小売店が倒産しそうな場合、在庫処分はどうする?その方法を紹介します!

「経営していた小売店が倒産してしまいそうで、たくさん余っている在庫をどうすればいいのか困っている」このようなお悩みをお持ちの方は、少なからずいるのではないのでしょうか?

そこで今回は、このような悩みを解消するために、いくつかの在庫の処分方法を紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

■処分方法

余剰在庫の処分方法としては、セールで売る・アウトレットで売る・業者に依頼するなどの3つの方法が存在します。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.セールで売る

売れ行きが悪い商品を、値下げを行うことによって、売り払う方法です。
セールという文字に引き付けられるお客さんは多いので、時期を見て、売れない在庫を処分しましょう。
また、セールで売り切るためには、本来の値段からどのくらい値下げを行ったのかを確認することが重要です。

2.アウトレットで売る

ほとんどの人がご存知だと思いますが、在庫処分を目的に運営している店のことをアウトレットストアと言います。
売れ残りの商品や本来の値段では売ることができない傷んでいる物などを安い価格で販売することで、余剰在庫の増加を防止することができます。
また、消費者にとっても安く購入できるという利点があるので人気が高い点もポイントです。

3.業者に依頼する

不用品回収・買取を行っている業者に頼むというのも1つの方法です。
特に、余剰在庫を処分するだけではなく、買取を行っている業者に依頼するのがおすすめです。
また、セールやアウトレットでも売ることができなかった商品も買い取ってもらうことができるかもしれません。

■業者への依頼について

1.どのような場合に頼むべきか

余剰在庫は持っている時間が長くなるほど、費用が高くなる可能性があります。
そのため処分したい時に依頼するのがベストです。
また、以下の項目に当てはまる場合は業者に頼むのがよいでしょう。

・セール・アウトレットどとらでも売れなかった
・余剰在庫を全部処分したい
・処分費用を安く抑えたい
・倉庫から取り出すのがめんどくさい
・効率よく廃棄を行いたい

2.扱っている種類

具体的な商品の種類は業者によって異なりますが、ほとんどの業者が幅広いジャンルを取り扱っています。
ですが、事前にどのような商品を扱っているのかをしっかりと確認しておくのがよいでしょう。

■まとめ

今回は、在庫の処分方法について紹介しました。
処分費用を安く抑えるためには、買取を行ってくれる業者に頼むのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です