在庫の経理処理はどうしたらいい?在庫処分のプロがご紹介します

「在庫処分を考えているけど、経理ってどうすればいいの?」
「在庫処分の際に、基本の経理について知っておきたいな。」
このように、在庫処分の経理処理についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
在庫の経理処理は意外と複雑なため、あらかじめ知っておくと便利でしょう。
そこで今回、知っておきたい在庫処分の経理処理について紹介します。

 

□在庫処分の経理処理について

*在庫の定義とは

在庫の定義は一体どのようなものなのでしょうか。
会計的に在庫は、棚卸資産と言われています。
具体的には、商品または製品、仕掛品、原材料、消耗品で貯蔵中のものが挙げられるでしょう。
消耗品については、未使用なものについては一般的に棚卸資産として扱います。

*在庫の会計処理の全体まとめ

年末に行われる在庫の会計処理は以下のように行われます。

・書類上の在庫金額の集計
・実地棚卸による減耗の計算
・低価法の適用による評価額の変更
・不良資産に対する強制評価減の実施

*在庫処分を行った場合の節税効果とは

在庫処分は、在庫の処分を行う金額が大きければ大きいほどメリットがあると言えます。
詳しくは税率が絡んできますが、個人事業主でも、法人の場合でも節税効果が期待できるでしょう。

*ケース別の経理処理の方法

在庫処分方法によって、経理の処理の仕方が変わってくるかもしれません。
在庫の処理の方法として一般的に挙げられる3つは以下の通りです。
・セールや値引きで赤字販売を行うケース
・業者に引き取ってもらうケース
・廃棄を行うケース
赤字販売を行うケースと、業者に引き取ってもらうケースは、基本的に売上の仕分けと同じになるでしょう。
簡易課税の場合は、業者に引き取ってもらうケースは第1種で、セールや値引きで赤字販売を行うケースは第2種で違うため注意が必要です。
最後の廃棄を行うケースは、廃棄にコストがかからなかった場合、特に仕分けが必要ないとされています。

□まとめ

今回、在庫処分の経理処理について紹介しました。
在庫処分の経理処理は複雑なため、難しいと感じられた方は、専門家に相談してみることがおすすめでしょう。
また、当社でも在庫買取を行っております。
種類がバラバラの商品でも、同じ商品でも、買取させていただきます。
当社のサイトでは、どんな商品が買取できるか紹介していますので、不安な方はぜひサイトまでお越しください。
在庫処分にお困りの際は、お気軽に当社までお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です