在庫が増えることのデメリットとは?詳しく説明します!

「在庫は増えすぎると良くないと聞いたことがあるが、在庫が増えるとどのようなデメリットがあるのか知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫が増えることのデメリットについて詳しく説明します。

 

 

□そもそも「在庫」って何?

在庫とは、販売することを目的として仕入れた商品のうち、売り場に出さず倉庫などで保管しているものを指します。
綺麗な状態の商品を要望される、同じ商品をたくさん購入したいと言われた場合は倉庫に保管されている在庫分から販売するというケースがあります。
在庫が十分に無いと在庫切れとなり、お客様に商品を売れなくなります。
このような事態を懸念して、商品を多めに発注する店舗や企業が多いのではないでしょうか。
在庫が増えることのデメリットに関してはあとから説明しますが、在庫は多すぎず、少なすぎずのちょうど良いバランスを保って保管しておくことが重要です。

□在庫が増えることの3つのデメリット

*陳腐化や品質劣化による商品価値の低下

長い時間倉庫で保管され続けた在庫商品の品質はどんどん下がっていきます。
また、品質は変わらなくても、商品自体が陳腐化してしまう場合もあります。
商品の品質劣化や陳腐化は、その商品価値の低下に繋がります。
このような商品は値下げして売るか廃棄処分するしかなく、損失の発生の原因となる恐れがあるので注意しなくてはいけません。

*仕入れ費用が増える

商品は一度にたくさん仕入れると、仕入れ代金は安くなります。
しかし、仕入れる数を増やせば増やすほど、商品輸送にかかる費用は増加します。
またたくさんのお金をかけて多くの商品を仕入れても、陳腐化や品質劣化によって損失が発生してしまうと、結局は損をしてしまいます。
そのため、ちょうどいい量にとどめておくことが重要なのです。

*廃棄処分が増える

特に食品の場合、倉庫で長い間保管したままにしておくと、賞味期限が切れてしまうことがよくあります。
賞味期限が切れた食品は、もちろん販売できないので廃棄するしかありません。
あまりに多くの商品を仕入れて過剰な在庫を抱えてしまうと、廃棄処分のリスクが高くなります。
廃棄してしまうと、利益は出ないので店舗や企業の損失にも繋がります。

□まとめ

今回は、在庫が増えることのデメリットについて説明しました。
多すぎず、少なすぎずのちょうどいいバランスで在庫を保管しておくことが重要です。
今回の説明に関してご不明な点などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です