在庫処分をしたい方必見!在庫処分の方法について!

「在庫処分がしたい」
「しかし方法がわからない」
このように在庫処分をしたい方は多くいます。
しかし、どのような流れや方法で業者に在庫処分を依頼したら良いのかわからない方も多いと思います。
そこで今回は業者による在庫処分の方法について詳しくご紹介します。

 

□業者による在庫処分の方法

*処分の方法

在庫処分の方法については、店頭セールやアウトレットでの販売、ファミリーセール、最終的には廃棄などがあります。
ただし、自社でキャリー品の販売を続けること、保管を続けることは当然コストがかかります。
そのため、在庫処分業者が一括転売する方法もあります。
アパレル関連の在庫は、在庫処分業者が取り扱う在庫の中でも特に多いです。
在庫処分業者を利用した在庫処分は、自社の状況にマッチした方法を選択肢し処分できたり、素早く決断することでコストの軽減にもつながったりするのでお勧めです。

*依頼

在庫処分を抱える期間が長ければ長くなるほど、コストが高くなってしまいます。
そのため、処分したいときにすぐ依頼するのがベストです。
また以下の項目に当てはまる場合は業者に在庫処分を依頼することをお勧めします。

・セールやアウトレットでも売れないような商品の在庫がある
・溜まってしまった在庫をまとめて処分したい
・買い取りを利用して費用を節約したい
・溜まっている在庫を倉庫から取り出すのが負担である
・できるだけ効率よく廃棄したい

 

*処分のタイミング

在庫は定期的に処分しなければ、溜まっていく一方です。
一定の期間を設け、在庫の見直しをするとことをお勧めします。
いくら大切な商品でも、抱え込んで経費ばかりかかっていては全く意味がありません。
棚卸しや決算をきっかけに在庫を処分していくことをお勧めします。

*回収方法

業者による回収方法は、主に「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」の3つがあります。
余剰在庫の回収には、直接会社まで引き取りに来てもらえる「出張回収」がお勧めです。
在庫が大量にある場合も運び出してもらえるため、負担が軽くなります。

*業者選び

良い業者による在庫処分を受けたいときは、信頼できる誠実な業者を選びましょう。
業者によっては、処分費用の名目で高額な手数料を請求する所もあり、そういった業者に限って不法投棄を行っていることもあります。
そのようなことを回避するためにも見積書はしっかりと確認しておくことをお勧めします。

 

□まとめ

以上、今回は在庫処分の方法について解説しました。
在庫処分はもちろん倉庫に保管することもコストがかかるため、少しでも早い段階で在庫処分の決断をすることがお勧めです。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です