不良在庫の処分方法とは|不良在庫の買取について紹介

不良在庫でお困りの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫は、売れ残り品であるデッドストックとは異なります。
持っているだけで経営に悪影響を及ぼす可能性のある在庫が不良在庫です。
そのため、不良在庫は早急に処分する必要があります。
しかし、どのように処分すれば良いのでしょうか。
不良在庫の処分方法には、廃棄と買取があります。
そこで今回は、不良在庫の買取について紹介します。

□不良在庫

不良在庫とは、売れる見込みがない商品のことを言います。
また不良在庫は、もっているだけで経営に悪影響があります。
例えば、不良品や欠陥品などです。
不良在庫の例として、流行遅れ、賞味期限切れ、季節外れの商品などがあります。
これらは、早く処分する必要があります。

□買取の流れ

不良在庫の処分方法の一つである、買取について紹介します。

*見積もり

買取を行っている業者の多くが、見積もりを行なっています。
不良在庫の処分は、特殊な取引なので、買取価格の相場がわかりにくいです。
複数の業者で見積もりを出すことで、処分価格の相場を見極めましょう。
見積もりは、サイトや電話から気軽に行えます。
無料で見積もりを行なっているところも多いので、積極的に利用しましょう。

*流れ

見積もりを行なったら、業者を選びます。
見積もりの価格や、過去の実績で業者を選ぶ方法がスタンダードです。
業者が決定したら、予約した作業日にスタッフが訪れ在庫を運び出します。
作業完了後に支払いが行われます。
これらは基本的な流れで、業者によって変わる部分もあります。
そのため、業者が決まった後に、流れを聞いておくといいでしょう。

□注意点

在庫処分の際に便利な買取業者ですが、注意点があります。
それは、悪徳業者です。
買取業者には悪徳業者が存在しており、相場より低価格で買取を行なったり、買取の必要のないものまで買い取ろうとしてきたりする場合があります。
対処法を知って、悪徳業者に騙されないようにしましょう。

*見積もり

料金相場は、見積もりに出すことで把握できます。
相場を知ることで、過剰な請求に気づけるようにしましょう。

*希望のもの以外売らない

業者によっては、買取をしにきた際に、希望のもの以外も買い取ろうとしてくる場合があります。
買取を希望していない場合は、言葉に騙されずに、売らないようにしましょう。

□まとめ

今回は、不良在庫の買取について紹介しました。
また、当社でも企業様の在庫処分品の買取業務を行なっております。
25年以上の買取実績があり、様々なジャンルの商品に対応しております。
買取商品の再販売では、ご希望のお客様には打ち合わせを行い、販売方法を決めさせて頂いております。
無料の買取査定を行なっております。
買取の際はぜひ当社もご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です