決算時に在庫を減らしたい方必見|在庫が多いことで生まれるデメリットとは?

在庫をたくさん持っていた方が、が多いように思えますが、もちろんデメリットも存在します。
そこで今回この記事では、決算時に在庫が多いことで生まれるデメリットを紹介します。
是非参考にしてみてください。

■在庫のデメリット

1.商品価値の低下

市場から要求される需要に対してたくさん生産してしまった製品や仕入れてしまった製品は、過剰在庫として手元に残ってしまいます。

 

基本的に、在庫は時間が経過するにつれて品質が落ち、価値が低下してしまいます。
品質の低下がないとしても、在庫として保有している期間に、その商品の価値自体が低下してしまうことがあります。

商品が陳腐化してしまうと、値段を下げて販売するか捨てるかしかありません。

こうなってしまうと、予想していた利益が得られないだけでなく、投資した資本金も集めることができずに損失が発生してしまいます。

2.管理費用

在庫には、場所と管理が必要です。
例え大きな倉庫を持っていたとしても、在庫を雑に置いたり、湿度・温度管理が必要な在庫の管理が雑だと品質の低下が早くなってしまいます。

また、在庫は出庫を考慮した環境を作らないと、作業の効率が悪くなってしまいます。
しかし、作業の効率をよくするための場所を用意するのはなかなか難しいですよね。

これらのことを考えると、在庫がたくさんあることによってさまざまな改善を施す必要がでてくるため、余分な経費が発生する可能性があります。

3.社内改善への弊害

在庫が多くたまっていると、社内の見通しを悪くする可能性があります。
管理体制の規則化や問題の改善などは、ある程度現場を見渡すことができなければ行うことができません。
そのため、在庫を多く抱えていると社内の体制を良くすることは難しくなってくるでしょう。

4.キャッシュフローの減少

在庫は期末に棚卸資産として会社の資産となり、貸借表上では資産として価値を維持することはできますが、キャッシュフローは悪化してしまいます。
キャッシュフローが悪化してしまうと、使うことができる自由資金が減少してしまうため注意が必要です。

5・経営への悪影響

製品や商品を販売しなければ、現金に換えることはできません。
そして、在庫が売れなければ処分するしか選択肢がなくなってきます。
そのため在庫は期末までに全部売ってしまうことがポイントです。

■まとめ

今回は、在庫が多いことで発生する会社へのデメリットをご紹介しました。
上記にあげたことを参考にして、在庫管理を行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です