必見!返品在庫を甘く見ていませんか?どんどん増える原因とは?

「最近返品で帰ってくる在庫が多いな。」「なぜこんなに返品在庫が増えるの?」このようにお考えの業者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、近年では返品件数が増え、それに伴って返品在庫が増えていているようです。では、なぜ返品在庫がどんどん増えてきているのでしょうか?

今回の記事では返品在庫が増える原因についてご紹介します。

◆返品在庫として甘く見ていませんか?

返品在庫は一度売れて利益になったものが戻ってくるため、業者様としては予想外のところから在庫が出てくるという状況です。

しかし、返品されるものは一点、二点の話で大量に一気に返品したいというケースは滅多にないはずです。

そのため、一点、二点と甘く見ていませんか?一点、 二点も
積み重なれば大量の在庫になってしまう原因になっています。

◆EC販売が原因?

最近ではオンラインショップなどがどんどん定着してきてオンラインショップでの売り上げが大きくなってきている業者様も多いのではないでしょうか。それは非常に良い傾向にあると思います。

しかし、その一方で返品商品が増える原因になってしまっています。
オンラインショップで購入した商品がイメージと違っていたり、サイズが合わなかったりが原因で返品対応になることが非常に多いそうです。

海外の事例では通常の実店舗での返品率が10%なのに対し、オンラインでは20%の返品率になっているそうです。始まったばかりのシステムのため仕方がない部分もありますが、この数字から目を背けることはできないでしょう。

◆商品のイメージ違い

オンライン販売は行なっていないのに返品商品が増えるという業者様は実店舗で工夫が必要かもしれません。返品がくるということはイメージしていたものとは違うかった、ということです。

その商品とお客様のイメージの違いをなくすと返品される可能性を減らすことがで

きるかもしれません。

例えば、商品を実際に使ってみて、レビューを商品の前に置いてみたり、商品紹介の看板を設置したりするとお客様とのギャップを減らすことができるかもしれません。返品商品が減り、返品在庫も減ると思います。

◆まとめ

返品在庫が増えていく原因はご理解いただけましたでしょうか。

返品商品が増える原因は帰ってきたものを少数だと甘くみてしまうこととお客様のイメージと商品の実際のギャップにあると思います。

そのため、そのギャップを小さくすることができれば、返品在庫も減るのではないかと思います!ぜひ参考にしてみてください!

カテゴリー: 未分類

せどりを行なっている方必見!滞留在庫の処分方法は?

「せどりを行うために仕入れたけど、全然売れなくて在庫が溜まっちゃった。」「せどりを始めたばかりで在庫が増えすぎた。」このような方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、せどりを始めていきなり利益を上げて、在庫まで上手い具合に調整できているかたはほとんどいないですよね。

 

とはいえ、個人で行うせどりでは売れ残った滞留在庫を長期間保管しておくような大きなスペースがあることはほとんどないですよね。

では、その滞留在庫をどのように処分すれば効率がいいのでしょうか?その方法をご紹介します。

◆価格を安くする

せどりで一番危険なのは全くお金にならないことです。それは、数百点単位、金額にすれば数万円、数十万円のものを個人で仕入れ、それが売れず、利益を生まずに在庫だけが増えていくからです。

先ほど挙げたような方は倒産品などを仕入れるため本当に安く仕入れていることが多く、売れないなら他の出品より多少安くしても必ず売り上げは出るでしょう。

しかし、それまでの待っている間の経済的な体力が持つかどうかが大切です。その残りの体力に応じて価格を変化させる必要があるでしょう。

◆買取業者に依頼する

やはり商売には売り残りはつきもので、価格を下げても、売れないものはあります。その時に売れないからと言って廃棄処分してしまうのは非常にもった

いないです。そのために買取業者を利用することをお勧めします。

買取業者は買い取ることができない商品はほとんどなく、どんなものでもほとんど買い取ってくれます。また、買取査定は無料の業者もあり、とりあえず査定だけを行うこともできます。

廃棄処分するとコストがかかり、完全赤字ですが、買取に出すと廃棄処分のコストを浮かせ、買取金額は赤字軽減に繋がります。このように滞留在庫ができたときは、赤字を軽減して、売れるもので収入を獲得することが大切です。

◆まとめ

せどりは、仕入れや販売を個人で行い、販売個数や販売額を全て自分で決めることができるため、赤字になった時も一人で抱える必要があります。

赤字になってしまったことは取り返せないので、価格を下げて売りに出すのか、買取業者に頼むのか、早めに決断することが大切です。

当社では滞留在庫の買取を行っており、ほとんどの商品を買取させていただいています。また査定に関しては無料で行なっていますので、気になった方がいればぜひ一度ご連絡をしてみてください!不明な点や疑問点があれば、お気軽にご相談くださいね。

カテゴリー: 未分類

在庫処分をする時に気をつけたい!信頼の置ける業者の選び方2選

企業様や個人事業主様の中で、多量の滞留在庫を持っている方は少なくありません。商品製造時点での欠陥、販売時点でのミス、販路でのトラブルなどそのほとんどは仕方のない理由が原因で在庫の滞留が起こってしまいます。

しかし、この滞留在庫は企業様や個人事業主様にコスト面で多大なデメリットを負わせてしまいます。

そんな滞留在庫の問題を解決するためには、滞留在庫を出さない工夫と、滞留在庫が出た場合に出来るだけ有益な滞留在庫の処分方法を考える必要があります。
この出来るだけ有益な滞留在庫の処分方法の1つに、在庫買い取り業者に売却するといった方法があります。

在庫買い取り業者に滞留在庫を売却することが決まった際に、できるだけ高く在庫を買い取ってくれて、信頼のできる業者に依頼したいですよね。
信頼のできる業者に委託することによって、滞留在庫をより高く買い取ってもらうことが可能になるでしょう。

では、この信頼のできる業者はどのように選ぶことができるのでしょうか?
今回は、どのような点に注意したら信頼のおける業者を選べるのか、その選び方のポイントを2つご紹介します。

[見積もり書を書面に残してくれるかどうか]

契約を交わす際には契約書、見積もりを決定したら見積書と、取引を行う双方がある取り決めをした際に書面にしっかりと残してくれる業者が良いです。
なぜなら、書面に残さず口頭のみであれば、後々になって「言った、言ってない」の水掛け論になってしまう可能性があるからです。

残念なことにこういったケースも少なくないのが現状です。よって後々になってトラブルが起こることのないようにしっかりと書面に契約内容を記してくれる業者を選びましょう。

[電話対応が可能かどうか]

契約内容は取引の際の変更点など見つかった時に、電話をかけて対応をしっかりしてくれる業者は信頼がおけるでしょう。

電話をかけてもなかなか繋がらなかったり、折り返しの電話がかかってこない業者を良くて信頼の置ける業者であるということはできないでしょう。
良心的で信頼できる業者であれば、電話対応も素晴らしいはずです。取引を考えている業者へ、一度相談の電話をかけてみるとよいでしょう。

以上、滞留した在庫の買い取りを行ってくれる業者を選ぶ際に注意したい点について2つご説明させていただきました。
一つは書面に取り決め内容を記してくれるかどうか、もう一つは良心的で信頼できる電話対応をしてくれるかどうかです。

上記のことを参考に、滞留している不良在庫を売却する業者を考えてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類

在庫処分をする際に知っておきたい有力な業者の選び方を2つご紹介

商品を大量に生産して、それらを大量に余してしまったり、転売目的でたくさんの商品を仕入れたが思っていたより売れずに残ってしまったりなど、様々な理由で在庫の処分にお悩みの方は少なくありません。

滞留してしまった大量の商品ですが、「何か利益に変わるかも」となんとなく倉庫などに残しておくだけでは結局何の利益にもなりません。それどころが、それら大量の商品を管理費用がかかってしまい、かえって不利益を被ってしまいます。

しかし、大量に仕入れたり、大量に生産するのにもお金がかかっていますから、処分するとなるとなかなか気が重いですよね。せめて少しものお金や価値に換えたい、とお考えになると思います。

そんな方々には、大量に余ってくれる在庫を買い取ってくれる「在庫買い取り業者」がオススメです。買い取り業者に依頼する場合、その依頼する業者によって大量の在庫を買い取ってくれる額がかなり異なってしまうことがあります。

そこで今回は、余してしまった在庫をできるだけ有利に売却するために、どういった業者が有力なのか、その選び方についてご紹介します。

[大口ロットに対応可能かどうか]

小口で複数での販売になってしまうと、手続きが煩雑なのに加えて、それに伴う費用が多く発生してしまいます。大口での取引が可能な業者であれば、一度での在庫の買い取りが可能なので、売り手からしてみれば、より楽な手続きに加えて費用も大量の在庫を送る費用も抑えることができます。

[多くの販路を持った業者]

販路が少ない業者であれ、その在庫を買い取った業者が売却できない可能性が出てくるので必然的に買い取り価格は下がってしまいます。

しかし、すでに販路を多数抱えている業者であれば多量の在庫を買い取っても売却が可能であるので比較的高価での買い取りが可能になります。在庫買い取り業者の白石商事は、国内はもちろん、海外にも多数販路を抱えているので、比較的高価な買い取りを実現しています。

以上、溜まってしまった不良在庫の売却をする際に、よりお得に売却ができるような取引業者の選び方について2つご紹介しました。

一つは販路を複数持っていることです。これはその業者がどれくらい長くこの業界にいるかと比例するでしょう。もう一つは大口ロットに対応可能かどうかということです。

大口ロットに対応している業者の方が効率が上がるので、比較的高くでの在庫の売却が可能でしょう。上記のことを参考に、在庫の買い取り業者を選んでみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類

返品在庫を減らすための対策とは?返品を未然に防ぐ方法と在庫処理方法

企業様や個人事業主様で、返品される在庫に悩んでいる方々も少なくないと思います。商品を作り販売していくなかで、不備があり商品に欠陥がでてしまうことを完全になくしてしまうことは不可能でしょう。

また、例え商品に不備がなくても、「イメージと違った」「他に似たようなものを買っていた」などの購入者側の問題であることも多いはずです。商品が返品されてしまうと、その商品である会社のイメージも落ちてしまう可能性があることも否めません。

商品を生産もしくは販売される方には、販売時点での返品を減

らす工夫と返品がでてしまった際の適切な対応のどちらも不可欠でしょう。
そこで今回は、こういったお悩みに対する解決方法を、「返品される前」と「返品される後」で分けてご紹介します。

 

[返品されることを減らす]

返品が起こってしまう原因の一つとして、購入前の商品のイメージと、購入後の商品イメージが異なるということがあります。

セールスする際に、販売することを意識するあまり、その商品に対するニーズが全然ない人にまで商品を販売してしまい、結果的に諸所の手間がかさみ不利益になってしまうケースが多々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、服を販売しているとします。その服はしっかりと購入者のニーズに合うか確認するために試着を勧めることや、色をしっかり確認してもらうことが必要です。その他にも、セールスをする段階でお客様の要望をしっかり理解することが大事でしょう。

[在庫をうまく処理する]

返品在庫を減らす工夫はできるものの、商品が返品されることが完全になくなってしまうことはないでしょう。やはり、不備や欠陥はどうしても発生してしまうものです。よって、返品されない工夫をするのも肝心ですが、返品された在庫をうまく処理する方法も大切です。

その一つの方法として、在庫の買い取り業者に売ることがオススメされます。在庫買い取り業者であれば、たくさんの販路を持っているので再販売することが比較的容易なので、高めの価格で買い取ってくれることがあります。

また、再販売の際の自社のブランドイメージが気になる方々もいらっしゃるでしょう。そういう方々のために、海外に複数の販路を持っている業者もあります。そのような業者に買い取ってもらい、ブランドイメージを壊したくないと相談することがおすすめです。

以上、返品在庫を減らすための対策を、返品される前と後に分けてご紹介しました。返品されないように、購入者のニーズにあった商品提案をすることが必要です。

そして、返品された後の返品在庫を減らす方法としては在庫買い取り業者に売却する方法があります。今回の内容を参考に、返品在庫を減らす対策をしてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類

滞留在庫を溜めるデメリットとは?会社を圧迫する2つの要因を紹介

「自分の会社の滞留在庫が溜まってしまって困っている」「溜まってしまった返品商品を処分したい」「いつか売れるかもと置いてた商品が、いつまでも売れない…このまま置いていてもいいのか」などといった、様々な理由で在庫の処分をお悩みではありませんか?

滞留在庫を溜めてしまうことは事業にとって非常に大きなダメージとなります。滞留在庫を溜めてしまうことのわかりやすいデメリットとしては、コストの面で倉庫や人件費などの費用がかさばってしまうということがあります。

しかし、デメリットはそれだけではありません。ここでは、滞留在庫が会社を圧迫する要因について詳しくご説明していきます。

[キャッシュフローの悪化]

企業や会社にとってキャッシュフローは、大まかに「出て行くお金」と「入ってくるお金」の二つに分けて考えることができます。

「出て行くお金」は人件費や事業運営費などその他の会社に必要な諸費用のことです。もちろん在庫にある商品を買ったり、また管理したりするお金も「出て行くお金」です。

一方で「入ってくるお金」は会社が出した収益です。商品やサービスを消費者に売って初めて収益が発生します。商品は在庫にある間は、ただの「出て行くお金」の要因です。滞留在庫を溜めておくことで、キャッシュフローを悪化させるのです。

例えば、一見、去年より収益(「入ってくるお金」)を上げている場合でも、「出て行くお金」も同時に多く、実際のところ会社の経営は去年より悪化している場合もあります。

[商品の劣化・陳腐化]

生鮮食品はもちろんですがその他すべての食品には消費期限があります。在庫を滞留させ、商品として売りに出さなければ、食品は商品として会社のお金に変えることができません。

また、食品に限らず、例えば服飾商品などであれば、流行りや廃りがあるので一定期間を過ぎると商品として売りに出せないことはないにしても、価値は大幅に下落するでしょう。

以上、滞留在庫を溜めることによって起こる会社へのダメージについて2つご説明しました。一つはキャッシュフローが悪くなり、業績が悪化してしまうことです。さらには、倉庫に滞留しておくことによって商品として使えなくなるものや価値が大きく下がってしまうものもあります。

この機会に、「いつか売れるかもしれない…」と処分ができていなかった滞留在庫について見直してみてはいかがでしょうか。

在庫買い取り業者に買取を依頼すると、滞留在庫を一度にすっきりと処分することができます。

カテゴリー: 未分類

滞留在庫を溜めるのは何が良くないのか?コスト面の2つのデメリットとは

「大量の商品を生産したが、それらに欠陥が見つかった。」「商品や販売に不備があり、大量の商品が返品されてしまった。」「転売目的で仕入れたものが思うように売れずに在庫が滞留してしまった。」「販路でのトラブルに巻き込まれてしまった。」
などの理由で、在庫を滞留させてしまっている企業様や個人事業主様も少なくありません。

商品の欠陥や販売時のミスなどにより在庫が滞留してしまうことは、半ば仕方のないことなのです。このような事態を完全に無くすことはできなくとも、少なくする工夫や努力が必要になってきます。

では、そもそもなぜ滞留在庫をつくってしまうことはいけないのでしょうか。「滞留在庫が良くないことはわかるけれど、なぜと聞かれた答えられない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、滞留在庫を溜めのいくつかにデメリットの中から、「コスト面」のデメリットに注目してお話しします。

[管理費用]

・倉庫代在庫が多くなればなるほど広いスペースが必要になります。また既存の在庫に空きがない場合は、新しい在庫を設けることでコストがかさむでしょう。倉庫代として、商品によっては冷凍や冷蔵保管が必要なものもあります。

その場合、温度管理するための設備や倉庫の電灯や、品質管理に使う方法として別で必要な光熱費が必要です。また、倉庫を複数持つと必ず商品の倉庫間の移動が発生します。ここで商品を移動させるのに必要な経費があります。

・人件費倉庫の商品を小分けしたり、運んだりと倉庫を管理するのに、人材は不可欠です。こういった人件費も決して少ないコストではありません。

[支払い利息]

仮に会社が1%で1億円の借り入れをしていて、同時に滞留在庫が1億円あったとします。会社としては100万円の支払い利息を払わなければなりません。

しかし、もし会社が滞留している在庫をそもそも買っていなければその支払い利息は支払う必要がなかったかもしれません。この例でいうと、滞留在庫を買わなければ会社は1億円残っている訳ですから借り入れをせずに済んだかもしれません。

以上、滞留在庫を溜めるコストの面のデメリットとして管理費用と支払い利息の二つをご説明しました。管理するのにかかるコストである倉庫代そして人件費も少なくありません。

また、支払い利息の観点からも滞留在庫を溜めてしまうことは会社にとって大きなデメリットとなるでしょう。上述したことを参考に、滞留在庫の処分を検討してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類

溜まってしまった不良在庫を処分する方法を3つご紹介!

「ブランドを立ち上げたがうまくいかなかった‥」「自分の会社の在庫が溜まってしまって困っている」「輸送中に荷崩れを起こしてしまいその商品が販売不可になってしまった」「個人で経営しているお店を閉める際に商品を処分したい」「溜まってしまった返品商品を処分したい」
など、様々な理由で不良在庫の処分方法についてお悩みではありませんか?

メーカー様や個人事業主様が多数の在庫を抱えてしまうことは、決して珍しいことではありません。どんな企業様でも在庫が溜まってしまうことは免れないでしょう。

問題は、その不良在庫をどのように処分するかということです。そこで今回は不良在庫を処分する方法について3つご紹介していきます。

[売り切ってしまう]

在庫過多になってしまった商品や、モデルやデザインが古くなってしまった商品の価格を下げて、セールで売ってしまうのが1つの方法です。例として、アウトレットセールなどがこれにあたります。

デメリットとしては、自社商品を安く販売してしまうことによる商品のブランドイメージが下がることが挙げられます。それら商品の消費者としては、値下げがされるということは「商品の人気がなかったのか」「どこか劣っている点があるのではないか」など想定してしまい、購買欲が削られてしまう可能性があります。

また、消費者としてはその商品を取り扱う会社に対して「この会社の商品は人気がないのか」などの他の商品イメージにも悪影響がでてしまうケースがあります。

[破棄する]

売れなかったり、循環の悪い商品も管理するのにお金がかかります。倉庫で保管しておくのであれば、その保管されている土地代がかかっています。

さらに温度管理や空気清浄など置いておく土地代以外に他のメンテナンス費用がかかる商品も少ないないでしょう。溜まっていて売れない商品は、維持費用がかかってしまうので、それなら捨ててしまった方がいいとお考えになるかたも多いです。

[在庫買取業者に委託する]

法人様や個人事業主様を対象に不良在庫や滞留在庫などの買取を行う業者があります。白石商事も長年在庫買い取りを行っております。

当社では法人様や個人事業主様など大量の不良在庫に悩まされている方からそれらの在庫を買い取るサービスを行っております。

以上、企業様や法人事業主様で多量の不良在庫を抱えていらっしゃる方々へ向

けて不良在庫の処理方法について3つご紹介しました。

まず、値下げなどのセールにすることです。しかし、これには商品や会社のイメージを悪くしてしまうなどのデメリットがありました。二つ目に破棄す

 

る方法です。不良在庫は置いておくだけでも費用がかかります。

売れないのであれば破棄する方が良いでしょう。最後に在庫買取業者に委託する方法です。これは不良在庫を業者に販売する方法です。不良在庫の処分する際に、上述した内容を参考にしていただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類

返品在庫の処分にお困りですか?処分方法を2つご紹介

企業様や、個人事業主様で、返品される在庫に悩んでいる方々も少なくないと思います。

商品が返品されるということは、その商品に対するイメージが落ちてしまい、また会社に対するイメージも落ちてしまいます。

そして何より、その返品された在庫に管理に困ってしまいます。再販売しにくくなってしまったり、もしくは販売不可になってしまった商品を管理しておくと、在庫管理費用や、それに伴う人件費まで発生してしまいます。

そこで今回は、溜まってしまった在庫処理方法について2つに絞ってご紹介します。

[安売り]

消費期限や賞味期限が近づいてしまった食品や、服などの流行り廃りがあるものでシーズンが過ぎてしまい「旬」ではなくなってしまったものは、商品として価値は低くなってしまいます。

よって、売れ行きもだんだん下がってしまい、大量の在庫となってしまうことがあります。そこでこういった「旬」の過ぎてしまった商品は、価値が下がってしまった分安売りされることもよくあります。

そのような売れ残りの在庫と同様に、返品在庫も安売りをするという手段を取れる

場合があります。

サイズが合わなかったり、購入者の意図にそぐわなかった商品などを、価格を落として

 

再び販売しているのがアウトレットセールなどです。実際にアウトレットセールによって、一定数の返品になってしまった商品を売ることができます。

 

しかし、自社の商品を安売りしてしまうことは、ブランドイメージを落としてしまうことに繋がりかねないなどのデメリットもあります。

[在庫買い取り業者へ売却]

在庫買い取り業者であれば、大量に返品になってしまった商品も買い取ってくれます。

また、買い取ってくれる商品の幅も広く、食品から工業品まで扱う業者もあります。

業績のある在庫買い取り業者は、豊富な販路を抱えていることで、比較的優位に商品を販売することができるので、予想よりも高い価格で在庫の買い取りをしてくれる可能性があります。

 

在庫の管理費用などを考えると会社に負担がかかってしまうことを考え、返品在庫や流動性の悪い在庫を業者に売却される方も多いです。

以上、返品在庫の2つの処理方法を紹介しました。まず一つに、安売りをしてお客様

の購買意欲を誘い再販売することです。しかし、これにはデメリットがあり、自社ブランドイメージを落としてしまう可能性があります。

もう一つの返品在庫処理方法として、在庫買い取り業者へ売却する方法がありました。比較的高めでの購入の可能性と幅広い商品の買い取りに対応しているので返品処理には適してしいます。上記のことを参考に、返品在庫の処理方法をご検討ください。

カテゴリー: 未分類

返品在庫を溜める4つのデメリットっていったい何?

企業様や個人事業主様で返品される在庫に悩んでいる方々も少なくないと思います。

「売れなくてもいつか売れるかもしれない」「会社の資源だから簡単に破棄することなどは考えられない」「どうにかしたいと考えているがほったらかしにしてしまっている」など様々な理由で返品在庫をそのままにしているかもしれません。

しかし、返品在庫を処分せずそのままにしておく事には複数のデメリットがあります。
ここでは、その中の4つデメリットについて解説していこうと思います。

[商品価値の低下]

ほとんどの商品は生産してから時間が経つにつれて価値が下がってしまいます。

例えば食品であれば、時間が経つと腐ってしまいますし、服などであれば流行りが終わり人気が下がることで需要が下がってしまいます。

こういったことから、倉庫で溜まっている商品は毎日その価値が低下して行っているのです。

[在庫管理費用の増大]

在庫を管理するのに、倉庫の土地代はもちろんのこと、在庫の管理または移動の際に人件費も発生します。

さらに、温度管理が必要な商品であれば必要な光熱費用も少なくないでしょう。在庫に残っている商品はそれらの価値が廃れいく一方で、その維持・管理に多くのコストが必要なのです。

[社内モチベーションの鈍化]

在庫が溜まってしまえば、それを維持しておく倉庫の物理的な見通し

がわるくなるでしょう。不快なレイアウトで、溜まっていく商品をみる従業員は改善を提案する意欲も少しずつ奪われていくかもしれません。

 

また、そういった状態が定着化してしまうことよって、モチーベションが下がっていくことはもちろん、「社内を改善しよう」という考えも薄れていってしまう可能性があります。

[お金の流れが悪くなる]

倉庫に溜まっているのは商品であり、会社の資金源です。これを買うのに会社はまずお金を投資しているのです。

 

 

 

例えば、1000万円分のTシャツが販売されず倉庫に残ってい

 

るということは

 

、会社の観点からいうと、その1000万円を借金しているだけの状態であるということです。お金が滞留しては、会社全体のお金の流れが悪くなってしまうかもしれません。

以上、返品在庫を溜めることの4つのデメリットについてご紹介しました。返

 

品在庫を溜めてしまうことは、これほどデメリットがあります。

しかし、その返品された商品を再び販売して売ってしまうことは難

しいですよね。

安売りして再販売することや、在庫買い取り業者に売却することなどが対策としてあげられます。上述したことを参考に、溜まった返品在庫を処分することについて見直してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類