在庫の買取業者はどこがいい?判断基準を解説します

「在庫を処分したいけれどどの業者に頼めば良いのだろう?」
「業者選びの判断基準が分かれば良いのに」
そのようにお考えの方はおられませんか?
在庫買取の業者は全国にありますが、正しい業者選びの方法を知っておくだけで結果は大きく変わってきます。
そこで、今回は在庫の買取を依頼するときの業者の選び方をいくつかご紹介いたします。

余剰在庫を抱えているとどうなるか

余剰在庫を多めに持っておくことは多くのデメリットがあります。
しかし在庫維持費用がかさむこと、収益が低下すること、キャッシュフローの減少といった問題点があります。

キャッシュフローの低下

余剰在庫は流動性が低いことから利益率がゼロになるため金利の負担も大きくなります。
経営のためにはなるべくキャッシュフローを増やしたいところです。

商品価値の低下

使用しなくても置いておくだけで商品の価値は低下します。
仮に品質管理を徹底していたとしても家電などの場合は日々新たな性能を持った家電が生み出されており商品の価値が低下していってしまうのです。
結果としてまだ使用できるのに売れなくて処分せざるを得ない状況になってしまいます。

維持にかかる負担の増加

維持にも当然ながら費用がかかっています。倉庫代、光熱費など保管していても会社としてはマイナスになってしまうのです。

買取業者に依頼するメリットとデメリット

現金化できる

買取業者に依頼するメリットとしては短期間で現金化することができるところです。

買取方法が選べる

また、在庫が多く買取業者まで持っていけないとしても、中には出張サービスを行っているところもあるため手軽に行えます。

業者選びの注意点

トラブルには気をつける

業者の中には悪徳な業者も存在します。
事前に聞いていない出張費を取られたりしたトラブルがあるかもしれないので、気を付けましょう。

対応は丁寧か

在庫の売買とはいえ、業者の対応は需要ですよね。
中には対応が雑な業者も存在します。
電話の応対などでその業者が信頼できるのかどうかも見極めておくと良いでしょう。

出張買取を行っているか

出張買取を行っているかどうかも大きな判断基準です。
あらかじめ出張買取が可能かどうか確認してから業者を選ぶようにしましょう。

最後に

以上、在庫買取業者の選び方について解説しました。
どの業者でも良いわけではなく色々な判断基準があるということがお分かり頂けましたでしょうか。
ぜひこの記事を参考にしていただき納得のいく業者選びにお役立てください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

これだけは知っておきたい!在庫処分と税金の関係

会社の所得には税金がかかります。
しかし、期末在庫にも実は税金が必要なのです。
期末在庫は少ない方が良いと言うのは皆さんなんとなく分かっておられると思うのですが、ぜひこの機会に少し詳しく知っておきましょう。
今回は在庫処分と税金の関係について解説していきます。

在庫と税金の関係

では、税金はどのように算出されるのでしょうか?
税金を算出するのに必要な「売上総利益」について整理してみましょう。
売上総利益は、売上から売上原価を差し引いたものになります。
売上原価は仕入れ高と期首在庫を足したものから期末在庫を差し引いたものになります。
つまり、期末在庫が多いほど売上原価は低くなります。
よって、売上総利益も高くなり税金が増えます。

まとめると下記のようになります。
商品が売れない→売上原価は減る→利益は増える

税金は利益に税率をかけたものですから在庫が多いほど税金は増えます。
しかし商品自体は売れていないため会社の現金はありません。

期末在庫が増えるとこの悪循環に陥る可能性があるため避けたいところです。

よく企業が決算セールを行いますが、これは売れない在庫を処分して節税するために行なっているのです。
売れない商品を持っていても時間とともに商品価値は低下していきますから仕入れた価格を割ってしまう可能性もあります。

持ち続けて損をするくらいなら決算期前に思い切って処分することで損切りするということが作戦なのです。

在庫処分を徹底しましょう

上記のことから決算期末には余分な在庫は処分した方が良いと言えるでしょう。
在庫が全て売れれば良いのですが、売れる見込みのない在庫が多くを占めていると、無駄に税金を払わなくてはならないことになります。

そのほかにも、在庫は抱えているだけで管理費が必要になります。多すぎる在庫はそれだけで会社の経営を圧迫しかねません。
今一度在庫管理、削減を徹底して経営の向上につとめましょう。

在庫処分には業者委託がオススメ

決算期の在庫処分にはいくつか方法がありますが、買取業者に依頼してみてはいかがでしょうか?
廃棄や販売の手間が省けますし、買取商品の幅も広いためオススメです。

おわりに

以上、在庫処分と税金の関係について解説しました。
期末在庫と税金の関係は意外と気がつかないリスクです。
少しずつ処分していって、現金化するのが良いと言えるでしょう。
白石商事は在庫買取を専門に行っております。
在庫処分にお困りならぜひ弊社へご相談ください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

メルカリを使用した不良在庫を売る方法をご紹介

「不良在庫の処分ってどうすれば良いのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方はおられませんか?
売れる見込みの少ない商品ですから、その処分方法にも当然一苦労ですよね。しかしそのような在庫も工夫次第で売ることができるのです。
今回は不良在庫をどうやって売り払うかをご紹介していきます。

不良在庫とは

不良在庫とは売れる見込みがなく、経済的に悪影響のある在庫のことです。
陳腐化商品、長期保管品、不良品などの総称を指します。
不良在庫は在庫の保管場所を占領するのでいつまでも抱えていても何のメリットもありません。

したがって、不良在庫は一刻も早く処分する必要があります。
仕入れ先に返品するのが一番手っ取り早い処分方法ですが、時期を伸ばせば難しくなります。
不良在庫であっても売り切ってしまうか廃棄してしまわないと、経営に悪影響を及ぼしてしまいます。

不良在庫を一般消費者に売る方法

ここではメルカリを使用した方法をご紹介いたします。メルカリであれば身元を隠したまま一般消費者に売ることができるため、ブランド低下の心配もなくオススメです。
以下にコツをいくつかあげていきます。

値下げは10%ずつ!

売れない商品はとにかく値下げが大切です。
価格を下げていけばいつかは消費者に購入してもらえます。
その値下げも一度にではなく、10%ずつ、段階的に行うようにしましょう。

「セール」をつける

商品に「セール」とタグ付けしておくだけでも効果があります。
消費者の中には「セール」と検索する方もいますし、お買い得感をより強調できます。

写真を綺麗に撮る

メルカリ上において、商品が売れるかどうかは写真写りにかかっているといっても過言ではありません。
写真の画質を良くする、見栄えが良くなるよう角度に気をつかうといった工夫一つで売れる商品も増えます。

背景には気をつける

写真撮影の際はぜひ背景を統一するようにしましょう。
例えば畳の上で撮影したり、背景に生活感が出てしまうと価格が安くなります。
オススメの方法は白背景で統一することです。

ストロボを焚いて明るくする

可能であればストロボを焚いて写真映りがより良くなるようにしましょう。
この一工夫でも売り上げに変化が出ます。

最後に

以上不良在庫を減らす方法について解説いたしました。
上記の方法の他に、
「手間をかけずに売却してしまいたい!」
とお考えの方は、在庫買取業者に買取依頼をオススメします。
大切なのはそもそも不良在庫を出さないことですが、今ある不良在庫をいかに無くしていうかということも経営の重要ポイントと言えます。
ぜひこの記事を参考にしていただき不良在庫の売却にお役立てください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫を溜めたくない!返品を減らす方法を解説

「返品」はどの小売業にとってもつきものです。
特に近年はインターネット市場の伸びに伴い返品率も高くなってきています。
在庫をためてしまうとキャッシュフローの面でもよくないことが起こりますし、この在庫をさらに増やしてしまうのが返品の問題点です。

皆さんにも返品によってさらに在庫が増えてしまったなんて経験はありませんか?
そこで今回は在庫を溜めない対策として、返品を減らす方法を紹介したいと思います。

在庫を溜めるとどうなるのか

では在庫を溜めるとどのようなことが起こるのでしょうか?
1つに税金がかかることが挙げられます。在庫は全て「利益」として計算されます。
もう販売の見込みのない滞留在庫を抱えていた場合は大きな税が課せられてしまうのです。

そしてもう1つ、商品価値の低下が挙げられます。
商品の価値はいつまでも継続しません。販売が遅れるほどに商品の価値も低下してしまいます。
タイミングを逃さず、うまく在庫を減らしていく必要があります。

返品を減らす方法

返品自体を減らす

返品の回数自体を減らす方法をご紹介します。
返品はお客様のイメージと実際の商品のギャップによるものですので、まずはお客様に正しいイメージを持ってもらえるよう努力しなくてはなりません。

商品の前にレビューを置いたり、スタッフが実際に使用してみた感想を書いておくことでイメージとのギャップを減らすことができます。
オンラインショップであれば、商品の細かい特徴が見える画像を載せるといった対策をしましょう。

返品在庫を減らす

返品で帰ってきた商品が在庫にならないようにする方法をご紹介します。
一番大切なことはなるべく早く売りに出してしまうことです。
商品価値は時間の経過とともに低下していきます。

まだ売れる商品であれば店頭に出す、値下げをしてでも売ることをおすすめします。
またメルカリ等のサービスを利用して販売することもできます。
しかし返品在庫の中には売れない、時間が経ってしまい商品にならないものも存在するのではないでしょうか?

そのような場合には在庫買取業者を利用すると良いでしょう。
全国には様々な在庫買取業者が存在していますので、どのような商品であっても買い取ってもらえる可能性はあります。

最後に

以上、返品を減らす方法について解説致しましたが、いかがでしたでしょうか?
返品回数、返品在庫の減少は会社の利益向上に直接関わってきます。
返品を減らし、より良い経営にお役立てください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

ABC分析とは?在庫処分に効果的な方法をご紹介します

「在庫管理を効率的に行いたい」
とお考えの方はおられませんか?
商品ごとに人気が違うため、商品管理は困難になる可能性があります。
そのようなお悩みにはABC分析が役に立つかもしれません。
そこで今回はABC分析とは何なのか解説していきます。

ABC分析とは

ABC分析とは商品を重要度によって分類する方法で、重点分析などと呼ばれることもあります。
ABC分析によってする売り上げ分析は店舗を経営している方にとっては欠かせない分析です。
これを使用することでどのような商品が人気なのか、またどのように仕入れ量を調節することで無駄のない商品管理ができるようになるのかを知ることができます。

ABC分析の方法

例えば在庫処分をする際に重要視するポイントを売上高に設定します。
売上高に貢献していない在庫をうまく処分することが効率の良い管理に繋がります。
次に売上高の順に取り扱い商品を並べ、累積売上割合によって3つにグループ分けします。

例えば、累積売上割合が70%を占める商品グループをA,70%~90%の商品グループをB,90~100%の商品グループをCと設定します。

Aグループに分類されたものは売上高に対する貢献度が高く、店舗の主力商品であることがわかります。販売予測を行い適宜発注をするなど管理に今以上に力を入れていくことが大切です。

Cグループに分類されたものはあまり売上には貢献していないことがわかります。
販売予測は行わず在庫も倉庫に1つだけで良いでしょう。
売れていないのに管理をすることは時間もお金も無駄になってしまいます。
売上の増加が見込めない状況であれば思い切って取り扱いを停止することも必要です。

Bグループに分類されたものはAとCの中間的な在庫管理が必要になります。
過度な商品の在庫は必要なく、在庫がなくなった時に発注を行いましょう。
ここでは売上高に注目してABC分析を行いましたが、そのほかにも販売

個数、利益など場合に応じて分析ポイントを変えてみると良いでしょう。

ABC分析を行った後には在庫の管理を行いましょう。その際に売れ残ったものについては処分を検討しましょう。売れ残った商品を買い取ってくれる業者も存在しますので利用すると良いでしょう。
売れずに保管し続けるよりも、売ることで管理費を節約できます。

最後に

以上ABC分析とは何か解説致しました。
この考え方を使うことで在庫管理において気をつけるべきポイントが明らかになり、より効率的な管理が行えるようになります。
ぜひこの記事を参考にしていただき在庫処分にお役立てください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分に適した時期はいつ?在庫買取業者が解説

「在庫はあるほど良い」
とお考えの方はおられませんか?持っていれば会社側の財産である在庫ですが、財産であるがゆえ税金が必要であることを忘れてはいけません。
実は在庫は持っている時期によっては会社側の負担になることもあるのです。
そこで今回は在庫処分の時期について解説していきます。

そもそもなぜ税金がかかるのか?

「在庫には税金がかかる?」
中にはこのように驚かれた方もおられるかもしれません。

会社側からすれば、
「在庫は売れていないから利益0ではないのか」
と考えてしまいそうですが、在庫の価値はゼロではありません。
廃棄されることなく、存在しているのだから売れる見込みはあるはず、という在庫の価値に対して課税されているのだと考えましょう。

決算期までに処分しよう

決算期末に残った在庫には税金が必要になります。
在庫が増えるほど利益が出るとみなされるため、在庫が増えるほど税金も高くなるのです。
注意して欲しいのが「決算期末までに処分」するということです。

この時期を過ぎてから期末日前に処分したことにすると粉飾決算となってしまいますので十分に気をつけましょう。
そこで期末が近づくと、来季以降の売り上げの予測を立てる必要があります。

必要な在庫は残し、余分な在庫は処分しましょう。
税金を節約したいのであれば決算期末には可能な限り在庫を減らすことで対応できるでしょう。

どうやって在庫を処分するの?

ここまで不要在庫の処分の必要性とその時期について解説しました。
では具体的にどのような処分方法があるのでしょうか?

割引して買ってもらう

代表的なのが割引して売るという方法です。
しばしばデパートなどで「決算前セール」と名をうって大幅割引をしているのを想像していただければ良いかと思います。
決算期を過ぎると税金がかかるため、少しでも利益の出せる決算期前に売りさばいているのです。

業者買取を依頼する

在庫処分セールをしてもその全てを売れるとは限りません。
また、売りものになるかわからない在庫も存在するかもしれません。
そんな場合は業者依頼がオススメです。
業者であれば買取商品の幅が広いうえ、高値で買い取ってもらえる可能性あります。
在庫処分でお困りの方は業者依頼を検討されてはいかがでしょうか?

おわりに

以上、在庫と税金の関係について解説致しましたがいかがだったでしょうか?
在庫は存在する時期によっては会社の経営の負担になるため、賢く処分していきたいものですね。
ぜひこの記事を参考にしていただき在庫処分にお役立てください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

本当は得する!?滞留在庫を減らすメリットを解説!

「在庫を多めに保つように計画を立てたい、けれど在庫は減らすよう言われている」
「いずれ売れる商品なのだから、持っていても問題ないはず」
生産計画を立てる上でこのような状況に陥った経験はありませんか?
受注された時、商品が欠品していると販売店からの信用を損なってしまいますし、在庫は多めに持っておきたいところですよね。

ある程度の在庫は必要です。
しかし、売り上げ見込み以上の在庫の保有はかえって悪影響を及ぼしてしまうのです。
ここでは、在庫を減らすことのメリットについて解説していきます。

在庫を減らすメリット

維持費用の削減

在庫は言わずもがな維持費用が必要になります。
人件費に加え倉庫の費用、光熱費など必要な費用は様々です。
企業に売り上げをもたらしていない在庫が逆にお金を奪ってしまうという現象がおこります。

また、在庫は放置しているだけで価値は自然に低下していきますから、機会損失面でもマイナスになるでしょう。
在庫を減らすことでこれらの費用を削減できます。
多めに持っておくのも戦略の一環ではありますが、やはりちょうど良い在庫の量にするべきでしょう。

決算期に節税できる

決算期前は在庫を減らすメリットが十分にあります。
税金は利益に税率を掛け合わせたもので決まります。
滞留在庫は会社の利益とみなされますので存在するだけで余計な税金を取られます。
また、決算期を越えて保有していたとしても結果として売れることがなければマイナスになります。
そこで決算期前に処分することで節税と損切りをすることができるのです。

キャッシュフローの増加

在庫を減らすことでキャッシュフローが増加します。
平たく言えば
「会社が使うことができる現金の量が増加する」
ということです。

せっかく仕入れた商品も在庫としておいておくだけでは会社に現金をもたらしません。
そのため在庫として眠っている間は会社が使用できる現金はマイナスになります。
特に資金繰りに余裕のない企業の場合、手元の現金は大切な役割を果たします。
キャッシュフローが良いと会社の信用にもつながるためです。

おわりに

以上滞留在庫を減らすメリットについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
一見良く感じる滞留在庫も抱えすぎると企業の首を絞めてしまいます。
生じる悪影響を防ぐためにも、決算前には在庫管理を徹底するようにしましょう。
白石商事では不要な在庫買取を行なっております。
在庫処分でお困りの方はぜひお気軽に弊社までご連絡ください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

食品在庫を処分するのにオススメな方法を解説します!

食品の処分方法にお困りの方はおられませんか?
在庫の中でも食品は、期限もあるため長くは置いておけないものです。

その特性がゆえ、余ったら廃棄をするという選択にいたる方も多いのではないでしょうか?
しかし、それは非常にもったいないです。
どうせなら食品在庫は売却してお金に変えてしまいましょう。

買取業者が買ってくれる!

食品は家具・家電と比較して単価も低く、なかなか「買取業者に売る」という発想にいたらないことも多いジャンルではないでしょうか?
しかし、たとえ単価が低くても大量の在庫を抱えていればトータルで大きな差が生じます。

また、全て廃棄する場合と比べ損失の差は歴然です。
買取可能な状態にある食品であれば、売却するようにしましょう。
買取可能な食品例を挙げてみました。
カップラーメン/インスタントスープ/和菓子/洋菓子/スナック菓子/ガム・飴/おつまみ/調味料/缶詰/清涼飲料水/レトルト食品 など

買取できない食品

白石商事では下記のような商品は買取をお断りしております。
賞味期限が切れた食品/白米/玄米/茶葉/ココナッツオイル/コーヒー豆/食品工場の原材料/デザインパッケージのない食品/震災用の保存水/錠剤タイプのサプリメント/

その他の処分方法もご紹介

セールを行い販売する

買取業者に売却する方法をご紹介しましたが、やはり最も手っ取り早いのは販売することでしょう。可能であれば半額セールや期間限定セールと名を売って一気に売りさばいてしまいましょう。

消費者の購買意欲を刺激することで一気に在庫を減らすことができるかもしれません。

廃棄する

可能であれば販売するべきとはいえ、廃棄することも考慮に入れなくてはなりません。
現在は廃棄処分に対する考え方も厳格になってきており、期限切れの食品を持ち帰ったりすることはあまりされなくなっています。
そのため期限切れの食品は廃棄されることが多くなっています。

廃棄するのにもコストがかかるため、在庫の大量廃棄をお考えの方は事前に知っておきましょう。

おわりに

以上食品在庫の処分方法について解説しましたが、いかがでしたか?
食品は消費期限に近づくにつれ価値も低下するため、早めの決断が必要です。
「この在庫売れるかな…」
とお悩みになる前に、買取業者に依頼してみましょう。
白石商事では食品から生活家電・美術品まで幅広く買取しており、過去にはメディアに取り上げられた経験もあります。
在庫買取なら、ぜひ幅広い買取実績を持つ白石商事におまかせください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分することで考えられるデメリットを解説します

「在庫処分をしたいけれど、安易に処分しても良いのだろうか?」
このようなお悩みをお持ちの方はおられませんか?在庫処分にはメリットも存在する反面デメリットも存在するのです。
そこで今回は在庫処分のデメリットについて解説していきます。

廃棄する場合のデメリット

廃棄コストが必要

廃棄するにもコストが必要です。
特に大型の在庫や家電を廃棄する場合にはそれなりのコストが必要になってきます。
仕入れるのにも費用がかかる上、廃棄にも費用が必要になるため無計画な廃棄はかえって会社の首を絞めかねません。

キャッシュフローは改善されない

廃棄をする場合、仕入れ値+廃棄費用がかかるだけで、在庫が会社にもたらしてくれる利益はありません。
キャッシュフロー的観点から見てもデメリットは大きいでしょう。

在庫セールで処分する場合のデメリット

安く売ってブランドイメージに傷がつく

決算期末になると決算セールと名をうって低価格で販売されますよね。
確かに効果的な処分方法ではありますが、中には「低価格で販売してブランドイメージを損ねたくない」とお考えになる方もおられるのではないでしょうか?

人件費が必要になる

販売するにあたりスペースや人件費が必要になります。
また、全て販売できるとも限りません。
そのため販売できなかった場合はかえって負担になる可能性もあるのです。

不安はこれで解消!

在庫セールを行うにしても、あまりに安い値段で売りすぎるとブランドイメージが崩れる可能性があります。
その防止策として
「ブランド名を伏せて販売する」
「海外に向けて販売する」
という2つの策が挙げられます。

そしてもう一つ、在庫買取業者を利用するのも良いでしょう。
在庫買取業者を使用するメリットは2つあります。
1つは「まとめて処分ができる」ことです。
在庫処分も大規模になるとその全てを捌くことは困難になってきます。

廃棄をするにしてもルールに沿った廃棄をしなくてはなりませんし、自治体によっては細かな規則があるところもあるのではないでしょうか?
買取業者は在庫をまとめて買取してくれるため、手間が省けます。

そして2つ目は「人件費が抑えられる」ことです。
在庫を販売しようとすると上記のように人件費が必要になりますが、業者ではその費用を抑えることができるのでおすすめです。

おわりに

以上、在庫処分のデメリットとその解消方法について解説致しました。
上記のようなデメリットも工夫次第で軽減できます。
ぜひこの記事を参考にしていただき在庫処分にお役立てください。

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫は廃棄?買取?それぞれのメリットを紹介します

在庫処分の方法をどのようにお考えですか?
代表的なものに
「在庫を買い取ってもらう」
「処分する」
ことが挙げられます。

在庫を処分するにしても、それぞれ特徴があるためよく理解してから選択をしたいところです。
そこで今回は在庫を廃棄する場合と買取してもらう場合のメリットをそれぞれ解説していきます。

廃棄するメリット

商品を廃棄するメリットは「節税」にあります。
あなたは「廃棄」か「大幅な値引きをしてでも店頭販売する」のどちらを選択しますか?
0円よりはマシだから店頭販売する、と答えた方は注意が必要です。

企業の粗利益は「売り上げー商品原価」です。
そのため販売することで在庫が減るため利益が多くなってしまいます。
節税のためには利益をできるだけ減らす必要があります。

在庫を捨てる、つまり在庫を破棄することでしか基本的には節税できないのです。
価格を下げて販売したことで商品を多く売り、予定の利益よりも多く計上してしまうこともありますのでこの点は確認しておきましょう。

買取してもらうメリット

相場での買取が可能

業者は商品相場をよくわかっています。
優良業者ならば不当に安く買い上げようとはしません。
売れないからと低すぎる価格で販売する必要はなく、しっかりと相場で買い取ってもらうことが可能です。

手元資金の増加

在庫処分を行うことで手元の資金を増やすことができます。
このことは借り入れの早期返済に役立ちます。
返済を早めることで利子節約ができます。
また、これによって新たな仕入れが可能になるメリットもあります。
在庫買取によって回転率が上がり、資金効率も良くなる好循環を生み出すことができます。

ブランディング効果を下げずに販売できる

在庫の処分方法として、価格を下げて販売する方法があります。
販売しても買い手がいないため価格を下げて販売するとします。
しかし、安易な値下げはブランディング面で悪影響を及ぼしてしまいます。

例えば高級ブランドの商品を原価以下の価格で販売していたらかえって消費者に不信感を抱かせてしまいます。
低価格で売ったことで結果としてブランドのイメージを損ねてしまいかねません。
業者を使用することで一般消費者に不信感を抱かせることなく販売できます。

おわりに

以上それぞれのメリットについて解説致しましたが、いかがだったでしょうか?
在庫の処分方法に迷っているという方は多いと思います。
ぜひこの記事を参考にしていただき納得のいく選択にお役立てください。

 

また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。