知っておきたい!在庫処分が年末に多い3つの理由!

在庫処分を検討されている方の中には、
「年末に在庫処分が集中する」ということを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

事実、年末には多くの業者が決算セールなどを行い、在庫処分を行っています。
ですが、どうしてそうなるのかよくわからない方も多いはずです。

今回は、なぜ在庫処分が年末に多いのか、その理由を3つご紹介します。

□在庫処分が年末に多い3つの理由

どうして、年末に在庫処分が集中するのでしょうか?
その理由は以下の通りです。

*節税対策

「実際に利益を得られていない在庫にも、税金がかかるのか」と、
疑問に感じた方も多いのではないでしょうか?

実は、利益が得られていない在庫は売れない可能性があるにも関わらず、利益として換算され、税金が発生してしまうのです。
ですので、売れる可能性がないかもしれないというリスクを回避し、在庫にかかる税金対策として、多くの業者がセールを開き在庫処分を行っているのです
これが、年末に在庫処分が多くなる一番大きな理由です。

*決算セールとして年末商戦に合わせる

年末には、多くの企業が在庫処分に関係なく、多くの商品を売ろうと年末商戦を行っています。

こういった動きが同時多発的に動くと、お祭りのように「雰囲気に載せられて必要以上のものを買ってしまう」という現象が起こります。
ですので、決算セールや在庫処分セールとして、年末商戦に乗っかろうという業者が多くのわけです。

*年末に購買意欲が高まる

12月以降、クリスマスも相まって、年末には多くの人の購買意欲が高まっています。
ですので、その購買意欲の高まりに合わせて、多くの業者が年末商戦を行うのですが、それに便乗して在庫処分を行う業者が多くなっています。

□年末の在庫処分で賢く経営

在庫の「売れないかもしれない」というリスクを排除し、在庫にかかる税金対策として行われる、
という一番大きな理由を筆頭に、クリスマス以降の年末商戦に便乗するなど、多くの業者が年末に在庫処分を行っています。
多くの在庫を抱えてしまうのは、大きなリスクです。
もし年末のセールで、大きな在庫処分の成果が見込めない場合は、買取業者に依頼してまとめて処分してもらうことも、検討しておくと安心です。

在庫処分に効果的な時期は年末だけではありません。効果的な時期に在庫処分を行うことで、効率よく処分を進めていきましょう。

今回は、なぜ、在庫処分が年末に多いのか、その理由を3つご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

利益を上げたい!そんな方がやっておきたい在庫管理の方法とは?

個人経営をされている方の中には「在庫管理から利益を上げたい」と、思われている方もの多いのではないでしょうか?

在庫管理を効率よく行うことで、利益を拡大させることができます。

今回は、在庫管理から利益雨を拡大する方法を4つほど、紹介します。

□利益を拡大する4つの方法

在庫管理を効率化させることで利益を拡大する方法には、どういったものがあるのでしょうか?
4つの方法をご紹介していきます。

*基本的な在庫管理を徹底する

利益を拡大させるために、まずは基本的な在庫管理を徹底しましょう。
基本的な在庫管理には以下のような2つの方法があります。

 

・ABC分析による分類管理売れ行きのいい主力商品であるA群。
主力商品に次いて売れ行きがいいB群。
あまり売れ行きがよくないC群。

このように販売する商品を3段階に分け、対応に差を
つけ、管理の仕方を変えていきます。

 

・A群(主力製品:全体の10%)
売れる見込みの高い主力商品なので、頻繁に在庫を確認し、仕入れがどのくらい必要なのかに注意します。

・C群(あまり売れない商品:全体の70%)
売れにくく、動き少ない製品なので、発注業務や管理の手間を省略するようにする。

・B群(主力製品の次に売れる商品:全体の20%)
一般的に、主力製品のの次に売れる準主力商品は全体の売り上げの80%をしめます。
A群とC群の中間的な対応をします。

ABC分析は、こまめに記録をつける必要がありますが、導入コストも低くかなり効果的な方法です。

・在庫管理システムの導入
ABC分析と比べ、導入コストが大きくなりますが、在庫管理システムを導入も効果的です。
PC場でデータを扱いながら在庫の管理を行っていきます。

*在庫回転率を求め、上げていく

在庫回転率とは、在庫として保管されている商品の金額と実際に販売された商品の原価の金額を比べることで、在庫商品が何回転入れ替わったのかを表す指標のことです。

この指標は、在庫の管理体制や、在庫の仕入れ頻度が適切か、売筋の商品はどういったものかなどの分析に用いられます。

単純な計算ではありますが、客観的な数値で、現状を図ることができるので、オススメの方法です。

*競合他社を分析・模倣

在庫回転率を分析するなど、黒字で安定した業績を残している競合他社を分析してみましょう。
良い点はどんどん模倣していくことも大切です。

分析するための時間は必要ですが、大きな費用もかからず、効果も見込める方法です。

*在庫処分で利益増および税金対策

大きな売上が見込めない在庫は、セールを行ったり、買取業者に買取を依頼するなどして、在庫処分をしていきましょう。
こうすることで、できる限り多くの利益を得ることができます。
また、買取業者に依頼して買取を行ってもらう際に、売上が見込めないものも回収してもらうこともできる可能性があります。

□おわりに

今回は、在庫管理から利益雨を拡大する方法を4つほど、紹介しました。在庫管理を効率よく行うことで、
十分に利益拡大が見込めます。
もし、「利益を上げたい」とお考えの場合は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不良在庫が法人税に悪影響?評価額を下げる方法とは?

不良在庫が法人税の計算において、悪影響を与えるということをご存知でしょうか?

在庫を抱えてしまった場合、法人税に影響を与えます。
不良在庫が法人税に悪影響を与えると聞いて、驚かれた方も多いかもしれませんね。

今回は、どのようにして、不良在庫が法人税に悪影響を与えるのか、ご紹介します。

□不良在庫が法人税に悪影響になる

不良在庫とは、流行遅れや、賞味期限切れといった理由から、売れる見込みが少ない在庫のことを指します。
その不良在庫がどのようにして、法人税の影響を与えるのか、解説していきます。

*在庫は利益として換算される

たとえ、売れる見込みのない在庫であっても、在庫は利益として換算されてしまいます。
「新製品が出てしまったために型落ちとなってしまった商品」
「季節ものの商品で売れ残ってしまったもの」
など、ほとんど売れる見込みもなく、現金化が難しいものでも、計算上では会社の利益として計算されてしまいます。
実際に収益を得られていない在庫品が、法人税の課税対象となってしまうのです。

ですので、不良在庫は決算をする前に処分することが必要です。不良在庫のために、業績が圧迫されてしまう業者も少なくありません。年末年始や新生活シーズンなど、効果的な時期に在庫処分を行いましょう。

また、買取業者やリサイクル業者が、無償または有償で引き取ってくれる場合があります。

現金化が難しい場合については、評価損として計上することを検討していきます。
評価損というのは、在庫の評価額を下げることを指します。

ですが、法人税では、評価損として認められている場合が限られているので注意が必要です。

□評価額を下げるには・・・

評価損として認められるのは、
「破損になどによって販売が難しい場合」
「災害によって損傷してしまった場合」
「季節商品が売れ残ってしまい、販売が難しい場合」
などの場合です。
単に売れないなどとといった理由では、認められないので注意が必要です。

□不良在庫を処分して、節税対策を

多くの在庫を抱えてしまった場合は、年末年始などの効果的な時期に「決算セール」「在庫処分セール」を開き、処分していきましょう。
また、評価損の認定も難しく、売れる見込みのない在庫は、買取業者に依頼して売れる見込みのあるものと一緒に引き取ってもらうことがオススメです。
不良在庫をできる限り処分して、節税対策を行っていきましょう。

今回は、どのようにして不良在庫が法人税に悪影響を与えるのか、ご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫処分を行う効果的な時期とは?理由も合わせて解説します!

経営をされている方の中には、
「どういったタイミングで在庫処理をするのが効率がいいんだろう」
と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

効率よく在庫を処分するためにも、適切な時期を見極めて処分することが大切です。

今回は、在庫処分を行うのに効果的な時期を、その理由も合わせてご紹介します。

□在庫処分を行う効果的な時期

在庫処分を行う効果的な時期は、以下の3つの時期です。

*各季節の1ヶ月前

季節物の在庫は、シーズンが終わる1〜2ヶ月前にセールなどを行い、販売してしまうことが大切です。
季節ものが売れるかどうかは、シーズンに大きく影響されています。
もし、シーズンが過ぎてしまうと、売れる可能性は格段に下がってしまいますので、早め早めに処分を進めていきましょう。

また、シーズンが過ぎてしまって、来年の需要が見込めないものは、買取に出しても買取価格がかなり下がってしまいますので、1ヶ月前には在庫処分を行い始めましょう。

*新生活シーズン

毎年3〜4月は、新しく学期が始まったり、新入社員の方が引越しを行うなど、新生活を始めるシーズンです。
家電や家具、日用品の需要が高まるので、この時期に在庫処分としてセールを行うと効果的です。

また、新生活は引越し等でお金が大きく動く季節です。
その分、財布の紐が緩くなっているので、ここぞというくらいに在庫処分を進めていくと効果的です。

*年末年始

年末年始は、多くの業者がセールを行い、在庫処分を行う時期になります。
これは、在庫を処分するという目的もありますが、在庫にかかる税金を減らすという目的もあります。
売れ残ってしまった季節ものや、来シーズンでは型落ちとなってしまうものなどをセールとして在庫処分をしましょう。
また、この時期から新学期シーズン向けの在庫を処分し始めても大丈夫です。

もし、セールという形での在庫処分が難しい場合は、買取業者に依頼して、買い取ってもらいましょう。
在庫には、税金がかかりますので、できる限り処分を進めたいところです。

□効果的なタイミングで在庫処分

在庫の種類によって、売れる時期が異なります。
季節ものならその季節に合わせて、
家電や家具なら新生活シーズンに合わせて 、
どういった時期が効果的なのか見極めながら、在庫処分を進めていきましょう。
また、在庫には税金がかかりますので、年末には買取業者に依頼してまとめて処分してもらうことも検討しましょう。

今回は、在庫処分をここなうのに効果的な時期を、その理由も合わせてご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

閉店時の在庫処分の方法を比較|メリット・デメリットとは?

「閉店するんだけど、在庫はどう処分したらいいのだろうか…」

閉店を考えている経営者の方の中には、こういったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、閉店時の在庫処分にはどのようなものがあるのか、またどういった違いがあるのか。
それぞれの方法の特徴を比較しながらご紹介していきます。

□閉店時の在庫処分の3つの方法

閉店時の在庫処分の方法には、主に「閉店セールとして売り出す」「買取業者に依頼する」「インターネットで販売する」と
いった3つの方法があります。

それぞれにメリットがあり、デメリットがあります。
それでは、具体的に説明していきます。

*閉店セールとして売り出す

まず、最も一般的で広く行われているのが、閉店セールとして売り出す方法です。
大幅な値下げをすることで、お客さんの注意を引き、買ってもらうという方法です。

もともとどのくらいの客足があったのか、人通りの多い道に面しているなど目立つ場所にお店があるかなど、在庫処分できる量はお店の現状に大きく左右され不確定な要素が多いです。

また、買取業者に依頼して買い取ってもらう場合と比べて、現金化するまでに期間が必要だというデメリットもあります。

*買取業者に依頼する

次に一般的なのが、買取業者に依頼して買い取ってもらう方法です。
「閉店セールで売り出す」「インターネットで販売する」といった方法に比べて、買取価値がないものでも引き取ってくれる業者があることを考えれば、確実性の高い方法といえます。

ですが、買取業者も買い取ったものをさらに販売することを念頭に置いて買取しますので、買取に出すことで得られる金額は、他の2つの方法よりも小額になってしまいます。

また、現金化するまでの期間は、買取業者に依頼する方法が一番短いという特徴があります。

*インターネットで販売する

最後に、在庫処分の方法として「インターネットで販売する」という方法があります。
「閉店セールで売り出す」方法より売れるかどうかの判断は難しいですが、立地に関係なく販売できるのがインターネットの特徴です。

得られる金額も、「閉店セールで売り出す」「買取業者に依頼する」の2つの方法よりも、高額にできる可能性があります。
なぜなら、インターネット上だからこそ、その商品の価値を感じている人に見つけてもらいやすいからです。

□違いを生かして、効率よく在庫処分

今回は、閉店時の在庫処分にはどのようなものがあるのか、またどういった違いがあるのか、それぞれの方法の特徴を比較しながらご紹介しました。
それぞれに強みがあり、特徴があります。
違いを生かして、効率よく在庫処分を行っていきましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫処分で買取に出すことの3つメリットとは?

多くの在庫を抱えてしまっている方の中には買取業者へ買取依頼を検討している方も多いのではないでしょうか?

買取を依頼することは、セール販売による在庫処分と比べて、

多くのメリットがあります。

今回は、買取に出すことで得られるメリットを3つほどご紹介します。

□買取に出す3つのメリット

買取に出すことのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

*不確定要素が少ない

買取に出す大きなメリットとして、不確定要素が非常に少ないということがあります。

もし、セールなどで販売によって在庫処分をしようと考えた場合、在庫が売れないかもしれないというリスクを伴います。
ですが、買取に出した場合そのリスクが少なく、買い取ってもらえる可能性が高いので、在庫処分をする上で不確定要素が少なく計画が立てやすいためメリットとして挙げられるでしょう。

年末の在庫処分として、売れないかもしれないというリスクは大きな不安要素です。
今後の税金の金額にも関わる大きな要素ですので、年末の在庫処分で売れそうないな、と判断した商品は買取に出した方が確実ですね。

*買取価値のないものも一緒に処分できる

買取業者によっても異なりますが、売れる見込みがないものでも、買取商品と一緒に引き取ってもらうことができるというメリットがあります。

セールなどで在庫を販売をする場合、売れる見込みがあるものしか処分ができません。
ですので、販売して在庫処分するという場合、売れる見込みのないものは別途で処分方法を考える必要があります。

ですが、買取業者にまとめて在庫を処分してもらうことができれば、在庫ごとに処分方法を考える必要がありません。

*現金化に至るまでの時間が短い

買取に出した場合、現金化までに時間が短いということも大きなメリットです。

セールなどで販売した場合、本当に売れるのかという不安もありますが、売れるまでにある程度の時間が必要です。
ですが買取に出せば、かなり短い時間で、現金化できます。

□買取に出して、賢く在庫処分

上記で紹介した以外にも、買取に出すことで多くのメリットを得ることができます。
残ってしまった季節物の在庫は、今後売れる可能性がかなり下がってしまいます。
そういった季節物の在庫は、積極的に買取を依頼してもいいですね。

もし在庫処分の方法で悩まれている場合は、買取を検討してはいかがでしょうか?

今回は、買取に出すことで得られるメリットを3つほどご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫をできるだけ高く売る方法とは?買取に出す際の4つのポイント

多くの在庫を抱えてしまった方の中には、
「買取業者に依頼して、できるだけ高く買い取ってもらいたい」
とお考えの方も多いのではないでしょうか?

セールなどの在庫処分よりも、売れないかもしれないという不確定要素の少ない在庫処分の買取。
より高く買い取ってもらうためには、どういった工夫が必要なのでしょうか?

今回は、在庫を買取に出す際に、できるだけ高く売るための4つのポイントをご紹介します。

□買取に出す際の高く売る4つのポイント

高く売るためのポイントには、どういったものがあるのでしょうか?
どうすれば、高く買い取ってもらえるのか、そのポイントを解説していきます。

*在庫についた汚れは綺麗に掃除しておく

状態が良く、本来は買取価値が高いものであっても、汚れが目立ってしまえば、その分買取価格が下がってしまいます。
ですので、買取を依頼する際は、在庫に付着した汚れを取り除き、できるだけ綺麗な状態で買取を依頼しましょう。

また、普段から在庫の整理整頓を心がけ、傷や汚れがついてしまわないように気をつけること必要です。

*付属品も併せて査定する

買取を依頼する際は、製品の本体はもちろん、それを使用するために必要な付属品を一緒に出すことで、より高く買い取ってもらいやすくなります。
また、付属品だけでは買い取ってもらえない可能性もあるので、付属品はできるだけ本体の製品と一緒に買取を依頼しましょう。

*できる限りまとめて買取に出す

付属品も併せて査定してもらうのと同様に、買い取り製品が多い方が、少ない場合に比べて高く買い取ってもらいやすい傾向があります。
ですので、在庫処分を検討している在庫は、できる限りまとめて買取を依頼しましょう。
そのためにも、処分する在庫と処分しない在庫を整理しておくことが必要です。

*インターネットで相場を調べる

見落とされがちな方法として、インターネットで買取の相場を調べておくという対策方法があります。
もし、悪徳な業者に依頼してしまった場合、相場よりもかなり低い価格で買い取られてしまう場合があります。
ですので、時間に余裕がある場合は、インターネットで事前に買取の相場を調べておきましょう。

□効果的な対策で、買取額5%以上アップ!

上記のような対策をすることで、買取金額が5%以上も上がったという事例があります。

できるだけ、高く買い取ってもらうためにも、できる限りの対策を施していきましょう。

今回は、在庫を買取に出す際に、できるだけ高く売るための4つのポイントをご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

倉庫に溜まった日用品の在庫処分を効率的に行う方法とは

こまかな日用品や生活雑貨を取り扱う小売業者のみなさんにとって、倉庫にいつまでもある在庫はとっても厄介な存在ですよね。
小売業界は、売れ行きの動向を読むのが難しく、また、消費者のニーズが激しく変化するため不良在庫が生まれてしまうのは仕方のないことです。

そこで重要となってくるのが、それらの在庫をいかに処分するかです。
処分の方法によってお店の収益が大きく変化します。

そこで今回は、日用品や雑貨など細々した商品の在庫処分の方法について抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

□在庫は大きなコストになる

日用品や雑貨は細々としたものであり、保管するにもそれほど場所を取らないため、売れない不良在庫でもついついため込んでしまっているのではないのでしょうか。
ひとつひとつは小さな日用品類ですが、その在庫も大量になれば管理にかかるコストも大きくなります。


気付いたらとてつもないコストがかかってしまっていたと後から気付くのが不良在庫の怖さです。

細々した日用品とはいえ、こまめに在庫を管理し、適切に処分するようにしましょう。

□捨ててしまうその前に

日用品や雑貨は、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった家電などと違い、一般ゴミとして廃棄することができます。
そのため処分を検討する際、廃棄以外の選択肢を全く考えることなく廃棄してしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし、それは会社にとって大きな損害です。
廃棄するということは、本来利益を生み出すはずだった商品から1円も得ることができない上、処分にさらなるコストを掛けることになるということです。

会社にとっては損害にしかならないのです。
では、日用品の在庫を上手く現金化する方法はないのでしょうか。

□在庫買い取りを検討しよう

せっかくの売れ残り商品を現金化したい、そんな方におすすめなのが「買い取り」です。
買い取り業者に売れ残った在庫を買い取ってもらい、現金を得ることができます。

買い取り業者は買い取った商品を国内や海外に持つ販売ルートをもとに販売します。
今まで売ることができなかった商品を別ルートで代わりに売ってきてもらうという感覚です。

こういった業者を利用すれば廃棄コストはもちろんかかりません。
さらには現金収入を得ることができるとまさに良いことずくめなのです。

在庫処分と聞くと、真っ先に廃棄を思いつくことでしょう。
しかし、買い取り業者を利用すれば眠っていた在庫たちを宝の山に変えることができるかもしれません。

在庫処分を行う際はまず、買い取り業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

経営を圧迫する厄介な不良在庫 溜めたら一体どうなるのか?

あなたのお店の倉庫には、長年売れずにいつまでも鎮座している在庫はありませんか?
販売個数を予測するのは大変難しく、どうしても売れない在庫は出てしまいますよね。

面倒で厄介な不良在庫ですが、整理、処分がめんどくさくてそのまま置きっ放しにしている、なんて業者さんはいらっしゃいませんか?
実は、不良在庫はお店に多大な損害を与える厄介者なのです。

そこで今回は、不良在庫を溜めたらどうなるのかを簡単に解説致します。

□不良在庫は「金食い虫」

不良在庫を倉庫にため込んでしまうと、会社にとってどんな悪影響が出てしまうのでしょうか?

不良在庫をため込むことによる最大の問題はやはり「コスト」の問題です。
一体どんなコストがかかってしまうのか具体的にご紹介します

*管理コスト

当然のことながら、在庫を無料で管理することはできません。
倉庫でそれなりに場所をとりますし、管理に必要な人件費も日々の積み重ねでいつのまにか膨大な金額になってしまいます。
また、温度管理のための光熱費なども必要です。

管理コストはしっかりとした在庫管理で減らせる経費です。
無駄な在庫が倉庫に眠っていないか、もう一度確認してみましょう。

*「売れる商品」を置けない

無駄な商品を置いているそのスペース、もし空いていれば新たな商品を置けますよね。
無駄なスペースがなければその分、今売れ筋の商品が置けるのです。

流行に左右されやすい小売業界では、少し波に乗り遅れただけで多額の機会損失が発生してしまいます。
いつでも売れ筋の商品が置けるように倉庫のスペースは無駄なく活用しましょう。

*支払い利息も痛い出費に

もし仮に、借りたお金を元手に、今ある滞留在庫を買っていたと仮定すると、この瞬間も借りた利息を返し続けていることを意味します。

売り上げていて、利息分を回収できていれば問題ありませんが、不良在庫となっているということは売り上げゼロという意味です。利息の負担という観点からも不良在庫は会社の貴重な資金をむしばんでいく「金食い虫」なのです。

在庫による損失などたかがしれていると甘く見てはいけません。
積もり積もった損失がいつの間にか会社の経営にとって大ダメージとなっている可能性があります。

不良在庫は会社にとって「百害あって一利なし」です。
もう売れないと判断したならば、すぐに処分に移りましょう。

買い取りなどのサービスで利益を生み出しながら在庫処分がをする方法があります。
まずは在庫処分の専門業者に相談をしてみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

個人事業主にとって在庫処分を行う最適な時期とは

小売り事業主の方にとって死活問題である「不良在庫」の問題。

処分しなきゃいけないと分かっているけど中々処分に踏み切れない。
そうやっていつまでも在庫を処分せずに在庫をため込んでいては厄介なことになってしまうかもしれません。

そこで今回は、個人事業主さん向けに、在庫処分をすべき時期を解説していきます。

□不良在庫は会社にとって大きな損失

多くの事業主さんは既にご存じでしょうが、倉庫に溜まった不良在庫は会社にとってとても大きな損失となります。
利益を生み出さないのはもちろんですが、商品を維持、管理するための諸経費は気付いた時にはとても大きな金額になっています。

家具、家電といった大型商品はもちろん、小物や日用雑貨など比較的小さな商品も会社にとっては注視すべきコストとなります。
もう売れないと感じる在庫に関してはできるだけ早く処分しましょう。

□処分は必ず「年内」に

不良在庫の処分は必ず「年内」に完了させるようにしましょう。
というのも、在庫の行方というのは税務調査の際、特に着目されるポイントなのです。

本当に年内に処分したのか、また、なぜこの在庫を処分したのかが特に強く問われます。
処分の手続きを年内にしたが、実際は年内に処分が完了していなかった、なんてことにならないよう処分は早め早めに済ませておくことが重要です。

□銀行も不良在庫をチェックしている

もし銀行から融資を受けている場合、溜まった不良在庫が原因で銀行の評価が下がってしまうリスクも検討しておかなければなりません。
不良在庫が多く眠っている会社が「上手く経営リスクを管理している」と評価されることはまずないでしょう。

むしろ大きなマイナスポイントです。

融資を受ける際、銀行から必ず毎年の決算書を求められるはずです。

そこで大量の不良在庫が発覚するととても厄介です。
確定申告が完了するまでに不良在庫をすっきりさせておけば、銀行からの評定が下がってしまう心配はありません。

ここまで3つの観点から、在庫処分を行うべきタイミングについて解説してきました。
年内や確定申告前など様々ご紹介しましたが、共通して言えることは「できるだけ早くするのが吉」ということです。

不良在庫は会社にとっては経営リスクです。もちろんリスクはできるだけ排除する必要があります。

 

処分は確かに面倒で億劫に感じるかもしれませんが、一刻も早く無駄な在庫を処分し、会社の経営をより健全なものとできるよう心がけましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする