在庫処分の際の注意点とは?詳しく説明します!

「店の在庫処分を検討しているが、在庫処分をするときに注意すべきポイントを知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫処分をする際の注意点について詳しく説明します。
在庫処分を検討中の方は、ぜひ今回の説明を参考にしてみてください。

 

□在庫処分の際の注意点とは

在庫はその店舗や企業の資産の一部として認識され、決算で利益や売り上げを計算する際に在庫も考慮されます。
税務署から在庫を本当に処分したのか確認するための証明が求められる場合があるので、在庫処分をしてしまう前に廃棄した際の証明書を作成し、保管しておくことが重要となります。
証明書として有効なのは、廃棄証明書や処分した際にかかった金額が記載されている領収書などです。
また、在庫処分を行わずに従業員に支給した場合は現物支給と見なされてしまいます。
現物支給の場合は、課税の対象となってしまうので注意しなくてはいけません。

 

□専門業者に在庫買取を依頼する場合の注意点

*得意・不得意なジャンルを確認する

在庫買取の業者にはそれぞれ得意・不得意なジャンルがあります。
売却予定の在庫の品目と、在庫買取を依頼する業者の得意なジャンルが一致していれば、高額での買取が期待できるでしょう。
そのため、事前に買取業者の得意・不得意なジャンルを調べておくことが重要となります。
得意・不得意なジャンルを調べるための方法として、見積もりの依頼が挙げられます。
一社のみならず、なるべく複数の業者に見積もりを依頼し、買取価格を比較するようにしましょう。

 

*買取条件を確認する

契約が成立してから追加料金を請求してくる業者もあります。
そのようなトラブルを防ぐためには、契約前にしっかりと買取条件を確認しておくことが重要です。
とくに送料や手間賃に関しては、しっかりと確認するように心がけましょう。

*ブランド毀損への加担を避ける

ブランド品を買い取ってもらう場合は、買取後その商品がどのように扱われるのか入念に確認しておきましょう。
もし、売却したブランド品が通常より安い値段で売られてしまったら、その商品のブランド毀損に加担してしまうことになります。
そのような事態を避けるため、事前に売却後の商品の扱われ方について確認をとるようにしましょう。

□まとめ

今回は、在庫処分をする際の注意点について説明しました。
在庫処分をする前に必ず証明書を作成してから、処分するようにしましょう。
専門業者に買取を依頼する際は、今回の説明を参考にしてください。
在庫処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です