積もってもらい、買取価格を比較してから売却するようにしましょう。

□買取時に注意すべきこと

*違法な不用品買取業者

洗濯機を買い取ってもらえなかった場合、自分で処分しなくてはいけません。
その際に不用品買取業者に依頼する方が多くおられます。
しかし、中には回収した家電を不法投棄するなどの違法行為を行う業者もいます。
安易に処分を依頼するのではなく、業者をきちんと選ぶようにしましょう。

 

*訪問見積もり

安全性を考慮し、訪問見積もりは断ることをおすすめします。
もちろんすべての業者がそうとは言えませんが、買取契約が不成立となると、横暴な態度をとる業者が多いのです。
自衛のためにも、訪問見積もりは断るのが良いでしょう。

*しつこい値下げ要求

買取査定を行ったあとに、しつこく値下げの要求をしてくる業者がいます。
部品が足りないなどの理由をつけて、難癖のような値下げの要求をされた場合は、はっきり断るようにしましょう。

□まとめ

今回は、洗濯機をできるだけ高く売却するためのコツについて説明しました。
今回説明したコツを踏まえて、できるだけ高値で買い取ってもらうようにしましょう。
買取処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

なぜ棚卸をして在庫数を確認する必要があるのか?詳しく説明します!

「手間が掛かる作業なのに、なぜ棚卸を行わなくてはならないのか理解できない。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、棚卸作業にはどのような効果があるのか詳しく説明します。
今回の説明を参考に、棚卸について深く理解してみてはいかがでしょうか。

□そもそも「棚卸」とはどのような作業なのか

棚卸は簡単に言うと、在庫数を適切に管理するための作業のことです。
売り場や倉庫で保管されている全ての商品を一つずつ数えて、損益や資産を把握するために行われます。
棚卸には、実際に全商品を数える方法と帳簿という書類上で数える方法の二種類があります。
この両方を行った結果、数量や金額が異なった場合は原因の調査を行う必要があります。

膨大な数の商品を数えなくてはならず、多くの人数がその作業に関わらなければいけませんし、時間もかかってしまいます。
全ての在庫を実際に数えるのは特に時間がかかるため、普段は書類上での在庫数の確認、年に数回だけ実際に在庫数を数える作業を行う企業や店舗が多いです。
一見面倒なように思われますが、この作業を行わなくてはいけない理由とは何なのでしょうか。
では、その理由を説明します。

□棚卸をする理由

*決算作業の中でも大切な手続きだから

棚卸を行うと、在庫数や金額などのデータがあきらかになります。
これらが把握できていないと、売上原価が確定せず、粗利を算出できないのです。
つまり棚卸をしないと、会社がどれだけの利益を得ているのかという判断ができないということです。

*正確に在庫管理を行うため

棚卸をして在庫数を確認することで、商品の売れ具合などを確認できます。
この売れ具合を分析すると、今後どのように販売促進につなげられるか考えられます。
今後の販売の仕方などを考慮するためにも、棚卸・在庫管理は非常に重要なのです。

*純利益を正しく把握するため

把握している在庫数が間違っている場合、算出される純利益にも誤差が発生してしまいます。
そこで、在庫数を詳細に把握するために時間をかけてでも棚卸を行うのです。
つまり、丁寧な棚卸が、正しい純利益の算出に繋がるのです。

 

□まとめ

多くの人が面倒に感じてしまう棚卸ですが、様々な役割を果たす、とても重要な作業です。
正確な純利益の把握や店舗の在庫管理を徹底するためには、定期的に効率よく棚卸を行うことを心がけましょう。
今回の説明や在庫処分に関してご不明な点などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分の際の注意点とは?詳しく説明します!

「店の在庫処分を検討しているが、在庫処分をするときに注意すべきポイントを知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫処分をする際の注意点について詳しく説明します。
在庫処分を検討中の方は、ぜひ今回の説明を参考にしてみてください。

 

□在庫処分の際の注意点とは

在庫はその店舗や企業の資産の一部として認識され、決算で利益や売り上げを計算する際に在庫も考慮されます。
税務署から在庫を本当に処分したのか確認するための証明が求められる場合があるので、在庫処分をしてしまう前に廃棄した際の証明書を作成し、保管しておくことが重要となります。
証明書として有効なのは、廃棄証明書や処分した際にかかった金額が記載されている領収書などです。
また、在庫処分を行わずに従業員に支給した場合は現物支給と見なされてしまいます。
現物支給の場合は、課税の対象となってしまうので注意しなくてはいけません。

 

□専門業者に在庫買取を依頼する場合の注意点

*得意・不得意なジャンルを確認する

在庫買取の業者にはそれぞれ得意・不得意なジャンルがあります。
売却予定の在庫の品目と、在庫買取を依頼する業者の得意なジャンルが一致していれば、高額での買取が期待できるでしょう。
そのため、事前に買取業者の得意・不得意なジャンルを調べておくことが重要となります。
得意・不得意なジャンルを調べるための方法として、見積もりの依頼が挙げられます。
一社のみならず、なるべく複数の業者に見積もりを依頼し、買取価格を比較するようにしましょう。

 

*買取条件を確認する

契約が成立してから追加料金を請求してくる業者もあります。
そのようなトラブルを防ぐためには、契約前にしっかりと買取条件を確認しておくことが重要です。
とくに送料や手間賃に関しては、しっかりと確認するように心がけましょう。

*ブランド毀損への加担を避ける

ブランド品を買い取ってもらう場合は、買取後その商品がどのように扱われるのか入念に確認しておきましょう。
もし、売却したブランド品が通常より安い値段で売られてしまったら、その商品のブランド毀損に加担してしまうことになります。
そのような事態を避けるため、事前に売却後の商品の扱われ方について確認をとるようにしましょう。

□まとめ

今回は、在庫処分をする際の注意点について説明しました。
在庫処分をする前に必ず証明書を作成してから、処分するようにしましょう。
専門業者に買取を依頼する際は、今回の説明を参考にしてください。
在庫処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分の具体的な方法とは?詳しく説明します!

「在庫処分を検討しているが、どのような方法で処分すればいいのか分からない。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫処分をする際におすすめの方法について詳しく説明します。
在庫処分を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

□なぜ在庫処分をしなくてはいけないのか

余っている在庫を意味する「余剰在庫」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
商品を発注する方の多くは、欠品を心配して多めに商品を発注します。
しかし予想より売れず、余ってしまった商品が余剰在庫となります。
余剰在庫が長い期間倉庫に残されたままになってしまうと、時間が経つにつれて商品の質や価値が下がっていきます。
また、管理するスペースのための費用や人件費などのコストの面でも、余剰在庫はできるだけ早く処分してしまうことをおすすめします。
といっても、どのように処分すればいいか分からない方が多いのではないでしょうか。
これから、在庫処分の3つの方法を説明します。

 

□在庫処分の具体的な方法

*セールで売る

長期間倉庫で保管されたことによって、汚れてしまって質が低下した商品は、セール期間に値引きして売却してしまうことをおすすめします。
質の良さにこだわる消費者が多いですが、中には多少の傷なら気にならないという方もおられます。
そのような方にとってセールで売却するという手段は有効だと言えるでしょう。

*ネットオークションを利用する

小売業者がよく利用する手段として、ネットオークションが挙げられます。
販売者が値段を設定できますが、運が良ければより高い値段で売却できることもあります。
ただし、売れ残るリスクが高いです。
メリットとデメリットの両方をしっかりと考慮したうえで、利用するかどうか決断することをおすすめします。

*買い取りサービスを利用する

買い取りサービスを利用すると、商品に対する適切な価値で買い取ってもらえます。
型落ちした商品は、その買い取り価格が大きく下がってしまいます。
そのため在庫処分を検討している場合は、できるだけ早く売却してしまうことをおすすめします。

□まとめ

今回は、在庫処分をする際におすすめの方法について詳しく説明しました。
在庫は長い間放置したままにしておくと質が下がり、売り上げの低下にも繋がります。
そのため、今回の説明を参考にできるだけ早く処分してしまいましょう。
在庫処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

企業にとっての在庫セールの目的について解説します!

みなさん、これまでに在庫セールを利用して買い物をした経験はあるでしょうか。
消費者からすると、様々な商品を通常より安く購入できるのでありがたい在庫セールですが、店側からするとどのような効果があるのでしょうか。
今回は、様々な店や企業が行う在庫セールの目的について、詳しく説明します。

□そもそも在庫セールとは?

2月や3月になると、多くの店や企業でセールが行われますよね。
これらのセールは各企業の決算期を迎える頃に実施されるもので、企業側にも消費者側にも大きな影響を与えるイベントです。
消費者としては、通常時より安く買い物ができるのでうれしいイベントですが、企業側にとって何のメリットもないように感じる方は多いのではないでしょうか。
しかし、企業側もある目的を持って在庫セールを行っています。
では、企業がセールを行うことで達成しようとしている目的とは何なのでしょうか。

□企業側のセールの目的

*売り上げを上げること

多くの企業が時期ごとに売り上げの目標を定めています。
目標と実際の売り上げに差があった場合、どうにかして決算期前にその差を埋める必要があります。
そのための手段としてセールを行う企業が多いです。
値下げをしても、たくさんの商品が売れれば売り上げは伸ばせます。
多少の赤字は覚悟してでも、とにかく売りまくるという手段をとるのです。

*在庫処分

長い間倉庫にしまわれていたことが原因で、汚れてしまったり破損してしまったりする商品が多くあります。
それらは他の商品と比べて質が低いため、他の商品と一緒に並べても売れないことは明白でしょう。
しかしそのような商品をそのままずっと倉庫で保管したままにしていると、損失に繋がってしまう可能性が非常に高いです。
そのため、できるだけ早く売ってしまう必要があります。
そこでとられるのが、セール期間に値段を割り引いて売却するという手段です。
原価を下回る値段で売ってしまうと、損になるのではないかと考える方がおられるでしょう。
しかし実際は倉庫で保管したままにしておくより、原価を下回った値段でも売却してしまう方が損失を軽減できるのです。

 

*決算状況をよくするため

企業の財務書類の1つである「貸借対照表」は、企業の資産状況を表す書類です。
この中に在庫を意味する「棚卸資産」という項目があります。
投資家が株を購入する際に重要視するのはこの「棚卸資産」つまり在庫ではなく現金なのです。
つまり、在庫がたくさんある企業よりも現金がある企業の方が魅力的なのです。
このような目的を達成するためにセールは行われるのです。

 

□まとめ

今回は、様々な店や企業が行う在庫セールの目的について、詳しく説明しました。
在庫セールは一見、消費者にとってのみ嬉しいイベントのようにも思えますが、実は企業としてもそれぞれの目的達成のために行っているのです。
今回の説明に関してご不明な点などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫が増えることのデメリットとは?詳しく説明します!

「在庫は増えすぎると良くないと聞いたことがあるが、在庫が増えるとどのようなデメリットがあるのか知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫が増えることのデメリットについて詳しく説明します。

 

 

□そもそも「在庫」って何?

在庫とは、販売することを目的として仕入れた商品のうち、売り場に出さず倉庫などで保管しているものを指します。
綺麗な状態の商品を要望される、同じ商品をたくさん購入したいと言われた場合は倉庫に保管されている在庫分から販売するというケースがあります。
在庫が十分に無いと在庫切れとなり、お客様に商品を売れなくなります。
このような事態を懸念して、商品を多めに発注する店舗や企業が多いのではないでしょうか。
在庫が増えることのデメリットに関してはあとから説明しますが、在庫は多すぎず、少なすぎずのちょうど良いバランスを保って保管しておくことが重要です。

□在庫が増えることの3つのデメリット

*陳腐化や品質劣化による商品価値の低下

長い時間倉庫で保管され続けた在庫商品の品質はどんどん下がっていきます。
また、品質は変わらなくても、商品自体が陳腐化してしまう場合もあります。
商品の品質劣化や陳腐化は、その商品価値の低下に繋がります。
このような商品は値下げして売るか廃棄処分するしかなく、損失の発生の原因となる恐れがあるので注意しなくてはいけません。

*仕入れ費用が増える

商品は一度にたくさん仕入れると、仕入れ代金は安くなります。
しかし、仕入れる数を増やせば増やすほど、商品輸送にかかる費用は増加します。
またたくさんのお金をかけて多くの商品を仕入れても、陳腐化や品質劣化によって損失が発生してしまうと、結局は損をしてしまいます。
そのため、ちょうどいい量にとどめておくことが重要なのです。

*廃棄処分が増える

特に食品の場合、倉庫で長い間保管したままにしておくと、賞味期限が切れてしまうことがよくあります。
賞味期限が切れた食品は、もちろん販売できないので廃棄するしかありません。
あまりに多くの商品を仕入れて過剰な在庫を抱えてしまうと、廃棄処分のリスクが高くなります。
廃棄してしまうと、利益は出ないので店舗や企業の損失にも繋がります。

□まとめ

今回は、在庫が増えることのデメリットについて説明しました。
多すぎず、少なすぎずのちょうどいいバランスで在庫を保管しておくことが重要です。
今回の説明に関してご不明な点などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。