在庫品の管理がなぜ難しいと言われるのかを詳しく解説します!

「在庫品の管理が難しい理由が知りたい」
「なんで在庫品の管理って難しいの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品の管理が難しい理由について詳しく解説します。

□在庫品の管理が難しい理由

在庫品の管理が難しいと言われる理由を項目に分けていくつかご紹介します。

*打ち込みミスが起きやすい

在庫管理を行う上でシステムを使っている会社は少なくないです。
しかし、二重作業を行なう場合、打ち込みミスが起こると在庫数のズレが生じてしまいます。
また、販売管理システムと在庫管理システムの連携が取れていなければ、販売管理システムと在庫管理システムは全く同じ作業をしなければなりません。
この際に、打ち込みミスをしてしまったり、忘れてしまったりすると在庫数が合わなくなるので注意してください。

*強制ではない

会計の場合は、処理を放置したり、忘れたりすると、取引先から問い合わせが来る可能性が高いです。
そして、自治体や国などから通知がきたり、税務調査や会計監査が行われたりします。
会計は必ず必要であり、もし忘れている場合、不正扱いになり、逮捕や法律違反の対象になる可能性があります。
在庫管理は、基本的に社内が主体で行います。
仕入れ先は納品(伝票の受け付け)したら終わり、販売先は、商品が到着すればそれで良いです。
在庫管理は強制ではないため、社内でしっかりと管理をすることが必要になります。

*情報が少ない

会社を経営する際、本屋に行ったり、ネットで検索したりすることでたくさんの情報を得られます。
しかし、在庫管理の情報量は少なく、あるとしても似たりよったりな情報が多いです。
実際に在庫に触れたことが無いのにも関わらず、在庫に関して論じている銀行員の方や会計士の方がいるので注意してください。
在庫管理は、実際に在庫に触れて長く実務を経験しなければ身に付かないと言われています。
したがって、在庫管理の情報源はほとんど無いと言えます。

□在庫を適切に管理するためにすべきこと

*在庫管理をマニュアル化する

担当者ごとに作業内容が異ならないようにするためには、作業を同一化する必要があります。
そのため、在庫管理をマニュアル化した方が良いでしょう。

□まとめ

今回は、個人事業主の方向けに在庫品の管理が難しいと言われる理由について詳しく解説しました。
理由を把握しておけば、解決策を見出すきっかけになることが多いのでしっかりと理解しておきましょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です