個人事業主の方必見!廃業届の書き方を徹底解説!

個人事業主の方のなかには、現在廃業を考えている方も多いと思います。
確かに「廃業」と聞くとマイナスイメージを持つ方も多いかもしれません。
しかし、例えばフリーランスの方が会社員になる際にも「廃業」の手続きを行います。
このように現在において廃業は必ずしも悪いものではなく、むしろステップアップの際に通る道として認識されています。
しかし、いざ廃業届を書くとなるとどう書けばよいかわかりませんよね。
そこで今回は個人事業主の方に向けて廃業届の書き方を解説します!

□これだけでOK!廃業届を完成させるまで

まずは廃業届を手に入れましょう。
税務署で貰えますが、国税局のHPからダウンロードもできます。
印刷環境があるのであればダウンロードすることをオススメします。
国税局のHPに書き方の例が載っています。
基本的にはそれを参考にして記入を進めれば大丈夫です。
しかし、注意すべき点がいくつかあるのでご紹介します。

*マイナンバーが必要!

記入欄の「個人番号」の欄にマイナンバーを記入しなくてはいけません。
また、提出する際にその確認書類も必要です。
マイナンバーカードを持っている方はそれだけで十分です。
しかし、まだ確認書類しか持っていないという方は免許証など別の身分証明書が必要になります。

*廃業の種類により記入が異なることも

事業を法人化するために廃業する方とそれ以外の方では記入が異なる欄があります。
また、自分の事業すべてを畳むのか、それとも一部だけなのかでも書き方は異なります。
自分がどの欄に何を書くのか意識しておきましょう。
しっかりと記入できたら廃業届は完成です!
しかし、職種により廃業届以外の書類を出さなくてはなりません。
例えば、飲食店を経営する場合、保健所に廃業届を出して食品営業許可証を返還しなくてはいけません。
接骨院や宅建業を営まれていた方も別途書類が必要です。
自分の業種はどうなのかしっかりチェックしておきましょう。

□まとめ

今回は個人事業主の方に向けて廃業届の書き方をご紹介しました。
「廃業届」と聞くと仰々しい感じがしますが、実は簡単に作成できるようですね。
基本的には国税局のHPに書かれてある通りに書けば十分ですが、廃業の種類によって書き方が異なる箇所があります。
また、別の書類が必要になる業種もあります。
自分の業種はどうなのか、国税局のHPで確認することが大切です。
今回ご紹介したことに注意して、しっかりと事業を廃業して次のステップへ進んでくださいね。

在庫を抱えている方必見!在庫処分の方法を解説!

「抱えている在庫を処分したいが、どう処分すればいいのかわからない…」
このように処分方法がわからず不安を感じている方は多いと思います。
確かになかなか在庫を処分する方法を知る機会はありませんよね。
しかし、不十分な知識のまま処分方法を決めると満足いかない結果になる可能性があります。
そこで今回は在庫処分の方法について詳しく解説します!

□処分の方法

処分方法には大きく分けて3つの種類があります。
ここではそれぞれの方法について詳しくご紹介します。

*在庫一掃セールをする

在庫一掃セールを開催することで余った在庫を処分できます。
セールをする際に注意することは2つあります。
1つ目はそのタイミングです。
思いつきでセールをしても在庫を一掃できません。
日時はどうするのか、時間帯をどうするのかなどあらかじめしっかり考えておきましょう。
その際、ターゲット層の生活を考えるのが効果的です。
2つ目はその値下げ幅です。
値段を下げすぎるとかえって不信感を与えることになります。
しかし、ほとんど値段を変えなければ処分することは難しいです。
処分品に合うよう適切に値段を下げましょう。

*アウトレット販売

アウトレットは在庫処分を目的として運営されている店舗です。
型落ち製品や傷ものなどを通常より安い価格で販売します。
この販売形式を利用することで在庫を大幅に減らせます。
消費者としても有名ブランドの商品を安価な値段で購入できるためメリットがあります。

*処分業者に依頼する

処分業者に依頼して在庫を買い取ってもらうのも1つの方法です。
セールやアウトレット販売をしてもなお余ったものを依頼すると無駄なく処分できます。
特に決算期は業者も買い取りに力を入れていることが多いため便利です。
しかし、処分業者の数は非常に多く、その内実も業者によって大きく異なります。
信頼できる良い業者を選ぶようにしましょう。
事前見積もりなどを頼む際の対応やその業者の実績を選ぶ基準にすることをオススメします。
良い業者はその対応も必ず素晴らしいもので、十分な実績を上げていることが多いからです。

 

□まとめ

今回は在庫処分の方法を詳しく解説しました!
大きく分けてセール、アウトレット販売、業者に頼むの3つの方法があるようですね。
セールをする際にはそのタイミングと値下げ幅に注意することが必要です。
一方、業者に買い取ってもらう場合は対応や実績を見て信頼できる業者を選ぶようにしましょう。
ぜひ今回ご紹介したことを考慮して、満足いくような在庫の処分を行ってくださいね。

在庫処分を決算前にしておくメリットを解説します!

「在庫処分を行いたいがどのタイミングですればいいのかわからない…」
このように在庫処分のタイミングがわからず困っている方は多くいらっしゃると思います。
確かに日常生活で在庫処分のタイミングを知る機会はなかなかないですよね。
実は決算前に在庫処分をするとメリットがあります。
そこで今回はこのメリットについて解説します!

□一番のメリットとは?

決算前に在庫処分をする最大のメリットとして、節税ができるということが挙げられます。
企業が払うべき税金は、その企業の売上総利益に従って決まります。
実はこの売上総利益の計算に在庫が大きく関わっているのです。
これは売上高と期末在庫を足し合わせて、期首在庫と当期仕入高を引いた数値です。
期末在庫以外の数値は基本的に固定されていますが、期末在庫の値は変更できます。
在庫処分は値を減らすために非常に有効な方法です。
従って決算前に在庫を処分しておけば同じ利益でも払う税金を少なくできます。

□本当に決算前が一番いいのか?

在庫処分が節税のために非常に有効であることは理解していただけたと思います。
しかし、本当に決算前に在庫処分するのがベストなタイミングなのでしょうか?
結論からいうとやはり決算前がベストです。
しかし、「在庫がなくなりさえすればいつでもいいのでは?」と思われる方もいらっしゃると思います。
そこでここでは決算前に行うメリットに焦点を当てて解説します。

*在庫処分直後に決算ができる

掃除直後の部屋が一番きれいであるのと同じように、処分直後の会社が一番無駄なものがない状態です。
決算を行う際、無駄なものは少ない方が良いに決まってますよね。

*業者も力を入れている

決算前に処分を行う企業が多いことは買い取り業者も十分理解しています。
そのため、ほとんどの業者はこの期間を稼ぎ時と考えています。
1企業でも多くの顧客を得ようと業者は様々なサービスを強化します。
従って決算前に業者に依頼すると他の期間よりも得できます。
もちろん在庫を減らそうと考えることは重要です。
普段から在庫を減らし続ければ会社の倉庫をもっと効率よく使えます。

□まとめ

今回は決算前に在庫処分をするメリットについてご紹介しました。
処分することによって無駄な在庫がなくなり、決算がしやすくなるとともに節税対策もできます。
また処分業者も通常期より力を入れているためお得に処分できます。
ぜひ今回ご紹介したことに注意して満足のいく在庫処分をしてくださいね。

在庫を抱えている方必見!在庫処分の際の注意点を解説!

「在庫を処分したいが、どのような点に注意すればいいのかわからない…」
このように在庫処分の際の注意点がわからない方は多いと思います。
普段なかなか大量のものを処分するという機会はありませんよね。
しかし、1から調べるとなると非常に労力を要します。
そこで今回は在庫処分の際の注意点について解説します!

□処分方法を検討する

処分の方法を決めなければどのような点に注意すべきかわかりませんよね。
大きく分けて「処分」と「買取」の2つの方法があります。
以下でそれぞれの方法について注意点をご紹介します。

□在庫を廃棄処分する場合

在庫を廃棄する場合、必ず証明を行わなくてはなりません。
もし証明をせずに帳簿上だけで処理してしまうと税務上認められない可能性があります。
在庫を処分することでその分会社の法人税が減ってしまいます。
従って一部の企業は決算対策のために不正に在庫廃棄を行うことがあります。
その不正を防ぐために廃棄の証明が必要です。
どの在庫を処分したのか一覧表を作ると確認の際に便利です。
また業者に廃棄を頼んだ場合は必ず証明書を貰いましょう。
従業員や取引先に贈与という形で処分した場合も注意が必要です。
現物給与とみなされ、課税されることがあるためです。

□在庫を買取処分する場合

在庫を買取処分する場合、必ずその売り上げを計上しなくてはなりません。
また買取処分をする場合はその業者の選び方も非常に重要です。
もし悪い業者を選んでしまった場合、結果的に損をすることもあります。
そのため良い業者を見極めることが大切です。
事前見積もりなどを複数の業者に依頼し比較することも確かに効果的です。
しかし、事前見積もりは無料だと言っても後から高額な料金を請求してくる業者もあります。
業者の信頼度を計る基準として接客対応と実績が挙げられます。
良い業者はその対応も信頼できることが多いです。
対応が雑な業者に当たってしまった場合は業者選びをやり直した方がいいかもしれません。
また、確かな実績を上げている業者は基本的には信頼できます。
ホームページなどに載っている場合もあるので確認することをオススメします。

□まとめ

今回は在庫処分をする際の注意点をご紹介しました!
まず、廃棄と買取のどちらの方法で処分するのか決めることが重要です。
廃棄ならしっかり証明をすること、買取なら売り上げの計上と業者選びに気を付けることが大切なようですね。
ぜひ今回ご紹介したことを注意して満足いく在庫処分をしてくださいね。

個人事業主の方が廃業をする際の手続きを徹底解説!

個人事業主の方で、廃業を考えている方もいらっしゃると思います。
しかし、その廃業の手続きを正しく理解されている方は少ないのではないでしょうか。
確かに日常生活で廃業の手続きを知るような機会はなかなかありませんよね。
しかし、正しく手続きを行わなくては事業を畳めません。
そこで今回は個人事業主の方が廃業をする際の手続きを解説します!

□このステップで手続きを行う!

廃業を確定させるには大きく分けて6つのステップをこなす必要があります。
ここでは各ステップごとに解説します。

*営業終了日を決める

廃業をするためには営業を終了しなくてはなりません。
「個人事業だし適当でもいいかな」と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、それは大間違いです。
これまで関わってきたすべての相手に影響を与えることなので必ずしっかりと決めましょう。

 

*解散登記、清算人選任登記

株式会社であれば営業終了日について株主総会で許可を得る必要があります。
大企業であればこの作業で数週間かかる場合もありますが、小規模の会社であればあまり時間を取られることはないでしょう。
営業終了日から2週間以内に清算人は解散登記、清算人選任登記を行う必要があります。

*解散の届出を行う

解散登記を書けば十分かというと、実はそうではありません。
税務署関連の届け出がまだ終わっていないためそちらの処理が必要です。
従業員が解雇される場合は、その雇用保険や社会保険の手続きをしなくてはなりません。

*官報での解散広告

解散したという報告を官報に載せる必要があります。
載せる期間は少なくとも2か月と定められています。
この広告は債権者が債権を申し出るようにするための通知です。
この報告は義務化されています。

*清算人による清算

債権回収と債務の弁済を行う必要があります。
売却により得られる資産でこれらを行います。
株式会社であれば残余財産が発生した場合、株主へ分配する必要があります。
これまでのステップをすべて完璧にした後清算決了登記を行います。

*確定申告

清算が終了してもまだ手続きは終わっていません。
最後に確定申告を提出する必要があります。
この提出は廃業から50日以内に行わなければいけません。

□まとめ

今回は個人事業主が廃業手続きをする際の手続きをステップごとに解説しました。
期限が決まっているものが多いためすべて漏れなく確実にこなすことが大切ですね。
ぜひ今回ご紹介したことに注意してしっかりと事業を廃業して次のステップへ進んでくださいね。

在庫処分をしたい方必見!在庫処分の方法について!

「在庫処分がしたい」
「しかし方法がわからない」
このように在庫処分をしたい方は多くいます。
しかし、どのような流れや方法で業者に在庫処分を依頼したら良いのかわからない方も多いと思います。
そこで今回は業者による在庫処分の方法について詳しくご紹介します。

 

□業者による在庫処分の方法

*処分の方法

在庫処分の方法については、店頭セールやアウトレットでの販売、ファミリーセール、最終的には廃棄などがあります。
ただし、自社でキャリー品の販売を続けること、保管を続けることは当然コストがかかります。
そのため、在庫処分業者が一括転売する方法もあります。
アパレル関連の在庫は、在庫処分業者が取り扱う在庫の中でも特に多いです。
在庫処分業者を利用した在庫処分は、自社の状況にマッチした方法を選択肢し処分できたり、素早く決断することでコストの軽減にもつながったりするのでお勧めです。

*依頼

在庫処分を抱える期間が長ければ長くなるほど、コストが高くなってしまいます。
そのため、処分したいときにすぐ依頼するのがベストです。
また以下の項目に当てはまる場合は業者に在庫処分を依頼することをお勧めします。

・セールやアウトレットでも売れないような商品の在庫がある
・溜まってしまった在庫をまとめて処分したい
・買い取りを利用して費用を節約したい
・溜まっている在庫を倉庫から取り出すのが負担である
・できるだけ効率よく廃棄したい

 

*処分のタイミング

在庫は定期的に処分しなければ、溜まっていく一方です。
一定の期間を設け、在庫の見直しをするとことをお勧めします。
いくら大切な商品でも、抱え込んで経費ばかりかかっていては全く意味がありません。
棚卸しや決算をきっかけに在庫を処分していくことをお勧めします。

*回収方法

業者による回収方法は、主に「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」の3つがあります。
余剰在庫の回収には、直接会社まで引き取りに来てもらえる「出張回収」がお勧めです。
在庫が大量にある場合も運び出してもらえるため、負担が軽くなります。

*業者選び

良い業者による在庫処分を受けたいときは、信頼できる誠実な業者を選びましょう。
業者によっては、処分費用の名目で高額な手数料を請求する所もあり、そういった業者に限って不法投棄を行っていることもあります。
そのようなことを回避するためにも見積書はしっかりと確認しておくことをお勧めします。

 

□まとめ

以上、今回は在庫処分の方法について解説しました。
在庫処分はもちろん倉庫に保管することもコストがかかるため、少しでも早い段階で在庫処分の決断をすることがお勧めです。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。

在庫を抱える方へ|在庫処分をして節税?その仕組みを解説!

「在庫処分をしたいが、それによる会計上のメリットはどのようなものがあるのか?」
このように、在庫処分による会計上の効果について知りたいと思われている方は多くいらっしゃると思います。
なるべくメリットが大きくなるように処分したいですよね。
実は適切なタイミングで在庫処分を行えば効果的に節税を行えます。
そこで今回はなぜ処分すれば節税ができるのか、その仕組みから詳しく解説します!

□なぜ在庫処分を行うと節税できるのか?

そもそも会社が払う税金は「売上総利益」という指標に基づいて決められます。
この値を与えるのは以下に記す式です。
「売上高+期末在庫-(期首在庫+当期仕入高)」
ここで「在庫」は期末在庫に位置します。
在庫を処分することで期末在庫の値が少なくなります。
それにより売上総利益の値も減少し、同じ売上の他の企業よりも払う税金を少なくできます。
これが節税のカラクリです。

□その適切なタイミングは?

在庫処分により節税できることは理解していただけたと思います。
では節税を行う適切なタイミングはいつなのでしょうか?
それはズバリ、「決算前」です。
ここではなぜ決算前が良いのか解説します。

*在庫処分直後に決算ができる

掃除直後の部屋が一番きれいであるのと同じように、処分直後の会社が一番無駄なものがない状態です。
決算を行う際、無駄なものは少ない方が良いに決まってますよね。
また、売上総利益は決算の際に計算するものです。
その時の期末在庫によって払う税金が決まります。
この意味でも決算期の前が処分を行うにはベストなタイミングです。

*業者も力を入れている

決算前に処分を行う企業が多いことは買い取り業者も十分理解しています。
そのため、ほとんどの業者はこの期間を稼ぎ時と考えているのです。
1企業でも多くの顧客を得ようと業者は様々なサービスを強化します。
従って決算前に業者に依頼すると他の期間よりも得ができます。
もちろん普段から定期的に在庫を処分することは非常に効果的です。
これは、会社の倉庫からデッドスペースを減らせるからです。
デッドスペースとは倉庫の中で使われていない空間のことです。
これが少なくなればなるほど会社の利益に繋がります。

□まとめ

今回は在庫処分をするとなぜ節税ができるのか、その仕組みをご紹介しました。
売上総利益に在庫が大きく関与していることがその理由でした。
また決算前が処分を行うのに最もベストなタイミングでした。
今回ご紹介したことに注意してぜひ満足いく在庫処分をしてくださいね。

在庫処分をした方必見!良い業者の選び方!

「在庫処分をしたい」
「しかし、たくさんある中でどの業者を選べば良いかわからない」
このように在庫処分に困っている方は多くいます。
いざ在庫処分について相談しようとしても、悪徳業者も含めるとたくさんの業者が存在するため、どこの業者に依頼したら良いのかわからない方も多いです。
そこで今回は、在庫処分をしたいときに、良い業者の選び方についてご紹介します。

□業者の選び方

*信頼

まず何よりも大事なのは「信頼度」です。
手続きが曖昧ではなく明確に記され、適切な価格での買い取りをしてもらえるような安心できる業者は信頼性が高いと言えるでしょう。
他にも、信頼度を測る方法として、「実績」を見ることが挙げられます。
長年事業を続けている業者であれば、しっかりと再販ルートやスキルを持っています。
また、どのような商品を買い取り、どのように販売しているのかという実績を公表している業者はより信頼度が高いです。
電話やメールなどの対応が丁寧であるかという点も信頼度を測る指標と言えます。

*見積書を書類で出してくれるか

見積もりを依頼した際には、書類という形で提出してくれる業者を選ぶことが大切です。
口頭だけの場合、後から「言った」「言ってない」と言い合いになるトラブルが発生する原因になり、利用者側が損をしてしまうケースもあります。
そのようなトラブルを避けるためにも、事前に書類での提出が可能かどうか、確認してから契約するようにしましょう。

*口コミ

良い買い取り業者か悪い買い取り業者なのか見極めるためには、口コミの良さや、多さもチェックする必要があります。
自身が食事に行くときにも、良い口コミが書いてあるレストランを予約すると思います。
それと全く同じで、買い取り業者でも口コミは良い判断材料になります。
高評価の言葉が多く書いてある口コミを参考にするだけでなく、低評価の意見もよく読むことをオススメします。
業者のどの点がダメなのか、それぞれの意見に相違はないのかなど気をつけながら読むと、業者ごとに良い部分、悪い部分が見えてきて自身にあった業者選びができます。

□まとめ

以上、今回は在庫処分をする際の良い業者の選び方について解説しました。
「在庫処分をしたい」とお考えの方は、ぜひ業者を利用してみてください。
在庫処分をする際の業者選びでお困りの場合に、この記事を参考にしていただけると幸いです。
何かご不明な点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

在庫を抱えている方必見!在庫処分の業者の選び方を解説!

「在庫処分を業者に頼みたいが、どこに頼めばいいかわからない…」
このように、業者の選び方がわからず困っている方も多いと思います。
一口に処分業者といってもその内実は様々です。
良い業者を選んでしっかり在庫処分をしたいですよね。
そこで今回は在庫処分の業者の選び方を解説します!

 

□自分たちに合う業者を選ぶ!

処分業者の数は非常に多く、その専門も異なります。
従って選び方を間違えると引き取ってもらえないこともあります。
そのため、自分が必要とするものを引き取ってくれるか事前確認を行うことが必須です。
業者のホームページを見たり事前見積もりの際に確認したりするのがいいでしょう。
しかし、単に在庫の内容だけで選ぶのでは十分ではありません。
業者が在庫のある地域に対応しているのか確認することも同じくらい重要です。
地域を超えて在庫を取りに来てくれる業者もありますが、多くの場合追加料金が発生します。
地域と在庫の種類を基準にリストアップしてみましょう。

 

□実績や対応を確認!

「リストアップしたはいいが、この中からの選び方がわからない!」
このように思われる方は多いのではないでしょうか。
リストアップした中から選ぶ基準として、「実績」と「対応」が挙げられます。

*「実績」について

良い業者は確かなスキルとしっかりしたルートを持っています。
従ってこれまで積み上げてきた実績は非常に素晴らしいものです。
一方あまり良くない業者は不十分なスキルやルートしか保持していません。
よってその実績もあまり芳しいものではありません。
しかし、その実績を確認する方法がないことも多いです。
そこで、実績判断の1つの基準として「創業からの年数」が挙げられます。
長く事業を続けているということはそれだけ多く実績を上げてきたと考えられるからです。

*「対応」について

良い業者はその業務対応も素晴らしいことが多いです。
従って電話やメールなどの対応も選ぶ基準として考えられます。
特に電話は直接話すため、相手の素の言葉遣いなどが現れやすいです。
選んだ業者が荒い言葉遣いで電話をかけてくるようであれば、再考した方が良いかもしれません。

□まとめ

今回は在庫処分の業者の選び方をご紹介しました。
まずは在庫の種類と地域を考えてリストアップをすること、その後実績と対応を基準に満足いくと考えられる業者を選ぶことが大切なようですね。
ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、満足いく在庫処分をしてくださいね。

個人事業主の方必見!廃業届の注意点をご紹介します

個人事業主で廃業する時は廃業届を提出しなければなりません。
しかし書類が多く、わかりにくい部分が多いです。
そこで今回は廃業届についての注意点をご紹介します。

具体的には、届出書の種類、書き方についての注意点をご紹介します。
書類は条件によって提出しなければいけないものがあり、個人によって提出する数が違います。
しっかりと、以下のことを確認しましょう。

 

□届出書

*個人事業の開業・廃業等届出書

税務署と都道府県税事務所に提出することが定められています。
税務署の期限は1か月以内で、都道府県税事務所の場合は都道府県によって異なります。
10日以内と期限がかなり早いところもありますので注意しなければなりません。

*青色申告取りやめ届出書

青色申告をしている方は所轄の税務署に提出しなければなりません。
期限は廃業時の翌年の3月15日です。

*事業廃止届出書

消費税の課税事業者の方は提出しなければなりません。
期限は定められていませんが、早めに提出しましょう。

*所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請手続き

予定納税額が基準に満たないと予想される場合に提出するものです。

*給与支払事務所等の解説・移転・廃止の届出

給与等の支払事務を取り扱う事務所を廃止する場合に提出するものです。

 

□届出書を書く際の注意点

1. 廃業の場合は題名のところの「開業」を二重線で消すか、「閉業」を丸で囲みます。

2. 税務署名は所轄の税務署名を記入します。

3. 屋号には個人事業で使っていた屋号を記入します。
なければ空欄で大丈夫です。

4. 事業を廃業して法人成りした場合は設立法人名、代表者名、法人納税地、設立登記を記入します。

5. 廃業に伴う届出書の提出がある場合はその有無に丸をつけます。

□その他注意点

自営業者には所得税とともに個人事業税が発生します。
普通、ある年度に対する個人事業税はその翌年に支払います。
しかし廃業する場合、廃業時から1か月以内に個人事業税申告書を提出しなければなりません。

また、廃業後も事務所維持にかかる費用や、清掃などにかかる費用が発生します。
しかし、廃業後の費用を経費とすれば、所得税を節約できます。
内容によっては経費として認められない場合もあります。

 

 

 

□まとめ

以上、廃業届を提出する際の注意点をご紹介しました。
書類の種類が多くて混乱した方もいるのではないでしょうか。
人によって提出する数が違うためしっかりと確認することが大切です。
また、期限が様々であるためスケジュール管理も大切です。
今回ご紹介した注意点に気を付けてみてください。