余剰商品を在庫処分するメリットとは?節税効果やコスト削減効果アリ!

「余った在庫を処分すべきかどうかわからない。」
「在庫を処分することにどのようなメリットがあるのか知りたい。」
余った商品の在庫処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
不要な在庫が溜まってしまうとその管理費用などで経営を圧迫してしまうことも多いです。
しかし、余剰在庫を処分することに抵抗があるという方も少なくありません。
そこでこの記事では、余剰商品を在庫処分するメリットについて解説します!

□在庫処分のメリット

*倉庫費を削減できる

在庫が大量に余っている場合、それらを管理するための倉庫の費用が高くなってしまうことがあります。
倉庫の敷地面積が大きければ大きいほど、家賃や土地代が高くなるからです。
在庫処分をすることで、倉庫に必要な敷地を削減でき、管理費用を削減できるというメリットがあります。

*在庫買取で手元資金を確保できる

在庫買取業者に買取を依頼することで、一度に大量の在庫を処分できます。
買取の場合、少しでも手元資金を確保できます。
また、買取業者は買い取った商品を需要のある市場で再販売するので、自社商品を市場に流通させることができるというのもメリットの一つです。

*値引き販売による節税効果

余剰在庫は大幅に値下げすることでまだ売れる可能性がある場合、セールやアウトレットストアなどで売り切ってしまうのも一つの手です。
仕入れ金額よりも安い金額で販売することで、利益が赤字になるので、課税対象の利益に税率をかけた分の節税ができます。

*在庫の回転率が上がる

在庫処分を積極的に行う方針を取ることで、在庫の管理スペースが小さくなるので、新しい在庫をどんどん仕入れて余剰在庫を処分するフローの回転率が良くなります。
余剰在庫は保有期間が長くなるほど値崩れが進んで利益が少なくなり、保管コストや人件費などが増えてしまいます。
キャッシュフローが改善されるとコストの無駄が省けるというメリットがあります。

 

 

□まとめ

在庫処分のメリットについて、お分りいただけたでしょうか?
不要な在庫は長期間保管するより、セール商品として売り出したり、業者に買取を依頼した方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です