倒産した時の在庫を買取処分するメリットとは?業者が解説します!

会社が倒産してしまった際に、所持していた在庫の買取を依頼できることを知っていますか。
倒産品は売却する正当な理由があれば、買取の依頼が可能です。
そのため、所持していた在庫の買取が可能であれば、在庫を現金化できるためお得ですよね。
そこで今回は、倒産時の在庫を買取処分するメリットについて解説します。

□在庫の買取をしてもらうために

倒産時の在庫を買取してもらうためには、買取依頼の理由が正当であることが必要です。
破産手続きにかかる費用や弁護士に払う費用を払うために買取の依頼をする際は正当な理由であると判断されるでしょう。
そのため、買取依頼をする際は正当な理由での買取依頼であるか確認が必要です。

また、正当な理由なく売却をした場合、法律に違反します。
そのため、倒産時の在庫の処分を検討の際は、弁護士等の正当な理由での買取依頼に該当するか確認してもらうことが必要でしょう。

□買取のメリット

*在庫を現金化できる

倒産時の在庫を買取処分する際に1番大きなメリットは、在庫を現金化できることでしょう。
倒産時の在庫を廃棄する場合は基本的に廃棄費用が必要です。
しかし、在庫を廃棄ではなく、買取してもらうことで廃棄にかかる費用を軽減できます。
そのため、倒産時に在庫の処分を検討の際は廃棄ではなく、買取の依頼をするとよいでしょう。

また、買取依頼をする際は自分でセール品として販売する場合よりも短期間で販売しやすいです。
買取はセール品として売却する際とは違い、依頼をすれば業者が見積もりを出し、買取してくれます。
そのため、在庫を現金化するまでの期間が短いこともメリットのひとつでしょう。

*買取の幅が広い

倒産時の在庫はオフィス家具や事務用品、店舗用品と幅広く存在しますよね。
倒産時の在庫の買取ではこれらすべての商品が買取対象として扱われます。
そのため、基本的には再販売が可能だと判断された商品はジャンルを問わず買取してもらえるでしょう。

また、倒産時の在庫にはプリンター等の事務用品が多いですよね。
プリンター等の事務用品はリサイクル価値が高いものが多いです。
買取の際に高値が付く可能性が高いため、在庫処分の際には買取を依頼するとよいでしょう。

 

 

□まとめ

今回は、倒産時の在庫を買取処分するメリットについて解説しました。
費用を抑えるためにも、倒産時の在庫処分は廃棄ではなく買取依頼を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では不要在庫の処分についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です