在庫が多すぎるデメリットとは?詳しく紹介します!

在庫を多く抱えることで多くのデメリットがあることをご存じでしょうか。
在庫には管理費だけではなく、様々な費用がかかっています。
また、費用以外にも在庫過多が及ぼす影響は多いです。
しかし、在庫過多が及ぼす影響の詳細について知らない方も多いですよね。
そこで、今回は在庫過多によるデメリットについて解説します。

 

□在庫過多によるデメリット

*資金めぐりの悪化

在庫を抱えることで費用がかさむだけではなく会社の資金繰り等、金の循環にも多くの影響を及ぼします。
在庫自体は商品でもありながら、会社の資金としても扱われる重要な資源です。
そのため、在庫が会社にあることはお金を滞留していることと同じでしょう。

また、在庫を保持していることで会社の資金が固定化されます。
会社の資金が固定化されることで、会社の新たな事業に対する投資が行えません。
そのため、会社の資金を無駄にしないためには在庫過多にならないような工夫が必要です。

その他にも、在庫を維持するための費用も多く必要です。
保管にかかる費用や保険にかかる費用、固定資産税等の費用が発生します。
そのため、資金めぐりを良くするためにも、在庫数の見直しは必要でしょう。

 

*在庫の劣化

在庫は保管しているだけでも、劣化が起こります。
在庫の劣化により、商品として扱えない在庫が増えます。
そのため、会社のお金を無駄にしないためにも在庫数の見直しをしましょう。

また、在庫の価値や品質の低下により、会社としての損出も多く発生します。
品質や価値の低下により、破棄する必要がある商品が増えます。
そのため、初めに見込んでいた商品の売り上げや利益が得られない場合も多いため、在庫過多には注意しましょう。

*社内改善の鈍化

抱える在庫数が増えることで社内の状況も悪くなりやすいです。
在庫管理には多くの機械を使用しますよね。
使用する機械が増えるほど、機械の故障や不具合が発生します。
そのため、機械の修理等に追われ、業務の改善を進めにくいです。

また、業務の改善が進めにくくなることで、社内改善が鈍化します。
在庫過多による社内の見通しの悪化や管理時に生じる問題の発見に遅れが生じます。
社内改善を鈍化させないためにも、在庫過多には注意が必要でしょう。

その他にも、在庫が増えることで、管理に必要な人手も増えますよね。
人手が増えることで、在庫管理の管理体制が緩くなりやすいです。
そのため、在庫の管理ミスが発生しやすいでしょう。

□まとめ

今回は、在庫を抱えすぎることによるデメリットについて解説しました。
在庫を抱えすぎることで生じるデメリットは会社に対して多くの不都合をもたらします。
そのため、できる限り所持する在庫を減らす工夫が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です