滞留在庫を溜めこむことにはデメリットがあるのは本当?

滞留在庫を溜めこんでしまっている業者は多いのではないでしょうか?
しかし、滞留在庫を溜めていてもメリットは何もありません。
そのためできるだけ早く処分することをおすすめします。

 

この記事では、滞留在庫を溜めこんでいることによって生じるデメリットをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

■滞留在庫の定義

滞在在庫とは、たとえ新品であったとしても型落ち・季節外れなどで、適正価格で販売することができず、大幅な値引きを行わないと売ることができないと考えられるもののことを指します。

■滞留在庫を溜めるデメリット

1.税負担が生じてしまう

税金がかけられる会社の所得は利益をもとにして計算が行われますから、滞留在庫を廃棄することによって利益が減ればその分所得も減り、支払う税金を少なくすることができます。
逆に廃棄するしかない滞留在庫をずっと保管してしまっていると、本来廃棄すれば軽減することができる税金を余分に払わなければなりません。
滞留在庫を廃棄して税負担をいかに減らすかが重要です。

2.会社のお金が減少してしまう

在庫が滞留しているということは、その在庫の生産・購入に掛かったお金だけがでていって、それらを販売・使用すれば入ってくるはずのお金が入ってこないということを意味します。
要するに会社のお金が、滞留在庫の分だけ減少してしまっているということです。

3.管理の手間が発生してしまう

通常の在庫を管理するのと同じぐらいの手間が発生してしまいます。
会社にお金をもたらすことがない在庫を管理するためだけに人件費、時間、在庫スペースを割かなければいけなくなります。そのため在庫の管理や業務が圧迫されてしまうことがよくあります。

■弊社の買取サービス

1.中古品の買取が可能

新品の商品だけでなく、一定の物量がある場合中古品の買取を行うことも可能です。
事務所の移転や、宿泊施設などの備品買い替え時にお気軽にご相談ください。

また大量商品が得意ですので、どんなにたくさんあっても対応することができます。

2.買取査定の見積り無料

創業以来、お見積りでお金を頂いたことは一切ございません。そのためお気軽にお見積りを依頼して頂けます。

3.様々なジャンルの商品の買取に対応しています。

基本的に再販売できるものと判断できたものは、ジャンルを問わず買取を行うことが可能です。
価値があると思ったらどんなものでもお問い合わせください。

■まとめ

今回は滞留在庫を溜めこんでいることによって発生するデメリットを紹介しました。
買取についてご相談等ございましたら、是非弊社までご連絡くださいませ。

返品在庫を溜めてしまうことのデメリットについて3つご紹介!

小売店や専門店などを営んでいて、返品が多くて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

返品が多くなると、在庫が溜まってきます。この返品在庫を溜めてしまうことは、会社にとって大きなデメリットとなるのです。

今回はこの返品在庫を溜めてしまうデメリットについて3つご紹介していきたいと思います。

[商品の価値が低下してしまう]

商品は一般的に、生産してから時間が経過するにつれて価値が下がる傾向にあります。
よって、時間の経過とともに売値も下げざるを得ないため、売るまでの時間が長くなると売り上げ利益が下がってしまいます。

服を例に挙げるとわかりやすいかと思います。服には流行があり、生産したて、つまりそのデザインの需要が高い時には非常に高価格で取引が行われます。しかし、その流行りが落ち着き、新たなデザインが流行しだすと、その服のデザインの需要が下がってしまい売値が下落してしまうのです。

こうした理由から、倉庫に溜まっている商品は日に日にその価値が下がり、売値が下がってしまいます。結果として、その商品を資産としている会社にとっては非常に大きなデメリットとなってしまうのです。

[在庫を管理するコストの増大]

在庫は放っておくだけでもコストがかかってしまいます。
その商品の質を保つための管理費用であったり、その商品を在庫としておいておくための土地代、そういった一連の管理を行う人に支払われる人件費など諸処必要費用のことを考えると、その費用は決して少なくて済むものではありません。

よって、この返品在庫を溜めれば溜めるだけ会社にとっては
デメリットなのです。

[モチベーションの鈍化]

返品在庫が溜まってしまうと、それら返品在庫によって倉庫の物理的な見通しが悪くなるでしょう。そうして、倉庫に在庫が溜まってしまうことによって、それらを「売ってやろう!」という社員のモチベーションが下がってしまうことが予想されます。

あと少しのモノを売る時より、たくさんの商品を売る時の方がモチベーションが下がってしまうことは言うまでもないでしょう。

以上、返品在庫を溜めてしまうことによるデメリットについて3つご紹介しました。

まず一つ目に、在庫を溜めてしまっている間にも商品の価値が下がってしまっているといった点がありました。

次にご紹介したのが、在庫を管理する費用についてでした。そして最後が、モチベーション面でのデメリットでした。

いずれも悪循環を引き起こしてしまうかもしれない要素となるため注意が必要です。

増える滞留在庫の原因とは|増える滞留在庫の2つの原因について

個人で小売店を経営している、もしくはネット上で商品を取り扱っている方で、商品が売れずに困っている方はいらっしゃいませんか?

商品が売れずに残ってしまうと、会社のキャッシュフローが悪くなったり、倉庫の見通しが物理的に悪くなることによって社員のモチベーションが下がったりと色々なデメリットがあります。

そこで今回は、経営を苦しめてしまう滞留在庫ができてしまう原因についてご紹介していきたいと思います。

[滞留在庫とは]

まず、そもそも滞留在庫とは何のことでしょうか?
滞留在庫とは、すでに販売の見込みがなくなり、社内に保管されている商品のことです。商品自体の傷や汚れなどの欠陥がないために「いつか売れるかも」といった未練を捨てきれずに倉庫に溜めてしまう傾向があります。

こういった売れる見込みのない在庫にも、質を保つために必要な人件費や場所代などの管理費用は少なくありません。よって、こういった滞留在庫は作らずにできるだけ早く処分しておくことが望ましいです。

[商品のキャラクターの差]

こうした滞留在庫を作ってしまう原因の一つとして考えられるのが、商品キャラクターの差です。キャラクターとは、ここではその商品の質感やブランド、デザインなどを指すこととします。

例えば社会で流行りが生まれて、その流行に従って生産した商品が売れないケースがあったとします。この際に考えられる理由は、流行りの商品は他社もこぞって生産をしているわけで、お客様がそれら他社の商品と自社の商品とを比べた際に、キャラクター

の面で他社の商品を気に入ったというものです。このような競争の中で商品を売っていくためには、自社ならではの「強み」となるポイントが必要です。

[似通った商品との値段の差]

もう一つ滞留在庫を作ってしまう原因として考えられるのは、商品の売値です。

現代のインターネットが普及した社会においては、同じ商品が売られている店舗やオンラインショップを探して、その中での最安値の出品先でその商品を買うことを選ぶことは非常に簡単です。よって、価格競争の激しさが増してきています。

滞留在庫にお困りの際は、改めてご自身が売っている商品の価格について見直してみるのはいかがでしょうか。

以上、滞留在庫とはそもそも何なのかについてとその滞留在庫が溜まる原因について二つご紹介しました。いずれも多くの人に当てはまる原因であるかと思われるのでご参考にしていただけると幸いです。

返品在庫を減らすために|2つの対策についてご紹介

個人でお店を営んでいる、もしくはインターネットにて大量の商品の販売をしていて、増える返品在庫に苦しんでいる方はいらっしゃいませんか?

返品在庫が増えてしまうと、会社のキャッシュフローが悪くなってしまう、また不必要な在庫管理費用がかさばってしまうなどデメリットが多いかと思います。

そういった返品在庫を減らすためにはどうしたらよいのでしょうか?

今回は、そういった返品在庫を減らすための2つの対策方法をご紹介していきます。

 

[顧客の抱えるイメージと実際の商品とのギャップを減らす]

こちらの対策は、返品される商品を減らす対策方法になります。
商品を買ったお客様が返品をする多くの理由として、自分の想定していた商品イメージと実際の商品とが違っていたといったものがあります。これは、お客様が実際に購入なさる商品を事前にしっかりと吟味できていないから起こる問題です。

これを未然に防ぐには、商品を購入されるお客様に実際の商品を感じてもらうことが大切になってきます。店頭での購入を例にあげると、お客様が商品を購入される前にしっかりと商品に触れてもらったり、違った照明のところで色を確認してもらったり、試用してもらうとうと良いでしょう。

服であれば実際に試着してもらうのが良いですね。こうした工夫をすることにより返品そのものを減らすことができます。

[在庫を上手に処理する]

返品を減らすために上に述べたような対策方法があるにしろ、少なくとも返品が起こってしまうことは避けることができません。

オンラインで商品を売る際は、イメージと現実との乖離は起こりやすいですし、試着しても商品自体に欠陥が見つかり返品を要求されることもあるでしょう。よって、返品された商品による在庫への対策も考えておく必要があります。

返品された商品による在庫を上手く処理する方法としては、思い切って破棄してしまうことや知り合いに譲るなどが考えられるでしょう。

他の方法としては、在庫買取業者に買い取ってもらうことが手段の一つとして挙げられます。在庫買取業者に依頼すると、良い商品は有料で買い取ってもらえることに加えて、出張買取サービスを行っている業者もあり大変便利に返品在庫を処分することが可能です。

以上、返品された商品による在庫に悩んでいる方へ向けて、返品を減らすことによる解決策と返品された商品を上手く処理することによる解決策についてご紹介しました。

いずれもすぐに実行できることなので、是非行ってみてください。

増える返品在庫に悩む方へ|2つの原因と対処法をご紹介

小売店や専門店などを経営もしくは所有していて、返品在庫の増加にお悩みの方はいらっしゃいませんか?

返品が多いままでは、その返品在庫によってお店の経営が圧迫され続けるかも
しれません。

そこで今回は、返品在庫を減らして経営状況をより良くするために、返品がされやすくなる原因について二つご紹介します。

[返品がしやすいシステムになっている]

まず確認したいのが、返品がしやすいシステムを設けていないかという点です。
もちろん、不良品等に関して返品システムを設けることは、消費者の方に不利にならず安心して取引していただけると
いう意味で重要です。

しかし、なんでも返品可能としてしまうと、「気に入らなかった」「使用中に傷ついた」というような理由で気楽に返品されかねません。

実際に、返品の条件を具体的に設けていないオンラインショップでは返品が多いとも言います。そのような事態を防ぐためにも、しっかりとした返品条件を設けておくことが大切でしょう。

[イメージギャップを生んでしまっている]

次に確認したいのが、消費者のイメージと実際の商品に乖離がないかという点です。

ディスプレイされている商品から抱いたイメージと実際の商品との間にギャップがあったために返品が起こるケースはよくあります。

例えばオンラインショップなら、実際の色味やデザインが伝わるような写真を撮る工夫をしてみるのはいかがでしょうか。店頭販売であれば、ディスプレイとして並べるのみならず、試着や実際に触れてみることを顧客に促したり、機能の説明を詳しくしたりすることも考えられます。

こうした販売側の配慮により、イメージのズレによる返品の数を減らすことができるでしょう。

以上、返品在庫に悩んでいる方へ向けて、返品在庫が起こってしまう原因について二つご紹介しました。

一つ目に返品されやすいシステムを設けてしまっているということでした。返品条件を設けていないために返品しやすくなり、販売者にとって不利な状況になってしまっているのです。

もう一つが、イメージギャップによる返品でした。この返品をなくすためには、ディスプレイのみならず、実際に顧客に試着や商品を触ってみることを促し、商品の本当の質感や色を知ってもらうことが肝心です。

白石商事では、個人事業主を含む法人様向けの在庫商品の買い取り査定を行っております。既に存在する返品在庫にお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

滞留在庫を溜めないための対策とは?|溜まる前と後での2つの対策

滞留在庫を増やしてしまうと大変大きな負担になってしまいますよね。
滞留在庫を溜めることによって、会社のキャッシュフローは悪くなりますし、不必要な在庫管理にかかるコストが大きくなってしまいます。

そういった負の循環を生み出しかねない滞留在庫ですが、完全になくすことはできないにしてもできるだけ減らしたいですよね。

今回は、滞留在庫を減らすために、滞留在庫が生まれる前のアプローチと生まれてしまってからのアプローチについてご紹介していきます。

[仕入れと生産を見直す]

滞留在庫をそもそも作らないためには、滞留在庫になってしまうかもしれない商品を大量に仕入れないことです。

一定数の方は、データなどに基づいて考えることなく「なんとなくこの商品売れそう」といった単純な理由によって大量に商品を仕入れる、または生産してしまうなどといったケースを起こしてしまいます。

確かに、流行りそうな商品を仕入れるか仕入れないかに時間をかけすぎてしまい、意思決定にばかり時間を取られ、結局のところその迷っている間に商品の需要のピークが落ちてしまったなどというのは残念な話ですが、焦って多量の売れない商品を買ってしまっては元も子もありません。しっかりと客観的に売れるか売れないかの吟味を行うことが大切です。

[在庫をうまく処分する]

上記の対策をしていても、やはり滞留在庫が生まれてしまうことを完全に避けることはできないでしょう。そういった際に備えて、うまく滞留在庫を処分する方法を知っておく必要が有ります。

その方法としては、まず思い切って「破棄」するといった手段があります。冒頭で述べたように滞留在庫を持っているだけでオーナーや経営者からしたらコストになってしまいます。そういった負担にしかならないのなら早めに決断して破棄という処分方法を取ってしまう方が良い場合もあるでしょう。

次に考えられる手段としては、在庫買取業者に買取を依頼することです。

在庫買取業者に依頼すれば、買取を有料で行ってくれるかもしれません。また業者によって出張買取サービスを行っているところもあり、非常に便利に在庫を処分することが可能です。

以上、会社や経営者に負担をかけてしまっている滞留在庫を減らすための対策とし、滞留在庫が溜まってしまう前と溜まってしまった後の対策に分けてご紹介しました。

いずれも滞留在庫を減らす上で重要なことですので、しっかり上記の点を考慮して滞留在庫を減らしていただけると幸いです。

食品在庫を処分する方法とは?二つに分けてご紹介

食品の大量に余ってしまった在庫に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

食品は他の商品と違い、売り切らなければいらない明確な期限である賞味期限や消費期限がありますよね。その分、食品の売れ残りに悩むことも少なくないと思います。

そこで今回は、食品の在庫の処分の方法について二つに分けてご紹介していきます。

[思い切って廃棄する]

食品を倉庫で保管しておけば、期末時に企業の所有資産といった扱いになり、経営者を悩ませる種となる税金がかかってしまいます。そのため、節税という観点から、売れる見込みのない在庫は早く破棄してしまう方が良いのです。

また、食品の中にはその鮮度を保つための管理が大変なものがほとんどでしょう。管理しておく場所の湿度や温度をしっかりと管理しておかなければなりません。そういったメンテナンスの費用や労力が多くかかってしまうような商品については、売れないのであれば早めの破棄を思い切ってしてしまうことをお勧めします。

[食品買取に対応した業者に買取を依頼する]

食品を廃棄処分する際にも費用がかかってしまいます。
廃棄処分を行う業者もいることも考えたら当たり前ですよね。

しかし、そういった廃棄処分にお金がかかってしまうのであれば在庫買取業者に依頼するのがベターかもしれません。在庫買取業者に依頼すると、廃棄するための費用が節約できる他、商品が大量の場合などに大変な配達を代行してもらえる出張買取サービスを受けられます。

また、需要の高そうな商品であれば有料で引き取ってくれるかもしれません。特に決算前などはこの食品買取業者を利用して、不良在庫を処分して無駄な税金がかかってしまうことを防ぐ、または不要な食品の管理のための場所や電気代などの管理費がかかってしまうことを防ぐことができます。

以上、売れ残った食品在庫の処分方法について二つに分けてご紹介しました。

まず一つに、思い切って破棄することがありました。食品在庫は放っておくだけでもたくさんの費用がかかってしまいます。そういった食品であれば、早く廃棄して待った方が良いかもしれません。

もう一つの方法は、買取業者に買い取ってもらうことでした。こちらの場合は、楽に食品在庫を買い取ってもらえることに比べて、需要のあるものは有料で売れるかもしれないといった利点がありました。

上述したことを参考に、あなたにとって有益な食品在庫の処分方法をとっていただけると幸いです。

業者の選び方とは?在庫処分の際に知っておきたい3つのこと

不良在庫が溜まってきて困っている方々はいらっしゃいませんか?

不良在庫が溜まってしまうと、お金の循環も悪くなりますし、それら売れない商品を保管しておくことや品質維持のためのメンテナンス費用も少なくならないですよね。


そのような不良在庫の処分の方法として、在庫買取業者から買い取ってもらうことがおすすめです。

しかし、在庫買取業者に在庫の買取を依頼したことのない方も多いかと思います。
そういった方はどういった業者に依頼するべきなのか、またどういった業者が良いのかについてわからないかと思います。

そこで、今回は買取業者の選び方についてご紹介していきたいと思います。

[見積もりを作成してくれるかどうか]

どんな取引にも当てはまることですが、具体的に見積書を作成してくれる取引先を選びましょう。簡易の見積書のようなものではなく詳細に「いくら支払います」といった見積書を作成してくれる業者の方が信頼できるのは言うまでもありません。

実際にお金の取引段階になって、「言った」「言っていない」のトラブルが起こってしまってからでは遅いです。契約内容を後々見返せて、かつその内容で契約を行ったという証拠になる書類を残しておくことは取引をする際の常識です。

そういったトラブルが起こらないように、見積書を作成してくれる業者を選びましょう。

[出張で買取や宅配を行ってくれるかどうか]

買取による在庫処分を検討中の方の中には、大量の商品を処分したいと考えている方も少なくないと思います。その場合、大量の商品をいちいち指定された場所に運んでいるようでは、時間も運送するための交通費もかかってしまいますよね。そうなると、トータル費用で考えた際に、不良在庫の販売利益があまり高くなりません。

出張買取を行っている業者と出張買取を行っていない業者とでは、実質上の取引の利益に大きな差が出てきます。

例えば、5万円で買い取ってもらったのに、ご自身で商品を運送するのに必要なコストを1万円支払ったとすると、実質取引によるお客様の利益は4万円です。しかし出張

買取を行ってくれる業者であれば5万円になります。この差は大きいのではないでしょうか。

以上、不良在庫の処分を考えていて、その手段として買取業者から買い取ってもらう予定の方へ、どのように業者を選ぶべきかについて2つご紹介しました。いずれも業者を選ぶ上で重要な要素です。あとで後悔しない在庫処分ができるよう、契約を結ぶ前に入念に検討しましょう。

小売店が倒産|在庫の賢い処分の方法について3つ紹介

小売店を所有している、または小売店を経営していたが、その小売店が倒産してしまって売れ残った在庫の処分方法に困っている方はいらっしゃいませんか。

販売する店舗が無くなってしまった場合には、その残ってしまった在庫を処分する方法は何があるのでしょうか?

今回はこのような状況でお悩みの方へ、売れなくなってしまった在庫をどのように処分するのか、その方法についてご紹介したいと思います。

[知り合いに引き渡す]

売れ残ってしまった在庫を知り合いに引き渡すのも、在庫を処分する一つの手段です。特に商品が生活必需品や消耗品の場合は多くの方に喜んで受け取ってもらえる可能性が高いです。

余った在庫を材料や商品として有効活用してくれそうな同業者や経営者の知り合いがいらっしゃる場合は、在庫が再び商業の場で日の目を見ることのできる可能性があります。

[廃棄する]

どうしても引き取り手が見つからないような商品は、廃棄してしまうことも選択肢となります。いつか売り渡そうとして商品を保管しておくにも、場所の維持費や商品のメンテナンス費用など、相当なコストがかかってきます。

そうなると、保管することでむしろマイナス効果を生みかねません。早めに決断をしてしまい廃棄してしまう方が良い場合もあるのです。

[在庫買取会社に買い取ってもらう]

最後に紹介したい売れ残った商品在庫の処分方法は、在庫買取業者に

買い取ってもらうことです。在庫買取業者であれば、有料で売れ残った在庫を買いとってもらうことも可能です。業者によっては、たくさんの再販売経路を持っているところも

あるので、そういった業者に委託すれば比較的高価な価格で買ってくれるでしょう。

また、自ら独自のブランドとして生産した商品のブランド価値を傷つけたくない人であれば、その旨を業者に相談し商品のブランドイメージを傷つけないための工夫をしてもらうことが可能です。

例えば、再販販売先を海外にしてもらうことや、インターネットで販売する際は商品名やメーカー名を隠して販売するというようなものです。

以上、小売店が倒産してしまい、在庫が溜まってしまっている方へ向けてそれら商品の処分の仕方について3つご紹介しました。

まず一つに、知り合いに譲るといった手段がありました。

次に、廃棄するという手段、そして、在庫買取業者に買い取ってもらうと言う手段です。

上述したことを参考に在庫をうまく処分していただけると幸いです。

不良在庫、溜めてしまうと危険かも?3つの処分方法をご紹介

溜まった不良在庫にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
不良在庫とは、ビジネスがうまくいかず、売れずに残ってしまった商品のことです。

今回はこの不良在庫をためてしまうことがなぜ良くないのかという理由と、どのように処分するべきかについてご紹介します。

[不良在庫を抱えるリスクとは]

では、なぜ不良在庫を抱えてはいけないのでしょうか。
それは一言で言うと、会社全体の資金繰りに悪影響を及ぼす恐れがあるからです。
本来収益をもたらすはずである商品が倉庫に溜まっているということは、それだけお金の流れが悪くなっているということです。

また、その売れずに残ってしまっている商品の品質が落ちないようメンテナンスする費用や、その商品を保管しておくための土地代などがかかります。こういった経済的な側面から、不良在庫を溜めてしまうことには大きなリスクがあるのです。

[不良在庫の処分の仕方]

・期限を設けて売り切る

商品が売れ残っているということは、現在の価格での当該商品の需要量が、供給量を下回っているということです。

 

そこで、再度価格設定を見直して、販売にかけてそれらの商品を売り切ってしまうことが一つの不良在庫の処分の方法として考えられます。その際に、期間限定で従来の価格より大幅に安く売れば、お得感が増すために需要が増え、早く不良在庫を処分することにつながります。

・買取業者に買い取ってもらう

買取業者に依頼すれば、不良在庫の買取を行ってくれます。

必要な手続きや労力が少なくて済むので、売り手の負担を抑えることができます。また、消費者に向けたセールを実施するより、確実に効率よく在庫を処分することが可能になるのも大きな利点と言えます。

・破棄する

不良在庫は、会社や事業者にとってお荷物になってしまいます。上述の通り、その商品をメンテナンスするために必要な費用やその商品を保管しておくための倉庫代など様々な費用が発生するからです。
そのような負担をなくす手段として、破棄も挙げられます。ただし、利益を見込めないとはいえまだ利用できるモノを破棄するのは、環境面に良いとは言えません。また、破棄にも費用や労力が必要ですので、慎重に検討するべきでしょう。

以上、不良在庫で悩んでいる方へ向けて、それら売れずに残ってしまった商品をどのように処分すれば良いかについて3つご紹介しました。

ご自身の状況を考慮した上で、最適な手段を選ぶことをおすすめ致します。