ブランドイメージを守る在庫処分とは|上手な買取業者の選び方

自社ブランドの廃盤商品等の在庫をどうやって処分すべきか、お悩みの方はいらっしゃいませんか。
在庫処分することによって、安価で再流通し、せっかく築き上げてきたブランドイメージを壊すことは避けたいものですよね。

そこで今回は、ブランドイメージにダメージを与えないで在庫処分をするために気をつけたい点についてご紹介します。

[再販売方法を工夫する]

高いブランドイメージを保持するためには、希少性と高価さがカギになります。逆に言えば、ブランド物が市場に安価で大量に再流通していると、そのブランドに対するイメージが壊れかねません。

そこで、再販売の方法は慎重に検討する必要があります。例えば、再販売に回す商品をブランド名と切り離す、という手段が考えられます。具体的には、商品をインターネットで販売する際は、その商品のメーカー名や形式名を伏せて販売することが、ブランド価値を下げないための1つの対策方法となるでしょう。

[再販売先を海外にする]

上と同様の理由で、商品の再販売先には十分に気をつける必要があります。
まずは、自社のブランドイメージを守りたい地域の範囲がどの程度かを認識しましょう。

例えば日本国内でのイメージを守りたいという場合には、再販売先を海外にするといった方法があります。商品を中古で買取してもらい、その商品を国内で安価で販売してしまうと、ブランドイメージが損なわれてしまう恐れがあります。

特に日本国内において安価で再販売して欲しくない商品は、何回も流通することを防ぐために海外に再流通先を移すのは効果的なのです。

この方法は、弊社でも実際に多くのブランド様にご利用いただいております。

以上、在庫処分を考えている方へ、ブランドイメージを落とさずに在庫処分をする方法をお伝えしました。上記で述べた点をしっかり考慮して再販売を行っている業者に買取を依頼することをおすすめ致します。

まず一つに、買取商品の再販売先をしっかりと考慮して色々な工夫を試みている業者です。次に、紹介したポイントは再販売経路を海外に持っていることです。そういった業者であれば、国内でのブランドイメージを傷つける危険性が下がります。

白石商事では、ブランドイメージを守りながら在庫処分をしたいというお客様のご要望にお応えし、再販売先や再販売方法のご相談はもちろんのこと、さまざまなご提案をさせていただきます。在庫処分にお悩みの際は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

在庫処分をするメリットは?決算前の処分で得られる効果も

小売店を経営・所有している方の中で、ご自身の持っているお店の商品が大量に余っている、もしくはお店の破産等を理由に大量の在庫を抱えている方はいらっしゃいませんか?

そのような残ってしまった大量の在庫は、処分することをおすすめします。
今回は、多量の在庫を処分することのメリットについて3つご紹介します。

[在庫維持に必要な費用を節約]

在庫を処分するメリットの1つ目は、余分な管理費用や手間を発生させずに済むことです。
売れずに残ってしまっている不良在庫にも、品質を維持するための費用や、

その商品を保管しておくための倉庫が必要です。

つまり、不良在庫を置いておくことで多額の費用が発生している可能性が十分に高いのです。

そういった店舗の経理に多大な負担を生じかねない不良在庫は早めに処分しておくことが、お店の売り上げや経営利益を上げていく上で大切なのです。

[良いキャッシュフローを生み出す]

在庫を処分するメリットの2つ目は、良いキャッシュフローが生まれることです。
利益を生まないキャッシュを寝かせておくのではなく、思い切って処分したうえで新たな商品を仕入れて、その商品を売っていくといった風な循環を生み出すことが大切なのです。

[在庫処分によって節税できる]

在庫を処分するメリットの3つ目は、税金を節約できることです。
決算の際には、事実売り上げになっていない在庫も利益の一部として計上されます。そのため、この先売れる見込みのない在庫であれば、処分してしまう方が無駄な税金がかかることなく経営者にとってはメリットなのです。

こうした売れる見込みのない商品の例としては、顧客による買取のピーク時を過ぎたカレンダーや流行が過ぎてしまった衣服などです。このような商品は、決算前に処分してしまう方が税金の観点からも経営者にとってもメリットがあるのです。

以上、在庫を処分することによるメリットについて3つご紹介しました。

一つ目が在庫維持に必要な費用を節約できるといった点でした。放っておいても在庫の維持には費用がかかってしまうことを留意しておくことが大切です。

二つ目が、良いキャッシュフローを生むことでした。在庫を処分することによって、会社全体のお金の流れが良くなり利益の向上につながります。

そして、最後に紹介したのが、決算前に処分することで節税ができるという点でした。

上述したことを参考に、在庫の処分を考えてみてはいかがでしょうか。

在庫処分業者の選び方|ジャンル・量・再販方法で決める!

「不良在庫を全て処分したい」「中古の在庫は処分できるの?」在庫処分業業者といっても、様々な種類の業者があります。

どのような基準で選べば良いか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「在庫処分業者の選び方」について解説していきます。

■選び方の基準その1.「対応ジャンル」

在庫処分業者にも、様々な種類の業者がいます。アパレル関係に特化した業者、貴金属専門の業者など、対応する在庫を取り扱っている在庫処分業者を選びましょう。

複数のジャンルの商品を扱う事業の場合、複数の業者に依頼すると手間もかかりますから、一度に在庫処分ができるように多くのジャンルに対応している在庫処分業者を選びましょう。

■選び方の基準その2.「処分規模」

在庫処分業者の規模によっては、在庫が大量にある場合に、処理しきれないことがあります。また、一定量以上の規模でしか、在庫処分を引き受けていない場合は、在庫を全て受け取ってくれない場合があります。

在庫処分業者を検討する際には、その業者がどれだけの量の在庫処分を引き受けているのか確認しておくと「電話したけど無理そうだった」などの手間が省けます。

■選び方の基準その3.「劣化品や中古品の対応」

保管中に劣化した在庫や、中古の在庫を処分したいときには、劣化品・中古品の在庫処分を行っている業者を探しましょう。

■選び方の基準その4.「再販ルート」

処分した後に、在庫処分業者が、「ネットショップ」や「アウトレット」などで安く売る場合があります。

品物が安く売られることで企業のブランド力を落としたくない方は、海外の再販ルートを持っている業者に依頼しましょう。

これによって、「日本のマーケットで、著しくブランド力が落ちる」というような事態を回避できます。

また、このような要望に理解を示し、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。

■選び方の基準その5.「見積もりの質」

見積もりの質には、「金額」「スピード」「妥当性」「説明の丁寧さ」などがあります。決算前の税金対策として在庫処分する場合などは、「スピード」が大切になってきます。また、見積もりの内訳が不明瞭で、やけに高額な業者は避けましょう。

 

以上が、「在庫処分業者の選び方」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

在庫処分にお困りの方、ご気軽にご連絡下さい。

返品在庫の処分方法のまとめ|おすすめの処分方法とは?

「返品在庫が多くて困っている」「依頼販売していた品物返品在庫の処分ってどうすればいいの?」企業や自営業の在庫管理担当者は、このような悩みをお持ちではないでしょうか。

今回は、「返品在庫の処分方法」についてまとめて解説していきます。

■ネットで再販売

もともとネット販売していなかった方は、ネット販売に参加するのも一つの手です。

店頭よりずっと多くの方に見てもらう可能性があります。

注意点は、ネット販売自体、返品率が非常に高い業界であることが挙げられます。そのため、「価格を下げる」「説明を詳しく書く」「写真にこだわる」などの方法をとりましょう。

■アウトレットやセール

自社製品の場合、自分で価格を決められるので、「セール」や「アウトレット」で 価格の安さをアピールしましょう。

この場合、やはり『返品不可』でセールなどを行うのがいいでしょう。また、依頼販売の商品は、基本的にこのようなセールを行いません。

■廃棄

決算前に、在庫が溜まっていると、その分だけ税金が上がってしまうため、決算前に急いで処分したい場合は、自分で廃棄しましょう。

返品が多い在庫がなくなるので、その商品に関して悩む時間を減らすことが出来ます。

■中古品買取業者

中古品買取業者にも、在庫を買い取ってもらえる場合があります。

ただし、「在庫が大量にある場合」は、全て買い取ってもらえない場合があります。

■在庫処分業者

「自分で廃棄するくらいならば誰かに安くてもいいから売りたい」、「売った品物を国内で販売されたくない」、「大量の在庫を抱えている」といった方は、在庫買取業者に買取を依頼しましょう。

在庫買取業者の中には、海外の販売ルートを持つ業者もいます。自社では販売できないマーケットに売ってくれるなら、自社の営業に影響は出ないため安心ですよね。

セールばかり行っていると「あの会社は安売りをする」というイメージがついてしまう可能性がありますが、在庫処分業者に工夫して依頼すれば、「ブランド力」を落とさずに済みます。

また、在庫処分業者に依頼し、多くの在庫を一気に処分することで、「管理費」、「保管場所費用」が浮く、「税金対策」になるなどのメリットもあります。

 

以上が、「返品在庫の処分方法」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。返品在庫にお困りの方、お気軽にご連絡下さい。

滞留在庫とは?滞留在庫が増える原因も一緒に解説!

「滞留在庫って何?」「滞留在庫が溜まっていくのはなぜ?」
滞留在庫に困っている在庫管理担当者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、「滞留在庫が増える原因」について解説していきます。

■滞留在庫とは?

滞留在庫とは、仕入れたのに売れず、長期間事務所や在庫保管所に残ってしまった在庫のことを指します。

■滞留在庫が増える原因

1.品切れ防止のための大量購入人気商品が店頭で品切れになっていると、せっかく「商品を買ってくれるお客さん」が店に来てくれても、購買につなげて利益を得ることが出来ません。

そのため、店頭では品切れを防ぐため、仕入個数を少し多めに発注す

ることがあります。商品が、見込みと違い、あまり売れなかった場合、商品が在庫として余ってしまいます。

違う客層が多いような別の立地の他店舗で販売してみても売れない場合、滞留在庫になります。

2.経理・製造・販売など各部門の連絡不足経理部門は、『滞留在庫』などの売れない在庫はいずれ処分しなくてはいけないことを知っているため、「仕入れの個数を減らす」または「生産量を少なめにする」ことを望んでいます。

それに対し、販売部門は商品の品切れに備えて「多めに仕入れたい」場合が多い

です。製造・販売・経理の部門が適切に連携を取っていないと、店舗や事務所に大量の在庫を抱えることになります。

3.マーケティングマーケティング部門は、購買層の設定や4Pの設定を行います。4Pとは、「Product, Place, Price, Promotion」をまとめたもので

日本語では「製品の仕様や機能、流通場所や流通方法、価格、広報活動」という意味です。

マーケティング部門の役割は、そもそも「売れるような商品や方法」を考える部門ですが、そのマーケティング活動がおろそかであった場合、高い費用を費やして商品を作成しても、購買と利益の獲得につながりません。

4.在庫管理システムや在庫の保管方法在庫管理システムの良し悪しは、在庫管理の正確さや楽さに大きく影響します。

複数の店舗を持つような比較的大きな業者では、在庫の量が多いため、パソコンのソフトを使い、他の店舗の在庫も確認できるようにした方が良いでしょう。

また、在庫の保管場所が整理整頓されているか

どうかも、在庫管理の正確さに大きく影響します。

 

 

以上、「滞留在庫が増える原因」についてのご説明しました。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売

業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

滞留在庫にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

もう悩まない!滞留在庫を溜めないための対策とは?

「長いこと置いてある在庫が多くて困っている!」「滞留在庫を増やさないためにはどうすればいい?」滞留在庫とは、仕入後長い間残っている在庫のことです。

今回は、「滞留在庫を溜めないための対策」について解説していきます。

■そもそも売れ残りを出さないための対策

1.マーケティング

自社製品の場合は、商品を『どの客層に』『どんな価格で』『どの立地の店舗に』『どんなタイプのお店に』『どのような特徴をアピールして』消費者に買ってもらいたいのか明確にしましょう。

マーケティングによって、商品の売れ行きが大きく変わる場合があります。

2.少なく仕入れる他社製品を仕入れている場合は、新商品に限って『少なめに仕入れる』ことを徹底しましょう。

もちろん、仕入数が少なすぎれば購買意欲のある消費者に商品を買ってもらうチャンスを逃すことになりますが、その場合は、次の仕入れで大量に購入すればよいでしょう。

価格の高い新商品を仕入れる時は、『どのくらい売れるのか』という他店の情報もないため、仕入個数の判断が非常に難しくなります。滞留在庫を防ぐためには、少なめに仕入れましょう。

■それでも売れ残った時の対策

1.『在庫処分業者』に買い取ってもらう。売れそうにない滞留在庫の場合は、海外に再販ルートをもつような在庫処分業者に買取を依頼する方法があります。

在庫処分業者に頼む場合は、現金が手に入りますし、在庫を望む量だけ処分できます。

海外の販売ルートをもっている業者には、「国内で自社製品を安く流通されないので、ブランド力にあまり影響がない」という利点もあります。

2.廃棄する売れない商品を廃棄することも、滞留在庫を溜めない一つの方法です。滞留在庫を保管し続けることで、「保管場所に困る」・「在庫の管理が面倒」といった問題がある場合は、廃棄した方がいいかもしれません。

3.決算前に安売りする。決算期間前に、『決算セール』や『在庫一掃セール』で、商品を安く売りましょう。

売れ残った在庫の「仕入れた金額」が、税金の対象内になります。

滞留在庫を大量に溜めておくと、税金が高くなるので、

『セール』で自ら安売りすることで、「税金・製造費用・在庫処分費用」などトータルで払うお金を安くできる可能性があります。

今回は、滞留在庫を溜めないための対策についてお話ししました。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。滞留在庫にお困りの方は、お気軽にご連絡下さいね。

早く処分しましょう!滞留在庫を溜める4つのデメリットとは?

「在庫が溜まってきているけど、すぐに処分したほうがいいの?」「滞留在庫を増えてしまったときの注意点ってある?」滞留在庫は、税金・保管場所・在庫管理など様々なことに影響を及ぼします。

今回は、「滞留在庫を溜めるデメリット」について解説していきます。

■滞留在庫を溜めるデメリットその1.
「在庫にも税金がかかる」

滞留在庫とは、仕入れてから長時間売れていない在庫のことです。法人税や都道府県税は、実は在庫にもかかります。

少し具体的に説明すると、在庫の「仕入れにかかった金額」が利益の一部として計算され、利益に税金がかかります。そのため、滞留在庫があると、「売れないのに税金だけ高くなる」という事態が発生するのです。

■滞留在庫を溜めるデメリットその2.
「現金が回収できない」

商品には、「仕入」もしくは「製造」の時にお金を支払っています。

売れ残った在庫を店頭ではなく事務所に保管している場合、保管している間、支払った分の金額を得る可能性はゼロです。

売る以上の品物を仕入れて保管していると、その期間は自由に使えるお金が減ってしまうというデメリットがあるのです。

■滞留在庫を溜めるデメリットその3.
「保管場所や管理の手間がかかる」

滞留在庫の保管には、置く場所の確保が必要です。通常、事務所や店舗の大きさは、滞留在庫が増えたからと言って広くなりませんから、滞留在庫が溜まるたびに保管場所は狭くなります。

すると、出入りの激しい商品の在庫管理の邪魔になることもあり、在庫管理の手間が増えてしまいます。同じ在庫管理の仕事でも、手間のかかり具合で作業時間も変わりますから、実質、仕事当たりの人件費が高くなります。

■滞留在庫を溜めるデメリットその4.
「商品の価値は時間と共に落ちる」

個数限定発売やプレミアの付いた商品ならば、発売時から時間が経つにつれて相場価格が高くなる可能性がありますが、ほとんどの品物に関して時間と共にその

価値が減少していきます。

滞留在庫をいつかまとめて売るつもりでも、もしかしたらすぐに業者に買取依頼したほうが得をするかもしれません。商品の価値は、時間の経過とともに落ちるため、滞留在庫の処分は早めに行う方がいいでしょう。

以上が、「滞留在庫を溜めるデメリット」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。滞留在庫などの在庫管理にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

せどりの在庫処分にお困りの方へ!滞留在庫などの処分方法をご紹介

「滞留在庫を処分したい。」「辞める際の倒産品や在庫品を片付けたい!」品物と規模によって大きく収益が変わるせどり業ですが、『在庫の管理』に失敗してしまう時もあると思います。

今回は、「せどりをされている方向けの滞留在庫の処分方法」について解説していきます。

■一番気を付けたい『在庫管理』と『在庫処理』

・せどりで転売しようと思っていたが、市場の需要を見誤って品物が大量に余った。

・せどりを辞めたいので、保管している在庫全て処分したい。

このようにお困りの方も多いのではないでしょうか。せどり業でも、企業の在庫管理部門や流通部門と同じで、やはり『在庫管理』や『在庫処分』が大切になってきます。

もし、売れない在庫、売るつもりのないような在庫を大量に余らせておくと、「手元の現金が減る」「保管に手間がかかる」「品物の価値が下がっていく」などの問題が起きてきます。

■処分方法その1.「廃棄する」

品物が、業者に買い取ってもらえないことが明らかなほど消耗している場合などは、廃棄することが一番速い処分方法です。

この方法には、他のどの方法よりも手間と時間がかからないというメリットがあるので、価値が0円に近いものは廃棄するのも一つの方法かもしれません。

■処分方法その2.「ネットショップで安売りする」

もしまだネットショップを使っていないという方ならば、まずはネットショップを使ってみることをおすすめします。すでにネットショップを利用している方には

ネットショップの『タイムセール』に参加したり、価格を大幅値下げたりすることをおすすめします。

店頭販売だけでは地理的に遠くて出会えない見込み客に商品を購入してもらう可能性が高まります。

しかし、ネットショップでは、『購入者が、買いたい商品を具体的にイメージして商品を検索する』傾向があり、店頭とはターゲットの傾向が変わることに注意しましょう。

■処分方法その3.「在庫処分業者に買い取ってもらう」

査定と買取に一定の時間はかかりますが、確実に現金を手に入れたい方は、『在庫処分業者』がおすすめです。

在庫処分業者では、業者によって買取している品物の種類・量・地域が異なりますので、状況にあった業者を探しましょう。

以上が、「せどりをされている方向けの滞留在庫の処分方法」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

滞留在庫にお困りの方、お気軽にご連絡下さい。

注意すべき返品在庫!返品在庫が増える4つの原因とは?

「自社製品の返品が多い」「販売依頼制度での、返品が多い」

ネット販売業務の在庫管理の担当者さんは特に、返品在庫は頭を悩ませる問題でしょう。

今回は、「返品在庫が増える4つの理由」について解説していきます。

■『返品在庫』とは

自社の商品を販売し、『返品』を受け付けている場合は、返品在庫が溜まります。
また、ネットショッピングでは、『返品』を受け付けている場合が一般的です。そのため、商品が想像と違った場合、返品される可能性があります。

このような『返品』で溜まった在庫のことを『返品在庫』と言います。 また、品物を納入し売れた残ったものは返品できる『委託仕入』の場合も返品があります。

例えば、書籍などは、『委託仕入』によって、コンビニなどに流通されますが、販売につながらなければ、これらの小売店舗は、業者に返品できます。

■返品在庫が増える原因

1.品物の質品物の質が低いと、返品の可能性が上がります。

衣服なら、糸のほつれや大きなシミがついていたりすると、返品になります。

ネット販売の場合も、品物の質が悪いことが大きな返品の原因になります。注文

した品と違う、『新品』を頼んだのに開封した痕跡がある、故障・破損している場合などです。

2.写真と現物の差「写真と現物の差」も、ネット販売での返品の原因になります。

服やカーペットなどの布製品は、消費者にとって、写真では分からない『素材』『色』のような要素が重要になってきます。

3.マーケティング

これは、依頼仕入の場合です。

販売店に運んでも、売れなかった品物は返品されます。依頼する店舗の客層、立地によっても、販売数は変わってきます。

もしくは、商品自体が、「どの層が商品のターゲットなのか」「いくらの価格でどこの店舗で、どのような宣伝やパッケージで、どんな機能を持たせるか」などのマーケティング活動が十分に行われないまま販売されている可能性があります。

4.不十分な品物説明店頭販売でもネット販売でも、『サイズ』や『型番』など、品物の説明が不十分な時に、消費者が「想像していた品物」とは異なる品物を注文する場合があります。そのような時に返品される可能性が大きく上がります。

今回は、「返品在庫が増える4つの理由」についての説明しました。白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。返品在庫にお困りの方、ご気軽にご連絡下さい。

多くの方が悩む「食品の在庫処分の方法」について解説します!

「賞味期限が近い食品の在庫に困っている」「食品の在庫処分は、最終的には、捨てるしかないの?」

今回は、「食品の在庫処分の方法」について解説していきます。

■食品の在庫が余る原因

1.発注が多すぎた。

発注を多く頼みすぎた場合、当然食品の在庫が余ります。

賞味期限・消費期限が切れるまでに、在庫処分を検討すれば、食品を現金化できる可能性があります。

2.外国に輸出していたが、突然その国で規制が強化された。

食品の輸出事業では、突然輸出先の国の輸入規制が厳しくなることがあります。

この場合、輸出する予定で仕入れた在庫が余ってしまいます。

3.新パッケージに変更になった。

その商品の在庫が余っているのにも関わらず、パッケージが変わったという理由で古い在庫を早めに処分する必要が出てきます。

抽選応募などのキャンペーンが新パッケージと同時に始まったりすれば、店頭に古いパッケージ商品を置きにくくなります。

4.自社の商品で、パッケージなどの印刷ミスが起きた

自社で食品を作っている場合、パッケージの表記ミスなどが起こると、店頭で売れず、在庫が余ります。

■食品の在庫処分方法

1.安売りする

利益をあきらめ、「半額」などのシールを付けて、値引きコーナーを作成します。

商品にもよりますが、何もしていないよりも格段に在庫の売れ行きが良くなります。

2.廃棄する

「安売りしたくない」・「業者に流したくない」という方は、最終的に廃棄処分するしかありません。

3.同業者に売る

賞味期限が長い商品などは、同業者に売れる可能性があります。親しい同業者などがいたら、買い取ってくれるか相談してみましょう。

4.リサイクル業者に売る

余った食品を受け取って、ブタやトリなどの食用家畜の餌にしているリサイクル業者も存在します。

しかし、動物の肉を使った食品などを、動物に食べさせると、狂牛病のような病気につながる可能性があります。

食品によって、リサイクル業者に頼むか判断しましょう。

5.在庫処分業者に頼む

在庫処分業者の中には、食品の在庫を買い取っている業者があります。

食品の買取を行う在庫処分業者は、ネットショップなどで安く食品を販売します。

在庫の量が多い場合は、「安売り」「同業者への買取依頼」では消費期限・賞味期限に間に合わないことがあるので、おすすめです。

 

以上が、「食品の在庫処分の方法」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

食品在庫の処分にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。