在庫を削減すべき理由とその方法についてご説明します!

「商品の在庫を何とかして減らしたい」
商品や部品などを取り扱う製造業・卸売業・小売業等の事業者で、在庫が残って悩まされている方が少なくないでしょう。
在庫が多く残っていると決算時に損失につながる可能性があります。
今回は、在庫を減らすべき理由と減らす方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
 

残った在庫を減らすべき理由とは?

 
残った在庫はなぜ残さない方が良いのでしょうか。
これには大きく3つの理由があります。
 
1つ目は、品質の低下があるためです。
在庫を長期にわたって放置していると、品質が落ちてしまいます。
品質が下がると、商品価値が低くなってしまい、最終的には廃棄するしかありません。
 
廃棄となると、売上や利益が得られないうえに、後処理も面倒になります。
そのため、在庫は少なくするべきなのです。
 
2つ目は、保管場所の維持管理が大変であるためです。
在庫があると、残った在庫分だけ保管する場所を確保する必要があります。
 
在庫の管理や維持にも当然手間やお金がかかります。
特に、在庫を高品質のまま保存するために、保管場所の温度や湿度を調整する必要のある商品などもあり、管理や維持が大きな負担になる可能性もあります。
在庫の管理には、人件費や物の出し入れをする運送費もかかることが予想できます。
 
このように、在庫を減らしていかなければ、管理や維持に余分な労力や費用もがかかってしまいます。
 
3つ目は、キャッシュフローの減少です。
在庫が多ければ、今年度末の資産に加えられ、キャッシュフローが減少してしまいます。
 
キャッシュフローとは、お金の流れで会社の状態を確認できるものです。
キャッシュフローが悪化してしまうと、自由に使えるお金が少なくなります。
最悪の場合、黒字倒産をしてしまう可能性があります。
よって、在庫の増加は会社の経営に大きな影響を与えます。
 
以上の理由より、在庫は減らした方が良いです。
 
そして、在庫削減は特に12月に検討するのがおすすめです。
なぜなら、確定申告を行う必要があるためです。
確定申告では、資産や経費の計上を行います。
したがって、無駄な支出を示さないためには、12月あたりに在庫削減を行うのがおすすめです。
 

在庫を減らす方法をご紹介!

 
在庫を減らす方法は以下の3つがあります。
・セールを開催する
・買い取り業者に依頼する
・廃棄処分する
 
一般的に、セール、買い取り、廃棄処分の順に会社側の負担が大きくなってきますので、まずはセールを開催することかどうか検討することをおすすめします。
 

まとめ

 
本記事では、在庫を減らすべき理由と減らす方法についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
在庫処分に関するご質問や買取のご依頼は、お気軽に当社までお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。

どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です