在庫処分をすれば節税できる!在庫処分と節税の関係を解説します

「余った在庫を処分したいが、できるだけコストを減らしたい。」
「在庫を処分すると節税できるって本当?」
余った商品の在庫処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
在庫処分には廃棄代など、何かとお金がかかるので、できるだけコストを減らしたいですよね。
実は、在庫を減らすだけで節税できる方法がいくつかあることをご存知でしたか?
この記事では、在庫の処分と節税の関係について解説します!

□在庫処分をすると節税できる仕組み

なぜ、在庫処分をすると節税できるのでしょうか?
その理由は決算書上の粗利益の計上方法にあります。
「粗利益=売上−原価」
上記の方法で粗利益は計算されるのですが、原価が大きくなるほど利益は小さくなります。
課税対象は得られた利益に対してなので、原価が大きくなるほど節税効果が期待できるというわけです。
そこで、原価を大きくするために在庫処分が必要なのです。
「原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高(在庫)」
原価は上記のように計算されるため、期末棚卸高(在庫)を減らすことで、原価を大きく計上できるという仕組みです。
このような理由で、在庫処分をすることは節税効果につながります。

□節税できる在庫処分の方法

*業者に買取を依頼する

在庫買取業者に余っている在庫を一括で買い取ってもらう方法です。
買取業者は買い取った商品を独自の物流で再販売するため、商品が市場に出回るというメリットがあります。
また、一度に大量の在庫を処分できるので便利な手法です。

*セールで安く販売する

在庫処分のために定価よりも大幅に値下げして売り出す方法があります。
少しでも手元資金を確保でき、在庫処分もできるので節税できるというメリットがあります。

 

*廃棄処分

セールでも売れ残り、業者にも買い取ってもらえなかった在庫は保管するのにも費用がかかります。
売れるまで長期間保管しておくよりも廃棄する方が節税効果も期待できます。
しかし、廃棄するのにも費用がかかるので注意しましょう。

□まとめ

在庫処分と節税の関係について、お分かりいただけたでしょうか?
不要な在庫はすぐに廃棄するより、セールで売り出したり業者に買取を依頼した方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です