在庫にも税金ってかかるの?在庫にかかる税金について解説します!

皆さんは、会社の商品の在庫にも税金がかかることご存じでしょうか。
在庫には税金だけではなく、管理費等の費用が多く必要であるため、在庫を抱えることは会社の利益にも影響を及ぼします。
そのため、会社の在庫にかかる税金や費用を見直すことが必要でしょう。
そこで今回は、在庫にかかる税金について解説します。

□在庫が増えることで税金が増える

在庫を保持しているだけでは税金は増えません。
しかし、前年度の在庫数よりも今年度の在庫数が増えた場合は法人税がかかります。
基本的には在庫は現金化される資産として、現金としても扱いが必要です。
そのため、不用意に在庫を抱えることで課税対象として扱われるでしょう。

また、課税対象となる在庫の評価方法は2つ存在します。
それぞれの方法によって評価方法や評価対象が違うため、方法によって支払う税金が変わります。
そのため、自社にとって最善の方法を用いることで支払う税金の削減にも繋がるでしょう。

これらの評価方法を用いて評価する際に注意が必要なことも存在します。
一度評価方法を決めてしまうと、しばらく評価方法を変更できません。
その他にも、評価方法を選択し、税務署に届ける必要もあります。
税務署に届け出を出していない場合は原価法の中でも最終原価法を用いて評価されることが決められています。
そのため、評価方法は忘れず税務署に提出しましょう。

上記の通り、在庫に対する評価方法によって課税額は変わります。
しかし、課税額を減らすことに最も効果的な方法は保持している在庫を減らすことでしょう。
在庫は維持するだけでも多くの費用を必要とします。
そのため、保持する在庫を減らすことで必要な資金や税金も削減できるため、積極的に在庫を減らしましょう。

 

 

 

□利益と税金の関係

在庫は保持するだけで多くの費用や税金がかかることを説明しました。
しかし、在庫は多くの費用を必要とするだけではなく、会社の利益にも多く関わっています。
基本的には売れない商品を在庫として抱えます。
在庫を抱えることで販売されないため、会社の利益として貢献できません。
在庫は会社の利益に貢献せず、税金も多く必要になり、会社に得た利益の減少に直結するため注意しましょう。

 

 

□まとめ

今回は、在庫にかかる税金について解説しました。
在庫を抱えることで会社の利益に大きな影響を及ぼします。
そのため、会社に利益を確保するためにも、在庫にかかる税金の見直しが必要です。
この記事を参考に、在庫にかかっている税金を見直してみてはいかかでしょうか。
在庫に関するお悩みがありましたら、ぜひ当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です