自営業の方になぜ、在庫品が溜まるのかを詳しく解説します!

「在庫品がなぜか溜まってしまう」
「在庫品を溜めない方法を知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品が溜まる理由と対策について詳しく解説します。

 

□在庫が溜まる理由

ここでは、在庫が溜まる理由は様々をいくつか解説します。

*品切れを防ぎたい

品切れを防ぐために、在庫を多く持つ方が多くいらっしゃいます。
もし、注文が殺到した場合に在庫が無い場合、全ての注文に対応できず最大限の利益を出せない可能性が高いです。
これは完成品のみではなく、材料を多く抱えることにも当てはまります。
常に最大の利益を出したい気持ちがかえって利益を減らすことに繋がる場合があるので注意しましょう。

*コスト削減のため

一度に大量の商品を生産し在庫を管理すれば、何回かに分けて行うよりも手間とコストが抑えられます。
そのため、売り切ることができずに在庫が溜まっていくことが多いのです。

 

*リスクを避けたい

商品を生産する過程で材料の発注先が倒産してしまうことや、製造する機械
が故障する可能性があります。
その場合、生産が一時的に止まってしまい、注文に対応できません。
そのリスクを避けるために、在庫を多く抱えてしまうことが原因になるので注意してください。

□在庫を溜めない方法

ここまで在庫が溜まる理由を解説しましたが、その対策を紹介します。

*データを使う

人間が在庫の全てを把握し、溜めないようにするのにはどうしても限界があります。
そのため、在庫の分析や管理をデータ化して発注数を決めるようにしましょう。
よく売れる商品、あまり売れない商品に分けてデータの精度を上げれば、在庫を処分しなければいけない状況にはほとんどならないでしょう。

 

*専用のソフトを使う

最近は、テクノロジーの発達により専用のソフトを使って在庫数、保管場所、発注先、担当者などを一括で管理できます。
例えば、データを分析して最適な発注数を計算してくれたり、保管場所を効率化してスペースを生み出したり、処分すべき在庫を知らせてくれたりします。
このようなソフトを使えば、これまで在庫の管理にかかっていた手間とコストを大幅に減らせるのでオススメです。

□まとめ

今回は在庫が溜まる原因と対策について詳しく解説しました。
自営業で利益を出すためには、しっかりとした在庫の管理が必要不可欠です。
したがって、在庫管理は注意して行うことをオススメします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です