滞留在庫の管理は大変?買取会社が解説します

「在庫処分に買取業者を利用したいけれど、利用をためらっている」
このような方はいらっしゃいませんか。
大幅に余ってしまった商品や、賞味期限、使用期限が近い商品は、どうにか処分しなければいけません。
それらの処分方法として、買取をおすすめいたします。
ぜひご覧ください。

□買取業者での在庫処分で注意すべき点

買取業者に在庫処分を選ぶ場合、さまざまな商品に対応してもらえる、一気に処分ができる、手間がかからない、少しでも現金化できるなどのメリットがあります。
これらのメリットは、在庫処分においてかなり嬉しいものです。

しかし、買取業者への依頼にはメリットばかりではありません。
注意しておくべき点があります。
それは、買取は赤字取引になるという点です。

滞留在庫にならずに販売できていた場合と比べて、業者での買取価格は大幅に値段が安くなってしまいます。
そのため、本来入ってきたはずの収入には程遠く、確実に損をしてしまうでしょう。
もし処分のタイミングが早すぎた場合には、その後に発生していたはずの利益が発生しなくなってしまいます。
そのため、在庫処分は確実に利益が出ないことが確定したタイミングで行わなければいけません。

□買取業者を選ぶ際の注意点

買取を検討する際には、買取業者を探すタイミングでも注意が必要になります。
買取を行ってもらうのであれば、できるだけ良い買取業者を選びたいですよね。
取引をしていてトラブルの起きない業者を選ぶためにも、良い業者の選び方を紹介いたします。

まずは、見積書を書類で出してくれるかどうかです。
ビジネスの基本ですが、契約は目に見える形で行わなければいけません。
万が一、口約束のような形に残らない契約をした場合、「言った、言わない」のトラブルが発生する可能性があります。
このような事態にならないためにも、見積書は必ず出してもらいましょう。

また、対応が丁寧かどうかという点も重要です。
例えば、電話をかけてもなかなか電話に出なかったり、折り返しの電話がかかってこなかったりなど、不親切な対応をされた場合には、良い業者かどうかを疑うべきでしょう。
対応の悪さは、取引の質に必ず関係します。
円滑な取引を行うためにも、対応が丁寧な業者を選ぶことが大切です。

□まとめ

今回は買取業者に処分を依頼することと業者を選ぶ際の注意点についてお話しいたしました。
デメリットを把握した上で、良い業者との取引を心がけて、在庫を処分しましょう。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です