在庫買取の査定の流れと基準とは?査定の流れと基準をご説明します!

在庫買取の査定の流れや基準がきになる方はいませんか?
「在庫買取を依頼したいが査定の方法が気になる」
「在庫買取の査定基準はなんなのか知りたい」
このように、在庫の買取を依頼したいが査定がどのように行われているのか気になっている方が多くいらっしゃると思います。
査定の方法や基準を知っていないと買取を依頼するときに不安ですよね。
そこで今回は、在庫買取の流れや査定の基準についてご紹介します。

 

□在庫買取の査定の流れ

*買取査定に必要な情報

買取の流れをご説明する前に、買取のときに必要な情報をご紹介しておきます。

・商品が少ない場合

商品が少ない場合は、商品名、写真、在庫数、サイズ、使用期限、保管地域などをご準備ください。

・商品が多い場合

在庫が多い場合は、在庫リスト、写真、全体量がイメージできる写真、保管地域などをご準備ください。
これらをあらかじめ準備しておくと、査定から買取までスムーズに進むと思います。

*買取査定の流れ

まず始めに、商品の写真を送っていただき、送っていただいた写真からおおよその査定金額をご提示します。
次に、概算金額にご納得したら、商品のサンプルを送ります。
サンプルを直接目で見て査定し、買取価格を確定します。
その後、商品をお客様に出荷していただきます。
商品到着後、全商品の査定完了後、買取金額を支払い完了です。

□在庫買取の査定基準

*販売価格

想定される販売価格は、買取価格に直結します。
当然のことですが、販売価格が低いのに、買取価格が高いと買取業者の経営が成り立ちません。
買取る商品の一般的な買取価格をもとに、おおよその買取価格を決めます。

 

*年式

同じ商品でも、年式が古いものは劣化や壊れる可能性が高いので買取価格が低くなります。
また、新しいものは機能も良い場合が多いので高い買取価格が期待できるでしょう。

*状態

買取商品の状態はとても重要な査定基準です。
倉庫での保存が長かったり、保存状態が悪かったりすると、同じ年式の商品でも買取価格に大きな差が出てしまいます。
そのため、在庫の状態をしっかり管理することが重要です。
また、高く売りたい場合は早めに買取業者に依頼することをおすすめします。

□まとめ

今回は、在庫買取の査定の流れや査定の基準についてご紹介しました。
当社では、在庫の買取についてのご相談を随時受け付けております。
買取の専門家が、お客様の在庫処分を全面的にバックアップいたします。
在庫の処分をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です