滞留在庫を買取に出そう!削減方法も解説

「滞留在庫の処理に困っている」
このような経営者の方はいらっしゃいませんか。
滞留在庫は店舗を経営する上ではあまり好ましいものではありません。
このようなことを聞くと、できるだけ減らしたいですよね。
そこで今回は、滞留在庫の削減方法について紹介いたします。

□滞留在庫を削減する方法

滞留在庫とは、賞味期限の近づいている食品や、損傷により販売が難しくなったものなどの売れない在庫のことを指します。
滞留在庫は店の損失になる在庫であるため、できるだけ減らしたいと考えている方も多いでしょう。
滞留在庫を削減できるように、滞留在庫になる前の対策について説明いたします。

滞留在庫を減らすためには正確な在庫の把握が必要です。
在庫を正確に把握していないことで出てしまっている滞留在庫もあるでしょう。
店舗経営者の方は、在庫は隅から隅まで把握することが大切です。

滞留在庫を削減するためには、滞留在庫になりそうな在庫に対して手を打たなくてはいけません。
滞留在庫を削減する方法としては、値下げが有効です。
滞留在庫になりそうなものの中にも、まだ売れそうだというものは多くあるでしょう。
まだ売れそうな在庫に対して適切な対処をしないまま放置していると、売れたはずの商品が滞留在庫になってしまいます。
滞留在庫になりそうな在庫は、値下げを駆使して売ることをおすすめします。

□滞留在庫で困ったら

仕入れに気をつけたり、値下げを駆使したりしても、在庫がさばききれずに滞留在庫になってしまうというケースもあります。
このような場合は、廃棄するしかないとお考えの方も多いでしょう。
しかし、滞留在庫は廃棄以外にも処理する方法があります。
それは業者に買取を依頼することです。

お店で売れなかった商品が、業者に対してなら売れるということは信じられない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、買取業者の多くは、滞留在庫を積極的に買い取っています。
もちろん多くの場合には価格に期待はできないでしょう。
しかし、廃棄するにもお金がかかりますし、少しでも収入になれば大きな助けになります。
また、場合によっては高額で買い取ってもらえることもあります。
まずは業者に見積もりを取ってもらいましょう。

□まとめ

今回は、滞留在庫の削減方法について説明いたしました。
滞留在庫は、売れない商品だと思った時点での対処が大切です。
どうしても滞留在庫になってしまった場合には、ぜひ買取をご利用ください。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です