在庫を減らしたい人必見です|滞留在庫を削減する方法とは?

毎回どうしても滞留在庫が発生してしまって困っている、という方はいらっしゃいませんか?
在庫を適度に保有するというのはなかなか難しいですよね。
そこで今回は、在庫を増やさないための方法や削減ポイントについてご紹介します。

■滞留在庫のデメリット

 

不要な在庫を抱えているデメリットしては以下のものがあげられます。

・大幅な値下げと廃棄によって収益悪化を招く可能性がある
・在庫を管理するための無駄な経費が発生してしまう

■ABC分析

ABC分析を行うことによって、商品ごとにランク付けする方法も在庫管理と在庫削減に役立ちます。
ABC分析とは、一定の期間の累計売上金額を各商品算出し、お店全体の売上に占める割合からABCの3つのグループに分類する方法です。

・A:売れ行きが順調で、売上構成比が高い売れ筋商品
・B:それなりの売れ行きを期待することができる中堅の商品
・C:売れ行きがよくなく、利益を期待することができない商品

アパレルなどのシーズンやその時の流行に合わせた商品管理が求められる小売店では、ABC分析に基づいて計画を立てているケースがたくさんあります。
在庫管理の視点で見れば以下のような方針で考えることができるでしょう。

■Aグループ

在庫・発注量を増やして、売上面積を広げることにより売上アップにつなげることができます。
しかし、その需要がいつまで続くのかをしっかり分析しておかないと在庫がたくさん残ってしまう可能性があるので注意が必要です。

■Bグループ

現状の売上をしっかりと保持するためにある程度の在庫を確保しておくことが基本となります。

それと同時に売れ筋商品へと成長させるための戦略を練りましょう。

■Cグループ

できる限り在庫を減らして売り切るための値引きーセールなどを行ったほうがよいでしょう。
また、売れ行きが悪かったとしても品揃えを良く見せるためにもあえてその商品を残しておくという方法もあります。

■削減するためのポイント

・その在庫が要るのか要らないのかを判断する
・適正在庫量を見極めて、過剰在庫が残らないような戦略を立てる
・これからの発注量を見直すために、ABC分析を活用してみる

在庫は必要に応じて、過不足なく保有することが理想的ではありますが、その判断は非常に難しいでしょう。
しかしABC分析などを利用して、無駄のない在庫管理をすることが必要です。

■まとめ

今回は滞留在庫の削減方法をご紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です