滞留在庫を削減したい!得する処分の方法をお伝えします!

滞留在庫という言葉をご存知でしょうか。商品を販売する形でビジネスを行われている方の中にはこの滞留在庫に悩まされている方も多いでしょう。

滞留在庫はいつのまにか増えていて、いつか片付けなければならないとは思っていても中々削減することができない厄介なものです。

ではどうすれば滞留在庫を削減することができるのでしょうか。
今回は滞留在庫の削減の方法についてお伝えします。

・滞留在庫とは

滞留在庫とは、仕入れはしたけれど結局売れ残ってしまってお店や会社の倉庫

にずっと残っている在庫のことです。「いつか売れそうだから」「いつか必要になるかもしれないから」といった理由で放置してしまいがちですが、滞留在庫が占領している倉庫のスペースは、滞留在庫が底にある限り有効活用することができません。滞留在庫は発生したら早めに処分して、再発防止のためにどうすればよいか考えるのが正しい対処法です。

・滞留在庫はどうやって発生する?

滞留在庫の発生は、仕入れた数に対して売れた数が少ないことが原因です。つまり、仕入れる量が過剰、もしくは売れる数が過少のいずれかのパターンに当てはまるはずです。そのほかにも製造業なら、生産ペースやその部品の多少によっても滞留在庫は発生します。

・滞留在庫削減方法

1.廃棄する

滞留在庫は持っておくだけ得とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、有効に活用できていない商品を抱え込むのはそれだけで損になっていることが多いです。そのため、お金を払ってでも処分したいという方も多くいらっしゃいます。

2.滞留在庫を売る

お勧めしたいのが滞留在庫を買い取ってもらうことです。在庫処分となると、残っている在庫の数によっては処分するだけでかなりの額や労力を費やすことになることも少なくありません。

そういった際に滞留在庫を売ることで経費をかけずに、
むしろ収入を得る形で滞留在庫を処分できるのです。

在庫の形や量によって引き取ってもらえるか心配という方もいらっしゃると思いますが、白石商事なら様々な在庫のスタイルに合わせて買取をいたします。詳しくはホームページご覧ください。

滞留在庫の削減方法についてご紹介しました。一度発生した滞留在庫はしっかりと腹をくくって処分することが重要です。さらに、再発防止策をしっかり検討して滞留在庫の発生を予防できると、効率的なビジネスにより近づくことができるのではないでしょうか。

白石商事ではお客様の滞留在庫を誠心誠意買取いたしております。本州全域の広い地域をカバーしておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です