洗濯機の在庫処分にお悩みの方必見!注意点と高く売るコツをご紹介します!

「洗濯機の在庫を抱えてしまったので、手放したいがどうすれば良いかわからない」
このようなお悩みをお持ちではありませんか。
家電の処分の際は、家電リサイクル法を遵守しなければならず、よくわからないという方も多いですよね。
そこで、この記事では家電処分のルール解説と、在庫買取について解説します。

在庫処分の際に遵守すべき家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、資源の有効利用を促すための法律です。
処分された家電製品の材料や部品をリサイクルすることで、廃棄物の減少を目指して制定されました。
この法律では、エアコン、テレビ、冷蔵庫と冷凍庫、洗濯機が特定家庭用機器に指定されています。

そのため、不用になったこれらの家電を手放す場合は、引き取ってくれる小売業や製造業者に料金を支払わなければなりません。
洗濯機の場合は、リサイクル料金と、収集運搬料金の2種類を支払わなければなりません。
リサイクル料金はメーカーごと、収集運搬料金は業者ごとに異なるので、確認が必要です。

在庫買取で高く売るコツとは?

前の章で、洗濯機などの特定の家電を手放したい場合は、家電リサイクル法に基づいて行わなければならないということを紹介しました。
もちろん、ご自身で回収業者に依頼して回収してもらうというのも1つの方法です。
しかし、その際には料金がかかってしまいますので、在庫を抱えてしまっている方は、料金が高額になってしまい、大きな負担ですよね。

そこで、おすすめなのが買取業者に買取を依頼することです。
ここでは、少しでも高値で買い取ってもらうためのコツを2つご紹介します。

1つ目が、綺麗な状態にすることです。
売れ残ってしまった在庫は、製品を梱包している段ボールなどにできる限り傷がつかないように保管しておくようにしましょう。
長い期間倉庫などに眠っていると、箱自体もほこりを被っていることもあるので、綺麗に拭き取ってあげることが大切ですよ。

2つ目が、付属品を揃えるということです。
新品のまま在庫として眠っている場合は、付属品は全て揃っていることでしょう。
しかし、中古品の在庫の場合、付属品がかけている可能性があります。
説明書など、小さなものでも揃えて買取を依頼することが、高額査定につながるのでできるだけ揃えることが望ましいです。

まとめ

この記事では、洗濯機の在庫処分について解説しました。
当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

テレビの在庫処分をお考えの方へ!方法と注意点を紹介します!

「テレビをお得に処分する方法や安心して依頼できる会社を知りたい」
テレビの在庫処分をご検討中の方で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
在庫処分でお困りの方にぜひ知って頂きたいのが、買取についてです。
この記事では、テレビを高く買い取ってもらうためのポイントと業者選びについて解説します。

テレビを高く買い取ってもらうためのポイントとは

テレビは、パナソニック、ソニー、シャープのような大手ブランドのテレビの方が売れる傾向にあります。
また、買ってから5年以内といった比較的年式が新しいテレビであることも評価が高いでしょう。
加えて、傷がないなど状態が良く、保証書や説明書もそろっていることが売れるポイントです。

以下でテレビをできるだけ高く売るためにもいくつかポイントをまとめてご説明します。
高く売るためには、買取の前にホコリや垢など汚れを綺麗にし、付属品をそろえておくことがポイントです。
状態が良いことは、当たり前ですが査定時の際にも好印象でしょう。
少しでも高く売りたい方は、簡単にでも良いので、綺麗にしておくことをオススメします。

また、年式が新しいうちに買取を依頼することでより高く売れる可能性が高まります。
しかしテレビの状態によっては買取ができない可能性もあるため、まずはお気軽に当社までご相談ください。

テレビの在庫処分の際は違法な業者に気をつける

テレビの買取を依頼する際には、業者が違法性のある悪徳業者ではないかを見極めることが重要です。
違法な業者にあたれば、不法投棄や事前通告のない料金などの問題が発生する可能性があります。

不法投棄によりテレビの部品が発火して、業者の敷地内や輸出港での火災が発生するという例があります。
また、もし山に不法投棄した場合には山火事の危険性があります。

そのため、格安だからといった理由で依頼したり、料金や回収品の行方を把握せずに依頼したりすることは避けてください。
業者選びでは安心で安全に買取を依頼できるかどうかの見極めが大切です。
そのために、入念に料金面の確認やホームページの確認をきちんと行いましょう。

なるべく納得のできる値段で、安心して依頼できるように、テレビの管理や買取がしっかり行われているか確認しましょう。

まとめ

今回は、テレビを高く買い取ってもらうためのポイントと業者選びについてご説明しました。
テレビの在庫処分にお悩みの方は、ぜひこの記事をお役立てください。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

過剰在庫でお悩みの方必見!在庫を抱えすぎてしまう原因と買取について紹介します

「どうして過剰在庫が発生するのかな」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
そんな方に向けて、今回は過剰在庫が発生する原因や業者による処分について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

過剰在庫が発生する原因とは

そもそも過剰在庫はなぜ発生してしまうのでしょうか。
ここでは、過剰在庫が発生する原因を2つ紹介します。

1つ目は、需要予測ミスによる過剰発注です。
これくらいは売れるだろうといい加減な計画を立て、発注を行うことが過剰発注において一番多い原因です。
適切な発注をするには、商品ごとの需要についてデータに基づき慎重な分析が必要となります。
過去のデータをしっかりと活用し、欠品を防ぎながらも、過剰在庫とならないように発注を心掛けることが大切です。

2つ目は、商品価値を下げることです。
商品の価値や魅力が下がったために需要が落ち、これまでと同様の販売量を保てない可能性があります。
市場の動きをしっかり確認しながら発注量を調節し、在庫が増えないよう注意しましょう。

商品価値が下がるのは、ニーズが変わったり、過剰に供給されたりといった理由が考えられます。
しかし、どちらにせよ原因をしっかり分析して、解決策を考えることが大切です。

さらに、商品価値が下がることで出荷先と小売店の在庫が大量に残っているにも関わらず、新たに仕入れてしまう例があります。
この場合、いつまでも商品が在庫として倉庫に残り続ける可能性があるため注意しましょう。

業者による処分について

効率的に処分するには、業者による過剰在庫の処分を理解しておくことが大切です。
業者に依頼する前に、一度以下の3つを確認しておきましょう。

1つ目は、どんな場合に依頼するべきかについてです。
過剰在庫は抱える期間が長くなればその分、費用がかかります。
そのため、処分したいと思った時にすぐ依頼するのがポイントです。
以下の項目に当てはまる場合は、業者に依頼することをオススメします。

・セールやアウトレットでも売れない商品がある
・余剰在庫を一気に処分したい
・買取に出して費用を浮かせたい
・効率よく破棄したい

2つ目は、取り扱う商品の種類についてです。
買取において扱っている商品の種類は業者によっても様々ですが、幅広いジャンルを扱っている業者が多いです。
例えば、衣類などのアパレル関連や雑貨、生活用品など色々な種類が買取できます。
より安心して買取に出すためにも、あらかじめ扱っている商品について確認しておきましょう。

3つ目は、セキュリティーについてです。
余剰在庫を廃棄するというのは、企業や店舗の個人情報に関わる重要なことです。
そのため、セキュリティーがしっかりしており、プライバシーを尊重する業者を選ぶことが大切です。

優良業者の大半は、きちんとセキュリティー対策を行っています。
業者を選ぶ際は、どのような対策が行われているか、一度確認してくださいね。

まとめ

過剰在庫が発生する原因や業者による処分について解説しました。
過剰在庫に困っている方は、ぜひこの記事で紹介した原因をもとに対策を行ってくださいね。

当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分をお考えの方必見!在庫処分の際のコツをご紹介します!

「在庫処分を考えているけど、処分方法がよく分からないな」
「在庫処分をする際のコツとはどのようなものなのかな」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。

この記事では、在庫の処分方法と在庫処分のコツについてご紹介します。
少しでも興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

在庫の処分方法とは

在庫の処分方法をご存じでしょうか。
ここでは、在庫を処分する方法をいくつかご紹介します。

1つ目は、セールをすることです。
セールをすることで、安い値段にはなりますが商品が売れ、在庫を処分できます。
セールの際には、どのくらい値下げしたのかを書いておくとよいでしょう。

2つ目は、アウトレットで売ることです。
在庫処分を目的に運営している店舗のことをアウトレットストアと言います。
売れ残った商品や傷がついてしまった商品などはここで売るようにしましょう。
消費者にとっても、安く商品を購入できるため、人気です。

3つ目は、業者に頼むことです。
不用品回収業者に頼むことも良いでしょう。
買取を行っている会社に依頼する方がお金になる可能性があるのでおすすめです。
セールやアウトレットで売れなかった商品は業者に依頼して、処分してもらいましょう。

在庫処分の方法を3つご紹介しました。
在庫の処分方法に困ってしまった場合は、これらの3つを行うことをおすすめします。

在庫処分のコツについて

在庫処分にはコツがあります。
ここからは、在庫処分のコツをいくつか紹介します。
在庫処分を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1つ目は、値下げです。
普段より安いということをアピールするだけで、消費者の購入意欲は高まります。
売れずに余ったという印象よりも普段より安いという印象を消費者に与えられるようにしましょう。

2つ目は、期間を限定することです。
期間限定でセールを行うことで、消費者にとって価値のあるものになります。
値下げをする場合は、期間を限定するようにしましょう。

在庫処分のコツをご紹介しました。
在庫を処分する際には、値下げをし、期間を限定するようにしましょう。

在庫の処分は避けては通れないものです。
これらのコツを意識して、賢く在庫処分を行いましょう。

まとめ

今回は、在庫の処分方法と在庫処分のコツについてご紹介しました。
在庫を抱えている方は、今回紹介した内容をぜひ参考にしてくださいね。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

過剰在庫をお持ちの方必見!過剰在庫を処理する方法をお伝えします!

店舗を運営している方の中で、在庫管理にお困りの方はいらっしゃいませんか。
中には品切れを避けるために、たくさんの在庫を抱えてしまっている方もいらっしゃいますよね。
このような過剰在庫は経営に悪影響を及ぼす可能性があります。
この記事では過剰在庫を処理する方法を紹介するので、参考にしてください。

過剰在庫によるリスクとは?

過剰在庫のリスクと聞くと、商品の質の低下や保管場所が物で溢れてしまうことを頭に浮かべるかもしれません。
しかし、経営上でもさまざまなリスクがあります。
以下では、上記で述べたことも含めて過剰在庫の4つのリスクを紹介します。

1つ目は品質が下がることです。
品質は、時間が経つにつれてどうしても下がってしまいます。
食品の場合はその劣化が顕著なため、期限を過ぎた食品はすぐに廃棄する必要があります。
廃棄を防ぐために値下げしてでも売ることが多いですが、それでは当初に予想していた売り上げや利益をあげられず、元本を回収できません。

2つ目は収益性が悪くなることです。
過剰在庫の管理のために費用がかかり、収益性が悪くなる場合があります。
また、商品を移動する際の運送費や廃棄する際の人件費などにもコストがかかってしまいます。

3つ目は現金の流れが悪くなることです。
在庫は、資本を固定化したものと言えます。
しかし固定化された資本は、現金と比べて自由に動かせません。
過剰在庫は、流動性の低い資本であることを認識する必要があります。

4つ目は商品が陳腐化することです。
商品の売れ時を逃してしまい一気に価値が下がることを、陳腐化と言います。
陳腐化した商品を販売するには値下げする必要がありますが、元金を回収できないため、損失に繋がりやすいです。

過剰在庫の処分方法を紹介します!

上記では過剰在庫のリスクについて紹介しました。
このような過剰在庫は、どのようにして処分すれば良いのでしょうか。
ここでは、2つの方法を紹介するのでぜひお役立てください。

1つ目はセールで売ることです。
なかなか売れない商品でも安いと買ってもらえる可能性があります。
タイミングを見て、セールで在庫を処分すると良いでしょう。

2つ目は業者に依頼することです。
在庫買取の専門業者に依頼することで、一定のリターンが得られます。
セールで売れない商品でも、買取をしてもらえる場合があります。
少しでも現金化したい場合は、買取業者を利用しましょう。

まとめ

今回は過剰在庫のリスクと処分方法について詳しく解説しました。
過剰在庫には損失に繋がるリスクがたくさんあるため、注意しましょう。
当社は、さまざまなジャンルの在庫買取を実施しています。
過剰在庫でお困りの方がいらっしゃれば、いつでもお問合せください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫に悩む方必見!不良在庫を減らすための方法を詳しく解説します!

店舗を運営している方の中で、不良在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫はさまざまな悪影響を及ぼす恐れがあるため、できるだけ早く処分する必要があります。
この記事では、不良在庫を減らす方法について解説しているので、ぜひお役立てください。

不良在庫とは?

不良在庫はそもそもどのようなものかご存じですか。
完璧に理解している方は少ないと思います。
以下で詳しく紹介するので、参考にしてください。

不良在庫は売れる見込みがなく、経済的な損失に繋がる可能性のある在庫を指します。
生産や仕入れを過剰にしてしまったことで残っている商品や流行遅れのもの、賞味期限が切れたものがこれに該当します。
また、不良品や欠陥のある商品も不良在庫です。

状態によっては、そのまま放置しておくことで他の在庫の価値を下げる可能性があります。
例えば、在庫の中に腐ったり色落ちしたりしたものがあると、隣にある在庫も腐ったり、色が付いたりする恐れがあります。

また不良在庫があると、人件費や保管場所の光熱費などの費用がかかり、経営に影響を及ぼすかもしれません。

このような点から、不良在庫を出さない工夫が必要です。

不良在庫を出さないための対策方法を紹介します!

上記で説明したとおり、不良在庫はなるべく持たないことが大切です。
そこでここからは、不良在庫を出さないための方法を3つ紹介するので参考にしてください。

1つ目は在庫量を適切に保つことです。
入庫や出庫、現在の在庫量をしっかりと管理しましょう。
大量の商品がある場合、人で管理するのは難しいため、管理システムを導入することをおすすめします。

2つ目は在庫を減らす意識を持つことです。
経営しているとどうしても売上に注目しがちですが、いくら売上が出ても利益に繋がらなければ意味がありません。
在庫量をきちんと管理することで、利益アップが期待できます。

3つ目は在庫の回転率を計算することです。
在庫回転率とは、一定期間で在庫が売られる回数のことです。
回数率が高いほど在庫の回転が速く、反対に回転率が少ないほど在庫の補充頻度が低くなります。
1か月ごとにこの回転率を見直し、適切な数で保つようにしましょう。

まとめ

今回は不良在庫について詳しく解説しました。
不良在庫は売れる見込みがなく、経済的な損失に繋がる恐れのある在庫のことです。
この在庫を出さないためには、上記で述べたような3つの対策方法があります。
不良在庫にお困りの際は、この記事を参考にしていただければ幸いです。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫が発生してしまう原因と対策方法をご紹介します!

「不良在庫を減らす方法について詳しく知りたい」
店舗を運営している方の中で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫を抱えてしまうと、人件費や光熱費がかかる上に他の在庫の価値を引き下げる場合があるため、きちんと対策したいですよね。
そこで今回は、不良在庫を減らす方法についてご紹介します。

不良在庫が発生する原因は?

不良在庫とは、通常の価格では売れなくなった在庫を指します。
発生する原因としては、商品・製品の買いすぎや作りすぎ、保管状態の不備が挙げられます。
不良在庫となった商品を定価で売るのは難しく、販売するには在庫処分セールなどの企画を組まなければなりません。
経済的な損失を防ぐためにも、不良在庫は企業がきちんと向かい合うべき問題と言えます。

不良在庫を減らす方法について

不良在庫を削減できれば、大幅なキャッシュフローの改善につながります。
それでは、どのようにして在庫を管理すれば良いでしょうか。
ここでは、不良在庫を減らす方法を3つご紹介します。

適正在庫のキープ

不良在庫を減らすためには、適切な在庫数を把握することが最優先です。
適正在庫数が把握できれば、この状態をキープできるように発注数を制限すれば良いため、過剰や欠品などの発注ミスを減らせます。
欠品しない最小限の在庫数を、過去の販売実績などをもとに割り出しましょう。

在庫を可能な限り減らす

売上数の増加や販売機会を逃さないために、在庫を多めに用意した方が良い場合もありますが、在庫過多になると膨大な管理費がかかってしまいます。
在庫数を増やして売上アップを狙うだけでなく、費用の負担を減らして利益を確保することも大切です。

在庫の回転数を高める

在庫回転率は、一定期間内に在庫が販売される回数を指します。
回転率が高いほど仕入れた在庫がすぐに売れていることを表し、低いほど長期保管による商品・製品の劣化が起こりやすくなります。

ただし回転率が高すぎると、在庫の補充が間に合わず、品切れを起こしてしまう可能性もあります。
それを防ぐために、過去の在庫回転率や同業他社の回転率などを比較しながら、適切な回転率を把握しましょう。

まとめ

今回は、不良在庫が発生する原因やそれを減らす方法についてご紹介しました。
不良在庫の問題を改善できれば、利益率の大幅な向上が期待できるでしょう。
当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分をお考えの方へ!在庫処分のやり方をご紹介します!

「在庫処分のやり方を知りたいな」
「在庫処分の方法別の利点と注意点を知りたいな」
そのようにお考えの方も多いでしょう。

この記事では、在庫処分の方法と在庫を処分する方法別の利点と注意点をご紹介します。
少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

在庫処分の方法について

在庫処分の方法はご存じでしょうか。
ここでは、在庫処分の方法を詳しくご紹介します。

1つ目は、セールで売ることです。
売れなく残ってしまった商品は、セールで売ってしまうことを検討しましょう。
値下げを行い、期間を限定することで商品が売れる可能性が高まります。

2つ目は、アウトレットで売ることです。
傷がある商品や売れ残りの商品はアウトレットで売ると良いでしょう。
アウトレットには、安い商品を買いたいと考える消費者が多く集まるので、在庫処分には適しています。
なぜなら、これらの消費者は傷や売れ残りであること気にしないからです。

3つ目は、業者に依頼することです。
買取業者に依頼することで迅速に在庫を処分できます。
セールやアウトレットで売れなかったものはこの方法を用いると良いでしょう。

加えて、買取不可の在庫も引き取ってもらえることが多いです。
簡単にすべての在庫がなくなるのでおすすめです。

在庫処分の方法をご紹介しました。
これらの3つの方法を覚えておきましょう。

在庫を処分する方法別の利点と注意点について

在庫を処分するそれぞれの方法の利点と注意点を知ることによって、自分に合った処分方法が分かります。
ここからは、在庫処分のそれぞれの方法について、利点と注意点を見ていきましょう。

セールの利点は、新規顧客が望めることです。
注意点は値下げをしすぎると通常の販売に影響が出ることです。

アウトレットの利点は、ブランド価値を下げずに売れることです。
注意点は出店料がかかるということです。

買取業者の利点は、素早く在庫をなくせるということです。
注意点は業者によって当たりはずれがあることです。
質の悪い業者に当たってしまうということもあります。
事前に実績などを調べておくようにしましょう。

在庫処分の方法別の利点と注意点をご紹介しました。
これらを参考にして、ご自身に合った方法を見つけましょう。

まとめ

今回は、在庫処分の方法と在庫を処分する方法別の利点と注意点をご紹介しました。
在庫処分についての理解は深まったでしょうか。

当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分はなぜする必要がある?在庫処分を行うメリットをご紹介します!

「在庫処分は行うべきなのかな」
「なぜ在庫が残ってしまうのかな」
このようなことをお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、在庫処分を行う利点と在庫が残ってしまう原因をご紹介します。
少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

在庫処分を行う利点について

在庫処分を行う利点とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは、在庫処分を行う利点についていくつかご紹介します。

1つ目は、販促につながることです。
在庫処分として、決算セールを行うことで商品を定価より安く買いたいと考える消費者が集まります。
決算セールによって、新しい客がお店に来てくれることもあるでしょう。

2つ目は、管理をする必要がなくなることです。
在庫処分をすることで、在庫を管理するコストがかからなくなります。
いつまでたっても減らない在庫である場合は、処分してしまった方がお得でしょう。

3つ目は、節税効果です。
在庫処分をせず、在庫として残っている場合は、利益として計算され、税金がかかってしまいます。
そこで、在庫処分をすることによって、税金を払う必要がなくなります。
これは長い目で見るとメリットと言えるでしょう。

在庫処分を行う利点は、販促につながること、管理をする必要がなくなること、節税効果があることでした。
これらの利点をぜひ覚えておきましょう。

在庫が残ってしまう原因とは

在庫が残ってしまうという悩みを抱えていませんか。
どんな悩みにも必ず原因があります。
ここからは、在庫が残ってしまう原因を詳しくご紹介します。

1つ目は、過剰在庫です。
品切れや部品切れを恐れるあまり、大量の在庫を抱えてしまうということがあります。
適切な量を意識するようにしましょう。

2つ目は、流行や季節です。
型落ちしてしまった場合やシーズンが過ぎてしまった場合は在庫が残ってしまうことがあります。
流行や季節には注意しましょう。

3つ目は、滞留在庫です。
部品などの使用が変更した場合には、在庫として残ってしまうものが出てきます。
発注する際には、気をつけましょう。

4つ目は、閉店や廃業です。
閉店セール後をしたとしても、売れ残りが生じる場合もあります。
閉店や廃業が決まった際は、すべてを売れるように計画を立てましょう。

まとめ

今回は、在庫処分を行う利点と在庫が残ってしまう原因をご紹介しました。
在庫はできる限り残さないようにしましょう。

当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産の際に在庫はどうする?買取をしてもらうメリットをご紹介します!

「倒産の際には在庫はどうするべきなのかな」
「倒産時に在庫を買取してもらう利点を知りたいな」
このような悩みを抱えている方は多いでしょう。

この記事では、倒産の際の在庫の処分方法と倒産時に在庫を買取してもらう利点についてご紹介します。
少しでも興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

倒産の際の在庫の処分方法とは

倒産の際の在庫の処分方法とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは、在庫の処分方法について詳しくご紹介します。

1つ目は、廃棄です。
在庫が多い場合は、回収業者に頼むのも良いでしょう。
廃棄を行う際には、決算の税務調査のために、依頼した業者から領収書や廃棄した在庫の一覧をもらう必要があります。

2つ目は、売却価格を下げることです。
在庫は値下げをして、セールで売ると良いでしょう。
セールを行う場合は、期間を限定することで消費者に特別感を与えられます。
売れない在庫というイメージよりも、安くなっている特別な商品というイメージを与えることが重要です。

3つ目は、在庫買取です。
在庫買取業者に依頼することで、買取をすぐに行ってもらえます。
捨てることしかできなかったものも買取をしてもらえる場合があるので、セールで売れなかった商品は在庫買取を行ってもらいましょう。
当社は在庫買取を行っている会社ですので、興味を持った際にはいつでもご相談ください。

倒産の際の在庫の処分方法についてご紹介しました。
在庫の処分でお悩みの方は参考にしてくださいね。

倒産時に在庫を買取してもらう利点について

倒産時に在庫を買取してもらう利点とはどのようなものなのでしょうか。
ここからは、以前ご紹介した在庫買取の利点をお伝えします。

1つ目は、破産手続きの費用を補えることです。
廃棄ではなく、買取をしてもらうことで破産手続きの際の費用に利用できるお金が手に入ります。

2つ目は、廃棄処分の費用の削減です。
買取では、廃棄費用はかからないためおすすめです。

3つ目は、迅速に処分できることです。
セールで売る場合とは異なり、迅速に処分を行えます。
すぐに在庫をなくしてしまいたい方は、在庫買取を行うとよいでしょう。

まとめ

今回は、倒産の際の在庫の処分方法と倒産時に在庫を買取してもらう利点についてご紹介しました。
倒産をしてしまった際には、在庫は適切に処分しましょうね。

当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。