簡単に在庫管理するにはどうする?エクセルの活用方法を解説します!

「エクセルで在庫管理表を作ってくれと頼まれたけど、どうやって作ればいいか分からない!」
「在庫管理システムを取り入れたいけどコストが高くて導入しようか迷う・・・。」

こういった疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
実は在庫管理表はエクセルで作成することができます。
しかしエクセルを活用した在庫管理は思った以上に難しいため、あまりエクセルに馴染みのない方や、どのようなことに気をつけて作成すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はエクセルを活用した在庫管理表の作成の仕方を解説していきます。

□まず意識すべきこと

*入出庫の数を管理する

在庫とは仕入れ分と販売分の数の差を表し、その過程には様々な理由でロスが上がる可能性もあります。
従って、現在の在庫数を管理するだけでは誤差が発生しやすいため、在庫管理をする際には在庫数のみならず入出庫の数も管理しましょう。

 

 

*上書きをしない

手間を省こうとして、在庫の入出庫分を上書きしているという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし上書きをした場合、その上書きをしたという履歴は残らないため、後に「記帳したかどうか忘れてしまった!」という事態が起こる可能性が非常に高いのです。
このような事態を防ぐためにも上書きをするのは止めましょう。

 

□在庫管理表の作り方

基本的にエクセルで在庫管理表を作る場合、関数で作る方法とマクロ機能を使う方法があります。

*SUMIF関数

この関数は足し算のSUM関数の応用形として、特定の条件にあった項目のみ合算できる関数です。
この方法は入庫、出庫した商品のそれぞれの品番と数量を入力していくだけで計算されるので、とてもシンプルで扱いやすいというメリットがあります。

*VLOOKUP関数

この関数は複数のデータから、特定の条件に一致したものを検索して抽出してくれる関数です。
非常に便利で様々な場面で活用されている関数ですが、元データの形式が違ったり変更があったりした場合には、関数式の修正が必要になることがあります。

 

*IF関数

この関数はそれぞれの条件に沿った処理を行ってくれる関数です。
例えば在庫数によって過剰在庫と過少在庫に分けたいときには、「何個以上は過剰表示、何個以下は過少表示」という設定で分けることができます。

*マクロ機能

マクロとは、エクセルでの複数の操作を記録して自動化してくれる機能です。
マクロ機能を使うことで日々の入力の時間を大幅に短縮でき、入力ミスを無くすことができます。

□まとめ

今回はエクセルを活用した在庫管理表の作成の仕方を解説してきました。
在庫管理を簡略化させるには

・SUMIF関数
・VLOOKUP関数
・IF関数
・マクロ機能

これらの関数や機能を活用することで効率よく在庫管理をすることができます。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、在庫管理に関して何かお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です