在庫処分の方法について知りたい方へ!在庫処分の方法を解説します!

不要在庫を抱えてしまった場合、どのように処分すべきか知らない方も多いですよね。
不要在庫を処分する方法は大きく分けて3つです。
それぞれの方法によって特徴や処分時の注意点が異なります。
そこで今回は、不要在庫の処分方法について解説します。

□在庫処分の方法

*業者に依頼する

在庫処分を考える際にまず思いつくことは業者に買取の依頼をして処分することではないでしょうか。
在庫処分の際に廃棄をすると高額の廃棄費用が必要です。
しかし、買取業者に依頼をした際は廃棄に費用がかからず、買取料金をもらえるため、おすすめです。

また、業者に不要在庫の買取を依頼する際は業者選びに気を付けましょう。
業者によっては相場より低い金額での買取や見積もりとは違う金額での買取をする場合があるため注意が必要です。
そのため、実際に業者に依頼する際は見積もり書やサービス内容の確認を怠らないようにしましょう。

その他にも、見積もりを依頼する際は複数の業者に頼むことがおすすめです。
複数の業者に依頼をしてもらうことでより高い金額で買取をしてもらえます。
そのため、買取依頼の際は複数の業者に依頼をしましょう。

*セール品として販売する

在庫処分として一般的な方法はセール品として販売することですよね。
セールの際は在庫処分する商品の値上げを行い、販売を行います。
しかし、大幅な値下げを行い販売した場合、大きな赤字が生じる可能性があるため注意しましょう。
そのため、値下げを行う際はどの程度の値下げであれば、赤字にならないかを考えることが必要です。

また、セール品として販売する際は値札にどれだけの割引をしたかを記載することがおすすめです。
どの程度値下げをしたか記載することで、購入検討者にお買い得だという印象を与えられため販売しやすいです。
そのため、セール品を販売する際は値下げ幅を考え、値札にはどのくらい値下げをしたのか記載するとよいでしょう。

 

 

*アウトレット品として販売する

在庫処分の際にアウトレット品として販売することも効果的でしょう。
在庫処分をする商品の中で本来の値段で販売できない商品をアウトレット品として販売することで余剰在庫の防止にもなるため、おすすめです。
また、近年ではアウトレット品は消費者に人気があるため、在庫処分の際に利用するとよいでしょう。

□まとめ

今回は不要在庫の処分方法について解説しました。
不要在庫の処分方法はそれぞれの特徴や利用時の注意点があるため、処分時は用途に合わせて上記の方法を利用してみてください。
また、不要在庫の処分でのお悩みやご相談がありましたら、ぜひ当社までお問い合わせ下さい。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品」ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です