在庫を削減したい方必見!削減するメリットについて解説します!

在庫を処分するかお悩みの方は在庫を削減するメリットについてご存じでしょうか。
在庫は処分することによるメリットは多く存在します。
しかし、在庫を削減するメリットについて知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫を削減するメリットについて解説します。

□在庫を削減するメリット

*お金の巡りが良くなる

在庫の数を減らすことの1番のメリットは会社が所有するお金の巡りが良くなることでしょう。
抱える在庫の数を減らすことで在庫を保管するためにかかる費用や税金等を減らせます。
在庫を保管するために支払っていた費用を減らせることで設備投資や業務状態の改善にお金を回せます。
そのため、会社が所有するお金の巡りが良くなるでしょう。

また、在庫を減らすためには無駄な在庫の仕入れを減らさなければいけません。
無駄な在庫の仕入れを減らすこともお金の巡りを良くするために必要不可欠です。
そのため、在庫を削減することは会社が所有するお金の巡りを良くするために非常に重要でしょう。

*生産性が高まる

在庫を削減することはお金の巡りを良くすること以外に生産性を向上させるためにも必要です。
在庫の維持には管理費用だけではなく、人件費や多くの時間を必要とします。
そのため、在庫を削減することは無駄な時間を削減することに繋がるため、生産性が向上するでしょう。

また、在庫を削減し、無駄な時間を減らすことで在庫出荷にかかる時間も削減できます。
出荷にかかる時間を減らすことは会社にも多くの利益をもたらします。
そのため、在庫を減らすことで会社は大きなメリットを得られるでしょう。

*税金の負担を減らせる

在庫と税金は密接な関係を持っています。
在庫が増えることで会社が支払う税金も増えます。
そのため、在庫を削減することで支払う税金も減らせるでしょう。

一般的に税金は利益に税率を掛けたものに対して税金が掛かるため、在庫が多ければ多いほど税金は増えます。
また、在庫自体は売れていないため、会社の資産としても扱えません。
そのため、売れ残った在庫は管理費がかかるだけではなく、税金も余分にかかるためできる限り在庫は減らすとよいでしょう。

 

□まとめ

今回は在庫を削減するメリットについて解説しました。
在庫を処分することで節税だけではなく、様々なメリットがあります。
そのため、在庫を多く抱えている場合は、在庫の削減を検討してみてはいかがでしょうか。
在庫処分についてなにかご相談がありましたら、ぜひ当社までお問い合わせ下さい。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です