返品在庫を減らすにはどうすればいい?2つの対策を押さえましょう。

返品在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか?

返品は代金の払い戻しが必要になるだけではなく倉庫のスペースをとるうえに再販しづらいため、できるだけ防ぎたいものですよね。

とはいえ商品が返品されるかどうかはなかなか自分たちでは把握しにくいものです。どうすれば返品在庫を減らすことができるのでしょうか。

今回は返品在庫を減らすための対策についてお伝えします。

・返品在庫を減らすための対策

1.返品率を減らす

まず一番に考えられるのは返品されることをなくすという手です。自社の商品が返品されているのはなぜかというところから考えるとよいのではないでしょうか。

返品されている商品に何らかの一貫した特徴があるのかを把握したり、返品の理由をアンケートや口コミサイトなどで情報収集したりするのがよいでしょう。

また、返品は会社のイメージにも影響します。粉飾決済や社員の不祥事など、会社のイメージを落とすことにつながる行為を起こさないためにも、早いうちから会社の倉庫が返品在庫でいっぱいになることを避けるのがよいでしょう。

返品率の向上はすぐに実現することは難しいかもしれませんが、魅力がある返品率の低い商品を作ることは、長期的に見て会社全体の利益に繋がると言えます。

2.返品された在庫を再活用する

返品された在庫は通常処理しにくく、長期滞留在庫となって会社の倉庫のスペースを無駄に使うものとなってしまいます。また、返品を完全にゼロにすることは難しいため、返品されたものをどう有効活用するか決めておくことで効率的かつ迅速に問題を解決することができます。

例えば三か月たった返品在庫はセールとして半額以下で売ったり、在庫買取業者に依頼して買い取ってもらうというような方法があります。

特に返品在庫を再販売するのは抵抗があるという場合には、海外での再販売など商品のイメージを崩さずに販売する方法もあるので検討してみてはいかがでしょうか。

以上、返品在庫を減らすための対策についてお伝えしました。特に二番目の返品された在庫の再活用に関しては見落としがちですので一度考えてみてはいかがでしょうか。
白石商事ではお客様の返品在庫など、倉庫にたまっている在庫を買取させていただきます。

決算前の節税やスペースの有効活用のためにも一度ご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。なお、買い取らせていただいたものは海外での再販も可能なため、ブランドイメージを損なわずに在庫を処分することも可能です。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です