在庫でお悩みの方へ!棚卸資産とは何かについて解説します!

在庫でお悩みの際に棚卸資産について考えたことはありますか。
棚卸資産について理解することで会社にとって様々なメリットを与えます。
そのため、棚卸資産とは何か、棚卸資産を評価する際に押さえるべき要点を理解することが必要でしょう。
そこで今回は、棚卸資産とは何か、評価する際の押さえるべき要点について解説します。

□そもそも棚卸資産とは

そもそも棚卸資産と聞いてすぐに思い浮かぶ方はいらっしゃるでしょうか。
棚卸資産とは主に会社が所有する在庫を示します。
そのため、会社が所有している商品や原材料、仕掛け品の全てが棚卸資産として扱われます。

また、棚卸資産とは在庫と同じであるため、多く抱えることで会社の経営に大きな影響を与えます。
在庫は売れることで初めて目に見える現金へと変わります。
そのため、在庫が売れなければ現金へとは変わらず、会社の負債として扱われ経営に大きな影響を与えるでしょう。

したがって、会社の経営に悪影響を及ぼさないようできる限り抱える在庫を減らすことが必要です。
抱える在庫を減らし棚卸資産を減らすことで会社にプラスの効果をもたらすでしょう。

□評価する際の要点

会社が保有する棚卸資産は支払う税金とも関係性があるため、厳密に計上しなければいけません。
棚卸資産は会社に合わせた計上をする必要があるため、評価方法はいくつか存在します。
そのため、それぞれの会社に合わせた評価方法を用いることで、無駄なく資産評価ができるしょう。
また、評価する際の要点は、書類上ではなく実際に在庫が存在しているか、在庫を販売する際の販売価格が下落していないかです。

書類上ではなく、実際に在庫が存在しているかを確認することで実在庫を確認できます。
実在庫が書類上の在庫と合わない場合は棚卸減耗損として扱われます。
そのため、差異が生じることで計上数がずれ、会社の損出として扱われるでしょう。

また、在庫を販売する際の販売価格が下落することで、会社の含み損として扱われます。
会社の含み損は損益計算書に反映させることが必要です。
そのため、販売価格が減少し含み損がある場合は、棚卸資産を評価し、損益計算書に反映させることが必要でしょう。

□まとめ

今回は棚卸資産とは何か、評価するために押さえるべき要点について解説しました。
棚卸資産や評価時の要点についてお分かり頂けたでしょうか。
棚卸を厳密に行うことで会社に大きなメリットを得られるでしょう。
また、当社は不要在庫のお取り扱いをしているため、在庫に関するお悩みがありましたらご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です