在庫品の管理がなぜ難しいと言われるのかを詳しく解説します!

「在庫品の管理が難しい理由が知りたい」
「なんで在庫品の管理って難しいの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品の管理が難しい理由について詳しく解説します。

□在庫品の管理が難しい理由

在庫品の管理が難しいと言われる理由を項目に分けていくつかご紹介します。

*打ち込みミスが起きやすい

在庫管理を行う上でシステムを使っている会社は少なくないです。
しかし、二重作業を行なう場合、打ち込みミスが起こると在庫数のズレが生じてしまいます。
また、販売管理システムと在庫管理システムの連携が取れていなければ、販売管理システムと在庫管理システムは全く同じ作業をしなければなりません。
この際に、打ち込みミスをしてしまったり、忘れてしまったりすると在庫数が合わなくなるので注意してください。

*強制ではない

会計の場合は、処理を放置したり、忘れたりすると、取引先から問い合わせが来る可能性が高いです。
そして、自治体や国などから通知がきたり、税務調査や会計監査が行われたりします。
会計は必ず必要であり、もし忘れている場合、不正扱いになり、逮捕や法律違反の対象になる可能性があります。
在庫管理は、基本的に社内が主体で行います。
仕入れ先は納品(伝票の受け付け)したら終わり、販売先は、商品が到着すればそれで良いです。
在庫管理は強制ではないため、社内でしっかりと管理をすることが必要になります。

*情報が少ない

会社を経営する際、本屋に行ったり、ネットで検索したりすることでたくさんの情報を得られます。
しかし、在庫管理の情報量は少なく、あるとしても似たりよったりな情報が多いです。
実際に在庫に触れたことが無いのにも関わらず、在庫に関して論じている銀行員の方や会計士の方がいるので注意してください。
在庫管理は、実際に在庫に触れて長く実務を経験しなければ身に付かないと言われています。
したがって、在庫管理の情報源はほとんど無いと言えます。

□在庫を適切に管理するためにすべきこと

*在庫管理をマニュアル化する

担当者ごとに作業内容が異ならないようにするためには、作業を同一化する必要があります。
そのため、在庫管理をマニュアル化した方が良いでしょう。

□まとめ

今回は、個人事業主の方向けに在庫品の管理が難しいと言われる理由について詳しく解説しました。
理由を把握しておけば、解決策を見出すきっかけになることが多いのでしっかりと理解しておきましょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

在庫品に関する適正在庫の計算の仕方を詳しく解説します!

「適正在庫ってどうやったらわかるの?」
「適正在庫の計算の仕方を知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品に関する適正在庫の計算の仕方について詳しく解説します。

□適正在庫とは

適正在庫は、商品や材料の在庫管理における在庫の概念の一つです。
適正在庫とは、商機の損失を最小限に抑えたり、様々なコストを考えたりする上で、最適になる在庫量のことです。
適正在庫よりも在庫が少ない場合、商品棚が貧弱に見えることによる売上の減少や機会ロス(機会損失)を生む原因になります。
一方で、適正在庫よりも在庫の数が多ければ、値引きにつながる商品が増加し結果的に粗利益率を下げることになります。
また、すでに死筋商品となった在庫が増加する事により回転率を下げ、売れ筋(新商品)の仕入れが困難になることもあります。
適正在庫を保ち続けることは、安定した利益を出し続けることに繋がるので覚えておきましょう。

□適正在庫の計算の仕方

適正在庫の計算は、安全係数、使用量の標準偏差、発注リードタイム、発注間隔で算出されます。
計算式は、適正在庫=安全係数×使用量の標準偏差×ルート(発注リードタイム+発注間隔)です。

□適正在庫の求め方は変化する

適正在庫の計算は、発注の仕方によって変わります。
発注の仕方は、発注する時期と量が決まっているかどうかで判断します。
全ての企業で売れる量が常に同じことはほとんど無いため、定期、定量発注をしている企業は少ないです。
また、企業で不定期に不定量で発注している理由は、計画性がないからであることが多いです。
全体最適化を考慮した場合に効率的ではないため、他の方法に移行することをおすすめします。
不定期定量発注は、残りの在庫が一定の基準値を下回った際に発注する方法で、とても簡単なので行なっている会社は多いです。
しかし、唐突な売上や使用量の変化に対応しにくく、定期的に発注する量が最適か判断する必要があります。

□計算に必要な要素

計算する際に必要な要素は主に下記の4つがあるので覚えておきましょう。

1.発注頻度、
2.リードタイム、
3.安全在庫量
4.一日あたりの在庫使用見込み量

□まとめ

以上、今回は、在庫品に関する適正在庫の計算の仕方について解説しました。
ビジネスを安定的かつ継続的に行うためには、在庫の管理は必須と言われています。
適正在庫を計算し保つことが利益の最大化につながるため、正しい知識を持つことが大切です。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。

 

自営業の方に在庫品に関係する税金について詳しく解説します!

「在庫品に税金がかかるのか知りたい」
「在庫品にどのような税金がかかるのかわからない」

このような方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そんな方向けに在庫品にかかる税金について詳しく解説します。

 

□在庫には税金がかかる

在庫に税金がかかると言われていますが、厳密に言うと在庫を保持することは、利息を保持しているのと同じです。
つまり、抱える在庫が多ければ多いほど課される税金は増えます。
また、法律上、決算時の在庫が前期よりも増えれば、法人に法人税が課されます。
なぜなら、在庫は価値を持っている資産であり、現金預金と同等の扱いを受けるからです。
つまり、在庫が増えれば現金預金の増加と同等に所得金額の増加とみなされます。
例えば、前期末の在庫200万円、今期の仕入を2000万円とします。
今期末の在庫が200万円と240万円を比較した場合を実際に計算して解説します。

*在庫200万円の場合

売上原価は、今期末の在庫の金額から間接的に求めるため、「前期末の在庫200万円+今期の仕入高2000万円-今期末の在庫200万円=2000万円」になります。

*在庫240万円の場合

売上原価は「前期末の在庫200万円+今期の仕入高2000万円-今期末の在庫240万円=1960万円」になります。
つまり、在庫が240万円のほうが今期末の在庫の金額が40万円多くなる分、40万円売上原価が低くなります。
したがって、所得金額は40万円増加し、法人税が課せられます。

商品が売れずに在庫が増えてしまうと仕入原価(仕入れー売れてない在庫商品)が減り利益が増えます。
そうなると経費で落とせる金額が減り、利益が大きくなるため課される税金が大きくなります。

□在庫にかかる税金を減らすためには

*セールをする

売れ残った商品を在庫にするよりも、セールをする方が良いかもしれません。
企業が決算期になると在庫処分セールや決算セールを行うのは在庫にかかる税金を減らすためでしょう。

*業者に頼む

どうしても売れ残ってしまった在庫があるならば業者に依頼しましょう。
どんな種類の在庫でも買取対象にしている業者はあるので、税金を課される前に処分することをおすすめします。

□まとめ

今回は、自営業の方向けに在庫品にかかる税金について詳しく解説しました。
在庫管理をしっかり行わいと、知らない間に税金を支払っているケースも珍しくないので正しい知識を身につけておくことが大切です。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

個人事業主の方必見|在庫品の回転率の計算について解説します!

「在庫回転率の求め方がわからない」
「在庫回転率を求めてどんな意味があるの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
在庫回転率について、正しい知識を持ってらっしゃる方は少ないと思います。
今回は、そんな方向けに在庫回転率の意義と計算方法について詳しく解説します。

□在庫回転率ってなに?

在庫回転率とは、在庫がどれだけ回転しているかを表す指標です。
在庫回転率が7である場合は、一年間に7回その商品が循環することを示しています。
在庫回転率が高ければ高いほど、その商品が在庫である期間が短く、需要が高いことを示しています。

 

□在庫回転率の意義

在庫管理をする目的は、適正在庫を知ることです。
在庫回転率がわかると、商品にどれだけの需要があるのか、どれだけ発注する必要があるのかなどがわかります。
その結果、需要が高い商品を多く発注し、低い商品は発注量を減らすといった選択ができるようになります。
したがって、在庫管理をする上で在庫回転率を算出することは必須であると言えるかもしれません。

□在庫回転率の求め方

売り上げ=商品売り上げ数量×単価
在庫回転率=年間商品売り上げ÷平均商品在庫高
平均商品在庫高=(期首在庫高+期末在庫高)÷2
平均商品在庫高とは、在庫回転率を算出する平均の期間のことです。

□在庫回転率を高くする方法

在庫回転率を高くするためには、売れている商品と売れてない商品を把握しなければなりません。
つまり、売れてない商品を減らして売れている商品を増やせば良いのです。
また、同業他社と比較すれば自社の強みがわかる可能性があります。
さらに、在庫期間を調べるのも在庫回転率を高くする一つの良い手段かもしれません。
長い間在庫の状態が続くと商品は劣化し、商品価値が落ちてしまう場合が多いです。
そうならないために、在庫期間が長いものは早めに処理し、次は仕入れるべきかを検討しましょう。
このような在庫のデータを精査し、蓄積していくことでデータが正確なものになります。
その結果、適正在庫の再現性が高くなり、効率的な在庫管理ができるようになるでしょう。

 

□まとめ

今回は、個人事業主の方向けに在庫回転率の意義と計算方法ついて詳しく解説しました。
経営をする上で在庫管理は極めて重要であり、適正在庫を知るために在庫回転率を使うので正しい知識を持っておくことをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

在庫品の管理で失敗をしない方法を詳しく解説します!

「在庫管理を失敗したくない」
「在庫管理で失敗しない方法を知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫管理で失敗しない方法について詳しく解説します。

□在庫管理で失敗しない方法

*基準を決めておく

在庫管理で基準値を設定していないと、管理者によって管理がバラバラになってしまいます。
この場合、仕入れが必要だと感じる人がいれば、仕入れの必要がないと認識する人もいます。
この失敗を防ぐために、在庫管理の基準値やマニュアルを決めておくことが大切です。

*在庫を抱えすぎない

品切れを防ぐために在庫を抱えすぎると、もし商品が売れなかった時に多大な損害になる可能性があります。
それを防ぐためには、過去の在庫管理データを分析し、蓄積して仕入れと販売のバランスを考えることで正確な在庫管理をする必要があります。

*柔軟に対応する

在庫管理を長年手作業で行ってきた方にとって、マニュアルの変更は容易ではありません。
新しいマニュアルを作成する際は、手間と時間がかかります。
また、管理者に新たに覚えてもらう必要があります。
しかし、無駄な在庫を抱えたり廃棄を出したりしないようにするには、小まめなマニュアル変更が大切です。

*管理システムを導入する

どれだけマニュアルを完璧にしてもミスが起こる可能性があります。
そのため、ミスを防ぐために管理システムを導入する方が多いです。
管理システムを使うことによって、従来であれば人が行っていた管理をシステムに任せられるので良いでしょう。

□失敗例

システムを導入した後によくある失敗をいくつか例を上げて紹介します。

*システムを使いこなせていない

せっかくシステムを導入しても、機能のほんの一部しか使いこなせていない方が多いです。
システムを導入する際は、業者にしっかりとした説明をしてもらいましょう。

*仕事量が増える

システムを導入することで細かいところまで在庫管理ができるようになります。
しかし、システムを管理するのに今までより労力がかかることがあるので注意しておきましょう。

*システムが停止する

システムを導入してから、停止してしまうことがあります。
その結果、業務自体を行えないので注意してください。

□まとめ

今回は、在庫管理で失敗しない方法と失敗例を解説しました。
利益を最大化するためには、正しい在庫管理をする必要があります。
何かご不明な点がございましたら当社にお気軽にお問い合わせください。

 

在庫品の管理について知りたい方|適正在庫について解説します!

「適正在庫ってなに?」
「適正在庫にするためにはどうすればいいの?」

このような疑問を持っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
特に在庫に関する知識があまりない方は、詳しく把握しておきたいですよね。
今回は、そんな方向けに在庫管理に関して適正在庫について詳しく解説します。

□適正在庫とは

適正在庫とは、欠品を出さない最小限の在庫数のことです。
在庫数が少なすぎて欠品すると、販売機会を損失する恐れがあります。
また、欠品を防ぐことができても、商品棚に商品が少ないと消費者の購入意欲を無くしてしまう恐れがあります。

□適正在庫にするには

*処分のルールを作る

会社は、注文が殺到した時のために備えて在庫を多めに抱える傾向があります。
しかし、在庫を多く持ち続ける場合、在庫が増える一方で、無駄なコストの増大に繋がる可能性があるため、在庫を処分する必要があります。
それゆえ、一定の数値を超えたら処分するルールをあらかじめ作っておけば無駄な在庫を抱えずに済みます。

*定期的に処分する

定期的に処分する時間を設けておけば、在庫が溜まりすぎることはないでしょう。
これを継続的に実施することで、在庫の適正化を図ることが可能になります。
もし、不用品が非常に多いのであれば、捨てる基準が適切ではない可能性があるため、再度確認することをおすすめします。

□在庫の注意点

在庫に関して注意すべきことが2つあります。

*いつの在庫であるか

在庫数・在庫量は常に変化しており、商品が出荷されると減り、入荷されると増えます。
したがって、在庫が多いか少ないかについて判断する際は、いつの時点の在庫を見て判断するのかを決めておく必要があります。

 

*どのように算出された数かを確認する

在庫数を数えた値とは別に、発注点や安全在庫のような基準値と、理論在庫や未来在庫のような予測値の2つの種類の在庫を分けて考える必要があります。
基準値とは、発注点や発注量の計算式の中の項として現れる安全在庫のように、発注の基本として使用されるものです。
理論在庫は、所定の在庫管理を実施した時の平均在庫の予測値であり、未来在庫は出荷予測と入荷計画の差し引き計算で求められる将来時点での在庫数の予測値です。

□まとめ

今回は、在庫管理をする上での適正在庫について詳しく解説しました。
適正在庫についての正しい知識を身につけておけば、在庫管理で困ることは少なくなるでしょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

在庫品の管理にかかる費用について詳しく解説します!

「在庫を管理するのに費用が発生するの?」
「在庫管理に必要な費用はどれくらいなの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
特に自営業をしている方は、詳しく把握しておきたいですよね。
今回は、そんな方向けに在庫品の管理にかかる費用について詳しく解説します。

 

 

□在庫管理とは

在庫管理とは、変動する需要に対する在庫数や、どのタイミングで発注すれば在庫切れを起こさず、かつ過剰な在庫にならないかを費用の最小化の観点から決定する手法です。

□在庫管理に必要な費用

在庫を抱えて管理するのには、多くの費用が必要になります。
そこで、在庫管理に必要な費用をいくつか紹介します。

 

*在庫金利

在庫金利とは、在庫保有によって生じる金利の負担のことです。
実際に金利が生じていなくても、生じていると考え、管理会計上で使われます。
在庫金利の計算方法は、棚卸資産残高に企業の平均資金調達金利を掛けて算出し、それぞれの会社の規模などによって決められることが多いです。

*人件費

在庫を多く抱え、倉庫が大きくなると、その分移動距離や在庫の入れ替え、目的のものを探す時間が多くなります。
このような時間が増えるということは、他の業務に使う時間が減るということなので従業員の生産性は落ち、人件費は自然と上がります。

*スペースにかかるコスト

在庫が多くなればなるほど、広いスペースが必要になります。
元々予定していた場所に保管することができなくなり、倉庫を増設したり、外部の倉庫に預かってもらったりすることがあります。
倉庫には、減価償却費代がかかります。
余剰在庫を置いているスペースに、他のものを置くことで有効活用できるかもしれません。
計算式は、余剰在庫の減価償却費=倉庫の減価償却費×余剰在庫のスペース/倉庫のスペースとなります。

□注意点

*在庫商品の劣化

在庫商品は、時間の経過とともに劣化してしまうことが多いです。
商品が劣化すると価値が落ち、その落ちた分だけ損害になります。
特に食品関連の商品は、劣化が早く価値が落ちやすいのでしっかりとした管理が必要です。

 

 

□まとめ

今回は、在庫の管理にかかる費用について詳しく解説しました。
在庫管理は、利益を出す上で欠かせないものであり、コストがかかるのでしっかりと理解をしておくことが大切です。
また、無駄な在庫を出さないように努力するのも良いかもしれません。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

経営者の方必見|在庫品が経営に与える影響について解説!

「在庫品を持つことは悪いことなの?」
「在庫品と経営って関係あるの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品が経営に与える影響について詳しく解説します。

□在庫がもたらすメリット

ここでは、在庫が与える影響をメリットとデメリットで紹介します。

*注文に対応できる

在庫品を十分に保持していると急激に需要が上がり、注文が殺到したとしても対応できます。
仮に商品に欠損が生じたとしても在庫があれば、すぐに代替品を用意することができます。
対応が早くなればなるほど、クライアントの満足度は上がるため、リピーターになってくれる可能性が高くなります。
つまり、在庫をたくさん抱えることによって本来売り上げるはずだった機会を逃すことがなくなるので良いでしょう。

*コスト削減

たくさんの在庫を一括で管理することで、手間やコストを減らせる場合があります。
何回かに分けて商品を発注するよりも、一度にたくさんする方が手間を省けますし、移動費用や管理費用も抑えられるのでオススメです。

□在庫がもたらすデメリット

*税金がかかる

意外と知らない方が多いですが、在庫には税金が課せられます。
在庫を抱えすぎて、毎月思いがけない額の税金を課されるケースがよくあります。
必要な在庫と不必要な在庫をしっかりと見極めて管理することが大切です。

*商品価値が下がる

想定していたより売れ行きが悪く、在庫を抱えすぎてしまうと時間の経過とともに商品は劣化して価値が下がってしまいます。
特に食品関連の商品は、劣化するスピードが速いので注意が必要です。
また、劣化を伴わない商品でも時間が経過すると、性能が良い新商品が出たり、トレンドが変わったりするため商品自体の価値が下がることがあります。

*効率の良い管理が求められる

メリットとしてコスト削減を紹介しましたが、効率の良い管理をしないと逆に手間やコストがかかってしまう場合があります。
在庫を多く抱える際は、保管するスペースが必要になり、コストが増えます。
また、保管スペースが大きくなれば、商品を入れ替える時に時間がかかります。
これらのことから、効率の良い在庫管理をしなければかえってコストがかかるので注意してください。

□まとめ

今回は、在庫が経営に与える影響について詳しく解説しました。
在庫にはメリットがあればデメリットもあるので、上手に自己管理することが安定した経営につながります。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

個人事業主の方に在庫品に関する注意点を解説します!

「個人事業主だけど在庫に関して何もわからない」
「在庫品に関しての注意点が知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品に関する注意点について詳しく解説します。

□在庫とは

最初に、在庫とはどのようなものかを解説します。
在庫には「商品」と「消耗品」の2種類があります。
在庫となる「商品」は、売ることを目的に仕入れます。
例えば、売れ残っている商品のほかに、生産をして販売できる状態の製品や、生産途中の半製品や仕掛品、材料などが含まれます。
在庫となる「消耗品」は、販売目的ではなく自分が使うもので、仕入れたが使いきれていないものです。
例えば、紙、ペン、テープ、段ボール、電球などの消耗品のことを指します。
原則、月末や年末などに棚卸しをしてどちらも在庫の数を把握しておく必要があります。
しかし、毎回同程度の数が残る消耗品に関しては、棚卸を省略しても良いです。

□注意点

*在庫商品の劣化

在庫商品を長い間抱えると、商品が劣化して価値が著しく低下してしまう可能性があります。
特に食品関連の商品は、劣化するスピードが早いので注意が必要です。

*在庫には税金がかかる

仕入れ額と売上額の差額の関係で、在庫が多いとその分税金を支払わなければなりません。
在庫が増えすぎる前に在庫処分セールを行なったり、業者に依頼したりするなどして在庫を極力抱えないようにしましょう。

 

□棚卸し

棚卸しとは、正しい決算を行うために在庫を数えることです。
正確な在庫を把握することで、正しい決算ができます。
ほとんどの企業が在庫の把握のために月末に棚卸しを行っているでしょう。
しかし、棚卸しをしているが「正直、よくわかっていない」、「どのように棚卸しをするのが良いかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。
毎日の営業活動の精度を上げ、利益率を高めるには棚卸しに関する正しい知識を習得することをおすすめします。
棚卸しにどうしても手間や人手がかかってしまう方は、専門業者に依頼するのも良いかもしれません。
業者はプロなのでミスも少ないですし、効率も良いです。
そのため、自分で棚卸しをするよりもコストを抑えられるかもしれません。

 

□まとめ

今回は、自営業の方向けに在庫に関して注意することを解説しました。
利益を最大化するためには徹底した在庫管理が重要です。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

処分すべき在庫とは?種類ごとに詳しく解説します!

「どの在庫品を処分すべきかわからない」
「処分するべき在庫品の種類について知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けにどういった在庫を処分するべきかについて詳しく解説します。

 

□余剰在庫

余剰在庫とは、商品が劣化して価値が落ちていたり、流行りが過ぎていたりして売れ残っている在庫のことです。
例えば、ガラケーや型落ちゲーム機のゲームソフトは、流行りが過ぎて売れる見込みがあまりないので処分すべき在庫と言えます。
他にも消費期限が過ぎた食品や、花や生き物などの時間の経過とともに劣化する在庫も早めに処分するべき在庫です。
注文が殺到すると在庫が足りなくなったり、製造業では在庫が少ないことで納期を守れなかったりと、在庫をあまり持たないと多少のリスクはありますが、多くの余剰在庫を抱える必要はないです。
余剰在庫を抱えることで人件費や管理費が比較的多くかかります。
また、賞味期限や流行が過ぎてしまうと売れ行きが著しく悪くなってしまいます。
価格を下げれば売れる可能性がありますが、売り切っても損害になることが考えられます。
しっかりと在庫を管理し、余計な在庫は持たないようにすることが利益の最大化につながります。

□不良在庫

不良在庫とは、販売できる可能性が低く、他の商品の価値を下げる可能性がある在庫を指します。
具体的には、不良品や欠陥品などがあります。
また、不動在庫、死に筋在庫、低回転在庫などと言われることもあるそうです。
デッドストックのことだと思っていらっしゃる方も多いでしょうが、不良在庫は「他の商品の価値を下げる」点でデッドストックとは違います。
不良在庫の例は、腐ったホウレンソウ(売れない+他のホウレンソウを腐らせる)や劣化したコート(売れない+他の服に色が移る)などです。
不良在庫の価値が低いだけでなく、他の商品の価値を下げてしまう可能性があります。
会計上では資産扱いであるため、データを見ただけではわかりにくいですが、実質的な資産が減少していることもあります。
気づかないうちに倒産させてしまわないように、まず不良在庫を出さないような在庫管理をして、不良在庫が出た際は正しく処分する必要があります。

□まとめ

今回は、処分するべき在庫品の種類について詳しく解説しました。
在庫を抱えすぎると、様々なリスクが発生するため、正しい知識を身につけておくことをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。