飲食店閉店の際に買取価格を高くするコツや備品を売る方法についてご紹介します!

飲食店閉店の際に売却を検討される方も多いのではないでしょうか。
買取を依頼した後に後悔しないためにも、事前にポイントを押さえておくことが大切です。
そこで今回は飲食店を閉店する際に高価買取につなげるコツと備品の売却時に注意したいポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

飲食店を閉店する際に高く買取してもらうコツをご紹介!

閉店したり移転したりする際に店舗を高く買い取ってもらうコツを3つに分けて説明します。

1つ目は高額化するポイントを押さえることです。
買取時には立地や設備、空間が価格を判断する基準になります。
立地に関しては、売主は変更できませんが、特徴をつかんでニーズに合った買主を選ぶことで改善されます。
また、郊外の場合は駐車場が付いているかどうかも高価買取の要素に入ります。

2つ目は設備や店舗内部の環境を整えることです。
調理室設備の状態は、買取時の価格に大きく影響します。
また、排水の際に油を分解できるグリストラップの有無も大切です。
事前に故障している設備がないかどうかの確認もしておきましょう。

3つ目は使いやすい空間と清潔な店内であることです。
多目的に使用できる空間であれば買取価値も高くなる傾向があります。
また、目につく場所はできるだけ清潔な印象を与えられるように掃除をしておきましょう。

備品の買取を依頼する時に注意したいポイントについてご紹介!

続いて、どのように店内の備品を売れば良いのかに関する3つのステップを説明します。

1つ目は買取を依頼することです。
今の時代はどの会社でもホームページを設けているので、気になる会社に問い合わせるようにしましょう。
大手の会社に比べると、専門的に取り扱っている会社の方が高く売れる傾向があります。

2つ目は見積もりをとることです。
一般的に見積もりは無料で行われます。
場合によっては有料の会社もありますが、その代わりに買取金額も高くなる傾向にありますよ。

3つ目は実際に売却を進めることです。
依頼後、いつから売却作業を開始するか相談しましょう。
個人店の場合は、閉店の何日後から作業を行うか、複合店であれば、テナントの片付けも必要なので、余裕を持ってスケジュールを立てることが大切です。

まとめ

今回は飲食店閉店の際に買取の依頼を検討されている方へ向けて、高価買取のコツと備品の買取時のステップと注意点をご紹介しました。
事前にポイントを押さえて満足のいく売却にしましょう。
飲食店の売却をお考えの方はぜひお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

廃業と閉店の違いと廃業させないためのポイントをご紹介します!

閉店と廃業の違いをあまり理解していないという方は意外と多いですよね。
そこで、この記事では閉店と廃業の違いと、廃業を避けるために気を付けたいポイントについてご紹介します。
事前に廃業の原因を解決するために、ぜひ参考にしてください。

廃業と閉店の違いについてご紹介!

まず、廃業とは事業主や経営者の判断で、事業や会社自体をやめることです。
廃業理由としては経営不振や債務超過、業務悪化などです。
原因が債務超過の場合は、自主的に廃業することを選んでいても倒産と呼ばれます。

しかし、会社の債務超過で支払いができない状態ではなく、利益を出していても廃業する場合があります。
この場合、経営者の後を継ぐ人がいないため事業をやめたり、新しく得た資金で別の会社を興したりするケースが多いです。

次に閉店とは経営をしている店舗をやめることです。
実際の店舗のみならず、ネット掲載時にも閉店という言葉が使用されます。
閉店はその運営している店舗自体をやめるという意味なので、必ずしも廃業とは限りません。
複数の店舗がある場合は、会社や事業がなくなる訳ではないので注意しましょう。

会社を廃業させないためのポイントをご紹介!

続いて、廃業を回避するためのポイントを2つに分けて説明します。

1つ目は専門家の支援を受けて事業継承することです。

会社の後を継ぐ後継者がいない場合、廃業する選択を迫られる可能性が高くなります。
そのため、事前に専門家の支援を受けて事業継承や後継者不在の解決策を図ることが大切です。
後継者不足問題は迅速に対応することが難しいため、早めの対策を心がけるようにしてください。

また、経営状況が悪い場合は、改善を図りながらM&Aを使用すれば好条件での売却が期待できます。
廃業を回避するためにも専門家に相談して早めに行動するようにしましょう。

2つ目はM&Aで事業を売却することです。

M&Aとは会社を必要としている企業や人に売る方法です。
例えば、ある会社が新しい分野に事業進出をしたいと考えている場合、資金やノウハウがゼロの状態から始めるのは難しいですよね。
その際に優秀なスキルを持った廃業を検討している会社を買うことで、ノウハウやスキルを手に入れる方法が、M&Aです。

買い手側にも売却側にも利益が出る方法なので、廃業を回避したい場合は、M&Aで売却するのもおすすめです。

まとめ

今回は閉店と廃業の違いについて解説すると共に廃業させないためのポイントについてご紹介しました。
解決できる問題は事前に対策を立てて、なるべくトラブルを避けることが大切です。
今回の内容を参考にして、ポイントを活用していただければ幸いです。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

ガチャガチャやカプセルトイは買取は可能?高く売るためのコツをご紹介します!

「使用しなくなったガチャガチャやカプセルトイを処分したい」
このようにお考えの方はいらっしゃると思います。
しかし、これらの品物は買取に出したら売れる場合があります。
そこで今回は、ガチャガチャのフィギュアを高く売るコツを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ガチャガチャやカプセルトイを買取に出しましょう!

ガチャガチャやカプセルトイなどのおもちゃは、売るのが困難だと思い、自分の判断で捨ててしまう場合が多いでしょう。
しかし、売れる可能性に注目して査定依頼に出すことは重要です。

様々な商品があり、中には人気で手に入らないコレクションをお持ちの方もいらっしゃいます。
改めて現在持っているものの価値を調べることをおすすめします。
都会ではすぐに売れ切れるような商品でも、地方なら比較的購入しやすい場合があります。
このように容易に購入できた分、価値の高さを意識しない方も多いでしょう。

人気キャラクターのカプセルトイなどは、価値が高いものが見つかる可能性があります。
レアな商品もあるため、コレクションしているものに対して、詳細な知識を持っていない場合には、専門知識を持った方に聞きましょう。

ガチャガチャのフィギュアを高く売るには?

ガチャガチャのフィギュアを高価格で売却するにはコツがあります。
ここでは、コツを3つ紹介します。

1つ目は、単品よりセットで売却することです。
単品でガチャガチャのフィギュアの高値を狙うのはかなり至難の業でしょう。
ガチャガチャのフィギュアの多くは、シリーズで流通しているため、同じシリーズのものを集めてまとめて買取に出せば、高価買取が期待できるでしょう。

2つ目は、綺麗な状態で買取に出すことです。
ガチャガチャのフィギュアが綺麗であったら、買取額がアップします。
何の手入れもせずに買取に出すと、減額の恐れがあるため、注意してください。

3つ目は、キャンペーンなどを利用することです。
単品での買取単価は低いですが、買取店が実施するキャンペーンを利用すれば、買取価格が高くなる場合があります。
それゆえ、買取店のホームページの確認をしましょう。

まとめ

今回は、ガチャガチャのフィギュアを高く売るコツを解説しました。
ガチャガチャやカプセルトイはものによっては売却できる可能性があります。
高く売るためのコツを意識して、買取に出しましょう。
買取をお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

業務用製氷機を処分する際のタイミングや方法についてご紹介します!

「業務用製氷機の処分するタイミングはいつが良いのだろうか」
「業務用製氷機の処分方法を知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、業務用製氷機の処分方法と処分するタイミングを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

業務用製氷機の処分方法とは?

業務用製氷機を処分する際には、自治体で処分してもらおうと考える方が多いです。
しかし、業務用製氷機は「産業廃棄物」の扱いであるため自治体できません。
それゆえ、粗大ゴミとして勝手に捨てられません。
ここでは、業務用製氷機の処分方法をメリットとともに3つ紹介します。

1つ目は、専門の正規処分業者への依頼です。
産業廃棄物収集運搬許可業者に委託して、取引指定業者へと運搬して回収してもらう方法になります。
フロンガスが含まれる業務用製氷機の場合は、廃棄前にフロン回収を専門業者に依頼する必要があります。

この処分方法のメリットは、きちんと処分してもらえる点です。
正規の処分業者は都道府県への登録が求められます。
また、法律に基づいた作業や管理をすることが義務です。
それゆえ、不正業者に当たる心配はないでしょう。

2つ目は、ネットオークションを利用した売却です。
メルカリやヤフオクを利用して処分する方法もあります。
出品した業務用製氷機が落札されたら、落札者に送れば完了です。

この処分方法のメリットは、入札者が多いほど落札額が高くなる点です。
最良の状態かつ非常に人気が高いモデルであれば、高価格で落札されるでしょう。

3つ目は、買取業者への依頼です。
専門の買取業者に依頼して業務用製氷機を回収してもらえます。
近くで業務用製氷機を買取してくれる業者を探して査定してもらいましょう。
業務用製氷機を引き渡すタイミングで査定金額を受け取れるでしょう。

この処分方法のメリットは、正規業者のような面倒な手続きを省ける点です。
引き渡すだけで、処分可能です。
また、条件が良い業務用製氷であれば、ある程度高い金額で買い取ってくれるはずです。

業務用製氷機を処分するタイミングをご紹介!

業務用製氷機を処分するには、事前に確認作業が必要です。
その作業次第で売却できるかどうかに関わってくるので、入念に確認しましょう。
確認する点は、氷が問題なく作れるか、清潔に保たれているか、製造番号などです。
これらの確認が完了したタイミングで処分しましょう。

まとめ

今回は、業務用製氷機の処分方法と処分するタイミングを紹介しました。
業務用製氷機は様々な処分方法があるので、最適な方法を選択しましょう。
また、タイミングを考えた上で処分しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不要なパーテーションをお持ちの方へ!買取を依頼する際のポイントをご紹介します!

不要なパーテーションを売却したいけど何から始めれば良いか分からないとお困りの方はいらっしゃいませんか。
何も知らず不要になったパーテーションを捨ててしまうのはもったいないです。
この記事では、不要になったパーテーションを処分する方法と高く買い取ってもらうためのコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

不要になったパーテーションを処分する方法をご紹介!

パーテーションとは会社のオフィスで快適な空間に仕上げるために使用される道具の1つです。
木目調タイプや施工タイプ、布張りタイプなどしてあるタイプなど種類はさまざまです。
用途に合わせた種類を選択できる分、テナント退去やレイアウト変更の際は不要になる場合があります。
そこで、不要なパーテーションの処分方法を説明します。

まず、設置されたパーテーションは専門の会社に依頼して解体してもらうことが必要です。
特に高さのあるものは素人では解体するのが難しいため、専門家に頼むことをおすすめします。
また、枚数が多くなることで重くなるため個人での運搬も厳しいでしょう。
そのため、パーテーションを廃業する際には廃棄物処理免許を所有する会社に依頼する必要があります。

免許を所有していない会社に依頼した場合、高額な処理費用を請求される可能性があるので注意しましょう。
処分費用に関して問い合わせる際は、専門的な会社に頼るようにしましょう。
運搬費用は会社によって費用が異なることが多いため、問い合わせて確認することが大切です。

パーテーションを高く売るコツをご紹介!

パーテーションは、使い方次第で希望の部屋の形やレイアウトに変えられます。
そのため、特定の部屋に合わせたサイズに加工されているものは売れにくい傾向があります。
また、再度利用する人もパーテーションとして使うことが多いです。
そのため、中古として評価されるものは一般的な家庭や店舗、施設になじみやすいものだと言えるでしょう。

また、解体時に傷がつかないようにして部品を揃えておくことも大切です。
多少の傷や汚れであれば補正次第で高い価格で買い取られます。
オフィスの移転や模様替えなどでパーテーションを売却する際は、お気軽に当社にご相談ください。

まとめ

今回は、不要なパーテーションを高く売るためのコツと処分する方法をご紹介しました。
不用品は、すぐに捨てるのではなく一度売れるのかどうかを考えることが大切です。
今回の内容を参考に、パーテーションを売却したい際に役立てていただければ幸いです。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫の処分をお考えの方に向けて買取相場と処分方法を解説します!

「抱えている在庫商品を処分したい」
「余剰在庫の処分方法を知りたい」
このように在庫商品の処分を検討されている方はいらっしゃいます。
業者による在庫買取を利用すれば、問題を解決できる可能性があります。
そこで今回は、在庫品の種類ごとの買取相場と余剰在庫の処分方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

在庫品の種類ごとの買取相場について紹介します!

ここでは、4つの種類ごとの買取相場を解説します。

まず、商品在庫です。
倒産前に商品を多く仕入れ過ぎた結果、倒産後に多くの在庫を抱えるケースがあります。
その場合には、商品在庫は速やかに買取に出すことをおすすめします。
商品在庫はまとまった状態だと高値で売れる可能性があるため、把握しておきましょう。
ただし、きれいかつ未開封なものに限る場合が多いため、注意しましょう。

次に、事務用品です。
事務用品は、オフィス機器やパソコン、椅子、コピー機などを指します。
これらの事務用品は古いと買取できない場合があります。
まとまった数を早急に買取に出すことで、高値で売れるでしょう。

次に、美容器具・エステ機器です。
これらの商品は単価が高いことが特徴です。

最後に、店舗商品です。
レジスター、調理器具、厨房器具などを指します。
事務用品と同様、早めに買取に出せば高価格で売却可能です。
また、お客様用のテーブルや椅子などは需要が高い傾向にあるため、まとめて売れば高価買取が期待できるでしょう。

以上が、在庫品の種類ごとの買取相場になります。
いずれにしても、早急に売却することが大切です。

余剰在庫の処分方法について紹介します!

ここでは、余剰在庫の処分方法を3つ解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、買取業者に依頼することです。
買取業者には積極的に余剰在庫を買い取っている業者もいます。
また、業者によってはインテリア項目、インテリア製品、衣料品など買取可能項目が決まっているところもあります。
事前に確認しておきましょう。

2つ目は、アウトレットストアで売ることです。
アウトレットストアは、定価よりも安く買えます。
それゆえ、多くのお客さんが集まりやすい傾向にあります。
アウトレットストアを利用すれば、余剰在庫もすぐに売り切れる可能性があるでしょう。

3つ目は、値段を下げてセールを開催し処分することです。
余剰在庫は、商品の値段が高いことが一因です。
販売価格を下げることで、商品が売れる可能性があります。

まとめ

今回は、在庫品の種類ごとの買取相場と余剰在庫の処分方法を解説しました。
在庫品の相場を理解して在庫買取に出しましょう。
また、解説した余剰在庫の処分方法をもとに最適な処分を行ってください。
在庫買取をご希望の方は、当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

小売店の閉店をお考えの方へ!閉店を進める上で必要な手続きの仕方をご紹介します!

小売店の閉店をお考えの皆さんは、必要な手続きの仕方をご存知でしょうか。
閉店時には様々な手続きを要するため、事前に何をすべきか知っておくことが大切です。
そこで今回は小売店の閉店をお考えの方に向けて、閉店挨拶時の告知のポイントと行政機関への手続き方法を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

閉店挨拶時の告知のポイントとは?

小売店は閉店する際には、お知らせと挨拶を行い、周囲に知らせる必要があります。
閉店時は、店頭の張り紙をはじめ、ホームページやブログ、各種SNSなどの様々な方法を利用して伝達を行います。
ここでは、閉店挨拶時の告知のポイントをパターン別に3つ紹介します。

まずは、店頭の張り紙の挨拶文です。
閉店の挨拶以外にも、状況に応じて伝達したい情報があれば入れるようにしましょう。
「入居ビルの都合のため」「後継者がいないため」などのように理由を記入していれば、お店を利用してくれていた方々はわかりやすいでしょう。

次に、取引先に対しての挨拶文です。
取引先に関しては、硬い表現で伝えるようにしましょう。
その際には、「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語を使用すると良いです。
また、従業員への告知で、メールやLINEなどの文面で送る際には簡潔に伝えましょう。

最後に、移転による閉店での挨拶文です。
移転による閉店であれば、移転場所の地図情報や移転後の開店時期などの詳細情報を明記すると良いでしょう。
近隣に別店舗がある場合には、そちらを利用するように伝えると良いです。

閉店時の挨拶は伝えたい重要事項を、端的にまとめるようにしましょう。
紹介した告知のポイントを参考にしてください。

行政機関への手続き方法をご紹介!

行政機関への届け出は、業態によっても異なります。
しかし、必ず届け出るべき機関があるのでご紹介します。
小売店の経営形態は法人と、個人事業主の2つがありますが、今回は個人事業主で小売店を経営していることを前提とします。

まず、税務署です。
税務署に「個人事業の廃業届出書」を廃業日から1ヵ月以内に提出しましょう。
従業員がいる場合には、「給与支払事務所等の廃止届書」も合わせて提出しましょう。
また、青色申告を行っている場合には、「所得税の青色申告の取りやめ届出書」も廃業後3ヵ月以内に提出する必要があります。

次に、都道府県税事務所です。
「廃業の届け出」を都道府県税事務所へ提出する必要があります。
都道府県税事務所に問い合わせた後に、書類の様式や提出期限の確認を行ってください。

最後に、保健所です。
小売店の開業にあたって、「食品営業許可証」を受けていた場合には、保健所に返還しましょう。
その際には、廃業届の提出が求められるため、管轄の保健所に問い合わせましょう。

まとめ

今回は、小売店の閉店をお考えの方に向けて、閉店挨拶時の告知のポイントと行政機関への手続き方法を紹介しました。
閉店時は伝達したい内容を端的にまとめて伝えましょう。
また、行政機関への手続きの仕方を把握して、スムーズに届け出ましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

業務用オーブンを高く買い取ってもらうためのコツについてご紹介します!

ベーカリーオーブンを売りたいが、何から始めたら良いか分からない方もいらっしゃるでしょう。
今回の記事ではベーカリーオーブンに関しての基礎知識と業務用のオーブンを高く売るためのコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

ベーカリーオーブンについてご紹介!

ベーカリーオーブンは、火力や温度の調整が細かく設定できる機会のことを指します。
最近のベーカリーオーブンは使いやすく効率的に作業を進められるものが多いです。
様々なメーカーから販売されており、コンベクションオーブンとデッキオーブンの2種類に分けられます。

コンベクションオーブンはパンやお菓子を美味しく作るために高い熱効率と性能を備えています。
そのため、従来の水分を飛ばしてパリッと仕上げられる特徴に加え、しっとり加減も調整できるようになりました。
近年では焼きムラが出ないようなタイプもあるので、マカロンなどの温度調節が難しい食べ物にも対応できます。

一方でデッキオーブンは風を得意としないスフレやスポンジ等に適しており、1台で多種多様なものに対応できるオーブンです。
フランスパンなどの硬いパンも風味豊かに焼き上げられます。
パワーのあるオーブンになるので温度調整がしやすい点が魅力です。
また、マルゼンやコトブキ、パナソニックのオーブンは高価査定が出やすいメーカーです。

業務用オーブンを高く売るためのコツをご紹介!

オーブンを売る際にはできるだけ高い価格で買い取ってもらいたいですよね。
これから高く売るためのポイントを4つに分けて説明します。

1つ目はできるだけきれいな状態にすることです。
傷や汚れが少ない状態のオーブンは見た目がきれいなため買取価格が高くなりやすいです。
高温で使用することで焦げが付きやすいため、日々の手入れが大切になります。
査定前には簡単な掃除だけでもしておくと良いでしょう。

2つ目は付属品を揃えることです。
購入時に同封されている初期付属品や、取扱説明書を用意しておくと買取価格が高くなります。
付属品にはオーブン皿、ターンテーブル、網などがあります。
しかし、付属品が欠けている場合は下がる可能性もあるため注意しましょう。

3つ目は早い段階で売り出すことです。
年式の新しい業務用オーブンであるほど高く売れる傾向があります。
理由としては高い機能を備えており、安全性や清掃性にも優れているためだと言えるでしょう。
中でもコンベンションオーブンは中古でも需要が高い商品です。

4つ目はまとめて売り出すことです。
単品でも売却できる業務用オーブンですが、まとめて売り出すことで高価査定が期待できます。
また、買取の際に発生するコストもほとんど変わらないのでおすすめです。
不要な商品が複数ある場合はまとめて売り出すようにしましょう。

まとめ

今回はベーカリーオーブンに関しての情報や、業務用のオーブンを売る際のコツについてご紹介しました。
不要になった業務用オーブンを売りたい方はぜひ参考にしてください。
また、当社では様々な商品の買取を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

業務用冷蔵庫の買取を依頼する方必見!高く売るためのポイントをご紹介します!

業務用冷蔵庫を売却したいけど高く売るにはどうすれば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。
業務用冷蔵庫は飲食店や学校などの公共施設で使用されることが多いです。
今回の記事では需要の高い冷蔵庫の特徴や高く売るためのポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

売れる冷蔵庫と売れない冷蔵庫の違いをご紹介!

これから売れる冷蔵庫と売れない冷蔵庫の違いを3つに分けて説明します。

1つ目は故障しておらずきちんと使用できるかどうかです。
基本的に査定額は買い取った人が使える状態かどうかで変動します。
そのため、電源は入るがしっかり冷やせない場合や壊れている場合は買取を断られることが多いです。
売り出す予定の冷蔵庫がしっかり作動するかどうかの確認を事前にしておきましょう。

2つ目は製造から10年以内の冷蔵庫です。
業務用冷蔵庫は問題がなければ10年以上使い続けられます。
買取対象としては7年から10年の間に設定されている場合が多いです。
そのため、買ってから使用期間が10年以内の場合は買取を検討することをおすすめします。

3つ目は冷蔵庫の種類です。
業務用の冷蔵庫には従来の備え付けタイプとプレハブ型の冷蔵庫があります。
プレハブ型とはプレハブ庫の中が冷蔵庫になっており、大型であるため買取の対象外となる場合が多いです。
一方で一般的なタイプの業務用冷蔵庫は需要が高く、買い取ってもらいやすいですよ。

業務用冷蔵庫を高く売るためのポイントをご紹介!

これから業務用冷蔵庫を高く売るためのポイントを3つに分けて説明します。

1つ目はできるだけキレイにすることです。
買取査定額は日常の傷や汚れを想定して設定されます。
そのため、引き取り時までに掃除をキレイにしておけば査定額が上がる可能性があります。
また、冷蔵庫内の汚れや臭いにも注意しておくことが必要です。

2つ目は付属品を揃えることです。
冷蔵庫に関する取扱説明書や備品を揃えておくと査定額が上がります。
棚網やドレンホース、スノコなどの付属品はできるだけ用意しておきましょう。

3つ目はまとめて売ることです。
まとめて売り出すことで配送時のコストや人件費を抑えられます。
また、買取価格も上がるため不要な機器が複数ある場合は、まとめて売りましょう。

まとめ

今回は売れる業務用冷蔵庫の特徴や高く売るためのポイントについてご紹介しました。
需要の高い商品になるので今回の内容を参考にして高価買取を目指してください。
業務用冷蔵庫の売却をお考えの方はぜひ当社にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

oa機器を高く買い取ってもらうためのコツと買取相場をご紹介します!

皆さんは、oa機器の買取価格の相場をご存知でしょうか。
処分時に選択肢の1つとして、リサイクルショップへの売却を考える方は多いです。
その際に、どのくらいで売却できるか気になりますよね。
そこで今回は、oa機器の買取相場と高く買い取ってもらうためのコツを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

買取価格の相場とは?

oa機器をリサイクルショップに売却する場合に、どのくらいで売却できるのでしょうか。
ここでは、コピー機の買取価格の相場を解説します。

コピー機の売却時に受け取れる買取価格は、コピー機の買取価格とコピー機の引き取り費用の差額です。
機械を回収時に発生する引き取り費用を上回った場合に、ユーザーは買取価格を受け取れます。
逆に、コピー機に買取価格がついても引き取り費用が高い場合もあります。
その際には、買取価格で相殺したり、ユーザーが差額の引き取り費用を支払ったりする必要が出てきます。

引き取り費用が高くなるのは、距離が遠い場合です。
コピー機は大型の精密機械です。
それゆえ、特殊な運送業者が引き取りに伺います。
引き取り費用を宅配便の送料程度で考えていた方にとっては、高く感じるでしょう。

引き取り費用の相場は、モノクロコピー機で10000円前後、カラーコピー機で10000から15000円前後です。
この相場は、基本的にリサイクルショップから50キロメートル圏内の地域での算出値です。
距離が遠ければ、その分費用がかかる可能性があることを把握しておきましょう。

以上、コピー機の買取価格の相場を解説しました。
oa機器の代表格であるコピー機を買取に出す際には、上記の内容を把握しておきましょう。

oa機器を高く売るためのコツを紹介します!

ここでは、コピー機を高く買い取ってもらうためのコツを2つ解説します。

1つ目は、汚れなどの状態を確認することです。
査定額に最も影響するのがコピー機の状態です。
外観の汚れはもちろんですが、日焼けによる変化なども査定においては重要な要素です。
それゆえ、買取に出す際には、外部クリーニングを行い、外観をきれいにしておくことが大切です。

2つ目は、動作確認を行うことです。
買取に出す前に、コピー機の各種機能が正常かどうか動作確認を行いましょう。
動作確認をせずに査定を依頼すると、買取を拒否される場合があります。
特にしばらく使用していなかった場合には、入念に確認しましょう。

まとめ

今回は、oa機器の買取相場と高く買い取ってもらうためのコツを解説しました。
oa機器の相場を把握して、買取を検討しましょう。
また、高く売るためのコツをぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。