意外と知らない!要領の良い在庫管理の考え方とは?

「在庫管理を要領よくする考え方が知りたい。」
「在庫管理を効率的に行う方法がわからない。」
製造業や小売業を運営している方は、このようにお悩みでしょうか?
在庫管理には倉庫代など、それなりの費用がかかります。
そのため在庫を長期間保管することでコストがかさんでしまいますが、処分するタイミングも難しいものです。
そこでこの記事では、要領よくキャッシュフローを回す在庫管理の考え方について解説します!

□在庫管理の目的

そもそもの在庫管理の目的を見直してみましょう。
在庫管理の真の目的は、キャッシュフローを改善することです。
キャッシュフローとは、手元に残る資金の流れを意味します。
在庫は現金化されることを待っているものなので、できなければ単に管理費がかかるだけです。
そのため、いつまでも管理し続けることはかえってキャッシュフローを悪化させてしまいます。
売れないと判断された在庫は処分して、新しい在庫を仕入れることが、キャッシュフローの改善につながります。
その反面、在庫の処分は販売機会の損失になり、利益を減らしてしまうこともあります。
在庫を処分する判断は、そのときの経済状況や商品の需要などを考慮して慎重に行う必要があるということを意識しましょう。

 

□在庫削減を行うには

では、効率的に在庫を削減するにはどうすればよいのでしょうか。
方法は様々ありますが、ここでは二つ紹介します。

*買取業者に依頼する

在庫買取業者は、余剰在庫の買取を行い、独自の物流で再販売する業者です。
余剰在庫を買取業者に買い取ってもらうことで、手元に資金を確保できるというメリットがあります。

*セールで値下げ販売をする

在庫の需要を高めるためにセール商品として大幅に値下げして売り出す方法があります。
この方法も、手元に資金を確保できますが、値下げをし過ぎるとブランド価値を損ねてしまう可能性があるので気をつけましょう。

□まとめ

在庫管理の考え方について、お分かりいただけたでしょうか?
在庫処分をお考えなら、ぜひ買取業者に買取を依頼してみてください。
不要な在庫は長期間保管したり廃棄してしまったりするより、業者に買取を依頼する方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です