個人事業主の方必見|在庫品の回転率の計算について解説します!

「在庫回転率の求め方がわからない」
「在庫回転率を求めてどんな意味があるの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
在庫回転率について、正しい知識を持ってらっしゃる方は少ないと思います。
今回は、そんな方向けに在庫回転率の意義と計算方法について詳しく解説します。

□在庫回転率ってなに?

在庫回転率とは、在庫がどれだけ回転しているかを表す指標です。
在庫回転率が7である場合は、一年間に7回その商品が循環することを示しています。
在庫回転率が高ければ高いほど、その商品が在庫である期間が短く、需要が高いことを示しています。

 

□在庫回転率の意義

在庫管理をする目的は、適正在庫を知ることです。
在庫回転率がわかると、商品にどれだけの需要があるのか、どれだけ発注する必要があるのかなどがわかります。
その結果、需要が高い商品を多く発注し、低い商品は発注量を減らすといった選択ができるようになります。
したがって、在庫管理をする上で在庫回転率を算出することは必須であると言えるかもしれません。

□在庫回転率の求め方

売り上げ=商品売り上げ数量×単価
在庫回転率=年間商品売り上げ÷平均商品在庫高
平均商品在庫高=(期首在庫高+期末在庫高)÷2
平均商品在庫高とは、在庫回転率を算出する平均の期間のことです。

□在庫回転率を高くする方法

在庫回転率を高くするためには、売れている商品と売れてない商品を把握しなければなりません。
つまり、売れてない商品を減らして売れている商品を増やせば良いのです。
また、同業他社と比較すれば自社の強みがわかる可能性があります。
さらに、在庫期間を調べるのも在庫回転率を高くする一つの良い手段かもしれません。
長い間在庫の状態が続くと商品は劣化し、商品価値が落ちてしまう場合が多いです。
そうならないために、在庫期間が長いものは早めに処理し、次は仕入れるべきかを検討しましょう。
このような在庫のデータを精査し、蓄積していくことでデータが正確なものになります。
その結果、適正在庫の再現性が高くなり、効率的な在庫管理ができるようになるでしょう。

 

□まとめ

今回は、個人事業主の方向けに在庫回転率の意義と計算方法ついて詳しく解説しました。
経営をする上で在庫管理は極めて重要であり、適正在庫を知るために在庫回転率を使うので正しい知識を持っておくことをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です