在庫が経営に与える影響とは?在庫のデメリットについて解説します!

在庫を抱えることで会社の経営にどのような影響を及ぼすか、ご存じでしょうか。
在庫を抱えることで得られるメリットだけではなく、デメリットも多く存在します。
そのため、在庫が及ぼす影響をしっかりと考えることが必要でしょう。
そこで今回は、抱えている在庫が経営に与える影響やデメリットについて解説します。

□在庫が経営に与える影響

在庫を抱えることはメリットだけでなく、デメリットも多く存在します。
メリットがある反面、在庫商品の劣化や価値の低下、在庫の保管にかかる費用や人件費等がかかります。
そのため、在庫を不用意に抱えることで会社の資産や経営に影響を及ぼすことがあるため、必要以上の在庫は抱えないようにすることが必要です。

□在庫を抱えるデメリット

*在庫管理のコストがかかる

在庫を抱えることが及ぼす影響として大きなことは管理コストが多く必要なことでしょう。
在庫を抱えることはいつでも商品を提供できる環境をつくるために必要不可欠だと考える方が多いですよね。
しかし、在庫は抱えるだけであっても多くの費用を必要とします。
倉庫の維持費や賃料、在庫にかける保険に対する費用がかかります。
そのため、不用意に在庫を抱えるのではなく、不要な在庫は処分する等の見直しが重要でしょう。

また、在庫管理には人件費等もかかるため管理システム等を導入することもおすすめです。
管理システムの導入には多くの費用が必要です。
しかし、管理システムの導入により、不要な在庫の発見や棚卸の手間の発見に繋がるでしょう。
そのため、在庫管理の手間や管理費を省きたい方には管理システムの導入がおすすめです。

*資金巡りの悪化

在庫を抱えることで費用がかさむだけではなく会社の資金繰り等、金の循環にも多くの影響を及ぼします。
在庫自体は商品でもありながら、会社のお金として重要な資源です。
そのため、在庫が会社にある場合、お金を滞留していること同じになります。

また、在庫を保持していることでいつかは売れると思うことも多いでしょう。
しかし、在庫を保管している間は、価値の低下や劣化等の影響も及ぼします。
そのため、不用意に在庫を抱えることで会社内のお金の循環にも影響を及ぼすでしょう。

□まとめ

今回は在庫が経営に与える影響や在庫を抱えることのデメリットについて解説しました。
在庫は抱えることで会社に様々な影響を及ぼします。
そのため、自身が抱える在庫は必要か、不要な在庫であるのか見極めることが必要でしょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です