在庫は残しておくと損?滞留在庫を処分するメリットを紹介!

「滞留在庫を処分するメリットについて教えてほしいな」

このような要望に応えます。
在庫管理をするとなると、絶対に知っておきたいのが「滞留在庫」です。
滞留在庫とは、売れる見込みがほとんどない在庫商品のことを指します。
よく対比されるものとして、売れるけど、数が多すぎて余っている、「余剰在庫」もあります。
今回は特に滞留在庫を処分するメリットについて紹介していきます。

 

節税できる

*在庫が増えると法人税が課税される

税法では、今期末の在庫が前期末よりも増えると、会社に法人税が課税されます。
というのも、在庫は現金預金と同じように、資産として扱われます。
そのため、在庫が増えると、所得金額も増えることになるのです。

*在庫を処分することは節税策になる

売れる予定のない滞留在庫を処分すれば処分した分だけ、節税効果が出ます。
また、不用品買取業者に依頼し、買取ってもらうことができれば、資金調達することも可能になります。
つまり、滞留在庫を不用品買取業者に買取ってもらうことができれば、一石二鳥の節税策と言えます。

□人件費を減らすことができる

滞留在庫を残しておくとなると人件費がかかります。
というのも、在庫を管理する人や在庫を運搬する人にもお金を継続的に支払わないといけません。
このように、人件費は売上に直結しない無駄な作業と言えるので、お金も時間も浪費してしまうことになります。
そのため、これらの不要な滞留在庫はできるだけ早くに処分したほうがいいでしょう。

□保管コストがかからない

滞留在庫を保管するとなると、倉庫代や光熱費などでかなりのコストがかかってしまいます。
また何かあったときのことを考え、在庫に保険をかけているのであれば、保険料まで支払わないといけません。

□まとめ

今回は滞留在庫を処分するメリットについて紹介しました。
滞留在庫のメリットをまとめると、
・法人税の節税ができる
・滞留在庫に関わる人件費を減らすことができる
・倉庫代や光熱費、保険代などの保管コストがかからない
という点が挙げられます。
このように、売れる予定のない滞留在庫を処分すると、たくさんのメリットを受けることができます。
当社では、法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です