食品の在庫に悩んでいる方へ!3つの在庫処分方法のヒント

「誤って発注してしまった商品をどうにかしたい」「予想より売れず余ってしまった商品をどうにかしたい」
などの理由で、食品の在庫の処分に困っている方は少なくないでしょう。

他の商品とは異なり食品には、賞味期限や消費期限があるので処理は大変でしょう。確かに食品在庫の処理は難しいですが、そうような食品の処理方法は複数存在します。

 

そこで、今回は食品の処理方法について3つに絞ってご紹介します。

[値引きする]

スーパーなどでは、毎日一定の時間を過ぎると20%引き、また一定の期間を過ぎると半額‥のように賞味期限および消費期限が近づく毎に価格を徐々に下げていく手法が見られます。

これは店頭のみならず食品のネット通販などにも見られます。このように値引きすることで、消費者が商品を購入するハードルを下げ、お得感を演出することによって消費者の購買意欲をそそります。

 

[家畜の飼料にする]

もちろん酒などのアルコール類やドリンクは不可能ですが、食品であればリサイクル業者を通して家畜の餌とすることができます。

家畜の餌としてでも再利用できるなら、そうしてしまうことで廃棄して無利益で終わるよりかは少々の収益を上げることができるので良い選択肢の一つと言えるでしょう。

[在庫買い取り業者への売却]

「在庫買い取り業者では、食品は買い取ってくれないんじゃないの?」そうご心配の方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに生鮮食品や消費期限が過ぎてしまた一定の食品などの買い取りは難しいかもしれません。

しかし、弊社では食品在庫でも買い取り可能なケースが多数ございます。実際に食品を買い取りした例もあります。大量の食品在庫でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

以上、食品の不良在庫でお悩みの方々へ向けて在庫の処理方法を3つご紹介しました。一つは、値引きを行い、消費者の購買意欲を誘い売り切ってしまうことです。次に、家畜の餌へのリサイクルするという方法です。

会社にとって収益を上げることは可能ですがリサイクル業者を通したりするなどするので、収益を上げれるとしてもごくわずかでしょう。またそういった手続きを少々複雑であることが予想されます。

最後に、在庫買い取り業者に売却する方法を上げました。多くの方は食品在庫の売却は不可能と考えでしょかが、実際のところそうではありません。実例として、大量の食品を買い取ったケースもございます。

よって一度電話で売却可能であるかどうか確認されることをおすすめします。上述した内容を参考に、食品の在庫処理をお考えになってはいかがでしょか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です