倒産した飲食店の備品はどうすれば良い?倒産品の買取について紹介

飲食店の経営者の方で、倒産品の買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
倒産品は買取業者に依頼すれば、まとめて買い取りをしてもらえます。
飲食店で使用していた設備は捨ててしまう前に、買い取って再利用してもらうことを検討することをおすすめします。
そこで今回は、飲食店の倒産品の買取について解説します。

□飲食店で買取が期待できるもの

飲食店にはさまざまな設備が整えられています。
それらの設備を全て捨てるとなると、それだけで莫大な費用がかかってしまいます。
しかし、買い取ってもらえる場合、費用がかからない上に収入が得られるため、倒産時の赤字を少しでも補填できます。
どのようなものが買取の対象なのでしょうか。

まずは、店内設備です。
飲食店の店内設備には、冷蔵庫や冷凍庫、食器洗浄機、コンロやフライヤー、レンジ、その他にも製氷機があるお店もあるでしょう。
これらの設備はよほど状態が悪くない限りは買取対象です。
数量や状態によっては高価買取が期待できます。

その他にも、食器類やテーブル、いすなども買取の対象となります。
さらに、飲食店の事務所にはパソコンや複合機、お会計のためのレジなどもあるでしょう。
これらも買取対象なため、一緒に見積もりをしてもらえます。
また、売れ残った在庫なども買い取ってもらえる場合もあるため、問い合わせの際に聞いてみましょう。

□処分のポイント

店舗設備を処分する際には、廃棄か買取という選択肢が頭に浮かぶかと思います。
廃棄にはお金がかかるため、初めから廃棄を選択しないことをおすすめします。

設備の買取を考える際に、頭をよぎるのが利益でしょう。
廃業後の場合でも、設備を売るのであればできるだけ高く売りたいとお考えの方が多いと思います。
確かにフリマアプリに出品したり、見積もりを多く出したりすれば高く売れる可能性があるでしょう。

しかし、フリマアプリには複数出品は手間がかかりすぎるというデメリットがあります。
また、高値をつける買取業者は悪徳業者の可能性があるでしょう。
1番良いことは信頼できる買取業者に買取を依頼することです。

上記で説明したように、買取業者であれば、在庫など思いがけないものを買い取ってもらえる場合もあります。
倒産品の買取は買取業者をおすすめいたします。

□まとめ

今回は飲食店の倒産品の買取についてお話しいたしました。
店内設備には買取可能なものが多くあります。
ぜひ買取を検討してみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です