ブランドイメージを守る在庫処分とは|上手な買取業者の選び方

自社ブランドの廃盤商品等の在庫をどうやって処分すべきか、お悩みの方はいらっしゃいませんか。
在庫処分することによって、安価で再流通し、せっかく築き上げてきたブランドイメージを壊すことは避けたいものですよね。

そこで今回は、ブランドイメージにダメージを与えないで在庫処分をするために気をつけたい点についてご紹介します。

[再販売方法を工夫する]

高いブランドイメージを保持するためには、希少性と高価さがカギになります。逆に言えば、ブランド物が市場に安価で大量に再流通していると、そのブランドに対するイメージが壊れかねません。

そこで、再販売の方法は慎重に検討する必要があります。例えば、再販売に回す商品をブランド名と切り離す、という手段が考えられます。具体的には、商品をインターネットで販売する際は、その商品のメーカー名や形式名を伏せて販売することが、ブランド価値を下げないための1つの対策方法となるでしょう。

[再販売先を海外にする]

上と同様の理由で、商品の再販売先には十分に気をつける必要があります。
まずは、自社のブランドイメージを守りたい地域の範囲がどの程度かを認識しましょう。

例えば日本国内でのイメージを守りたいという場合には、再販売先を海外にするといった方法があります。商品を中古で買取してもらい、その商品を国内で安価で販売してしまうと、ブランドイメージが損なわれてしまう恐れがあります。

特に日本国内において安価で再販売して欲しくない商品は、何回も流通することを防ぐために海外に再流通先を移すのは効果的なのです。

この方法は、弊社でも実際に多くのブランド様にご利用いただいております。

以上、在庫処分を考えている方へ、ブランドイメージを落とさずに在庫処分をする方法をお伝えしました。上記で述べた点をしっかり考慮して再販売を行っている業者に買取を依頼することをおすすめ致します。

まず一つに、買取商品の再販売先をしっかりと考慮して色々な工夫を試みている業者です。次に、紹介したポイントは再販売経路を海外に持っていることです。そういった業者であれば、国内でのブランドイメージを傷つける危険性が下がります。

白石商事では、ブランドイメージを守りながら在庫処分をしたいというお客様のご要望にお応えし、再販売先や再販売方法のご相談はもちろんのこと、さまざまなご提案をさせていただきます。在庫処分にお悩みの際は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です