在庫管理を楽にしたい方必見!仕入れ管理の徹底が大切です!

仕入れ管理は、売上に直結する最初の業務です。
入念な在庫管理をすることで、スムーズに製造や販売ができます。
そこで、今回は仕入れ管理の基本をご紹介します。
また、エクセルで効率的に仕入れ管理をするポイントもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

仕入れ管理の基本とは?

仕入れ管理とは、商品の発注の始まりから終わりまでを管理する業務です。
商品を販売するためには、材料を仕入れて加工し、販売計画を立てる必要があります。
仕入れ管理を正しく行わないと、販売計画に影響が出てしまいます。

反対に、仕入れ管理を徹底して正しく行えば、商品を正しいルートと金額で仕入れられ、加工・販売がスムーズにできます。

在庫管理の基本は、適切であるかどうかです。
仕入れる時期や保管場所・製造場所を適切に把握する必要があります。
これらを把握し、正しい製品を適正なルートと金額で仕入れることが、仕入れの基本です。
仕入れ管理をすることで、確認業務を記録でき、残しておけるので緊張感を持ちながら商品の選別ができるでしょう。

エクセルで効率的な仕入れ管理を行うポイント

エクセルで仕入れ管理を行う場合の手間やヒューマンエラーを防ぐポイントをご紹介します。

1つ目は、仕事を増やさないことです。
仕入れ管理は、日常業務も同時に行う必要があります。
仕入れた商品のデータ入力や計算、在庫管理に時間がかかるシステムだと、他の業務にも支障を与えます。
そのため、入力が簡単にできて、自動計算ができる書式にすることで時間や手間を省けるでしょう。

2つ目は、ヒューマンエラーを排除することです。
エクセルは手入力なので、仕入れデータを入力するときに誤ってしまう可能性があります。
また、入力内容は間違えていなくても文字の表記揺れで集計データが反映されない場合もあります。
正しく管理するためにチェックをしたり、入力エラー機能をつけたりするなど、対策をしておきましょう。

3つ目は、属人化させないことです。
仕入れ管理は、誰でも処理できる状態の方が良いでしょう。
エクセルがカスタマイズされて複雑になれば、入力や管理ができない人が多くなる可能性があります。
データに問題が起こらないようにするために、誰でも簡単に使えるシステムにしましょう。

まとめ

今回は、仕入れ管理の基本とエクセルで仕入れ管理を行うポイントについてご紹介しました。
仕入れ管理は売上に繋がる作業なので、適切な方法で間違いのないように行いましょう。
ご紹介したことを参考に、適切な仕入れ管理をしてくださいね。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

委託在庫をお考えの方へ!委託在庫の特徴について解説します!

「在庫を保管するするスペースがない」
「商品の数が多くて管理できない。」
このような悩みをお持ちの方は多いでしょう。
在庫管理の方式の1つとして在庫を委託する方法があります。
そこで今回は、委託在庫の特徴や注意点についてご紹介します。

委託在庫とは

委託在庫とは、商品の置き場所は外部で、自分の会社に所有権がある在庫をさします。
委託在庫は、預け在庫と呼ばれることもあります。
在庫の置き場所は、委託先や外部倉庫である製品を販売店に預けたり、部品を仕入先に預けたりするケースが委託在庫に該当します。

一方、在庫の置き場所は自分の会社で、所有権は取引先にある在庫を受託在庫といいます。
受託在庫は、預かり在庫と呼ばれることもあります。
置き場所と所有権を確認し、両者の違いをしっかりと理解しておきましょう。

また、委託在庫に似た言葉として預託在庫があります。
預託在庫とは、ベンダーが主体となって管理される在庫のことです。
ベンダーとは、商品を製造するための材料を供給する業者や商品そのものを納品する業者を指します。
つまり、ベンダー主導型とは、材料供給業者や納品業者が購入者に代わって在庫を管理する方式のことです。

しかし、委託在庫と預託在庫はどちらも所有権が自分の会社にある点は共通しているため、混同しないように注意しましょう。

委託在庫の注意点

個人情報の流出

外部倉庫で在庫を管理することになるため、顧客の個人情報が流出するリスクがあります。
管理体制が甘かったり、悪意のある人が在庫を管理したりすると個人情報が流出し悪用される恐れがあります。
個人情報が流出すると、信用が失われてしまうでしょう。

対策としては発送と無関係な顧客情報を共有しないことや、適切なセキュリティ対策が施されている倉庫を選ぶことなどが挙げられます。
発送時以外に顧客の情報を利用できない体制がとられている倉庫もあるため、そのような倉庫を選ぶようにしましょう。

物流ノウハウの蓄積が困難

外部に在庫管理を委託することで、物流ノウハウが蓄積されにくくなります。
在庫管理や発送に精通した人材の育成も困難になるでしょう。
そのため、外部に委託するか、内製化に踏み切るかは、事業規模に合わせて判断するとよいでしょう。

まとめ

今回は委託在庫の特徴や注意点についてご紹介しました。
委託在庫とは在庫の置き場所が外部で、自社に所有権がある在庫を指します。
また、在庫管理を外部に委託する注意点として、個人情報の流出や物流ノウハウの蓄積が困難になることなどが挙げられます。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理の最適化とは?最適化するための方法をご紹介します!

在庫数に過不足が生じてしまうケースの経験がある方も多いでしょう。
在庫の最適化は、商品の数や種類が多ければ多いほど難しいですよね。
とはいえ、企業が持つコストを最小限に留め、最適化の実現によって利益に貢献する必要があります。
そこで今回の記事では、在庫管理の最適化についてご紹介します。

在庫管理の最適化とは?

在庫の最適化と聞いても、具体的にどのような状態が最適化されているのか分からないという方もいらっしゃいますよね。
ここでは、在庫の最適化とは何かについて解説します。
在庫の最適化とは、コストを最小限に抑えつつ、需要と供給のバランスの取れた在庫数に管理することを指しています。
在庫を最適化するためには、売上と需要の動きをこまめに把握し、必要な在庫数を的確に判断する必要があります。

余剰在庫の発生や在庫の不足は、消費者にとっても企業にとっても大きな損失になるため、在庫の最適化は企業にとって重要課題といえるでしょう。

最適化するための方法をご紹介します!

ここでは、在庫の最適化を実現するための方法を3つご紹介します。
1つ目は、在庫水準の設定です。
適切な在庫水準を設定する際には、現状の発注基準に目を向けるようにしましょう。
実際に出荷額は、商品の数だけ異なるため、一般化が難しいですよね。

そのため、まずは出来る範囲から商品に合わせて定期的なメンテナンスを実施するようにしましょう。
また、システムにいきなり多額の投資をするのは根本的な解決にならないほか、リスクも伴うので避けましょう。

2つ目は、発注方式の見直しです。
発注方式の見直しも最適化を実現するために有効な手段の1つです。
発注方式を見直すにあたっては、出荷予測や入荷予定を考慮しながら、発注判断ができる体制を整備することが大切です。
適切なタイミングで、適切な数を発注できれば、在庫不足や在庫過剰を未然に防止できますよね。

3つ目は、定期点検です。
在庫数に偏りや不足が生じていないか、定期的に点検することで在庫の最適化を実現できます。
特に、取り扱っている商品の種類や数が多い場合は、異常を検出する仕組み作りに注力することも大切です。
また、点検をしただけで片付けるのではなく、どのような効果があったのかを検証するのが重要です。

まとめ

この記事では、在庫管理を最適化するための方法をご紹介しました。
在庫を最適化することで、業務効率もアップしますし、入出荷の生産性も向上します。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理の効率化を図りたい方へ!管理方法やコツについてご紹介します!

「在庫管理の業務に無駄に時間がかかってしまう」
「効率化を図りたいけれど、方法が分からない」
在庫を管理している方にとって、このようなお悩みを抱えている方は多いですよね。
そこで今回の記事では、在庫管理の業務効率化を実現するための管理方法やコツをご紹介します。

在庫管理の方法や効率化によるメリットをご紹介します!

ここでは、効率化するための方法や得られるメリットについて紹介します。

管理方法について

在庫の管理方法は大きく2つに分けられます。
1つ目は、定量発注方式です。
一定の値まで在庫数が減少した場合に在庫を追加する方法が、定量発注方式です。
定量発注方式は、需要の安定性や安価な商品の受注に最適な発注方式です。

2つ目は、定期発注方式です。
定期発注方式は、発注する期間を事前に定めておく方式です。
活用する際の注意点としては、発注する量は決められていないため、発注する量は、現状の在庫数や需要を考慮して計算します。

メリットについて

1つ目は、コスト削減です。
効率的に在庫管理することで、廃棄や保管にかかる余分なコストを削減できます。
在庫の余剰分が多いと、消費されない限りは保管するためにコストがかかり続けますよね。
そのため、余剰在庫の増加は経営状況に悪影響をもたらします。

効率的な在庫管理の実現は、コストの削減はもちろんのこと、経営状況にもプラスの影響を与えます。

2つ目は、機会損失の防止です。
適切な在庫数を維持することで、在庫不足を防止でき、機会損失を無くせますよね。
顧客の注文に素早く対応できる体制を整備しておくことは、売上やリピーターの増加に繋がります。

3つ目は、顧客満足度のアップです。
適切な数の在庫を維持することで、顧客の要望にも迅速に対応できますよね。
また、顧客への要望にいち早く対応することで、顧客からの信用度も高まり、結果的に利用客のアップにも繋がります。

在庫管理のコツをご紹介!

ここでは、効率化を図るために押さえておくべき2つの管理のコツをご紹介します。
1つ目は、在庫の把握です。
在庫の効率化を図るためには、現状の在庫数の把握が最優先事項です。
店舗やスタッフの適性を考慮したうえで、在庫把握を徹底していくのが大切です。

2つ目は、整理整頓です。
在庫管理において、見落としがちなのが整理整頓です。
在庫を整理しておくことで、不要な商品や不足している商品の判断がしやすくなりますし、業務の効率化にも繋がります。

まとめ

この記事では、在庫管理の効率化を図りたい方に向けて、管理方法やコツについてご紹介しました。
実際に得られるメリットを把握し、管理のコツを押さえておくことが重要ですね。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理の重要性や効率的な管理方法について解説します!

「在庫管理が思うように上手くできない」
このようなお悩みを抱えている方は多いでしょう。
効率的に管理するためには、在庫管理の重要性を理解し、効率化を図るための方法を考える必要があります。
そこで今回の記事では、在庫管理の重要性や効率的な管理方法について解説します。

在庫管理の目的と重要性について解説します!

在庫管理を効率的に行うためには、管理する目的と重要性への理解が必要不可欠です。
ここでは、在庫管理の目的と重要性について解説します。

目的について

在庫を管理する目的は、在庫を抱えすぎず、不足しすぎず、バランスの取れた在庫数に保つことです。
バランスの取れた適正在庫を維持するためには、さまざまな方法がありますが、業種や業態によって品物の種類も異なります。
そのため、商品や業務フローに基づいて、管理方法を変化させていく必要があります。

重要性について

在庫管理は、経営視点で考えると非常に重要度が高いです。
在庫管理がずさんだと、企業の利益にマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

とはいえ、在庫管理は商品の種類や数が多いほど難しく、さまざまな課題が出てきますよね。
ですが、企業の利益にプラスの影響を与えるためにも、管理システムや各種ツールを活用し、効率化するための工夫を継続的に進めることが重要です。

効率的な管理方法をご紹介!

ここでは、在庫管理にお悩みの方に向けて、効率的な管理方法をご紹介します。
効率化の方法としては、大きく3つに分けられます。

1つ目は、ルール化です。
在庫管理においては、ルールを設けて運営していくことが重要です。
どこに何が保管されているのかを把握するために、ロケーションを割り振るほか、役割分担を明確化するなどのルールを設けることで、入出荷の効率化を実現できます。

2つ目は、棚卸しの間隔です。
棚卸しの間隔を短縮することで、在庫管理を改善できます。
棚卸しは、データと実際の在庫数を照らし合わせる業務であるため、実施する頻度を増やすことで、在庫管理の生産性をアップできます。

3つ目は、システムの導入です。
管理システムを導入することで、瞬時に在庫の状態を把握でき、適切な判断が可能になります。
また、業務の効率化にも繋がるためおすすめです。

まとめ

この記事では、在庫管理の重要性や効率的な管理方法について解説しました。
管理の目的と重要性をしっかりと認識することで、効率的な管理を推進できます。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

効率的な在庫管理をするためには?発注方式の種類や違いをご紹介!

「効率的な在庫管理をするためにはどうすれば良いのだろうか」
このようにお考えの方は、メリットやデメリットについて知っておくと良いでしょう。
今回は、上記のような疑問点を解決するための情報についてご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

在庫管理の発注方式について

定期発注方式

これは、決められた期間で数量を指定して発注する方法です。
発注するごとに数量を指定するので需要の変化に対応しやすいというメリットが挙げられます。
ただし、発注する際に必ず数を調整する必要があるデメリットも挙げられます。
需要の変化に対応できるため、欠品の心配をする必要がないことは嬉しい点でしょう。

定量発注方式

これは、在庫数が決められた発注点を下回った際に発注する方法です。
必要な分を発注するので発注数の計算をする必要がないことがメリットとして挙げられます。
ただし、急な需要の変化に対応しにくいというデメリットも挙げられます。
そのため、出荷量の変動が少ない商品におすすめであるといえます。

簡易発注方式

これは、在庫費用の削減を目的としていて、2種類に分けられます。

1種類目は、ダブルビン方式です。
2つの置き場を用意し、空になることを視覚的に認識できるというメリットが挙げられます。
2つのうち1つは在庫が満タンになっている状態にし、片方が空になればもう片方の箱に残った在庫を使い、無くなった分を発注する方式です。

2種類目は、補充方式です。
定量発注方式とよく似ていますが、この方法は細かく在庫数を指定しないのが特徴です。
ある基準まで在庫が減った際に商品を発注する方式です。
発注直後は在庫過多になることもあるため注意しましょう。

定量発注方式と定期発注方式の違いとは

ここまで、在庫管理の発注方式について3つご紹介しました。
では、定量発注方式と定期発注方式の違いとは何が挙げられるのでしょうか。

この2つを区別するポイントは、発注するタイミングです。
簡単にいうと、発注するタイミングが量であるか期間であるかの違いです。
定量発注方式は事前に決めた発注点を下回ったとき、定期発注方式は事前に決めた間隔で商品を発注します。

まとめ

今回は、在庫管理の発注方式の種類とそれぞれの違いについてご紹介しました。
発注方式の種類は様々で、それぞれの発注方式にはメリット、デメリットがあります。
これらの特徴を理解した上で、適切な発注方式を選びましょう。
お困りの際は、当社までお気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

適正在庫の特徴や維持方法をご紹介!小売業の方必見です!

小売業を営む際には、適正在庫を保つ必要があります。
今回は、適正在庫の特徴とメリット、適正在庫を保つ方法についてご紹介します。
適正在庫について気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

適正在庫の特徴とメリットをご紹介します

適正在庫を保つ目的は、顧客の満足度の向上と経営面のバランスを保つことです。
在庫数が少なくなると、顧客が商品を買おうとしているときに品切れが生じてしまいます。
品切れが続いてしまうと顧客からの満足度が低下し、クレームが入る恐れもあります。

反対に、在庫数が多すぎてしまうと、倉庫や管理の費用がかさんでしまう可能性があります。
飲食物を取り扱うお店の場合は、在庫を余らせてしまうことで賞味期限や消費期限がすぎてしまい、壮大な量の排気が出てしまうことも懸念されます。

適正在庫は、品切れ状態を起こさずに、在庫が過剰に余ることのない適正な在庫のことを言います。
適正在庫にすることで、顧客満足度を向上させるとともに、経営面でも費用を抑えることができるので、お店の利益向上につながります。

適正在庫を保つ方法をご紹介します

多くの企業では過剰に在庫がある状態が問題になっています。
ここからは、適正在庫を保つ方法をご紹介します。

定期発注と定量発注を上手く使う

定期発注とは、定期的に、毎月決まった日に発注する方法です。
この方法では在庫管理をしっかり行い、発注量を決定する手間は必要です。

定量発注とは、在庫が少なくなった場合に発注する方法です。
時期は定めずに発注量のみ決めている方法なので、需要が安定しているものに用いられます。

新商品や期間限定の商品は在庫をしっかり管理して、定期発注にする。
ある程度需要量が把握でき、安定している商品は定量注文にする。
このような使い分けを行うことで、適正在庫を保つことができます。

需要予測を立てる

発注する際には、需要の予測を立てることがおすすめです。
具体的には以下の方法で予測を立てます。
・統計のデータを参考にする
・市場の様子を見る
・クライアントに相談する

クライアントに聞く方法は、企業同士の取引の際に行います。
一般の消費者に向けて行うケースは、アンケートを取る方法があります。
データからは、前年の同じ月のデータや最近のデータを見ることで売れ筋がわかります。

もし、既に過剰な在庫にお悩みの場合、専門業者に買い取ってもらうという手段もあります。
当社は、本州全てに対応しており、中古品の扱いも可能です。
無料で査定いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

今回は、適正在庫の特徴とメリット、適正在庫を保つ方法についてご紹介しました。
ご紹介した内容を参考にして、適正在庫を保つように心がけましょう。
当社は、在庫商品の買取を行っております。
不要な在庫商品をお抱えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

商社が在庫を抱えるメリットやリスクをご紹介!

「商社が在庫を持つメリットを知りたい」
「在庫を抱えるとどうなるのかを知りたい」
上記のように考えている方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は商社が在庫を持つメリットをご紹介します。
また、商社が在庫を抱えるリスクも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

商社が在庫を持つメリットとは?

在庫を保管しておくことは良くないことだと思われがちですよね。
一方で、在庫を持つことによる利点が存在するのも事実です。
メリットは以下の2点です。
・機会損失を減らせる
・仕入れコストをカットできる

機会損失を減らせる

消費者が探す商品が在庫切れだった場合、入荷を待たずに別の店舗で探すケースがほとんどです。
その分、店側からするとお客様を1人失ったことと同じです。
しかし、在庫を保管していればこのような機会損失を防げるでしょう。

また、不良品が購入後に見つかったとしても、在庫があれば迅速に商品交換も行えます。
適正な在庫を保管しておくことで、顧客満足度も上がるでしょう。

仕入れコストをカットできる

一度にまとめて仕入れると、商品一単位当たりの価格が安くなるケースが多いです。
つまり、売上原価に大きな影響を与え、利益上昇を期待できるでしょう。
また、在庫管理コストを削減するために、支払いを済ませて必要な場合に応じて納品してもらう方法もありますよ。

商社が在庫を抱えるリスクとは?

これまでは在庫を持つメリットについて解説してきました。
しかし、在庫を保管することに良いイメージを持たない方は多くいらっしゃるでしょう。

在庫を持つリスクの1つ目は、商品価値の減少です。
在庫があってもそれらが売れなければ意味がありません。
商品の品質が徐々に低下していき、いずれは値引き販売を余儀なくされるでしょう。

2つ目は、保管スペースの確保が必要であることです。
在庫が増えると、保管するスペースの確保にコストがかかってしまいます。
データ管理や管理作業も新たに増えてしまうので、人件費もかかります。

3つ目は、資金操りの悪化が生じることです。
在庫は売れていない商品であるため、売れない状態が続くと資金が減少する一方です。
在庫スペースの光熱費がかかり、最終的に資金操りの悪化につながります。

まとめ

今回は、在庫を管理することのメリットとリスクをご紹介しました。
やはり、在庫を保管するときは適正な数だけ仕入れることが大切です。
当社は、在庫商品をなんでも買います。
過剰在庫に悩まされている方はぜひ当社へご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫管理の正しいルールとは?業務を効率化したい方必見です!

「在庫管理の正しいルールを知りたい」
「在庫管理の業務を効率良く行いたい」
上記のように悩まれている方には、今回の記事は必見です。

この記事では、在庫管理の正しいルールを解説します。
また、在庫管理を効率化するメリットも併せて解説します。
在庫管理に悩まされている方はぜひこの記事を参考にしてください。

在庫管理に関する正しいルールとは?

在庫管理の正しいルールを作ることは、適正に管理するための必須事項です。
ここでは、現品管理と在庫期限の2つのルールに分けて、解説します。

現品管理のルール作りとは?

現品管理のルールを作る際は以下のポイントを意識しましょう。
・整理
・整頓
・清掃
・清潔

これらは現品管理において4Sと称されており、非常に重要です。
現品管理をするに当たって、商品の数を把握し整理することは大切です。
商品の数を把握するためにはさらに以下のことに意識して取り組んでみると良いでしょう。
・棚に番号を付けておく
・棚の列や段に番号を付けておく

また、商品を把握することも重要ですが、清潔に保っておくことも忘れてはいけません。
商品価値の減少を早めないように気をつけて保管しましょう。

在庫期限のルール作りとは?

現品管理ルールを制定したら、今度は在庫の期限を決めておきましょう。
具体的には、「何か月が経過したら必ず捨てる」とルールを決めると良いですよ。
迅速な判断ができるほか、過剰在庫も防げるため必須のルールとも言えます。

在庫管理を効率化するメリットとは?

在庫管理を効率化することのメリットは以下の5つが挙げられます。

1つ目は、生産性が向上することです。
在庫管理を適正に行うことで、無駄な時間を省けられます。

2つ目は、余剰在庫が減ることです。
在庫が増えると管理費がかかってしまい、資金操りも悪化してしまいます。
そのため、しっかりと期限のルールを決めておくことで、過剰在庫を防ぎましょう。

3つ目は、欠品が減ることです。
過剰在庫では、商品価値が下がっていき、その分欠品数が増えていきます。

4つ目は、倉庫の管理スペースを確保できることです。
適正に在庫管理をすることで効率良く商品の管理ができ、デッドスペースをなくせますよ。

5つ目は、品質が保持できることです。
長期間保管していると、在庫スペースの環境によって品質が悪化していく可能性が高いです。
品質を保持するためにも適正に在庫を管理するようにしましょう。

まとめ

今回は在庫管理に関するルール作りについて解説しました。
適正に在庫を管理することは非常に重要です。
しかし、適正な管理は決して容易に行えることではなく、過剰在庫に悩まされている方も多いでしょう。
当社では、在庫品をなんでも買いますので、ぜひお気軽に相談くださいね。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。