在庫品に関する適正在庫の計算の仕方を詳しく解説します!

「適正在庫ってどうやったらわかるの?」
「適正在庫の計算の仕方を知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品に関する適正在庫の計算の仕方について詳しく解説します。

□適正在庫とは

適正在庫は、商品や材料の在庫管理における在庫の概念の一つです。
適正在庫とは、商機の損失を最小限に抑えたり、様々なコストを考えたりする上で、最適になる在庫量のことです。
適正在庫よりも在庫が少ない場合、商品棚が貧弱に見えることによる売上の減少や機会ロス(機会損失)を生む原因になります。
一方で、適正在庫よりも在庫の数が多ければ、値引きにつながる商品が増加し結果的に粗利益率を下げることになります。
また、すでに死筋商品となった在庫が増加する事により回転率を下げ、売れ筋(新商品)の仕入れが困難になることもあります。
適正在庫を保ち続けることは、安定した利益を出し続けることに繋がるので覚えておきましょう。

□適正在庫の計算の仕方

適正在庫の計算は、安全係数、使用量の標準偏差、発注リードタイム、発注間隔で算出されます。
計算式は、適正在庫=安全係数×使用量の標準偏差×ルート(発注リードタイム+発注間隔)です。

□適正在庫の求め方は変化する

適正在庫の計算は、発注の仕方によって変わります。
発注の仕方は、発注する時期と量が決まっているかどうかで判断します。
全ての企業で売れる量が常に同じことはほとんど無いため、定期、定量発注をしている企業は少ないです。
また、企業で不定期に不定量で発注している理由は、計画性がないからであることが多いです。
全体最適化を考慮した場合に効率的ではないため、他の方法に移行することをおすすめします。
不定期定量発注は、残りの在庫が一定の基準値を下回った際に発注する方法で、とても簡単なので行なっている会社は多いです。
しかし、唐突な売上や使用量の変化に対応しにくく、定期的に発注する量が最適か判断する必要があります。

□計算に必要な要素

計算する際に必要な要素は主に下記の4つがあるので覚えておきましょう。

1.発注頻度、
2.リードタイム、
3.安全在庫量
4.一日あたりの在庫使用見込み量

□まとめ

以上、今回は、在庫品に関する適正在庫の計算の仕方について解説しました。
ビジネスを安定的かつ継続的に行うためには、在庫の管理は必須と言われています。
適正在庫を計算し保つことが利益の最大化につながるため、正しい知識を持つことが大切です。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です