在庫回転率の計算方法とは?|滞留在庫の買取業者が詳しく解説

「滞留在庫が溜まってしまった」
「在庫がどれくらい売れているのかを把握したい。」
このような悩みを抱えている個人事業主の方は非常に多いです。
なぜなら在庫が増えていった時に、どれくらいの量を処理すべきかわからないからです。
このような悩みを抱えてしまっている場合は、在庫回転率を利用してみてください。
数字を用いることで、明確な指標が生まれ、判断の助けに繋がります。
在庫回転率という単語は、とても難しそうな言葉に聞こえますが、複雑な計算は一切ないので安心してください。
今回はこの在庫回転率について詳しくご説明いたします。

□言葉の意味


在庫回転率とは、在庫がどれくらいの早さでなくなったかを見るための数字です。
在庫回転率が低いと倉庫に残っている時間が長い在庫で、在庫回転率が高いと倉庫に残っている時間が短い在庫であることを示しています。
これらの数値をうまく活用することで、在庫の数量や在庫の取り扱いをどのように変えるかを検討しやすくなります。
例えば、処理する在庫の順番を決める際や新たに在庫を購入するかどうかを検討する際に最適です。
また、経営に関する会議においても、具体的な数値で話し合いを進めることが可能になるでしょう。

□在庫回転率


・金額で計算する方法
・個数で計算する方法
在庫回転率は二種類の求め方があります。
それでは、それぞれの計算方法について解説します。

*金額で計算する方法


まず金額を用いて、求める方法をご説明いたします。
「求めたい期間内での出庫金額」を「求めたい期間内での在庫金額の平均」で割り算した値が在庫回転率です。
在庫金額の平均とは、在庫回転率を調べるための月や年といった単位での金額の平均です。
この計算式を用いて倉庫に眠ってしまっている在庫ごとに「在庫回転率」を計算してみましょう。
求めた値が高いものから処分や今後の購入を検討することができます。

*個数で計算する方法


次に、個数で求める方法をご紹介いたします。
「求めたい期間内での出庫の個数」を「求めたい期間内での在庫の個数の平均」で割り算した値が在庫回転率です。
基本は金額の計算式と同じですが、金額の部分がすべて個数に代わっているだけです。
金額と同様に、それぞれの値を用いて計算しましょう。
一般的には、個数で計算している事業主の方が多いようです。
時と場合によって、計算方法を使い分けることができれば最もよいです。

□まとめ


難しそうな言葉でしたが、想像以上に理解しやすい計算式だったと思います。
在庫回転率の計算では、長い期間の売り上げの金額や個数を用います。
そのため、毎月のデータを表計算ソフトや帳簿でしっかりまとめておくと計算する際に手際よくできます。
コンピューターをうまく活用して、自動的に在庫回転率が計算されるシステムを導入している会社もあるようです。
最後に、これらの計算をして、在庫の処分をご検討される方は、ぜひ弊社の滞留在庫の買い取りをご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です