買取会社が教える!決算時の在庫処分について

店舗経営を行っている方で、在庫の取り扱いにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
徹底的に管理していないと、在庫は過剰になってしまいがちです。
そこで今回は過剰になりがちな在庫についてと、決算時の過剰在庫の取り扱いについて解説いたします。
ぜひご覧ください。

□在庫が過剰になる理由

経営者の方は、在庫が過剰になっていくことについて苦労しているという方も多いのではないでしょうか。
在庫が過剰になってしまう理由の1つに、現場の考えと経営者の考えとの違いがあります。
経営者は、最低限の在庫をやりくりして利益をあげてほしいと考えています。
一方、現場の責任者は、チャンスロスを恐れて多くの在庫を抱えたがる傾向にあります。

現代では消費者のニーズが多様化しているため、最低限の在庫ではチャンスロスを生む可能性が大きくなっているでしょう。
在庫を大量に抱えておけば、チャンスロスを逃すことはありません。
しかし、こういった手法による経営は在庫過剰に陥り、不良在庫を生む原因となります。
そのため、経営者はこのような状況を黙認せずに、健全な在庫管理を推奨しなければいけません。

□決算時の在庫の扱い

在庫過剰は経営状況の悪化を招くこと以外に、決算時に困ったことになります。
それは、税金の支払いについてです。

決算の際には、税金額を産出するための会計処理を行います。
実は、決算時には在庫は全て資産として数えられてしまうことはご存知でしょうか。

資産には税金がかかるため、決算時には在庫は少ない方がいいでしょう。
すぐに売れる見込みのあるものは、税金を払ってでも手元に置いておいた方が良いです。
しかし、そうでない場合、在庫は処理しておきましょう。

在庫を処理すると聞いてどのような方法を思い浮かべるでしょうか。
在庫処理の方法には、廃棄や業者による買取があります。
ここでは、業者による買取サービスをおすすめいたします。

近年では、過剰在庫を決算前に買取に出す経営者の方が多くいらっしゃいます。
業者による買取では、売れないはずの不良在庫に値段がついたり、一括で在庫を処分できたり、手続きが簡単だったりという特徴があります。
そのため、多くの経営者の方が買取を利用しているのでしょう。

□まとめ

今回は、決算前の在庫の処理について説明しました。
在庫が過剰に残る原因として経営者と現場責任者の意見の相違が挙げられます。
決算前には、税金対策として買取を検討してみましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

買取会社が教える!事務所の備品を倒産品として処分する方法

事務所にある備品を倒産品として処理する際に、どのように処分すれば良いかわからなくてお困りの方はいらっしゃいませんか。
事務所には様々な設備があります。
これらは倒産品として買取業者に買い取ってもらうことがおすすめです。
そこで今回は、事務所の設備の買取について紹介いたします。

□事務所にある設備について

事務所には意外とさまざまな設備があります。
そのため、どのようなものが買取が可能なのか、買取不可なのかを見極めておかなければいけません。
もちろん見積もりの際に買取の可否は大まかに判断されますが、それ以前に買取の見通しは立てておきたいですよね。
そこで、事務所にあるもののうち、買取をしてもらえる可能性が高いものと、値段が付きにくいものについて紹介いたします。

*買取をしてもらえる可能性が高いもの

もちろん業者によってどの設備を買取の対象にしているかは異なります。
しかし、一概には言えませんが、次に紹介するものは基本的に買取が期待できます。
まずは、ブランドデスク、ブランドチェアーです。
事務所ではブランドデスクやブランドチェアーで仕事をしているという会社もあるでしょう。

そのような会社の場合、これらは買取が期待できます。
また、椅子や机だけでなく、高級家具も買取をしてもらえる可能性が高いでしょう。
その他には、業務用コピー機や大型シュレッター、大型モニターなど、大きい電気設備は買取をしてもらえる可能性が高いです。

*価格が付きにくいもの

一方、カラーボックスやソファ、テーブルなど、ブランド価値のないものは価格が付きにくいです。
しかし、デスクやチェアなどはブランド価値がなくても、数が揃っていれば値段が付くこともあります。
このような設備の買取が行われているかどうかは、業者の買取実績を参考にしたり、実際に聞いてみたりしましょう。

□事務所の設備を高く売るコツ

買取業者に買い取ってもらうのであれば、高値で買取をしてもらいたいという方も多いでしょう。
高値での買取をしてもらうにはコツがあります。

1つ目はなるべく早く売ることです。
製造年から時間が経つと、高値はつきません。

2つ目は付属品を残しておくことです。
付属品や説明書がある方が、高値での買取が可能です。
小さな部品や取扱説明書は捨てずに保管しておくと良いでしょう。

3つ目はきれいに使うことです。
同じ設備でもボロボロの設備より、きれいな設備の方が欲しいと感じる方は多いでしょう。

□まとめ

事務所設備の買取について説明いたしました。
倒産や移転には多くのお金がかかりますが、買取を駆使すれば、そのダメージは軽減できるでしょう。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

過剰在庫にお悩みの方へ!在庫を適正に保つ方法を解説します!

経営する会社で在庫に悩みを抱える方はいらっしゃいませんか。
過剰な在庫には商品価値の低下などのリスクがあるので、適正な在庫を維持したいですよね。
適正な在庫を保とうとしているのに気がつくと過剰になっていることもあるかもしれません。
今回は在庫を適正に保つ方法と、過剰在庫を解消する方法を解説します。

在庫を適正に保つ方法とは

在庫を適正な量に保つにはどのような施策があるのでしょうか。
今回は2つの方法を紹介します。

1つ目は在庫管理のルールを設けることです。
特に、倉庫のどの部分にどの商品を置くのかを決めておきましょう。
在庫の移動や管理のときに何がどこにあるか分からない状況を防げます。
無駄な手間を省き、かつ商品の数量を正確に認識できるので誤って仕入れるのを防げます。

2つ目は倉庫管理システムを導入することです。
システムの導入には費用面で多少のハードルがあるかもしれません。
倉庫管理システムは、人間よりも簡単に大量の在庫を管理してくれます。
過剰在庫によるコストを削減し在庫管理のための人件費も減るので、長期的に見た経費はアナログな在庫管理より安く済むでしょう。

それでも過剰在庫が生じてしまったら?

上記の方法を徹底していても、在庫が過剰になってしまうこともあるかもしれません。
そんなときはどのように在庫を処分すればよいのでしょうか。
ここでは在庫を減らすための2つの方法を紹介します。

まずは在庫を種類ごとに分析してみましょう。
現金を有効に使うために在庫金額を減らしたり、在庫の保管に必要なコストを減らしたりすることが在庫削減の目的です。
在庫金額は在庫の量と単価を掛け合わせることで求められます。
在庫金額のリストを作成し、高い方から在庫を減らすことでより高い効果を得られるでしょう。

次に物流方式を見直してみましょう。
物流の流れが悪いと在庫は次第に増えてしまいます。
具体的には、適正な在庫管理と密接につながっているリードタイムを削減することが考えられます。
リードタイムは商品の発注から納品までにかかる時間のことを指します。
物流のルートをより短くしてみたり、工場や売り場の位置から考えて倉庫の位置を最適にしたりといった努力でリードタイムを縮められるでしょう。

まとめ

今回は在庫を適正に保つ方法と、過剰在庫を削減する方法を紹介しました。
過剰な在庫は経営状態を圧迫するため、できる限り適正な状態に保つようにしましょう。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産後の在庫をどうするかお悩みの方へ!おすすめな処分方法である買取について解説します!

「会社が倒産したら在庫はどうすればいいの」
このような思いをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
倒産時は在庫をすべて処分する必要がありますが、できる限りコストをかけずに処分したいですよね。
今回は倒産時の在庫処分方法と、その中の買取での在庫処分の手順を紹介します。

倒産するときの在庫処分方法とは?

在庫を処分する方法はどのようなものがあるでしょうか。
ここでは3つの方法を紹介します。

1つ目はセール販売です。
「在庫処分セール」と銘打って値下げ販売されている商品を見たことがある方も多いでしょう。
十分に宣伝してセールを行えば消費者の目に留まり、多くの在庫を処分できるかもしれません。
ただ、はじめから値引きしすぎると得られたはずの利益を逃すことになるので最初は低割引から始めましょう。

2つ目は廃棄処分です。
セール販売では在庫が売れ残ってしまう場合もあるかもしれませんが、廃棄処分ならば在庫を一斉に処分できます。
しかし、粗大ゴミの場合は業者への依頼が必要なので注意してください。
処分する量に応じて費用がかかるため、残っている在庫の量が多いほど料金が高いです。

3つ目は買取です。
倒産時の在庫処分として最もおすすめの方法が買取です。
廃棄にはコストがかかる一方で、買取は多少の現金を得られます。
また、セール販売は現金を得るまでに時間がかってしまうかもしれません。
一方、買取業者は一括で幅広い商品を買い取ってくれます。
倒産手続きのためお金を早急に用意する必要がある際は、特におすすめの方法と言えるでしょう。

買取の流れは?

ここでは買取での在庫処分の流れを解説します。

まずは、お問い合わせ時に商品の在庫数や使用期限といった詳細情報と写真をお送りください。
そうした情報をもとにおおまかな査定金額をご提示します。

査定金額にご納得していただけたら、サンプルをお送りください。
そのサンプルを見て現物での買取金額を確定します。

買取金額を確認したあと、商品を出荷してください。
到着した商品を当社で検品し、検品確認のあと買取金額を銀行振り込みします。

なお、当社での再販売に関して希望がある場合はお申し付けください。
海外への輸出で国内流通を防いだり、商品情報を隠したりという措置が可能です。

まとめ

今回は倒産時の在庫の処分方法と買取の流れを解説しました。
コストの削減と早期の現金化を同時に満たせる買取は合理的な選択と言えるのではないでしょうか。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

化粧品の在庫買取を検討している方へ!高額査定のポイントを解説します!

「大量に余っている化粧品の在庫をなんとかしたい!」
「在庫を可能な限り高価で買取してもらうにはどうしたらいいの?」
化粧品の在庫を廃棄するよりは、売ってお金を得たいと考える方が多いと思います。
せっかく買い取ってもらうなら、できる限り査定額を上げたいですよね。
今回は化粧品の高額査定のポイントを紹介します。

化粧品の在庫買取のメリットとは?

化粧品を処分する方法としてセールでの販売が考えられますよね。
しかし、セールや値引きは過度になるとブランドイメージや他の商品の売れ行き悪化につながることもあり得ます。
買取業者を利用すれば、化粧品の安売りによるイメージ悪化を防げるでしょう。

また、取引先との間に販売規制がある場合はセール価格で化粧品を販売できません。
そこで、買取業者を利用すれば販売規制を気にせずに余剰在庫を現金に変換できます。

加えて、買取はセール販売よりも早期にまとめて現金に変換できて、保管や販売にかかるコストを大幅に削減できます。

化粧品の高価査定に必要なポイントとは?

化粧品の情報を詳しく伝える

化粧品の買取の際はブランドやメーカーの情報が重要です。
人気ブランドであるほど高価で買取してもらえる可能性は高いと考えられます。
これらの情報に加えて、購入年や品番の情報も査定額に大きく関わる場合もあるので、査定してもらうときはこうした商品の詳細情報を事前に把握して、買取業者にしっかり伝えましょう。

見た目を購入時に近づける

買取後の化粧品は再販売されるため、購入時に包まれているケースや箱が残っている場合は高く査定してもらえる可能性が高いです。
買取の際はケースや箱が購入時の正しいものか確認するようにしましょう。
また、見た目のきれいさも査定額に関わるので、汚れやホコリが目立つときはできる限り落としておきましょう。

まとめて買取に出す

単独では買い取ってもらえない商品もまとめて査定に出すことで買取の対象になる場合があります。
この場合は、アイテムがそろっている商品とそろっていない商品で分別しておきましょう。
買取に出す商品を分けておくことで、査定に関わるコストや時間を削減できる可能性があります。

まとめ

化粧品の在庫を高額査定してもらうためのポイントを紹介しました。
化粧品の在庫買取の際は、情報の把握や汚れの除去という少しの手間で査定額を上げる努力をしましょう。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の在庫買取を検討している方へ!高価買取の方法を解説します!

「会社が倒産したけれど、まだ多くの在庫が残っている」
「倒産品を高価で買取してほしい」
このような悩みをお持ちの方は多いと思います。
しかし、どうすれば高価で買い取ってもらえるか分からない方もいるのではないでしょうか。
今回は倒産品の在庫買取の方法と高価買い取りのポイントを解説します。

倒産品の処理の方法とは

倒産品とは

倒産品とは、会社が倒産した際に残った備品や在庫のことです。
具体的には売れ残った商品の在庫や、事務用品、オフィス家具、店舗用品が倒産品です。

倒産品の処理の方法について

倒産品の処理方法は処分と買取の2つです。
処分する場合は粗大ゴミとして自治体に回収してもらえずに、業者に依頼して処分してもらう必要がありますが、この場合は処分費用がかかります。
しかし、倒産してしまった場合は処分にお金をかけられません。
一方で買取の場合は、民間の買取業者に依頼しますが、この場合は在庫品を売ることで対価を得られます。
買取業者を利用することで、処分費用を削減しつつ裁判にかかる費用や弁護士費用を補えます。

倒産品を高価買取してもらうポイントとは

では、どのような倒産品なら高価で買取してもらえるのでしょうか。

家電製品の場合は、最新版に近い製品ほど高価で買取してもらえる可能性が高いです。
家電製品は型落ちになるまでの期間が短く、お手持ちの在庫の査定額は時間の経過とともに下がってしまうでしょう。
そのため、できる限り早く売却することが高価買取のポイントです。

次に、再販売した際すぐに使用できる状態にしましょう。
取扱説明書や付属品など使用に必要なものは正しくそろっているか確認することが査定額を上げるポイントの1つです。
また、汚れやホコリが付着している場合は事前に可能な限り拭き取るようにしましょう。

最後に、複数の倒産品をまとめて査定に出しましょう。
在庫をまとめて買取に出すことで業者が再販売する際の選択肢が増えるので、査定額が高くなる場合があります。
まとめて買取に出せば買取金額が数パーセント上がったり、回収料金が無料になったりすることがあります。

まとめ

今回は倒産品の在庫を高価買取してもらうポイントを解説しました。
倒産品を売却する際は業者が再販売するときのことまで考えることで買取金額を高くしてもらえるでしょう。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫の廃棄を検討中の方へ!在庫の買取を検討しませんか?

大量に余ってしまった在庫を廃棄処分しようと考えている方はいませんか。
そんな方におすすめしたいのが在庫の買取サービスです。
また、買取を検討しているものの何を売れば良いかわからない方もいるでしょう。
今回は、在庫買取のメリットと買取を依頼できる商品の特徴を解説します。

在庫買取のメリットとは

ブランドイメージを維持できる

在庫の処分方法としてセールや値下げでの販売が考えられますよね。
しかし、安易に値下げ販売を行ってしまうとブランドイメージを傷つけかねません。
本来なら高級な商品に対し過度の値下げを行うと、かえって消費者は不信感を抱くかもしれません。
買取業者を利用することはブランドイメージを守ることにつながります。

手元資金の増加が増える

在庫を廃棄する場合は処分業者に依頼するには、処分費用を払う必要があります。
一方で買取では、処分費用を抑えられることに加え買取代金も得られます。
手元資金が増加すれば、借り入れの早期返済や新たな仕入れを促すことで資金効率を上げられます。

買取ができる商品の特徴とは

買取対象となる品目は、家電製品からゲーム、化粧品、スポーツ製品までさまざまな商品が該当します。

保存状態のよい商品は、買取の対象となるものが多いでしょう。
一方で、壊れているものや汚れが付着しているものは買取の対象外となる可能性が高いです。
そのため、買取の前に在庫を確認して故障している商品がないか確認し、特に汚れやホコリは可能な限り取り除いておきましょう。
また、新しい商品ほど高い買取額が見込めます。
型落ちする恐れのある商品はなるべく早く査定に出すようにしましょう。

また、在庫が少数しか残っていない商品の場合でも他の商品と組み合わせることで査定の対象となることがあります。
特に限定販売されていた商品は高い査定額が付く可能性もあります。
売れないと思われる商品でも買取額がつくことがありますので、一度査定に出してみましょう。

当社は幅広い商品の買取実績がございます。
特に家電製品や日用品の買取には柔軟な対応が可能です。
在庫品の買取についてご相談のある方はぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

今回は在庫品買取のメリットと買取の対象商品について解説しました。
コストを削減でき、その上ブランドを守れる買取は廃棄に比べるとメリットが多いと言えるのではないでしょうか。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

過剰在庫に悩んでいる方必見!在庫削減の施策について解説します。

在庫を大量に抱えて困っている方はいませんか。
仕入れた商品が売れ残り、過剰に在庫を抱えることはよくあるのではないでしょうか。
しかし、過剰在庫にはリスクが潜んでいます。
そのリスク解消のためにも過剰在庫は買取業者に売るのがおすすめです。
今回は過剰在庫のデメリットとそれを削減する施策を紹介します。

過剰在庫のデメリットとは?

品切れにならないように、常に多くの在庫を持っておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、在庫を抱えすぎることにはデメリットがあります。
ここではそのデメリットについて解説いたします。

まずは、在庫は保管期間が長くなれば品質や価値が低下してしまうことが挙げられます。
食品や化粧品はその消費や使用の期限を過ぎると当然本来の値段では売れません。
アパレルや家電に関してもトレンドやモデルが変化すると本来の価格で売るのは難しいです。

また、余剰在庫を抱えることで出費が大きくなる可能性もあります。
具体的には、大量の在庫を管理するための倉庫にかかる費用や棚卸しのための人件費がかかるでしょう。
また、在庫は課税の対象となり、ここでも出費が生じます。

このように資金の循環を悪化させるというデメリットが潜んでいるので、過剰な在庫は削減したいですよね。

過剰在庫を削減する施策とは?

では、在庫のどのような在庫の処分方法があるでしょうか。

1つ目はセール販売です。
通常価格より安く販売すれば、たくさんの顧客が購入してくれるでしょう。
しかし、安易なセールはかえって消費者が不信感を抱くでしょう。
そして、セールはブランドイメージの悪化につながるので注意が必要です。

2つ目は仕入れ先への返品です。
ただ、この場合は返送手数料がかかります。
在庫の状態が悪化していれば、返品できない可能性もあるでしょう。

3つ目は買取業者の利用です。
買い取ってもらう最大のメリットは、まとまった現金を得られることです。
買取で得た資金を赤字の補填や借り入れの返済、新たな仕入れに費やすことができるため、資金効率を上げられます。
過剰な在庫を処分することができるうえに、現金を得られる買取は合理的な選択だといえるのではないでしょうか。

まとめ

今回は過剰在庫のリスクと、在庫処分の方法を紹介しました。
過剰在庫にはさまざまなリスクがあるので、買取業者を利用して早期に処分するのがおすすめです。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫が少ないメリットとは?買取の専門家が解説します!

皆さんは在庫が少ないことのメリットをご存じですか。
品切れ防止のためには、在庫は多いほど良いと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、過剰に在庫を抱えることにはいくつかのリスクが潜んでいます。
そこで今回は在庫が少ないことによるメリットと在庫を減らす方法を紹介します。

在庫が少ないことのメリットとは?

在庫を減らすことのメリットは何があるのでしょうか。
ここでは2つのメリットを紹介します。

1つ目は管理にかかる出費を削減できる点です。
在庫の管理には保管しておく倉庫の水道代や光熱費、さらに人件費がかかります。
売れるタイミングのわからない商品にこうしてコストをかけるのは無駄に感じますよね。
こうした無駄なコストを削減することがキャッシュフローの改善につながるでしょう。
また、在庫は資産の一部なので、大量に持っている場合はその分の税金を払う必要があります。
そのため、余っている商品を処分することで節税が可能です。

2つ目は金融機関からの融資が容易になる点です。
金融機関は融資を審査する際、在庫の出入りの多さに注目するのをご存じでしょうか。
長期間在庫を保持していれば在庫の出入りの少なさを問題視され審査に通りにくいです。
そのため、不良在庫を処分して在庫の回転率を上げれば融資を得るのが容易になるでしょう。

在庫を減らす方法とは?

では、在庫を少なくするにはどうすればよいのでしょうか。
ここでは3つの方法を紹介します。

1つ目は値下げして販売することです。
普段より安い価格で販売することで、普段よりたくさんの消費者が購入するかもしれません。
在庫処分セールと書かれた看板や宣伝をイメージされたら理解しやすいでしょう。
商品あたりの利益は減ってしまいますが、在庫として余らせておくよりは得をする場合もあります。

2つ目は廃棄することです。
廃棄は業者に依頼するためコストがかかりますが、長い目で見れば在庫の管理費用よりも安く済む可能性もあるでしょう。

3つ目は買取業者を利用することです。
買取業者を利用すれば、在庫の処分にかかる手間やコストを削減できます。
すぐに現金化できるので資金効率を上げられます。

まとめ

在庫が少なくするメリットとその方法を解説しました。
余剰在庫の処分で出費が減るのが大きなメリットでしたね。
在庫を減らしたい方はセール、廃棄、買取という方法をお試しください。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫が多いことは悪いこと?在庫の削減が必要な理由について解説します!

皆さんは在庫が多いことで生じるデメリットをご存じですか。
在庫が多ければ品切れになりにくいというメリットがありますよね。
しかし、過剰在庫にはいくつかのデメリットもあるので、買い取りで在庫を処分することをおすすめします。
今回は、在庫処分が必要な理由と買取による在庫処分のメリットを解説します。

在庫処分が必要な理由とは?

在庫処分はなぜ必要なのでしょうか。
今回は、2つの理由を解説します。

1つ目は管理に手間がかかるからです。
在庫の管理には倉庫の水道光熱費や人件費というコストがかかります。
在庫が多いほど、これらのコストが増えてしまうでしょう。
さらに、在庫が多すぎると新たに仕入れた商品を置く場所がなくなってしまいます。

2つ目は、品質が低下するからです。
倉庫に商品を置いておくと、カビやホコリと行った汚れが付着することが多いでしょう。
こうした汚れによって品質が落ちた商品を本来の値段で売るのは難しく、仕入れ先に返品するのも難しい場合があります。

3つ目は商品の価値が下がるからです。
品質が劣化していなくても、最新のトレンドに合わない衣服や型落ちの家電製品は価値が下がってしまいます。
そのため、価値が著しく下がる前に在庫処分するのがよいでしょう。

では、どのように在庫を処分すればよいのでしょうか。
在庫の処分方法としては買取がおすすめです。

買取のメリットについて

ここでは買取のメリットを紹介します。

買取の最大のメリットは手間がかからない点です。
買取の場合は査定が商品の写真や配送で済み、取引の開始から入金までの流れがスムーズです。
出張買取や宅配買取を利用すれば商品を自分で店舗まで運ぶ必要もありません。
在庫の処分を急ぐ場合や、まとまった現金がすぐに欲しいときに買取は役立つでしょう。

業者との間で再販売時の取り決めを結んでおけば、安すぎる値段での再販売によるブランドイメージの悪化を防げます。

廃棄は業者に廃棄費用を払う必要があり、セールは現金に変わるまでに時間がかかり、ブランディング戦略に悪影響を及ぼすかもしれません。
素早く現金を得て、ブランドイメージを守れる買取はおすすめの在庫処分方法だといえるのではないでしょうか。

まとめ

在庫処分が必要な理由と買取業者に依頼するメリットを解説しました。
在庫が多いとコスト面で悪い影響を及ぼすので、価値が下がってしまう前に買取での処分を検討してはいかがでしょう。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。